和歌山

海南・有田・みなべ・田辺

KAINAN / ARITA / MINABE / TANABE

歴史の詰まった海沿いルートは、雄大な景色と和歌山名物に触れる旅

和歌山市から西牟婁郡白浜町の間。ちょうど和歌山県の中間に位置し、北から南に向かえば、街風景から豊かな自然へと移ろう景色がさまざまな表情を見せてくれる。そんな自然の魅力を全身で体感できるのは、地平線いっぱいに広がるススキが美しい秋の生石高原や、空を反射した水面が輝く天神崎。どちらも幻想的な写真が撮れると話題を集め、今や全国から多くの人たちが集まる人気観光地となった。また、このエリアは「湯浅醤油」や「南高梅」といった和歌山名物の産地でもある。醤油蔵が立ち並ぶレトロな街並みを散策したり、丘一面を鮮やかに彩る冬の梅林を愛でたり、お土産を購入するのはもちろん、ここでしか触れられない歴史や体験も一緒に持ち帰りたい。街も自然も、海も山も。伝統と革新が交差するエリアで、新たな刺激に出合えるはずだ。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    紀美野町立みさと天文台
    いっぱいの星空に出会える、感動の体験
    「まるで降るような星空」。この常套句を本当に実感できるのが、紀美野町の山深くにある「みさと天文台」。人工的な明かりで満たされた大阪から車で約2時間で、この星降る地へとトリップすることができる。
    大きな電波望遠鏡や天文台、総合案内施設やプラネタリウム棟が並ぶ
  • spot 02
    生石高原
    360度に広がる圧巻のススキ草原! 写真映えする関西一の名スポット
    一面のススキ草原が圧巻の生石高原。ハイキングコースとしても人気のスポットで、山頂には360度の大パノラマが広がっている。近年はフォトスポットとしても大きな話題となり、一年を通して多くの人が訪れる。
    生石高原からの景色。すばらしい眺めだ
  • spot 03
    湯浅町の重要伝統的建造物群保存地区
    歴史的な建造物が並ぶ醤油発祥の地で、香ばしい匂いに包まれる
    醤油発祥の地として全国的にも有名な湯浅町。東西約400m、南北約280mに広がる歴史ある町並みは「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され、地元民から観光客まで多くの人が訪れる場所になっている。
    風情ある静かな町並みをゆっくり散策して
  • spot 04
    角長
    醤油発祥の地で180年受け継がれる濃い口醤油
    1841年(天保12)に創業した湯浅醤油の老舗。創業当時から変わらず吉野杉の木桶で造られる醤油は、醸造蔵の天井や壁についた白い「蔵付き酵母」を守りながら、建物を改修しつつもずっと同じ場所と製法で醸造、販売を行っている。角長ではほとんどの作業が職人の手仕込みによって行われ、1年半ほど寝かせる風味豊かな濃い口醤油のみを、蔵に隣接した本店で提供しているという。店の向かいには新旧の資料館が2つ建ち、仕込み蔵として活用されていた旧資料館「職人蔵」には、100年以上前に使用されていた人力で動かす仕込み道具が多数並ぶ。新館の「醤油資料館」には、さまざまな種類の醤油保存容器や開業時に実際に使っていた顧客帳簿の展示のほか、湯浅醤油の歴史を学べる映像資料も見ることができる。その歴史を学んでから味わう醤油はひと味違うかもしれない。
    立派な看板が目をひく本店
  • spot 05
    太田久助吟製
    たっぷりの刻み野菜とまろやかな麹を合わせた金山寺味噌を
    創業から150年、6代続く金山寺味噌の名店。醤油発祥の地で造られる湯浅醤油は金山寺味噌から着想を得て造られたともいわれていて、その味噌は米、麦、大豆からなる麹と白ウリ、丸ナス、ショウガ、シソなどの刻んだ夏野菜を熟成させた「おかず味噌」や「なめ味噌」とも呼ばれているもの。ほどよい甘さとなめらかな口当たりが特徴で、夏場で40-50日、冬場で80-90日熟成させた味噌は茶粥や白米のお供にも、お酒のアテにもなる地元の味だ。味噌造りは、経験豊かな職人の手で触って麹の状態を確かめ、その感触と先祖代々引き継がれる知識をもとに絶妙な調整を図っているという。金山寺味噌のほかにも、ふだん使いがしやすい「米味噌(白味噌)」、野菜との相性がいい「ひしほ(もろみ)」も取り扱っている。
    金山寺味噌の暖簾や看板が随所に掲げられる
  • spot 06
    一願寺(福巖寺)
    お酒好きの和尚の思いが込められた、1つだけ願いが叶う地蔵
    願い事が1つ叶うことで有名な「一願寺(福巖寺)」。いくつもの願いが頭をよぎるが、ここは思い切って1つに絞って参拝しよう。安珍と清姫の、心揺るがす恋のストーリーも知ることができる寺院でもある。
    願い事は1つだけ。何を願う?
  • spot 07
    鹿島
    救済の神の伝説をもつ無人島で、小丘を歩いて大自然を満喫
    みなべ町を災害から救った神が鎮座していると伝わる鹿島。渡船で10分と比較的訪れやすく、大自然に囲まれた非日常的な体験ができる無人島で、ひと味違った和歌山の旅を楽しもう。
    2つの丘が連なった独特のフォルムの島
  • spot 08
    渡し船
    南部湾を横断する、鹿島までの約10分の船旅
    鹿島へのアクセスは、南部湾の海岸近くにある「鹿島丸」の渡船のみ。一年を通して磯釣りを楽しむ利用客が多く、フレンドリーな船頭さんが鹿島まで送り届けてくれる。出港時間について、運航スケジュールなどの決まった時間での出港はないので、行きたい時間帯と帰りたい時間帯を船頭さんに相談しておこう。船まで車でアクセスする場合、まずは事務所で料金の支払いを済ませ、無人島に渡るための渡船帳簿に名前や連絡先を記入しておく。長時間滞在する場合は、業者にお弁当(別料金)を頼んでおくことも可能だ。船は埴田漁港に停泊していて、事務所から港の船着場まで自身の車で移動し、いざ出港。船頭さんは事務所に居ないこともしばしばあるので、ウェブサイトに記載されている携帯番号を控えておくと安心だ。
    小型船で送り届けてくれる「鹿島丸」
  • spot 09
    南部梅林
    山を埋め尽くす梅の花を愛でながら中距離散歩
    梅の開花に合わせ、1年のうちの1か月程度だけ開園する南部梅林。梅の里、みなべ町の魅力は、おいしさを味わうだけではなく、可憐な花を愛でることにもあり。毎年山の斜面に咲き誇る美しい花に囲まれて、この時期だけの特別な景色をたっぷり目に焼き付けて。
    畑に植えられた美しい梅に囲まれる
  • spot 10
    紀州梅干館
    梅干しの爽やかな香りが心地いい、南高梅のミュージアム
    はちみつを使った甘い梅干しからキリッと酸味の弾ける昔ながらの梅干しまで、自分の好きな味わいに出合える梅干館。製造工程を見学し、実際に体験して、名産品である南高梅をたっぷり堪能しよう。
    緑とピンクの派手な外観が目印
  • spot 11
    天神崎
    ウユニ塩湖のような絶景が人々を魅了! 保全された貴重な自然
    自然の保全などを目的とした「ナショナル・トラスト運動」の先駆けとなった天神崎。干潮時に現れる岩礁も見ごたえがある。写真映えする風景に魅了された人も多く訪れている。条件がそろえば、とっておきの1枚が撮影できるかも。
    干潮時に現れる平らな岩礁
  • spot 12
    秋津野ガルテン
    レトロな木造の小学校跡地で、地元の味を堪能する
    小学校の校舎を保存し、リノベーションして造られた都市と農村の交流施設。和歌山が誇るミカンの歴史を知り、地産の食材を使ったランチやスイーツを楽しみながら、どこかレトロな雰囲気に浸って。
    木々に囲まれた自然が気持ちのいい施設
  • spot 13
    農家レストランみかん畑
    やさしい「スローフードバイキング」
    都市と農家の交流を生み出すグリーンツーリズム施設「秋津野(あきずの)ガルテン」内の農家レストラン「みかん畑」では、地元で採れた野菜を中心に地元のお母さんたちが真心込めてじっくり手作りした料理を「スローフードバイキング」としてビュッフェ形式で提供。旬の農作物をたっぷり使ったやさしい料理を、好きなだけ味わうことができる。冷凍食品はいっさい使わず、地域の耕作放棄地を借り受けて自分たちで農園として復活させて育てた野菜をメインに使用。地元の人が地元で育て収穫した作物をその地の手法で調理する、という本物の「郷土料理」を堪能できる。中学生以上1300円、小学生800円、未就学児500円とリーズナブルな価格も魅力のひとつ。旧・上秋津(かみあきづ)小学校の古い木造校舎や中庭の木々を眺めながら食べるのも、天気のよい日は中庭のテーブル席で食べるのも、どちらも至福の時間を約束。25名以上の場合は、事前に相談して予約すれば、1人1400円で旧校舎内の教室にて自分たちだけの「スローフードバイキング」を楽しむこともできる。
    緑に囲まれた穏やかな敷地内にあるレストラン
  • spot 14
    スイーツカフェ&体験工房バレンシア畑
    柑橘スイーツを満喫
    田辺市の山手、上秋津(かみあきづ)の「秋津野(あきずの)ガルテン」内「バレンシア畑」は、特産の柑橘を中心にしたさまざまなスイーツを食べて、作って楽しむことのできる工房。イートインスペースではパフェや各種プリン、ドリンクを味わえるほか、手作りのみかんジュースやクッキー、ジャム等を購入できる。夏季限定のかき氷、その他のシーズンに提供されているクレープなど、フレッシュでフルーティなスイーツはどれも絶品。こちらでは5日前までの予約で、みかんゼリーや生しぼりジュースを作る「フレッシュみかん体験」、クッキーやフルーツタルトなどを作る「スイーツづくり体験」、柑橘アロマの芳香剤やハンドクリーム、ルームスプレー等を作る「里染・手芸・ハンドクリーム・アロマ体験」など幅広い体験をすることも可能。20分でできる手軽なものから90分しっかり体験する企画まで多彩。周囲をみかん畑に囲まれた静かな環境で、心ゆくまで特産の柑橘の魅力に触れることができる。
    レトロな空間でイートイン
  • spot 15
    うるわし館
    日本が世界に誇る、美しい漆器の一大産地
    縄文時代から利用されてきたといわれる漆器(しっき)。漆(うるし)の木の樹液を塗り重ねることで耐久性と美しさを増す漆器は、日本古来の伝統工芸品として世界に名高い。会津塗、山中塗、輪島塗とともに「日本三大漆器」に数えられるのが紀州漆器だ。
    伝統的でありながらモダンな生活にもなじむ漆器がずらり
  • spot 16
    黒江ぬりもの館
    漆器職人が暮らしていた町家でリラックスタイム
    江戸時代末期に建てられた町家をリノベーションしたギャラリーカフェ。もとは紀州漆器の塗師が住居兼作業場として使っていた町家で、古く価値のあるものがそこかしこにさりげなく飾られている。「スタッフの気まま定食」1,100円などのランチメニューのほか、やさしく懐かしい味わいの「黒江ぷりん」450円やあずきからコトコトじっくり炊いた「黒江ぜんざい」600円などのスイーツが人気。漆器に盛り付けられたメニューも多く、手触りなど実際の使用感を体験できる。箸や器、アクセサリーなど漆(うるし)を用いたアイテムを中心に、地元の特産品を使った食品等も販売している。周辺は「のこぎりの歯」のようにギザギザに立つ古い街並みが多数残されたエリア。ブラブラとゆっくり散策して、落ち着いた空間の「黒江ぬりもの館」でほっとひと息つこう。不定期でさまざまなワークショップなどの体験も開催。黒江の魅力をたっぷり味わうひとときを過ごすことができる。
    「黒江ぜんざい」などで漆器の魅力に触れる
  • spot 17
    闘鷄神社
    ニワトリ好き、歴史好き必見のリフレッシュスポット
    JR紀伊田辺駅から5分ほど歩くと、木々に囲まれたすがすがしい場所がぽっかりと現れる。ここ「鬪雞(とうけい)神社」は源平合戦の伝説にちなんだ名を有する神社で、2016年(平成28)に世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に追加登録された。
    立ち並ぶ大樹に守られた境内
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    関西方面から車で向かう場合は、阪和自動車道を南進。海南・有田・みなべ・南紀田辺ICなどで下りて移動する。所要時間は、堺JCTからだと海南ICで約50分、南紀田辺ICは1時間40分ほど。

  2. その2

    電車でのアクセスは、JR紀勢本線を利用しよう。大阪方面なら新大阪駅や天王寺駅発の特急「くろしお」で、海南駅まで約1時間、紀伊田辺駅まで約2時間20分。

  3. その3

    駅からバス移動をする場合、和歌山バスのほか、各地域自治体でコミュニティバスを運行している場合も多い。ぜひチェックしておこう。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

和歌山のその他のエリア

+ -
back
open

海南・有田・みなべ・田辺エリア