NAVITIME Travel

鳥取のその他お買い物スポット一覧

  • 米吾・吾左衛門店
    お買い物
    鳥取県米子市弥生町2 JR西日本米子駅
    米子駅構内にある押し寿司の専門店。昆布を巻いたまま食べる昔ながらの鯖ずし「吾左衛門鮓 鯖」をはじめ、銀鮭や穴子、鯵、また「吾左衛門鮓 極上の蟹」などの季節限定商品も販売する。イートインスペースでは、そばやうどんなども食べられる。
  • 鳥取たくみ工芸店
    お買い物
    鳥取県鳥取市栄町651
    鳥取市栄町の国道53号線沿いにある美術館・工芸店。鳥取の民藝運動を率いた吉田璋也氏が収集した国内外の民芸品の数々を展示する美術館に、鳥取の窯元の器などの民芸品を販売する工芸店が併設されている。また、地元の食材を使った料理を民芸品の器で提供する「たくみ割烹店」も併設されており、民芸の鑑賞・購入・実用の全てを体験することができる。
  • おぐら屋
    お買い物
    鳥取県岩美郡岩美町岩井319
    鳥取道鳥取ICから38分。木彫りの郷土玩具を扱う小さな店。約200年前、木地師小椋佐兵衛が挽物を製作したのが始まり。小椋家八代目が作る木彫人形十二支は、鳥取県を代表する工芸品の一つ。全体を挽物細工で作り、泥絵具で彩色したもので、素朴な中にも斬新な趣がある。昭和39年(1964)、平成27年(2015)には年賀切手の図案に採用され、昭和53年(1978)には当時の皇太子妃美智子様が紀宮様へのお土産としてひと揃いお買い求めになるなど、全国的に高い評価を受けている。
  • 真名かいろうの里
    お買い物
    鳥取県岩美郡岩美町真名1064-2
    JR山陰本線岩美駅から車で8分。地元の粘土を使った風合いが魅力の真名焼を販売。工房兼ギャラリーでは、真名焼の展示のほか館長の難波氏による教室も行われている。周辺の休耕田から粘土を採取し、山で薪を拾い、手作りの窯で焼くというスタイルで、約2時間かけて湯のみや皿などがいくつも造れる。また、松灰・銀砂を使った真名焼オリジナルの絵付けも楽しむことができる。作品の完成は約1-3ヵ月後で、郵送もしくは現地での受け渡し。
  • ご当地ファーム山の駅 大山望
    お買い物
    鳥取県西伯郡伯耆町金屋谷1801
    米子自動車道・溝口ICを下りてすぐの場所にあるファーマーズマーケット。雄大な大山を望むドーム型の建物で「ご当地」をテーマにした地産食材を販売している。採れたての野菜やフルーツ、農産加工品などはすべて「新鮮・安全・安心」をモットーにした地元食材。朝どれの新鮮な高原野菜は黒土(くろぼく)という火山灰からできた土壌で育てられているため、どれも瑞々しく栄養価が高いと評判だ。館内奥には食堂が併設されており、地元でも手に入りにくい希少なブランド牛「伯耆和牛」を頂くこともできる。
  • 旬鮮プラザ 満菜館
    お買い物
    鳥取県倉吉市西倉吉町21-5
    一般国道・倉吉ICから約8分の距離にあるファーマーズマーケット。秀峰大山の裾野にひろがる肥沃な大地と清流に育まれた安心安全で新鮮な農畜産物を販売している。旬の野菜や果物、肉や米などを豊富に取り揃えており、いずれも非常にリーズナブルなため地元住民の生活には欠かせない直売所だ。旬の果物は試食が用意されていることも多いため、その美味しさを知った上で購入することができる。
  • あぐりポート琴浦2号店
    お買い物
    鳥取県東伯郡琴浦町別所1031-1
    山陰自動車道に面した道の駅・琴の浦に併設するファーマーズマーケット。地産地消にこだわった安心安全低価格な農産物を豊富に取り揃えている。特産のミニトマトやメロン、日本梨などは世代を問わず愛される人気商品。生産者自身が価格を設定しているため、安心安全な商品がリーズナブルに購入できると評判だ。揚げたてのコロッケやメンチカツ、手づくりジェラートといったテイクアウト商品も充実しており、ドライブ途中に立ち寄る観光客も多い。
  • あぐりポート琴浦
    お買い物
    鳥取県東伯郡琴浦町別所243
    国道9号線沿いの道の駅・ポート赤碕にあるファーマーズマーケット。名峰・大山が育んだ新鮮な農産物を中心に販売している。周囲一帯が梨の名産地として有名なため、旬の夏秋には様々な品種の梨を販売しているのが特徴だ。それぞれ特徴が異なる品種のリレーを重ねながら春先まで店頭に並ぶ。広い駐車場や休憩に適した環境にあるため、地元住民から遠方の観光客まで幅広く愛されている。年に数回開催される生産者と消費者の交流イベントも人気。
  • 湯の街ギャラリー
    遊ぶ/趣味
    鳥取県東伯郡三朝町
    開湯800年の歴史を持つ三朝温泉の中心に建つ商店や宿の総称。温泉本通りを中心に店舗や旅館がスペースを提供し、こだわりのコレクションを展示している。自由に見学できるギャラリースペースは約18か所。温泉情緒を楽しみながらそぞろ歩きが満喫できると評判だ。日本古来の伝統技法・藍染の展示や三朝川の「河鹿カエル」にちなんだ世界各地の人形などここでしか見られないコレクションも多い。
  • ショップぼちゃぼちゃ
    お買い物
    鳥取県東伯郡三朝町三朝910-7
    三朝の公衆浴場・たまわりの湯に併設したショップ。三徳川のほとりにある古民家風の建物で民芸品や雑貨、三朝銘菓やお土産品などを販売している。山陰地方以外の人にはなかなか聞き馴染みのない「ぼちゃ」とは鳥取県中部の方言でお風呂を指す言葉。菩薩様から賜ったと伝わる「たまわりの湯」にショップやカフェが併設されていることからその名前が付けられた。三朝のご当地キャラクター・ミササラドンを描いた「ミササラドンクッキー」はお土産に最適だ。
  • JA鳥取中央ファーマーズマーケット ハワイ夢マート
    お買い物
    鳥取県東伯郡湯梨浜町久留26-1
    山陰自動車道・泊東郷ICから約10分の国道179号線沿いにあるファーマーズマーケット。秀峰大山の裾野にひろがる肥沃な大地と清流に育まれた安心・安全・新鮮な農畜産物を販売している。野菜はもちろん精肉コーナーや加工品も充実しており、地元での生活に欠かせない直売所だ。ここ湯梨浜町は二十世紀梨の生産量日本一を誇る町。店内一画のスイーツコーナーはいつも大勢のお客様で賑わう。鳥取いちごや泊すいかといった新鮮なフルーツの他、全国のブランド牛の始祖とも称される東伯和牛も人気。
  • 旬鮮プラザ よってみたい菜
    お買い物
    鳥取県倉吉市八屋150-1
  • フルーツ総合センター
    お買い物
    鳥取県八頭郡八頭町徳丸625
  • 因久山焼
    お買い物
    鳥取県八頭郡八頭町久能寺649
    江戸時代に鳥取藩の御用を務めた由緒ある窯元。わら灰などの釉薬を使い、伝統的な素朴な美の中にも格調漂う独特の味わいが、多くの人々に愛好され続けている。窯に隣接する展示室で販売もしており、湯飲み2100円-、徳利3675円-など、みやげに手ごろな価格のものも多い。県道沿いの大きな登り窯(近代化遺産)が目印だ。
  • 白壁土蔵群 赤瓦
    お買い物
    鳥取県倉吉市新町1
    通称「白壁土蔵群」と呼ばれる、文化庁選定の倉吉市打吹玉川重要伝統的建造物群保存地区。なかでも、玉川沿いには赤瓦屋根を持つ白壁土蔵造りの建物が軒を連ねている。この赤瓦屋根の商店やその建物を利用する施設などが連携して1つの商業観光施設「赤瓦」として売り出したのが平成10年(1998)。現在は、館内に地元の名店が出店し、飲食や休憩のできる「赤瓦」のシンボル施設・赤瓦一号館をはじめ、お茶処や乳製品の店が入る赤瓦16号館まで、個性あふれるショップが赤瓦屋根の店舗で営業している。
  • 法勝寺焼皆生窯
    お買い物
    鳥取県米子市皆生温泉2-19-52
    皆生温泉の目の前に広がる弓ケ浜の白砂、日野川の砂鉄、地元の赤土を材料にした焼き物。西伯町法勝寺焼から分かれ、昭和36年(1961)に窯を開いた。温みのある素朴な風合いに熱心なファンが多い。湯のみ2500円、とっくり3000円。予約をすれば、陶芸体験ができる(2時間、3500円-)。
  • 創作工房 中野竹藝(赤瓦三号館)
    お買い物
    鳥取県倉吉市東仲町2573 赤瓦三号館1F
    赤瓦三号館。別名・竹蔵とも呼ばれる赤瓦三号館は、造り酒屋の酒蔵を改装した建物の1階にある竹工芸のギャラリー。大正元年(1912)創業という老舗で、歴代の天皇に献上するなど、竹細工の高い技術と歴史をもつ。竹を曲げる丸竹加工という技術で作られた風情ある花器やモダンなデザインの竹製品があり、おみやげに手頃な一輪挿しから高級な煤竹波網代バッグまで幅広く揃う。2階は元帥酒蔵の資料館。
  • はこた人形工房
    お買い物
    鳥取県倉吉市魚町2529
    倉吉に江戸時代から伝わる張子の人形、はこた人形を販売、1000円-。顔描き体験1200円-。
  • てぬぐい工房らっぷ
    お買い物
    鳥取県倉吉市東仲町2616-2
    100種以上のかわいい手ぬぐいが揃う。手ぬぐいや、ちりめん紐を使った店オリジナルの商品も多数ある。てぬぐいで作った祝儀袋は見た目かわいく、そのままゴミにならず、てぬぐいとして使えるエコ商品として人気。
  • オフハウス鳥取湖山東店
    お買い物
    鳥取県鳥取市湖山町東3丁目45

鳥取の主要エリア

around-area-map

砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

鳥取の写真集

目的から探す