NAVITIME Travel

和歌山のその他の工場見学/実演スポット一覧

  • 紀州梅干館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    和歌山県日高郡みなべ町山内1339
    和歌山県日高郡みなべ町にある梅干し工場併設の観光施設で、買い物や工場見学などが楽しめる。直売店では、紀州の南高梅をはじめ、工場直売の梅干しや梅の加工食品を豊富に販売。館内の3Dシアターやパネル展示を通して、梅干しの歴史を学ぶことができる。予約制で梅干しや梅酒、梅ジュース作りの体験教室も開催。所要時間は20分から40分ほどで、1名でも参加できる。

    工場見学は自分ですすんでいけます。作業中のスタッフの方も会釈などしてくれて好感触でした。 売店で全ての梅干の試食と、梅酒の試飲があります。試飲のスタッフさんがとてもわかりやすく説明してくださりついつい買ってしまいました。 工場の建物と駐車場(無料)の間の道は惜しくも世界遺産に選ばれなかった熊野古道です。

  • 湯浅醤油 有限会社 九曜蔵
    旅行/観光
    和歌山県有田郡湯浅町湯浅1464
    JR湯浅駅から徒歩で約10分。金山寺味噌の看板が目印の醤油製造会社。敷地内にある醸造蔵は蔵人の案内による見学も行なわれており、100年以上現役のもろみの入った杉樽に触れることも可能。樽の中身をかき混ぜて熟成発酵をうながす櫂入れ体験も開催しているなど、他の醤油蔵にはない試みも魅力の一つとなっている。最高金賞を受賞した「湯浅醤油 生一本黒豆醤油」から特定の食べ物専用の醤油、ゆずぽん酢といった商品を販売。カフェではコーヒーやしょうゆソフトクリームが味わえる。
  • 勝浦漁港
    旅行/観光
    和歌山県東牟婁郡那智勝浦町築地7-8-2
    全国でも有数のマグロの水揚げ高を誇る勝浦漁港。普段は関係者以外入ることのできない場内を、漁協職員の案内で見学できるツアーが人気。マグロ漁についての説明のほか、入札風景やマグロが並ぶ様子などを間近で見ることができたりと、市場の熱気に満ちあふれた空気を存分に楽しめる。
  • 龍神村アートセンター紙漉き工房
    旅行/観光
    和歌山県田辺市龍神村安井269-1
    龍神村では古くから紙が漉かれ、その紙は「山路紙」と呼ばれていた。一旦は途絶えていた紙漉きを再興し、地元産の楮[こうぞ]を原料に、手作業による昔ながらの技法で紙を漉いている。紙漉き体験では、楮の樹皮を紙に漉き上げるまでのそれぞれの工程を本格的に体験できる。草木染めは草木を煎じてスカーフやバンダナなどを染める。
  • バイオセンター中津
    旅行/観光
    和歌山県日高郡日高川町高津尾1052-2
  • 梅干の製造工程見学
    旅行/観光
    和歌山県田辺市下三栖1475 中田食品(株) なかた梅干工房
  • 湯浅醤油 有限会社 九曜蔵
    お買い物
    和歌山県有田郡湯浅町湯浅1464
    明治時代創業の醤油醸造元。昔ながらの製法で、丹誠込めて手造りしている数少ない蔵元。本場の醤油を目で舌で確かめられる。特に、130年前の大樽は必見で、熟成しているもろみを見学できる。また、直売店で買い物もできる。丹波黒大豆と天然塩で仕込んだ「生一本黒豆」200ミリリットル1080円-。国産の丸大豆を使用した「樽仕込み」は200ミリリットル540円-。工場見学は無料となっている。
  • 花王 和歌山工場(見学)
    旅行/観光
    和歌山県和歌山市湊1334

和歌山の主要エリア

around-area-map

日本最大の半島・紀伊半島の西側に位置し、温暖な気候が特徴的な和歌山県。和歌山県へのアクセスは新幹線と在来線を利用すると便利で、東京からは約4時間15分、大阪からは約1時間半かかります。 和歌山県の観光地は4つのエリアに分けられます。美しい浜辺や白浜温泉、世界遺産・熊野古道を有する「白浜・龍神・熊野・那智」エリア。徳川御三家のひとつとして長い歴史を刻んできた「和歌山・紀の川」、梅とみかんの産地で、マリンレジャーも楽しめる「有田・御坊・みなべ」、そして、世界遺産・高野山がある「高野山」です。 和歌山県に行ったらぜひ食べたいのが、マグロやカツオなどの新鮮な海の幸。さらにめはり寿司や和歌山ラーメンなどのご当地グルメもおすすめです。また、みかんや梅干し、金山寺みそなどの和歌山の名産品は、お土産としても喜ばれるはずです。

和歌山の写真集

目的から探す