淡路島の旅行/観光スポット一覧

  • 道の駅 うずしお
    rating-image
    4.0
    270件の口コミ
    交通
    兵庫県南あわじ市福良丙947-22
    南あわじ市福良丙の県道237号線沿いにある道の駅。淡路島たまねぎを使った「元祖玉葱和風ドレッシング」などの特産物の加工品や土産物が揃う売店、「淡路島3年とらふぐ」や淡路島の地魚、淡路牛などを使った定食や丼、コース料理などを提供するレストランを備える。併設の「淡路島オニオンキッチン」では、「あわじ島オニオンビーフバーガー」をはじめとしたご当地バーガーやたまねぎを使ったソフトクリームを販売。

    淡路島の南端にある、「道の駅うずしお」淡路島の特産の玉ねぎのオブジェもありました。そして何より、鳴門大橋と鳴門海峡が見える、小高い上にあり、レストハウスも備えてあります。レストランで食事をして、うずしおクルーズ船の時間待ちに利用しました。

  • 伊弉諾神宮
    rating-image
    4.5
    204件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県淡路市多賀740
    「古事記」や「日本書紀」で国生みをしたとされる夫婦神、伊弉諾尊(イザナギ)と伊弉冉尊(イザナミ)の二柱を祀る日本最古の神社。兵庫県下で唯一、「神宮号」を宣下されている。境内には、夫婦円満、安産子授、縁結びなどのご利益があるとされる、樹齢約900年の夫婦大楠がある。毎月22日には、ライトアップされた拝殿や大鳥居などと、ローソクが灯された参道が幻想的な「夜の特別参拝」が行われる。また、夜桜のライトアップ、舞台イベントが楽しめる「桜回廊みゅーじあむ」等の催し物も行われている。

    古事記などの日本神話の舞台となっている歴史ある神社です。物語の世界を楽しめます。イザナギとイザナミがこの地に降りたったという設定です。

  • たこせんべいの里
    rating-image
    4.0
    202件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県淡路市中田4155-1
    たこ・えび・いかなどの素材の味を生かしたおせんべいの製造販売店。販売コーナーでは約40種類の商品ほとんどが試食可能で、好みの商品を探すことができる。おせんべいの製造工程の一部を窓越しに見学できるほか、フクシアやポトスなどの観葉植物の飾られた休憩コーナーもある。無料のコーヒーやお茶を飲むことができ、旅の途中にゆったりとくつろぐことができる。

    観光バスが訪れるので普段は休日となると沢山の人で賑わいます。ただ訪問した時は新型肺炎の影響で試食が中止になっており、人は閑散としていました。 ただこちらのせんべいは1回食べ始めると止まらなくなるくらい美味しいのでオススメです。値段もリーズナブルです!

  • 道の駅 あわじ
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    交通
    兵庫県淡路市岩屋1873-1
    神戸淡路鳴門自動車道「淡路I.C」より車で約5分、淡路島の最北端にある道の駅。土産物店には玉ねぎや野菜といった淡路産の農産物をはじめ、玉ねぎドレッシング、玉ねぎチップスなどの玉ねぎ加工品、地ビールなど、ここでしか買えないお土産を豊富に取り揃える。海千館では「生しらす丼」や「焼き穴子丼」などの丼メニューが充実、「淡Be-」では淡路牛がたっぷり入ったボリューム満点の「淡路牛バーガー」を味わうことができる。

    道の駅あわじの2階にあるレストラン。海鮮系丼やお肉系丼を食べる事ができます。1階に同じようなメニューを提供するえびす丸がありますが、料金的にはえびす丸の方がお勧めです。

  • 淡路島
    旅行/観光
    兵庫県淡路市・洲本市・南淡路市
    淡路島は瀬戸内海の東部に位置する島である。世界最長の吊橋「明石海峡大橋」や、世界最大の渦潮といわれる「鳴門の渦潮」などが有名。温泉地でもあり、宿泊はもちろん日帰り入浴が可能な施設も多い。古くから朝廷に数々の食材を献上してきた「御食国」としても知られる。松阪牛のルーツである「淡路牛」は脂肪と肉のバランスが魅力。夏から秋にかけては、伊勢海老漁の最盛期を迎える。
  • 淡路夢舞台
    rating-image
    4.0
    199件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県淡路市夢舞台2
    兵庫県淡路市にある複合文化リゾート施設。建築家・安藤忠雄氏のグランドデザインによる個性的な回遊式庭園となっており、国際園芸・造園博「ジャパンフローラ2000」の会場にもなった。園内では、百段苑をはじめとする趣向を凝らした庭園で四季折々の花が楽しめるほか、展望台からは淡路夢舞台と淡路島国営明石海峡公園を一望できる。園内には和洋中のレストランが3店舗と、2店舗あるショップでは淡路島土産が購入可能。車いすやペット連れにも配慮がされており、大人から子どもまでのびのびと楽しめる。

    日本を代表する建築家、安藤忠雄氏によってデザインした建造物です。 水が使用されている空間にはホタテの貝殻を100万枚を敷き詰めてあったり、とても美しかったです。私は1月に訪れたので、季節的に植物が枯れていましたが、春以降はもっと綺麗な景色が見れるんだろうな-と思いながら観光しました。

  • 洲本城
    rating-image
    4.0
    105件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県洲本市小路谷1272
    市街地の南にそびえる標高約130mの三熊山山上にある城跡。戦国時代から江戸時代にかけて淡路国統治の拠点となった城で、戦国時代の様式をよく表す城郭は保存状態も良く、国の指定史跡、兵庫県の指定文化財に指定されている。現在の天守閣は昭和3年(1928)に展望台として建てられたもので、模擬天守閣としては日本最古(現在は入場不可)。周辺は公園として整備され、紀淡海峡を一望できるほか、桜の名所としても知られている。

    洲本温泉に行ったついでに洲本城に寄りたかったのですが、旅館の部屋から眺めました。色々な城巡りをしてきましたか、今回のように眺めるだけは初めてです。コロナウイルスで行けるのか確認せず旅館をあとにしました。次回は洲本城に寄りたいです。

  • 道の駅 東浦ターミナルパーク
    rating-image
    3.5
    49件の口コミ
    交通
    兵庫県淡路市浦648
    神戸淡路鳴門自動車道「東浦I.C」から車で約3分のところにある道の駅。「やま高」で販売している「タコの姿焼き」は、タコを丸々1匹、そのままプレスして作る迫力満点の一品で、メディアにも幾度となく取り上げられている。海側奥にある「中浜稔猫美術館」では、猫墨絵の第一人者である中浜稔氏の作品を展示。世界ではじめての猫美術館であり、月1回、墨絵教室を開催している。「東浦物産館」にて特産品の販売も行う。

    たこの姿焼きが有名な道の駅です。 たこの姿焼き目的で訪問する人が多いと思いますが、道の駅で売っている野菜が安くて美味しいのでオススメです。

  • うずしおクルーズ
    旅行/観光
    兵庫県南あわじ市福良港 うずしおドームなないろ館
    南あわじ市福良港の「うずしおドームなないろ館」から運航している観光船。幕末の蒸気帆船を再現した「咸臨丸」と、チャーターなどにも使える「日本丸」の2種類の船が運航。世界三大潮流の一つである鳴門海峡のうずしおを、船上から観察することができる。
  • 福良マルシェ
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県南あわじ市福良甲1530-2
    南あわじ市福良甲にある特産品の直売店。すべての商品を淡路島産にこだわり、淡路島たまねぎをはじめとした農産物や、淡路島で水揚げされた新鮮な鮮魚、淡路島の食材で作られた加工品などを販売している。併設のカフェテリアでは、イートインのほか購入した刺身を使ったセルフ海鮮丼や、淡路島玉ねぎ乗せ放題の「淡路島ピザ」、季節限定メニューなどを提供している。

    バーベキュー前の食材を購入しました。 キャベツや里芋なども、普段スーパーで見かけないめずらしい品種があり「キャベツあまい!」とバーベキューで感動。帰りにお土産を買うために再度おとづれました。 店員さんが食材の調理方法も教えてくれました。

  • 北淡震災記念公園
    rating-image
    4.5
    93件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    兵庫県淡路市小倉177
    淡路ICより車で約20分。平成7年(1995)1月17日に発生した阪神・淡路大震災で現れた野島断層を展示している施設などを有する記念公園。「野島断層保存館」では、天然記念物に指定されている野島断層をありのままに保存している。また、神戸大空襲、阪神・淡路大震災を耐え抜いた「神戸の壁」も移設されており、野島断層と共に地震の凄まじさと脅威、災害当時の記憶を今に伝えている。他にも、震災の語り部の講話を聴けるセミナーハウス、地元の食材を使ったレストランや物産店がある。

    阪神淡路大震災で被災した者にとっては、来るのは躊躇してしまうのは自然な事でしょうか?25年を迎え、訪れました。活断層の上に作られたモニュメントで、実際の活断層の歪みが展示されています。120センチずれたそこに立つ家もそのまま資料館として残されています。真横に建っていても全壊しない家もあるのに… 地震体験が出来る機械が2台ありますが、今回は阪神淡路の地震が体験出来るのもののみ稼働していました。どちら...

  • 大鳴門橋
    旅行/観光
    兵庫県南あわじ市から徳島県鳴門市まで
    兵庫県南あわじ市と徳島県鳴門市間、鳴門海峡の最狭部を結ぶ吊橋で、本州四国連絡高速道路の1つ「神戸淡路鳴門自動車道」として供用されている。徳島県の観光地としても知られ、約450mの遊歩道である「渦の道」(橋桁内部に設置)では鳴門海峡の景色や足元に鳴門の渦潮を眺望できることが魅力。また、「日本の道100選」に選定された。
  • 淡路島牧場
    旅行/観光
    兵庫県南あわじ市八木養宜上1
    南あわじ市八木養宜上にある牧場。牛の乳搾りや、子牛の乳飲まし、手綱を固定したメリーゴーランド風のポニーの乗馬などの動物とのふれあい体験や、バター作り体験、野菜の収穫体験(要予約)などを実施。本場の淡路牛の焼き肉(予約制)などを提供するバーベキュー館や、牛乳試飲コーナー、売店や小動物園も併設している。
  • 淡路島フルーツ農園
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県淡路市上河合173
    神戸淡路鳴門道津名一宮ICから県道66号経由、車で5分ほどの場所にある、1年を通して様々なフルーツ狩りが楽しめる農園。ハウスみかん、巨峰に加え、いちご、ブルーベリー、いちじく、フルーツトマトの収穫体験ができる。平成23年(2011年)には農園カフェ「果の実」をオープン。その日収穫されたフルーツを使った新鮮なジュースやフルーツサンド、農園カレー、それに加えて季節のフルーツを使ったケーキなどのスイーツも楽しめる。

    いちご狩りの時期でしたが、いちご狩りの予約はあいにくいっぱいで、カフェ(イートイン)利用でお邪魔しました。 旬のいちごを使ったジュースやショートケーキ、朝採れいちごの入ったいちご大福はどれもみずみずしいいちごが味わえました。みかんジュースも見た目が鮮やかなみかん色で、みかんの甘味を堪能できました。また訪れたいです。

  • おのころ島神社
    旅行/観光
    兵庫県南あわじ市榎列下幡多415
    南あわじ市榎列下幡多にある神社。伊弉諾命(いざなぎのみこと)と伊弉冉命(いざなみのみこと)の二神を祭神として祀る。二神が降り立ち、日本の国土を創世したという「国生み神話」の聖地として古くから崇敬され、縁結びや安産の神としても信仰されている。昭和57年(1982)建立の高さ21.7mの朱塗りの大鳥居の脇には、松葉が3つに分かれた希少な松の木「三鈷(さんこ)の松」があり、縁起物として尊ばれている。
  • 立川水仙郷
    rating-image
    3.0
    19件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県洲本市由良町由良2877-22
    神戸淡路鳴門自動車道「洲本IC」から約30分、紀淡海峡を望む絶好のロケーションにある水仙の群生地。栽培面積約6haの敷地内に、日本水仙を中心に八重水仙やラッパ水仙など約400万本の水仙が植えられている。駐車場が水仙畑のある山間の谷にあるため、車から降りてすぐに景色を楽しめるのも魅力。散策路は舗装されているため、車椅子やベビーカーでも無理なく観賞することができる。ペット同伴も可能。開花時期は12月下旬から3月下旬頃まで。

    探偵ナイトスクープでパラダイスとして紹介されたことがあるようです。 おもてなしの精神は感じます。 でも、あの番組でパラダイスとして取材される以上のものでも以下のものにもならなさそうです。

  • 本福寺水御堂
    rating-image
    3.5
    36件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県淡路市浦1310
    神戸淡路鳴門自動車道「東浦I.C」より車で約5分のところにある寺院。真言宗御室派の寺院で淡路四国第五十九番霊場。安藤忠雄設計の鉄筋コンクリートで造られた「水御堂(みずみどう)」と呼ばれる本堂が有名。大阪湾を一望できる場所に建てられており、鉄筋コンクリート造の蓮池の下に本堂がある。本堂の屋根を兼ねている蓮池には、睡蓮のほか、約2000年前の古代ハスとして知られる「大賀ハス」が浮かび水面を彩る。

    安藤忠雄設計のお堂と言っていいのか。 中には本尊が祀られているので、いいのでしょう。 屋上は蓮池があり、その下が本堂になっているというユニークな安藤忠雄らしい設計、形状になっています。

  • 絵島
    旅行/観光
    兵庫県淡路市岩屋
    淡路市岩屋、淡路島の北東に浮かぶ島である。古事記・日本書紀に書かれた「おのころ島」伝承地のひとつとされる。元は陸地に続いていたものが海の浸食によって削られ、現在のような島となった。イザナギ・イザナミはこの島で結ばれ子をなしたという。岩肌はなめらかな縞模様で、山頂には、人柱にされようとした人々を助け、自らが人柱となった「松王丸」を弔った社がある。
  • 淡路カントリーガーデン
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    兵庫県淡路市野島常盤1463-6
    大人から子どもまで楽しめるふれあい牧場。園内で飼育されているヤギやロバ、ウサギなどの小動物に餌をあげたり、触れ合うことができる。事前予約制でロバの散歩やチーズ作り、季節の農産物の収穫などの体験も可能。園内のカフェレストランは、淡路の野菜をふんだんに使ったメニューが味わえ、名物は淡路牛を使った「あわじ大地のバーガー」。予約することでバーベキューの昼食も楽しめる。また、園内にある宿泊施設は、コテージ形式でシャワーとトイレを完備しており家族やグループにオススメ。

    花さじきに行った後に寄りました。 動物が好きなので、200円でエサを買いました。入園券を買うときにしか エサが買えないようなので、それが残念だなあと思いました。 エサは、サルと鳥以外ならどの動物にも共通とのこと。 確かに園内には動物が少ないけど、エサやりは楽しかったです。 動物たちは皆お腹がすいてるようで、クレクレと必死だったので、最初に買った分だけでは全然足りないようでした。 園内にエサを買う場...

  • 灘黒岩水仙郷
    旅行/観光
    兵庫県南あわじ市灘黒岩2
    淡路島の南部、諭鶴羽山の急斜面にある全国有数の水仙の群生地。約180年前に付近の漁民が海岸に漂着した水仙の球根を山に植えたものが繁殖したとされており、日本三大群生地の一つとして数えられるほど。一重咲きの野生のニホンスイセンが中心で、遊歩道をたどって鑑賞することができる。展望台からはレモンイエローの水仙と海の青のコントラストは見事。開花は例年12月下旬から2月下旬ごろまで。

兵庫の主要エリア

around-area-map

国際的な港町として有名な神戸市が県庁所在地の兵庫県。海だけでなく、山にも囲まれている自然豊かな県です。 羽田空港から神戸空港までは飛行機で約1時間、新幹線を利用しても東京から約3時間でアクセス可能です。 兵庫県には、観光客の多くトレンドを楽しめる神戸や、宝塚や伊丹のある阪神方面が人気ですが、姫路城と城下町を係る姫路・赤穂・播磨エリアや、花の島で有名な「淡路」など歴史や自然を楽しむことができるエリアもたくさんあります。神戸の100万ドルの夜景はもちろん、日本最古の温泉・有馬温泉、世界最長の吊橋・明石海峡大橋など、兵庫県内には観光スポットが多く存在するのです。 鉄道やバスも整備されていますが、レンタカーを借りてドライブしながらの観光もおすすめ。せっかく兵庫県を訪れたなら、姫路おでんや淡路牛ステーキなど、ここでしか食べられないご当地グルメを楽しみましょう。

兵庫の写真集

目的から探す