和歌山の高原スポット一覧

  • 生石高原
    旅行/観光
    和歌山県海草郡紀美野町中田
    和歌山県有田川町と紀美野町の間に広がる高原地帯。主峰である標高870mの生石ヶ峰を中心にススキが群生しており、春の新緑や秋のススキシーズンには多くの観光客が訪れる。特に秋は夕日に照らされたススキが黄金色に輝き、美しいフォトジェニックとなる。また山頂からは北に和泉山脈、東に護摩壇山など奥高野の山々を望むことができる。夜になれば街の夜景をバックに空いっぱいの星々を撮影することも可能だ。車で高原までたどり着けるので、カメラ初心者でも写真家気分を味わえるスポットである。
  • 新宮蘭沢浮島植物群落(浮島の森)
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県新宮市浮島3-38
    泥炭でできた約5000平方メートルの島全体が浮かんでいる、不思議な森である。オオミズゴケやヤマドリゼンマイなど約130種類の植物が自生。昭和2年(1927)に国の天然記念物に指定された。島には遊歩道が整備されており、散策を楽しめる。

    浮島の森は、新宮市内の住宅地にあります。小さな沼に浮かぶ小島と言った雰囲気です。入場料は110円。料金所を過ぎると左回りにぐるりと一周します。浮島と言われないと、沼地にある手入れされていない原生林にしか見えません。

  • 紀泉高原
    旅行/観光
    和歌山県紀の川市中津川

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す