NAVITIME Travel

鳥取の美術館スポット一覧

  • 鳥取砂丘 砂の美術館
    rating-image
    4.5
    609件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市福部町湯山2083-17
    鳥取市福部町湯山、県道319号線沿いにある美術館。砂を素材とした彫刻「砂像」を展示している。「砂で世界旅行」というコンセプトの元、「イタリア・ルネサンス」や「世界遺産・アジア編」など、毎年異なるテーマに沿って制作・展示を行っている。砂像は展示が終了すると砂にかえるため、会期中にしか鑑賞することが出来ない。

    砂丘のすぐ近くです。つどテーマは変わる様ですが、世界の有名スポットが砂の像で再現されていて ちょっとした世界旅行気分です。いまでは見れない。バーミアンの磨崖仏が見れたのは感動でした。夕方からの3Dマッピングもきれいでした。 砂丘と白兎神社を周りました。

  • 鳥取民藝美術館
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市栄町651
    日用品の中に「用の美」が宿るとする民藝の紹介を目的として建てられた美術館である。実用的で美しい、日本や海外の民芸品を約6000点展示。外観はモルタル塗りに漆喰仕上げの土蔵風で、設計をした吉田璋也氏のこだわりが細部にまで見られる建物だ。

    鳥取駅からもほど近く、理知も便利です。建物自体が蔵のような雰囲気のレトロな建物で、重要建造物にもなっています。1、2階に展示されていますがあまり大きくないのですぐに見終わります。地域のものだけではなく世界の民芸展示がされています。

  • 渡辺美術館
    rating-image
    4.5
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市覚寺55
    「庶民の生活に根付くモノも芸術品である」という考えに基づいて収集された古美術品約3万点を収蔵する美術館。文化芸術の発展及び地域社会の振興と発展に寄与することを目的に昭和53年(1978)に創立された。鳥取市の医師である渡辺元が昭和初期にから60余年にわたって収集した古美術品は、国内にとどまらず東洋文化圏諸国に及ぶ。地元出身のアーティストを招いた美術展やワークショップなども開催しており、「見て・触って・体で感じて」楽しめる美術館として人気を集めている。

    医師渡辺元氏のコレクションが収蔵されている美術館です。日本屈指のサムライコレクションと銘打っているだけあって甲冑や刀が多く展示されております。他にも昔の紙幣や銭、鳥取藩池田家の品々などが展示されており全て回るのが大変なほどです。

  • あおや和紙工房
    遊ぶ/趣味
    鳥取県鳥取市青谷町山根313
  • モトフサ現代美術館
    遊ぶ/趣味
    鳥取県岩美郡岩美町牧谷693-1

鳥取の主要エリア

around-area-map

砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

鳥取の写真集

目的から探す