NAVITIME Travel

和歌山の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 淡嶋神社
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市加太
    全国に約1000社もある「淡嶋系統」の総本社。人形供養で知られ、たくさんの日本人形が所狭しと並んでいるのが特徴。人形供養発祥の地、ひな祭りの発祥の地として信仰を集めてきた故に、毎年30万体もの人形が奉納される。御祭神に祀るのは医薬の神様・少彦名命(すくなひこなのみこと)。特に婦人病や子宝、縁結びのご利益で女性の支持を集めている。催し物は2月8日に「針供養」、3月3日に「雛流し」、10月3日に「甘酒祭」が行われる。
  • 和歌山市立こども科学館
    rating-image
    3.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市寄合町19
    和歌山市寄合町にある科学館。和歌山の自然に関する展示や、運動、音、光、電気などの仕組みを学べる体験型の展示などを行う。併設のプラネタリウムではその日の星空の解説付きで番組を上映。科学教室や自然工作教室、天体観察会などのイベントも開催している。

    メインはプラネタリウム(4F)の観賞であるが、1F〜3Fの各フロアーにも 子供の科学的な興味を引く実験道具的なものが豊富に準備され、2〜3時間は ゆうに遊べる 内容になっている。プラネタリウムは通常の星座や天体観測の他に ドラえもんの宇宙旅行が併映され、子供達は大いに楽しんでいた。

  • 玉津島神社
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26
    和歌山市和歌浦中3丁目にある神社。「和歌三神」に数えられる衣通姫尊(そとおりひめのみこと)を祀っており、平安時代から多くの歌人が和歌を奉納してきた。境内を含む周辺地域は「和歌の浦」として国の名勝に指定されている。毎年9月16日には、かつらぎ町天野の丹生都比売神社から紀の川を下って神輿が渡御する「浜降り神事」が行われる。

    高松の根上り松の「鶴松」の根が、大正時代に移されて展示されています。展示されている根を見ることで、枯れる前の天然記念物の松の姿を想像することができます。

  • 和歌山県立近代美術館
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市吹上1-4-14
    和歌山城の敷地に隣接して建つ近代美術館で、現代的かつ洗練されたデザインの外観が特徴。明治時代から現代までの美術を中心に収集・展示している。和歌山県ゆかりの作家の作品をはじめ、佐伯祐三の油彩13点やピカソ、ムンクの版画など、1万点以上のコレクションを所蔵。企画展やコレクション展を開催し、随時展示替えを行いながら公開している。

    和歌山城から道路を挟んだ反対側に、県立博物館と隣接して建っている。設計は黒川紀章。 和歌山市内の美術館・博物館は、2館目以降は割引料金となる。受付で和歌山城天守閣の入場券を見せると団体料金での入館となった。 所蔵品は多数あるが、常設展示は行っておらず、コレクション展という形で入れ替え展示を行っているようである。訪館したのは12月24日であったが、コレクション展は開催しておらず、特別展のみであっ...

  • 紀州東照宮
    rating-image
    4.0
    69件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市和歌浦西2-1-20
    元和7年(1621)、紀州藩初代藩主・徳川頼宣により、南海道の総鎮護として創建された権現造りの神社で、徳川家康と徳川頼宣両人を御祭神として祀っている。漆塗・極彩色の精巧な彫刻、狩野・土佐両派の絵によって鮮やかに彩られた社殿は、『関西日光』と称されている。江戸時代初期の代表的な建造物として、国の重要文化財に指定されている。

    紀三井寺から歩いてたどり着きました。けっこう距離あります。階段の数も紀三井寺より少ないですが、やはりキツい。登りつめると、内殿を見学するには500円必要です。帰りは緩やかな坂を下りました。さすがに疲れて、隣にある天満宮はギブアップしました。

  • 紀三井寺(紀三井山金剛宝寺護国院)
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市紀三井寺1201
    和歌山市紀三井寺にある寺院。宝亀元年(770)、唐から渡ってきた為光上人によって開かれた。境内の多宝塔、鐘楼、楼門は国の重要文化財に指定されている。また、境内に500本の桜の木が植えられており、早咲きの桜の名所としても知られ、本堂前には桜の開花宣言の目安となる標本木もある。
  • 和歌山県立博物館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市吹上1-4-14
    和歌山県和歌山市の和歌山城近くにある県立博物館で、設立は昭和46年(1971)。平成6年(1994)に現在地へ移転・開館した。建築家・黒川紀章氏が設計した建物は、ガラス張りで明るく、現代的なデザイン。和歌山県ゆかりの文化財や歴史資料を収集・展示しており、高野山や熊野信仰・熊野古道に関する資料、紀州徳川家旧蔵品など収蔵品の数は1000点を超える。常設展では和歌山県3万年の歴史を紹介しているほか、年に数回特別展や企画展を開催。

    ガラス越しに展示物を見るのですが、室内の照明が若干暗く設定されているためか、説明文や展示物の様子がよく見ることができないものが有りました。

  • 和歌山市立博物館
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市湊本町3-2
    和歌山市駅から徒歩で約5分、和歌山インターチェンジから車で約20分。和歌山市民図書館の隣にある、昭和60年(1985)にオープンした博物館。「資料が語る和歌山の歴史」をテーマとした常設展示を行なっており、原始から近代までの時代を追った5つと農家の様子を復元した民俗の計6つのコーナーがある。特別展や企画展では時代や土地を絞って紹介しているほか、講座や体験学習なども実施。また、ショップでは過去の展示の図録も販売している。
  • 伊太祁曽神社
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市伊太祈曽558
    五十猛命を主祭神とする神社。「続日本紀」の文武天皇大宝2年にその名が出てくるほど古い歴史を持つ。貴志川線伊太祈曽駅から南へ徒歩3分の場所にあり、713年にこの場所へ遷ったとされる。境内には主祭神を祀る本殿の他、水の神様と井戸の神様を祀る「御井社」や撫でると首から上の病に御利益があるとされる「お猿岩」といったパワースポットが存在。また毎年小正月に行われる「卯杖祭」は多くの参拝者が訪れる神事。小豆粥が振る舞われ、これを頂くと1年間無病息災になると言われる。

    休みの日に電車に乗っていきました。荘厳な神社で、心が洗われるようでした。また、ふと行ってみたいところの一つです。

  • 竈山神社
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市和田438
    御祭神を彦五瀬命とする神社。ここと日前宮、伊太祁曽神社の三社をお参りすることを俗に「西国三社参り」という。場所は和歌山電鉄貴志川線竈山駅から南へ徒歩10分。大きな鳥居が目印となる。竈山という地名は「古事記」「日本書紀」に記載があり、初代天皇である神武天皇の長兄彦五瀬命が葬られた地とされる。実際本殿の裏手には彦五瀬命墓稜があり、神武天皇の東征を支えてきたとのこと。このことから国家安泰や世界の平和と発展を見守っていると言われる。
  • 日前神宮・國懸神宮(日前宮社務所)
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市秋月365
    日前宮駅から徒歩で約1分、和歌山インターチェンジから車で約5分。創建2600年を超える由緒ある神社で、日前大神と國懸大神の祭神をそれぞれ祀る二つの大社が存在しているのが大きな特徴。主に縁結びや家内安全にご利益があるとされている。1月9日から11日にかけて「日前宮えびす詣り」が執り行われており、熊手や福俵といった縁起物が用意されるほか、赤いのぼりが並ぶ参道を夜に見られるのはこの時期ならでは。7月26日には神楽殿にて日前宮薪能も見られる。

    ヤマト朝廷にとって、東の出口が伊勢神宮とすれば、西の出口がここです。だもんで、伊勢神宮と同じく、神階を贈らない別格の社として尊崇されてきました。祭神である日前大神は天照大神の別名だそうです。祭神である日前大神は天照大神の別名だそうです。雰囲気は良いし、駐車場は広いし、是非寄ってください。

  • 本願寺鷺森別院
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市鷺ノ森1
    南海電鉄「南海和歌山市駅」より徒歩5分のところに鎮座する寺院。本願寺8世「蓮如上人」により開創された紀州開教の歴史的宝法物である。また、1476年より続くこの寺院には当時の貴重な収蔵品として、「二尊像・同裏書」、現在唯一、五帖が完全な形で揃っている「証如上人版五帖の御文章」などが収められている。他にも浄土真宗本願寺派の葬儀・仏事の普及を目的とした、「浄土真宗の葬儀・仏壇・納骨ガイド 阿弥陀さまと私」の発行も行っている。
  • 水門吹上神社(湊本ゑびす)
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市小野町2-1
    南海電鉄の和歌山市駅から徒歩で約8分、和歌山インターチェンジから車で約16分。和歌山市立博物館から南東に少し歩いたところにある神社。古事記や日本書紀にも記述がある由緒正しい神社で、境内には男水門という名称の由来が刻印された「神武天皇聖蹟男水門顕彰碑」が残っている。また、2つある社殿に2柱の神を祀る全国でも珍しい形式を取っており、十日戎や11月23日に行なわれる「牛の舌餅投げ」で配られる「のし飴」の発祥の地としても有名。

    境内には、百度石と彫られた石があり、この石を、百回回ってお祈りするんだと時代劇でのワンシーンを思い出しました。

  • 岩橋千塚古墳群
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市岩橋1411
    岩橋山地の前山地区を中心に紀伊風土記の丘全体に広く分布する古墳群。古代の豪族、紀氏一族の墓と考えられており、確認されているだけでも850基以上の古墳が存在している。国内では最大規模の群集墳であり、結晶片岩を使用した石梁や石棚を備えた特徴的な横穴式石室がみとめられることから国の特別史跡に指定されている。一部の古墳の石室は内部を公開されており見学することができる。
  • 紀伊風土記の丘資料館
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市岩橋1411
    県立博物館施設。特別史跡に指定される岩橋千塚古墳群を中心に古墳から出土した公庫、民俗資料を保存展示している。資料館の外壁には古墳群などの石室材に使われている結晶片岩があしらわれている。常設展では原始から中世までの和歌山県の歴史を出土品と共に展示している。広大な敷地内には古墳群が点在しており散策コースが設けられているほか、復元された竪穴住居や重要文化財に指定されている江戸時代の古民家集落があり、内部を見学できる。
  • 和歌山ビッグホエール
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市手平2-1-1
    和歌山県和歌山市にある多目的ホール。最大収容人数は8500人で様々なスポーツやレクリエーションコンサートや展示会などに利用されている。建物は巨大なクジラ型をしており、クジラの潮を吹くように水を噴射する機能がある。天井や座席の背板、床板などには紀(木)の国にふさわしく天然木材を使用している。また各種教室も主催しており子どもバレエやバスケットボール、テニスなど地元住民の健康やレクリエーションの場ともなっている。
  • 旧中筋家住宅
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市禰宜148
    JR和歌山線千旦駅から徒歩約20分。和歌山市の東部で熊野古道に面して建つ、江戸時代末期に栄えた和佐組大庄屋の屋敷。3階の望山楼や20畳敷きの大広間など、紀の川流域随一の規模を誇る。昭和49年(1974)主屋のほか表門・長屋蔵・北蔵・内蔵・御成門の付属建物が、国の重要文化財に指定された。平成12年(2000)から約10年間にわたる保存修理事業を行い、平成22年(2010)8月から一般公開されている。

    立派な家です。しかも手入れが行き届いています。見に行ったときにも、五人の人が、庭の雑草をむしったり、何らかの作業をしていました。維持管理が大変だと思いました。

  • 刺田比古神社
    rating-image
    3.0
    10件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市片岡町2-9
    和歌山城の岡口門から南、片岡の地に鎮座する和歌山城の守り神。通称岡の宮の名で知られ1000年以上の歴史がある。祭神は大伴氏の祖先神の(みちおみのみこと)と孫の(おおとものさでひこのみこと)。5代藩主吉宗の出世にあやかって開運の神様としても知られ、全国からたくさんの人が訪れる。吉宗の愛馬が神馬として祭られており、開運厄除けの神馬として崇敬を集めている。境内には6世紀ごろと推定される岡の里古墳があり、見学は無料。

    本殿修復の事業計画があるらしく、昔の威容あるものにしたいと言う声が集まっているとのことで、寄付を呼び掛ける案内板が立っています。事業費は、2億円だそうです。

  • フュージョンミュージアム ニット&スポーツ
    遊ぶ/趣味
    和歌山県和歌山市本町2-1 フォルテワジマ3F
    阪和道和歌山ICから15分。ニットとスポーツを融合させた世界初の展示施設。SNSで人気の自転車をこぐ動力で手袋やマフラー、コースター、クッションカバーが編める体験コーナーがある。手袋は体験型手袋編み機あみ太くんを5分間こぐと完成。ニットのフロアでは、世界で最初のニット編機から世界最速の横編機に至る数々の編機を展示。隣接するスポーツのフロアでは、和歌山県出身またはゆかりのあるトップアスリートを紹介している。
  • 鹽竈神社
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市和歌浦中3-4-26
    主祭神の塩槌翁尊は、山幸彦と豊玉姫の縁を結び、安産によって子どもを授けられたことから古くから安産・子授けの神として祀られている。江戸時代の和歌山では「一に権現(紀州東照宮)、二に玉津島、三に下り松、四に塩竃よ」と歌われ、塩田の塩を焼く釜からこの名が付けられたと言われている。万葉の時代から人々に親しまれてきた風光明媚な和歌の浦に位置し、神社近くの小高い丘には山部赤人の有名な歌碑が建っている。

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す