鳥取の文化/見学スポット一覧

  • 鳥取砂丘 砂の美術館
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
    砂を素材とした彫刻「砂像」を展示している美術館。「砂で世界旅行」というコンセプトの元、「イタリア・ルネサンス」や「世界遺産・アジア編」など、毎年異なるテーマに沿って制作・展示を行っている。砂像は展示が終了すると砂にかえるため、会期中にしか鑑賞することが出来ない。

    11月に友人をこちらに案内しました。砂の美術館と同じ敷地内にあるので、美術館の見学後にこちらに立ち寄ることも可能です。売店のスペースはそこそこ広く、鳥取の土産物だけでなく美術館の砂像に関連したものも結構そろっています。砂丘入口にあるお土産物屋さんとは品揃えも違っているので、「定番」ではない鳥取のみやげものを求めたい方にもオススメです。

  • 鳥取県立博物館
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市東町2-124
    久松山下鳥取城跡内・久松公園の一角にある、鳥取の自然と文化を伝える博物館。砂丘に関する資料や藩政資料など鳥取県の歴史に関する約3000点の資料を展示している。自然展示室に展示されたオオサンショウウオの標本は死亡当時全長143cm、体重44.3Kgと推定されるもの。体重についてはこれより重い記録は見つかっておらず、世界最大級の標本といわれている。

    ザ・フィンランドデザイン展の初日に行きましたが、人出はまばらで驚きました。北欧人気で都会での開催ならかなり混雑すると思われる展覧会でしたが、空いいて大変じっくり観る事ができました。 ただ、博物館の駐車場はごく少ないので、500メートル程離れた県庁の駐車場に車を停めなければならなかったです。 館内のレストランは地元の食材を使われていてなかなか満足出来ました。 天気が良ければ城跡も散策したかったですが...

  • 鳥取民藝美術館
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市栄町651
    日用品の中に「用の美」が宿るとする民藝の紹介を目的として建てられた美術館である。実用的で美しい、日本や海外の民芸品を約6000点展示。外観はモルタル塗りに漆喰仕上げの土蔵風で、設計をした吉田璋也氏のこだわりが細部にまで見られる建物だ。

    鳥取駅からもほど近く、理知も便利です。建物自体が蔵のような雰囲気のレトロな建物で、重要建造物にもなっています。1、2階に展示されていますがあまり大きくないのですぐに見終わります。地域のものだけではなく世界の民芸展示がされています。

  • 山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館
    rating-image
    4.5
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県岩美郡岩美町牧谷1794-4
    鳥取道鳥取ICから30分。山陰海岸ジオパークの魅力をさまざまな資料や映像で紹介する展示館。野外観察会、自然講座などの取り組みも年間を通じて開催されている。より多彩な視点で地球の活動を知ることができる、デジタル地球儀「触れる地球」や、水槽での飼育展示、現在は立ち入り禁止となっている羽尾岬先端にある、海の龍神洞と陸の龍神洞という2つの海食洞の内部を、臨場感あふれる3D映像で紹介する定期上映会が人気。

    入場無料の施設ですが、入り口付近には水族館のように水槽で海の生き物が展示されていますし、そこそこ大きな部屋にはジオパークを紹介する様々な展示がありました。 一見の価値ありです。

  • もちがせ流しびなの館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市用瀬町別府32-1
    京都の世界遺産・金閣寺をモチーフにした大型木造建築。雛人形文化が大きく発展した江戸時代の雛人形をはじめ、雛飾りや加茂人形、御所人形など約1000体を常設展示している。「もちがせの流しびな」は、旧暦三月三日に無病息災を祈って災厄を託した雛を流す、県無形民俗文化財に指定された用瀬町の行事だ。流しびな作り体験も行っており、作った紙びなは持ち帰ることが可能。お札に願い事を書いて、次の流しびな行事まで保管することもできる。

    まず、重厚な木造建築の建物があまりにも立派なことに驚かされました。館内には江戸時代からのお雛様が展示されていて、それぞれが形や表情に違いがあり、見ごたえたっぷりでした。館内にある庭園を眺めながら食事ができる喫茶もおすすめです。

  • 鳥取市歴史博物館やまびこ館
    rating-image
    4.0
    15件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市上町88
    鳥取藩主ゆかりの寺院が立ち並ぶ樗谿。その一角にある鳥取の歴史や文化について紹介している博物館である。常設展示の他、鳥取に関連する企画展や特別展を実施。初夏にはホタル観賞もできるため、夜間開館も実施されている。

    公営の博物館なので入館料も安いです。高校生以下や70歳以上などは無料なので子供と一緒だとちょっとお得です。また企画展示も行われていることがあり、その際もセット(企画展と常設展示)でも料金は安いです。興味のある企画展示の時を狙っていくのもいいです。

  • わらべ館
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市西町3-202
    童謡と唱歌とおもちゃのミュージアム。1階は童謡の部屋、2、3階はおもちゃの部屋となっている。1階では鳥取が生んだ音楽家の紹介や展示、童謡やアニメソングを歌えるカラオケコーナーなどを楽しめる。2、3階では、世界のおもちゃで遊べる「おもちゃの世界」や、おもちゃを作れる「おもちゃ工房」などがある。大人も子どもも夢中で遊べる施設だ。
  • やずミニSL博物館(やずぽっぽ)
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県八頭郡八頭町西谷 船岡竹林公園内
    全国で初となるミニSLの博物館。国内有数の本格的な竹林公園・船岡竹林公園内に常時18車両のミニ蒸気機関車(SL)を展示している。実際に石炭を燃やして走るミニSLはすべて手作りによるもの。週末ごとに運行する車両を変えて季節のナチュラルガーデンを走っている。旧日本国有鉄道を代表する蒸気機関車・D51型や過熱式のタンク式蒸気機関車・C12型、英国国鉄統合前にLMS(ロンドン・ミッドランド・スコットランド)鉄道で製造されたLMSロイヤルスコットクラスなど鉄道マニアにはたまらないラインナップを取り揃えている。

    展示は、一部屋だけで、小さい子が乗れる列車が、あるだけです。 京都鉄道博物館を見てるだけに、いまいちでした。ミニのSLの模型だけでなく、買えるSLもたくさん置いて欲しいです。紙のSLが500円でした。

  • 渡辺美術館
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市覚寺55
    「庶民の生活に根付くモノも芸術品である」という考えに基づいて収集された古美術品約3万点を収蔵する美術館。文化芸術の発展及び地域社会の振興と発展に寄与することを目的に昭和53年(1978)に創立された。鳥取市の医師である渡辺元が昭和初期から60余年にわたって収集した古美術品は、国内にとどまらず東洋文化圏諸国に及ぶ。地元出身のアーティストを招いた美術展やワークショップなども開催しており、「見て・触って・体で感じて」楽しめる美術館として人気を集めている。
  • あおや和紙工房
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市青谷町山根313
  • 石谷家住宅
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県八頭郡智頭町大字智頭396

    智頭駅からは徒歩で10分程かかりました。町中を流れる2本の川を渡った場所で、国道から少し入ったところに立っていました。立派な門の内側には古くからの木造建築が立ち並び、大正から昭和初期にかけての建築との事ですが、とても個人宅とは思えない広さでした。

  • 青谷上寺地遺跡展示館
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市青谷町青谷4064

    妻木晩田遺跡に比べるとあまりお金をかけてもらっているとは思えない青谷上寺地遺跡ですが、なんといっても2000年以上前の人間の脳がDNAが採取できる状態で残っていた、という驚異的な遺跡で、以前から展示館をぜひ一度見学したいと思っていて、やっとその夢がかないました。 その感想がこの口コミのタイトルです。もちろん印象だけでなんの根拠もありません。でも戦っていた人々の集団、という印象は強烈です。海賊だって...

  • 昭和おもちゃ館
    rating-image
    3.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県八頭郡若桜町大字若桜430

    カリヤ通りを散策していた際に見掛けて立寄ってみました。「若桜宿」統一表記がありレトロ建築保存を兼ねて町並みに溶け込んでいるようでした。但し、時節柄訪問客は僅かのようで、特段おもちゃに興味があったわけではないので建物外観見学だけと相成りました。

  • モトフサ現代美術館
    遊ぶ/趣味
    鳥取県岩美郡岩美町牧谷693-1
  • 鳥取県埋蔵文化財センター
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市国府町宮下1260
  • 若桜郷土文化の里・たくみの館
    遊ぶ/趣味
    鳥取県八頭郡若桜町大字屋堂羅31
  • 塩屋出店
    遊ぶ/趣味
    鳥取県八頭郡智頭町大字智頭545
  • 鳥取県立氷ノ山自然ふれあい館
    遊ぶ/趣味
    鳥取県八頭郡若桜町大字つく米

鳥取の主要エリア

around-area-map

砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

鳥取の写真集

目的から探す