NAVITIME Travel

那智勝浦の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 熊野那智大社
    rating-image
    4.5
    598件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
    全国の「熊野神社」の総本宮にあたる熊野三山のひとつだが、ほかの2社と異なり、山中の「那智の滝」を神聖視する原始信仰が起源。別宮飛瀧神社では、滝そのものを御神体として祀っており、古来から延命長寿を願う滝修行者や参拝客が多く訪れる。滝を真正面から拝観できる観覧舞台では、延命長寿の水と伝えられる滝つぼの水も飲むことができる。境内には、朱塗りの6棟の本殿、拝殿、宝物殿などが並び、神の使いである八咫烏の烏石、平重盛が手植えした樹齢約850年の大楠など、見どころが多い。

    白浜温泉に宿泊した際に行ってきました。距離は約100㎞くらいで、途中高速(無料区間)を利用して、休憩しながらでも2時間はかからないと思います。まずは、山の中なので、道路が狭く、カーブがとても多いので、運転には十分以上に気を付けましょう。近づくと有料の駐車場が沢山あって、手招きで入庫を進められますが、そこで止めると、急な階段をかなり昇ることになります。奥に、社務所に通じる有料の道路があります。800...

  • 那智山青岸渡寺
    rating-image
    4.5
    261件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
    西国三十三ヶ所第1番札所に定められる天台宗の寺院。もともと「那智の滝」を中心にした神仏習合の一大修験道場だったが、明治初期に青岸渡寺と熊野那智大社に分離した。熊野古道を巡礼し、悟りを開こうとする熊野信仰の霊場として長い歴史を持ち、本尊の如意輪観世音像は、仁徳天皇時代、インドから渡来した裸形上人が、那智の滝の滝壺で見つけ、安置した言われている。本堂後方にある朱色の三重塔は、滝との調和が美しく人気のフォトスポット。

    熊野那智大社に行った際に、隣にこのお寺があるのを初めて知りました。一番札所とのことで、木造の建築物としては、かなり大きくまた、古い建造物で趣のある建物でした。遠くに那智の滝も見えますし、景色は、かなり良いです。熊野那智大社とセットで見学がおすすめです。

  • 補陀洛山寺
    rating-image
    3.5
    50件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町浜の宮348
    JR那智駅から徒歩で約3分のところにある寺院。9世紀から18世紀頃にかけて南海に存在すると信じられていた観音浄土を目指し、渡海上人が30日分の食糧と油を乗せて出航した補陀落渡海の出発点として知られる。平成16年(2004)には世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部に認定されているほか、本尊の「三貌十一面千手千眼観世音菩薩」も重要文化財となっている。敷地内には復元された補陀洛渡海船や渡海上人の墓が見られる。

    2回目の訪問です。1回目は、ただ見学しただけですが、今回は某テレビ番組を見て、予備知識をもっと訪れました。知っているのといないのとでは興味のレベルが違うと付く木菟思いました。

  • まちなか資料館入船館
    遊ぶ/趣味
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町勝浦492
    勝浦港から県道46号線を右に進み、道を半円状に回ってすぐのところにある資料館。那智勝浦町の景観や文化を保存するために活動している団体「よみがえれ!脇仲倶楽部」が運営しており、昭和初期や今昔を比較する写真展が行なわれている。
  • 飛瀧神社
    rating-image
    4.0
    130件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
    JR紀伊勝浦駅から車で約20分。熊野三山の一つに数えられる熊野那智大社の別宮で、那智の御瀧を御神体としている。本殿は存在しておらず、滝の前方200mほどの場所に拝所がある。熊野那智大社の本殿だけでなく、そちらでの正式参拝も可能で、約30分の参拝の後に由緒などの説明がされる。昇運神龍守はお瀧には龍が宿るという古代からの言い伝えにちなんで神龍が描かれたお守りで、飛瀧神社で授与されている。

    飛瀧神社は、那智大社から少し坂で下った場所にあります。入り口から、さらに神社まで下りの石段になっています。 瀧を近くで見るためには、300円の初穂料を納める必要があり、1人づつ、お守りをいただきました。 瀧は、水量が少なかったためか、近くで見たときに虹がかかっていました。 日本一大きいおみくじもありました。おみくじを両手で持ち上げて振る面白い体験もできました

  • 宝物殿
    遊ぶ/趣味
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1 熊野那智大社内
    JR紀伊勝浦駅から車で約20分。熊野三山の一つに数えられる熊野那智大社の境内にある宝物殿で、那智経塚からの出土品や国指定の文化財である熊野那智大社文書などの熊野や熊野信仰の歴史に関する貴重な資料を展示している。熊野那智大社の参拝時間と宝物殿の見学可能な時間は違っているので念のために確認しておくのがオススメ。
  • 秋刀魚の歌詩碑
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地6-1
    故郷を愛し続けた作家・詩人の佐藤春夫は、望郷詩人と称された。この『秋刀魚[さんま]の歌』は、大正10年(1921)に発表した代表作。「あわれ秋風よ 情あらば伝えてよ……さんま、さんま そが上に青き蜜柑の酸をしたたらせて、さんまを食ふはその男がふる里のならひなり」と刻まれている。親友である作家谷崎潤一郎の夫人であった千代と再婚したときの心情を歌ったものだ。碑は旧国鉄紀勢本線開通の昭和34年(1959)に建立された。
  • 阿弥陀寺
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町南平野2270-1
    妙法山の山頂付近にある真言宗の名刹。弘仁6年(815)に空海(弘法大師)が開基し、その後鎌倉時代になって心地覚心(法燈国師)が再興した。山門をくぐると正面が本堂で、すぐ左側に有名な「ひとつ鐘」がある。熊野では人が亡くなると霊魂は枕元のシキミという木の枝を持ってこの妙法山に飛び「ひとつ鐘」を撞いてからあの世に旅立って行くと信じられていて、宗旨を問わず親族が亡くなるとその遺髪、遺骨を納めに来る「おかみあげ」という風習が鎌倉時代より続いている。頂上の奥の院周辺には信者たちが供えたシキミが根付き群生していて、妙法山は別名シキミ山とも呼ばれる。
  • 那智の火祭
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山
  • 二河火祭り
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町二河
  • 日本基督教団紀南教会
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字下里930-1
  • 天祖光教浦神連絡所
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字浦神1067-3
  • 天理教紀東分教会
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦872-8
  • 円心寺
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字天満1692
  • 奥之院
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字那智山168
  • 海翁禅寺
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦642
  • 光明宝院
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字湯川897
  • 正宗寺
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字南大居491
  • 正念寺
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦341
  • 法泉寺
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町大字勝浦618

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す