高野山のスポット一覧

  • 金剛峯寺
    rating-image
    4.5
    504件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山132
    高野山真言宗の総本山であり、空海(弘法大師)が開いた真言密教の聖地、高野山の中核となる寺院である。ここで高野山全体の宗務を行われている。見どころは、檜皮葺きの大屋根が特徴の大主殿にある狩野派や雲谷派の襖絵や、国内最大級の石庭「蟠龍庭」など。この石庭は、白い小石で表現した雲海の中で、雄雌2匹の龍が奥殿を守っているように表現されている。

    高野山にきたならば必ずここは訪れておくべきでしょう。 根本大塔の壮大な建物に圧倒されます。 目の前の駐車場からすぐなので、気軽に訪れることができます。

  • 高野山
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
  • 高野山霊宝館
    rating-image
    4.5
    162件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山306
    真言宗総本山金剛峯寺をはじめ、高野山の寺院の貴重な仏像や仏画などを保存、展示する施設。大正10年(1921)に開館し、現在は国宝21件、重要文化財143件、和歌山県指定文化財16件などを含む重要美術品を約28,000点収蔵。夏の大宝蔵展では、鎌倉時代を代表する大仏師、運慶によって造立された国宝の八大童子像が展示されることがあり、とても人気がある。

    2021年は開館100周年を記念して、名宝展と称し国宝の仏像、仏画、運慶・快慶の仏像等、普段は展示されていないものが一挙公開されています。 100周年を迎えた本館は重要文化財に指定されており、木造であることに驚きました。アールデコ調の室内装飾など素晴らしいものですが、古いので空調設備がなく、冬は防寒具が必要です。 近年造られた新館はライティングとお経のBGMが流れる幻想的な展示方法が雰囲気を盛り上...

  • 濱田屋
    rating-image
    4.0
    97件の口コミ
    お買い物
    和歌山県伊都郡高野町高野山444
    和歌山県伊都郡高野町の「高野山」にある胡麻豆腐の名店で、明治初期から5代続く老舗。旅行雑誌やTV番組でも紹介される有名店である。皮を剥いた白胡麻の芯を挽き、葛と水のみを加えてシンプルに仕上げた胡麻豆腐は、濃厚ながら油分が少ないすっきりとした味。持ち帰りのほかイートインスペースもあり、わさび醤油または和三盆糖をかけて味わえる。売切れ次第閉店。

    三浦春馬さんが現地で取材し「日本製」に掲載されているお店です。「日本製」を読んでいたので、金剛峯寺に来た際に立ち寄りました。他の口コミにも掲載されていますが、保冷剤を否応なく別料金でつけられます。訪れたのはとても涼しくなった11月なのに保冷剤必須のようです。他店舗で冷凍商品を購入しているので、保冷剤は不要ですと説明したところ、レジの女性があからさまに無愛想でうっとおしそうな態度に変化しました。また...

  • 奥之院
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
    高野山の二大聖地のひとつで、空海(弘法大師)入定の地。空海が現在も瞑想していると言われる御廟がある。御廟に通じる約2kmの参道には、樹齢約700年の杉木立が続き、両側には皇族から庶民まで20万基以上の墓石や慰霊碑が並んでいる。御廟の手前にある燈篭堂も必見だ。堂内正面の祈親上人が献じた祈親灯と白河上皇が献じた白河灯は「消えずの火」として1000年以上燃え続けている。御廟に一番近い御廟橋より先は聖域のため、写真撮影は禁止されている。
  • 御影堂
    rating-image
    4.0
    43件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山152
    御影堂は桁行15.1m梁間15.1mの向背付宝形造りをした建物。堂内外陣には弘法大師の十大弟子像が掲げられている。場所は高野山金剛峰寺金堂の裏手。もともとは弘法大師の持仏堂として建設された建物だが、大師の入定後に十大弟子のひとり真如親王が描いた大師の御影(絵画)を奉安して以来御影堂と名付けられたという。御影堂は高野山でも最重要の聖域と位置付けられ、御影は普段一般参拝者が見ることはできない。現在は旧暦3月21日に行われる「旧正御影供」の前夜、御逮夜法会の後にのみ外陣への一般参拝が可能である。

    高野山壇上伽藍の、金堂から少し西という位置にあります。弘法大師の御影を安置してあるので、御影堂という名前が付いております。壇上伽藍は、朱塗りの根本大塔や中門、白木造りの金堂や御影堂という対比も見ものです。御影堂は、宗派によって「ごえいどう」とも「みえいどう」とも読まれます。

  • 金剛三昧院
    rating-image
    4.5
    46件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山425
    北条政子が夫・源頼朝と息子・実朝の菩提を弔うために建立した「金剛三昧院」は、国宝の多宝塔をはじめ数々の文化財を擁しており、世界遺産 「紀伊山地の霊場と参詣道」の構成資産ともなっている。鎌倉時代そのままの荘厳な雰囲気は参拝客を圧倒する。南海電鉄「極楽橋駅」からケーブルカーで約5分。

    国宝の多宝塔を拝観しました。 北条政子によって建立された日本で2番目に古い多宝塔と本堂を外からお参りしました。

  • 麩善
    rating-image
    4.0
    27件の口コミ
    お買い物
    和歌山県伊都郡高野町高野山712
    和歌山県伊都郡高野町の「高野山」にある生麩の専門店で、江戸時代の文政年間に創業した老舗。古くから高野山唯一の生麩屋として大切にされ、伝統の生麩は精進料理に欠かせない食材として周辺の宿坊にも提供している。こしあんをよもぎ入りの生麩で包んだ「笹巻あんぷ」は、高野山観光のお土産として人気。弾力のある食感と上品な甘さ、よもぎと笹の爽やかな香りがたまらない名物スイーツである。

    関西は生麩のお菓子多い気がします。 特に京都等も生麩有名ですし。 笹巻あんぷと言いよもぎ入の生麩でこしあんを包み熊笹で包んで有ります。 よもぎと笹の香りが清々しい。 生麩も柔らかく、 こしあんも甘過ぎず良いですね。

  • 根本大塔
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山152
    根本大塔とは真言密教の根本道場におけるシンボルとして建設されたもの。高野山金剛峯寺の壇上にある根本大塔は空海が高野山を開創した時より建立に着手し、887年ごろに完成したと伝えられる。現在の塔は昭和12年(1937)空海の入定1100年を記念して再建。16間四面、高さ約50mからなる2層の多宝塔様式が特徴である。見どころは堂内そのものが立体の曼荼羅として構成された作りにある。主尊の胎蔵界大日如来を中心に周囲を金剛界の四仏が取り囲む。16本の柱には十六大菩薩が、四隅の壁には八祖像が描かれている。
  • 燈籠堂
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山550
    高野山の二大聖地のひとつで、空海(弘法大師)入定の地である「奥之院」の御廟の手前に位置し、元々は御廟の拝堂として建立された。堂内には、参拝者が奉納した2万基以上の燈籠が所狭しと吊られている。堂内正面の祈親上人が献じた祈親灯と白河上皇が献じた白河灯は「消えずの火」として1,000年以上燃え続けている。なかでも祈親灯は、貧しいお照という娘が自らの髪を売り、両親の菩提のために献じたものと伝えられ「貧女の一灯」とも呼ばれている。
  • 熊谷寺
    rating-image
    4.5
    25件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山501
    桓武天皇の皇子葛原親王の御願で承和4年(837)に建立された寺院。真言宗の総本山のひとつ高野山にありながらも、法然上人二十五霊場の番外札所として数えられる。場所は高野山奥の院へ向かう一の橋口バス停そばにあり、現在は宿坊として参拝者を迎え入れている。寺の名前は平家物語に登場する熊谷直実に由来。彼が首を上げた平敦盛の菩提をここで弔っている。過去には浄土宗の開祖法然上人や浄土真宗の開祖親鸞聖人も逗留している。その際井戸の水鏡に映った法然・親鸞・直実の姿をそれぞれが像として彫刻。御尊像を園光堂に奉安しているという。

    高野山の中では小さな部類のお寺になりますが境内は厳かでとても雰囲気がいいです。 植栽も手入れが行き届いているので見応えあり

  • 櫻池院
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山293
    高野山中門のそばにある宿坊寺院。鎌倉時代に白河天皇第四皇子覚法親王によって開基された歴史ある寺院であり、当時は養智院と名付けられていたという。後に後嵯峨天皇が御幸した際、庭園に咲く桜と池の水面に感銘を受け櫻池院と改められる。本堂は鎌倉時代当時のものが現存する貴重な建物。料理は精進料理が振舞われる他、般若湯やビールといったアルコール類も提供される。また壇上伽藍や霊宝館といった観光名所が目の前にあり、早朝勤行で心身健やかなまますぐに高野山観光を楽しめるのも魅力である。

    金堂前のバス停から金堂と反対側に入った所にあり、静かな感じです。宿泊者以外は建物に立ち入らないように書いてありましたので、外から眺めただけです。WiFiが使えると書いてありました。

  • 壇上伽藍
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山152
    「奥之院」に並ぶ高野山の二大聖地のひとつ。空海(弘法大師)が真言密教の根本道場を開くために最初に創建した場所である。シンボルである根本大塔や金堂、御影堂などの19の建造物が集まっている一画の総称。なかでも伽藍の中央にある金堂は、高野山の総本堂で、重要な行事のほとんどが執り行われている。本尊は秘仏となっている薬師如来。
  • 角濱ごまどうふ総本舗
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    お買い物
    和歌山県伊都郡高野町高野山230
    伊都郡高野町高野山にあるごま豆腐の専門店。白ごまと吉野本葛、深山の岩清水で作るごま豆腐を販売している。総本山金剛峯寺をはじめとした高野山の寺院に納めている他、参拝客の土産物としても人気となっている。また、徒歩2分ほどの場所には、ごま豆腐料理を味わうことができる直営の飲食店も展開。

    昼食代としては高額の設定ですがセットオーダー。若干時間がかかりましたが美味しく頂きました。ゴマ豆腐のオンパレードといった醍醐味!店頭部分が喫茶コーナー、階段を上がった上部に飲食部分が配置。トイレも綺麗。雰囲気はいいね!予定ではもう一軒ごま豆腐を食したいと思っていたのですが、お腹は一杯です。

  • 大門
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山
    高野山に広がる寺院群の入口にそびえる高さ約25.1mの朱色に塗られた総門。開創当時は現在より下の九十九折谷に鳥居を建てて総門としていたが山火事や落雷で焼失。現在の大門は1705年に再建されたものである。見どころは門の左右に置かれた金剛力士像。大きさが東大寺南大門に次いで2番目と言われ、強くにらんだ眼差しと筋骨隆々とした肉体には迫力がある。また大門正面の柱に掲げられた「日々影向文」には今も弘法大師が私達を救ってくださるという意味があり、高野山の教えである同行二人信仰を表している。
  • 高野山料理 花菱
    rating-image
    4.0
    64件の口コミ
    グルメ/お酒
    和歌山県伊都郡高野町高野山769
    和歌山県伊都郡高野町の「高野山」で明治初期から営業している老舗の郷土料理店で、昭和天皇・皇后の行幸の際に賄方を務めた名店。調理法・味・色彩の組み合わせを伝える「五法・五味・五色」の基本を守り、季節感を大切にした高野山伝統の精進料理が味わえる。ランチタイムでは、お手頃価格の「三鈷膳」が人気。自慢のごま豆腐や田楽などがセットになった食前酒付きの会席料理である。

    高野山観光のランチでお邪魔しました。 2000円ぐらいで精進料理が食べられるということで伺ったのてすが、メインのコースは5000円のようでした。なので!2200円のコースと5000円のコースを注文。 で、きたものをみると…2200円のコースで量は十分。5000円のコースはディナーのフルコースといった感じでお腹いっぱいになる量でした。 どちらも味は納得の美味。コロナ対策もバッチリなお店でのんびりとラ...

  • 御茶処 西利
    rating-image
    3.5
    34件の口コミ
    グルメ/お酒
    和歌山県伊都郡高野町高野山784
    和歌山県伊都郡高野町の「高野山」にある茶処で、明治初期創業の土産物店「西利」に隣接している。看板スイーツは、豆腐の甘味と風味を生かした「とうふケーキ」や「とうふクッキー」。高野山名物の和菓子「笹巻きあんぷ」も提供している。店内は純和風の落ち着いた空間。抹茶や有機栽培のコーヒーとともに甘味を味わいながら、高野山散策で疲れた足を休めることができる。

    西利は、高野山にある金剛峯寺の前のメインストリート沿いにあったカフェ(?)です。 壇上伽藍や金剛峯寺などを巡っていた私たちは、ここで休憩をしました。いただいたのは「笹巻あんぷ」というお菓子です。おいしくて、ちょうどよい休憩場所でもありますね。

  • 女人堂
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山709
    高野七口の一つ、不動坂口のそばにある参籠所で、明治5年(1872)に高野山の女人禁制が解かれるまでの間、高野山参拝を願う女性達の拠り所となった。かつては高野七口すべてに同様の施設があったが、現存するのはこの不動坂口の女人堂のみである。
  • 上きしや 高野店
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    グルメ/お酒
    和歌山県伊都郡高野町高野山732-1
    高野町高野山、高野山の麓にあるやきもちの専門店。やきもちは高野山開創当時弘仁7年(816)までその歴史をさかのぼる高野山の名物である。程よい甘さの餡を白もちやよもぎもちで包んで焼き上げる上きしやのやきもちは、高野山参拝の土産物として300年余りの歴史を誇る。

    焼き餅が有名というから期待していたんだけど、焼かれて冷えてしぼんだ餅でした。しかも、1つだったからかとにかく無愛想な対応。高野山で嫌な思い出になりました。

  • 不動堂
    旅行/観光
    和歌山県伊都郡高野町高野山152
    高野山の中門を抜けた壇上伽藍の東側にある縋破風造りの建物。まるで平安貴族の邸宅のような雰囲気が感じられるが、これは高野山に建つ寺院のなかでも異質。また建立された目的が不明、不動堂なのに護摩壇の形跡がないなど数々の不思議に包まれている。創建は鎌倉時代の1198年。明治32年(1899)に国宝に指定され明治41年(1908)の修理で現在の場所に移築。高野山はたびたび大火災に見舞われているが、もともと不動堂があった場所には類焼が及ぶことはなかった。そのため現在も創建当時の姿で見ることができる稀有な建物でもある。

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す