西陣周辺

AROUND NISHIJIN

応仁の乱では西軍が陣を構えた、数々の歴史の舞台となった場所

西陣織で知られる、織物のまち・西陣。西陣という地名は、京都で11年も続いた「応仁の乱」の際、山名宗全率いる西軍が陣地を置いたことから、そう呼ばれるようになった。のちにこの辺りでは織物が盛んとなり、着物の帯などでよく知られる「西陣織」の産地となっていった。現在でも街を歩いていると「カタカタカタ・・・・・・」と機織り機の音が聞こえてくることも。豊臣秀吉による聚楽第や、徳川家康による二条城が築かれたのもこのエリア。応仁の乱だけでなく、数々の歴史の舞台にもなっている。京都駅から向かうなら、二条城へは地下鉄東西線の二条城前駅が便利だが、晴明神社や北野天満宮へはバスがおすすめ。行き先によってバスの系統が変わるので注意しよう。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    元離宮 二条城
    徳川家康が築城! 数々の歴史舞台となった、幕府の権威を物語る城
    歴代15人の徳川将軍が権勢を受け継いできた江戸幕府。初代・家康が築城し、15代・慶喜が大政奉還の意思を表明した歴史舞台が二条城だ。江戸幕府の栄枯盛衰のすべてを見てきた城郭に思いを馳せてみよう。
    どっしりとした東大手門。重要文化財で入城の際の出入り口となっている
  • spot 02
    神泉苑
    平安京創建当時からある、空海ゆかりのスポット
    二条城のほど近くにある神泉苑は、空海(弘法大師)ゆかりの寺院である一方、源義経とも深いつながりがあることでも知られる。二条城の拝観とともにぜひ足を運びたいスポットだ。
    池は法成就池(ほうじょうじゅいけ)と呼ばれ、池に架かる朱色の橋は、法成橋(ほうじょうばし)と呼ばれる
  • spot 03
    晴明神社
    平安時代の陰陽師・安倍晴明公を祀る、京都・西陣のパワースポット
    映画や小説の主人公としても人気が高い安倍晴明公。平安時代に活躍した陰陽師だが、その安倍晴明公を祀っているのが京都・西陣にある晴明神社だ。魔除けや厄除けのご利益で親しまれる神社で、パワーをチャージしよう!
    境内の奥に位置する安倍晴明公を祀る「本殿」
  • spot 04
    一条戻橋
    陰陽師・安倍晴明ゆかり! いくつもの伝説が残る橋
    堀川一条にある小さな橋。一条戻橋という名前の由来は、平安時代にまでさかのぼる。平安時代に活躍した貴族の三善清行(みよしきよつら)が亡くなったことを知った、子の浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)が、その葬列に遭遇したという。父の死に目に会えなかった浄蔵は、嘆き悲しみ棺にすがって泣き崩れた。すると、驚くことに父が一時息を吹き返したという。このことから、この橋は「戻り橋」と呼ばれるようになった。京都では、嫁入りの際、この橋を渡ってはいけない、との習わしが残っている。また、陰陽師・安倍晴明(あべのせいめい)は、この橋の下に式神(しきがみ)を隠したともいわれる。晴明公を祀る晴明神社のほど近くなので、合わせて足を運びたい。
    反対側の欄干には「一條」と書かれている
  • spot 05
    西陣織会館
    京都を代表する伝統工芸品のひとつ、西陣織の魅力に触れる
    織物の街として知られる西陣には、現在でも織屋や問屋が点在する。西陣織の名称は知っているけれども、どうやってできているのかはよくわからないという方にぜひ立ち寄ってもらいたいのが、西陣織会館だ。
    手機を使った実演
  • spot 06
    千両ヶ辻
    かつては一日に千両ものお金が動いた!?  織物関係の老舗が並ぶ通り
    古くから織物の街として親しまれてきた、西陣(にしじん)。なかでも、大宮通と今出川通の交差点辺りは、とりわけ生糸や織物の問屋が多く立ち並ぶエリアだ。千両ヶ辻との名の由来は、かつて特に織物が盛んだった江戸時代には、一日に千両ものお金が動いたとされることから。現在でも織物関係の老舗が点在する一方、廃業したお店の建物や昔ながらの京町家をリノベーションしたカフェやショップ、ギャラリーも立ち並び、人気を集めている。毎年3月3日の桃の節句の頃には、「千両ヶ辻ひな祭り・桃の節句の彩り」を地域で開催。参加スポットでは、雛人形や雛飾りを見学できるほか、京町家の公開やこの日だけの西陣織製品の特別販売なども行っている。(「千両ヶ辻ひな祭り・桃の節句の彩り」は新型コロナウイルスの影響により、当面の間開催未定 ※2022年1月時点)
    昔ながらの街並み散策を楽しめる
  • spot 07
    千本釈迦堂
    京都市街地で最古の木造建造物を誇る、西陣の歴史ある寺院
    応仁の乱の激戦地・西陣の地に、その戦いの歴史を見守ってきたお寺がある。鎌倉時代に創建された千本釈迦堂だ。地元の人を中心に信仰を集める、千本釈迦堂の歴史を紐解きに出かけよう。
    おかめ塚にある、おかめさんの像。やわらかな表情が印象的
  • spot 08
    千本ゑんま堂
    ゑんま様を祀る、この世とあの世の境目に建つお寺
    織物の街として知られる西陣の地に、閻魔様を祀るお寺がある。千本通沿いの千本ゑんま堂だ。一見恐ろしいイメージのあるゑんま様がなぜ祀られているのか、その秘密を探りに出かけよう。
    ゑんま様おみくじ。閻魔様のお腹の中におみくじが入っている
  • spot 09
    史跡御土居
    美しい紅葉に包まれる!秀吉公が築いた京都を守る大きな土塁
    豊臣秀吉公が、京都の都市改造の一環として築いた土塁を「御土居」と呼ぶ。1591年(天正19)に設けられたもので、全長約23kmにも及ぶといわれる。土塁は3.6mから5.4mにもなる高さで、敵から京のまちを守る城塞(じょうさい)である一方、紙屋川や鴨川の氾濫からまちを守る防災の役割もあった。時代とともに取り壊され、現在では所どころにその姿を残すのみとなっている。北野天満宮の境内西側には御土居が残り、現在では約350本の紅葉を誇る「もみじ苑」となっている。通常は非公開だが、毎年青もみじの4月上旬~6月下旬と、紅葉の10月下旬~12月上旬に特別公開され、美しい風景を楽しむことができる。展望所からは国宝の御本殿を始めとした御社殿群を望むことができ、ふだんとは違う角度からの眺望を存分に堪能できる。
    紅葉のシーズンはライトアップされる
  • spot 10
    上七軒
    北野天満宮の東に広がる、京都最古の花街
    学問の神様・菅原道真公を祀る北野天満宮。そのすぐ東側にある花街が上七軒だ。しっとりとした京情緒あふれる通りは、映画やドラマに登場することも多い。石畳が続く花街を歩いてみよう。
    昔ながらの風情あるお茶屋が並ぶ
  • spot 11
    老松 北野店
    舞妓さんもお気に入り!? 花街・上七軒にあるはんなりとした和菓子屋
    京都五花街のひとつ・上七軒(かみしちけん)にある和菓子屋。上七軒は、京都五花街のなかでも最も歴史があると伝わる花街で、石畳の風情のある通りが続く。老松は、そんな通り沿いにある京情緒あふれる和菓子屋で、暖簾をくぐると、店内には上七軒の芸舞妓さんのうちわが飾られるなど、芸舞妓さんにも愛されるお店だ。茶席菓子や婚礼菓子なども得意で、オーダーに合わせて誂えてもらうことも可能。名物は毎年夏ミカンの季節だけ登場する夏柑糖(なつかんとう)で、山口県の萩市で収穫する夏ミカンの果汁と寒天を合わせて、再び皮に流し固めた人気の和菓子。毎年4月1日から作り始め、その年の夏ミカンが終了するまでの期間のみ味わえる。贈り物にもぴったりの逸品だ。
    格子など京都らしいたたずまいのお店
  • spot 12
    大将軍八神社
    平安京の北西を守護した、方除けの神様を祀る神社
    妖怪ストリートとして知られる一条通にある大将軍八神社。平安京遷都の際に、方除の守護神として創建されたのが始まりで、1000年以上の歴史がある神社だ。陰陽道の大将軍神を祀る「大将軍堂」と呼ばれていたが、江戸時代初期に「大将軍社」と改められ、さらに明治時代の神仏分離令によって「大将軍八神社」となった。以来、素戔鳴尊(すさのおのみこと)を主祭神とし、御子八神柱を祀るとされる。方角の神様として信仰を集め、旅行や引っ越し、建築などのご利益を求めてお参りに来る人が多い。期間限定で公開される方徳殿の1階には、おごそかな神像がずらりと並ぶ。2階は資料室になっており、大将軍八神社の歴史がわかる資料や天文学や陰陽道に関係する貴重な資料を目にすることができる。
    本殿の前には、五芒星が記されたモニュメントが立つ
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    二条城は広く見どころがたくさんあるので、ゆったりとしたスケジュールを組むのがおすすめ。

  2. その2

    北野天満宮は毎月25日に縁日「天神さん」を行う。早朝から夜まで賑わうので、一日の始まりか終わりにぜひ立ち寄ってみよう。

  3. その3

    西陣には、昔ながらの街並みに溶け込むように店を構えるおしゃれなカフェが点在。店主こだわりの一杯を味わえることが多いので、見つけたら足を運んでみて。

  4. その4

    上七軒は京都五花街のひとつ。石畳の風情のある道は、ロケ地にも使われる。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

京都のその他のエリア

+ -
back
open

西陣周辺エリア