金閣寺周辺の旅行/観光スポット一覧

  • 鹿苑寺(金閣寺)
    rating-image
    4.5
    16997件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区金閣寺町1
    室町幕府の三代将軍である足利義満が西園寺家の山荘をゆずり受け、「北山殿」と呼ぶ別邸をおいたのが始まり。義光の死後、禅寺へと改められ「鹿苑寺」と名付けられた。舎利殿は三層の楼閣で金色に輝き美しく、鏡湖池によく映える。華やかなその姿は北山文化を象徴する建築であったが、昭和25年(1950)に焼失、昭和30年(1955年)に再建。平成6年(1994)には、ユネスコの世界遺産に登録された。

    スタンプラリー形式の位置情報ゲームをやっていて、 攻略対象となっていたので、ウン十年ぶりに訪れた金閣寺です。 修学旅行の時しか行ったことがなく、その時は別段感動も なかったのですが、こういう機会があって、大人になってから 訪れてみたら、楽しい! 子供の頃に見た姿よりも、数段輝いて見えました。 単純に天気が、めちゃくちゃ良かったからかもしれませんが、 紅葉の季節に快晴の金閣寺、ピカピカで、すごく...

  • 賀茂別雷神社(上賀茂神社)
    rating-image
    4.5
    604件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区上賀茂本山339
    京都市北区にある賀茂氏の氏神を祀る神社。神武天皇の御代に賀茂山の麓に賀茂別雷大神が降臨したことが始まりと言われ、白鳳6年(678)に社殿が造営されたと伝えられる。厄除や開運、必勝、電気産業の守り神として信仰を集める。国宝の本殿と権殿は文久3年(1863)、重要文化財の34棟は寛永5年(1628)に造り替えられたものが多数。5月15日の葵祭は京都三大祭のひとつで、平安装束の行列を見に大勢の人が押し寄せる。

    世界遺産に指定されている上賀茂神社にやって来たが、この名は通称で正式には賀茂別雷神社と言う。地図 昨年の夏に下鴨神社参拝していたことから、今回は、上賀茂神社に久しぶりに参拝することにした。世界遺産に下鴨神社と共に登録されているのは勿論山城国一之宮であった。二の鳥居をくぐると現れる細殿前にある「立砂」円錐形の三角形のかたちをした砂が盛られ、神が降臨する場所と言われ、一対の砂山は、上賀茂神社の北にある...

  • 今宮神社
    rating-image
    4.0
    206件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区紫野今宮町21
    京都市北区にある、朱塗りの鮮やかな門構えが目印の神社。別名「玉の輿神社」とも言われている。平安時代に町中に流行した疫病や災害を沈めるために創始されたのがはじまりで、無病息災や健康長寿の神として信仰が厚い。神社の東門前には「あぶり餅」を売る老舗が並び、これを食べることで病気・厄よけの効果があると言われている。当時から行われている疫病退散を願った「やすらい祭り」は、正式名称「やすらい花」として国の重要無形民俗文化財に指定されており、毎年4月の第2日曜日に開催されている。

    近時「玉の輿神社」としてのご利益が有名ですが、疫神スサノオを祀ったのが起源だそうです。社殿の類は比較的新しいものが多そうで、見た目は綺麗です。 門前の「炙り餅」が厄除けとして名物です。行政の自粛要請があったか否かは定かではありませんが、2軒ともに休業していました。

  • 平野神社
    rating-image
    4.0
    202件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区平野宮本町1
    京都市北区にある神社。延暦13年(794)、桓武天皇による遷都に伴って祭神が大内裏近くに移し祀られたのが始まりとされる。現在の本殿は寛永年間(1624-44)の造営で「平野造」と呼ばれており、国の重要文化財に指定されている。拝殿・中門・南門・摂社縣神社も、京都府から文化財指定・登録を受けている。境内は桜の名所として知られ、4/10の「桜花祭」のほか、コンサート桜湯の接待(有料)などが催される。

    平野神社は桜の名所で知られています。4月上旬に訪れました。初めて行ったのでよくわかりませんが、修復中かなにかで見れないエリアもありました。それでもきれいな桜が見れました。人も少なくゆっくりできました。

  • 源光庵
    rating-image
    4.5
    174件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町47
    貞和2年(1346)、徹翁(てっとう)国師が開山した寺院。「迷いの窓」と「悟りの窓」が有名だ。人間の生涯を象徴する四角い「迷いの窓」越しに庭を眺めながら、これまでの自分の人生を見つめ直す。その後、禅と円通の心を表し「大宇宙」を表現している丸い「悟りの窓」と向きあうことで気付きが生まれ、悟りの境地へと導かれるという意味が込められている。本堂の天井は伏見城の遺構で、落城の悲劇を伝える血天井として有名。※庫裏改修工事のため長期休止中(拝観再開予定は2021年秋頃)

    紅葉の頃の 窓の景色を見たくて2019年秋頃に訪れました。 が、何も調べずに行ったら、数年、改修工事をされるのだそうです。 同じ様に 源光庵の前で、立ちすくんでる方を数名見かけたので お気をつけ下さい。 拝見できない旨、書かれた立て札が入り口に立ててありました。 綺麗な字だなぁ、と感心したので、写真をアップしておきます。 これはこれで、風情があっていいなと思ったり。(苦笑) また来ます。

  • 等持院
    rating-image
    4.0
    99件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区等持院北町63
    京都市北区にある臨済宗天龍寺派の寺院。足利氏の菩提寺であり、足利尊氏の墓所として知られている。庭園は、天龍寺や西芳寺(苔寺)の庭の作者として有名な夢窓国師によって開創当時に構築されたもの。東西2つの池を中心として構成されていて、それぞれ枯山水庭園と池泉回遊式庭園という趣向の異なった趣を楽しめる。特に西側の庭園が有名で、芙蓉花をかたどった「芙容池」を中心として、茶室「清漣亭」や霊光殿に安置されている歴代の足利将軍の木像など見どころが多い。

    本堂は工事中のため少し風情に欠けますが 人が少なくゆっくりお庭を散策するには最高でした。ところどころ紅葉が見頃でしたが枯れ始めている箇所もあったので今年最後の見頃な週末だったと思います。 境内に無料駐車場がありました。

  • 原谷苑
    rating-image
    4.5
    103件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区大北山原谷乾町36
    京都市北区にある私有地の庭園。桜の名所として有名であり、3月頃~4月の開花時期に合わせて、有料で一般公開されている。屋内の「桟敷席」なども用意されており、要予約の「紅しだれ弁当」や「花見弁当」など様々な食事メニューを味わえる。近年、秋の紅葉の時期にも一般公開されるようになった。

    公式ホームページ(1200円)の更新は遅れることがあります。料金と開花状況は合っていません。あと5日ほどかかるメインの桜がつぼみでも現地では1500円でした。(シャトルバスがないこと、入場制限の可能性があることなどその時に記載されていた事は確認したのですが)(観光案内所・バスターミナルで道やM1の時刻表とバス停も確認)

  • 光悦寺
    rating-image
    4.0
    73件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区鷹峯光悦町29
    江戸時代初期の文化人である本阿弥光悦が元和1年(1615)この地に草庵を構え、法華題目堂を建立したのが始まりの鷹峯にある日蓮宗の寺。境内には7つの茶室があり、紅葉の季節には石畳の参道が赤や黄に包み込まれ、美しい。

    京都市内の観光地では味わえない静寂な雰囲気があります。江戸時代の初め徳川家康から本阿弥光悦にこの地が与えられて、一族や多くの工芸家が暮らした地にあります。茶室が点在する庭には、光悦が晩年を過ごした大虚庵があり、光悦寺境内とを光悦寺垣で隔てています。この垣根は現代の和風庭園にも多く用いられているもので、どこかで見たと思えるものです。庭園からは鷹峯などの山も望めて、ゆったりとした時間が過ごせました。

  • 建勲神社
    rating-image
    3.5
    44件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区紫野北舟岡町49
    織田信長公を祀る神社で、明治2年(1869)、明治天皇により創建された。毎年10月19日には信長公の入洛を記念した「船岡祭」が催され、敦盛の舞や舞楽奉納が行われる。小高い丘の上にあるため、比叡山や大文字山などを一望できる景勝地だ。義元左文字、信長公記などの重要文化財がある。

    船岡山の東斜面、鞍馬口通が当たるあたりに鳥居があり、石段と坂道を登ります。一見神楽殿と思しき建造物が拝殿で、背後にある神門・祝詞舎と本殿の前には朱の柵が廻らされており、近づけません。 観光客そのものは多くないですが、外国人比率が高いです。「ノブナガ」を祀っているからでしょう。明治天皇の下命で建造されたのですから、神社そのものの歴史は長くありません。

  • わら天神宮
    rating-image
    3.0
    43件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区衣笠天神森町10
    成立は平安建都以前と推定される「わら天神宮」は、木花開耶姫命を御祭神としている神社で安産・子授け・縁結びの神として信仰を集めている。妊娠5ケ月を目処とした安産祈願の他、妊娠9ケ月目の9の日は、授乳祈願の「あま酒」の授与があり、毎月9日は参拝者が特に多い。厄除けやお宮参りなどの祈祷もしてもらえる。

    大徳寺に向かうため市バスの乗車中のアナウンスで“次はわら天神前” 何だ!わら天神て?。調べれば、正式名は敷地神社です。昔から安産の神といわれ、京都でも人気の御宮さん。わらの護符を授かることから、わら天神と親しまれてきました。わらの護符に節があれば男の子、なければ女の子が産まれるとの(占い)言い伝えがあります。正式名は敷地神社 地図 藁の護符とはどんなものなんだろう、気になる! 安産のご利益で有名な...

  • 大徳寺
    旅行/観光
    京都府京都市北区紫野大徳寺町53
    臨済宗大徳寺派の大本山。正和4年(1315)に開創された寺院である。広大な境内には別院が2つ、塔頭は22もある大寺院で、多くの国宝、重要文化財を所蔵している。応仁の乱の際に荒廃したが、一休和尚が復興したことで有名。また千利休が修繕した山門二階の部分に利休の木像が安置されたため秀吉の怒りを買い、自刃の一因となったとも伝えられている。
  • 大田神社
    旅行/観光
    京都府京都市北区上賀茂本山340
    天鈿女命を祀る、上賀茂神社の摂社である。境内には国の天然記念物に指定されたカキツバタの野生群落があり、初夏を紫に彩る。歌人・藤原俊成の歌にも詠まれるなど、平安の時代から愛され続けている景色である。毎年5月上旬が開花の時期だ。
  • 龍源院庭園
    rating-image
    4.5
    47件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区紫野大徳寺町82
    永年元年に創建された龍源院。庭に関する伝承は全くないが室町時代の枯山水様式で造られている。本堂の北には苔むした龍吟庭、南には枯山水式庭園の一枝垣がある。

    2月下旬に訪れました。16世紀初頭に建立され、数多くの塔頭がある大徳寺の中でも最も古いものだそうです。創建当初から残る方丈や唐門、表門は重要文化財です。いくつかの庭園があり、「東滴壺」日本最小の石庭とも言われています。方丈前の「一枝担」は石庭の中央に大きな苔の亀島が特徴的です。また、各部屋の襖絵も非常に素晴らしいです。

  • 正伝寺
    rating-image
    4.5
    41件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区西賀茂北鎮守菴町72
    市バス「神光院前」より徒歩で約15分の所に鎮座する寺院。正式名称は「吉祥山正伝護国禅寺」で、御本尊は釈迦如来。本堂は南禅寺塔頭金地院の小方丈を移建したもので、関ヶ原の戦いの直前に伏見城に立てこもった三百八十余名が割腹した廊下の板を天井とした「血天井」があることで知られる。他にも比叡山を借景に白砂の上に皐月の刈込で七五三を表現した枯山水「獅子の子渡しの庭」や、中国杭州西湖(現在の浙江省杭州市)の真景を描いた「襖絵・狩野山楽筆」がある。

    鷹峯にある「正伝寺」へ訪問しました。 交通機関で行けますが、少し不便なところにあります。 比叡山を借景とする枯山水庭園の作庭は小堀遠州と伝わり、デヴィッド・ボウイが涙した庭としても知られます。

  • 立命館大学国際平和ミュージアム
    rating-image
    4.0
    25件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区等持院北町56-1
    平成4年(1992)に開設されたミュージアム。「一五年戦争」「現代の戦争」「平和をもとめて」の3つのテーマで構成されている。実物資料・写真資料なども豊富に展示されていて、映像資料・戦時中の町屋の復元・シアターなどの設置もあり、みて・かんじて・考えることができるミュージアムとなっている。

    立命館大学が運営しているミュージアム。大学の東側にあります。地下の常設展では、主に太平洋戦争から現代までの戦争、紛争についての展示物と歴史的な説明があり、その歴史の重みと責任、これからの社会をどう考えるべきかなど、平和ぼけしていた自分に喝を入れる良い機会になりました。2階の展示室では、才能がありながら戦争で命を落とした画家さんたちの絵も、とても印象に残りました。

  • 地蔵院(椿寺)
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区大将軍川端町2
    「椿寺」の愛称で親しまれている神亀3年(726)建立の古刹。行基菩薩が聖武天皇の勅願により摂津国(今の大阪府)に建てたのが始まりで、その後室町時代後半から安土桃山時代の間に現在の地に定まったと伝えられている。書院前庭にある「散り椿」は、一本の木に濃淡様々な色合いが見られる名木。花弁が1枚ずつ散っていく姿さえ美しく、太閤秀吉が北野大茶会の時に献木したものと言われている。赤穂浪士の討入を陰で支えたとされる天野屋利兵衛の墓所や、俳人・与謝蕪村の師にあたる夜半亭巴人の墓所など、境内には見どころも多い。

    大将軍八神社に向かう途中に地蔵院(椿寺)がありました。 通称「椿寺」と呼ばれる「地蔵院」、境内には美しい椿が咲いていました。 忠臣蔵で有名な天野屋利兵衛の墓所があります。

  • 京都府立堂本印象美術館
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市北区平野上柳町26-3
    大正・昭和期に活躍した日本画家・堂本印象の作品を収蔵する美術館。昭和41年(1966)、自身の作品を展示するために印象自らが設立し、平成3年(1991)に京都府に寄贈され現在に至る。展示作品はもちろんのこと、外観から内装まですべて印象の手によりデザインされた美術館全体が印象の作品であるといえる。
  • 高桐院
    旅行/観光
    京都府京都市北区紫野大徳寺町73-1
  • 高麗美術館
    rating-image
    4.0
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市北区紫竹上岸町15
    朝鮮半島の美術工芸品の展示や研究を行っている「高麗美術館」は、1700点におよぶ収蔵品があり磨製石剣や瓦、銅鏡などの考古資料をはじめ、高麗青磁や朝鮮白磁などの陶磁器、螺鈿や華角で装飾された木工品、山水図や花鳥図・民画などの絵画、仏教美術・民俗資料とその種類は多岐にわたる。年2回開催される企画展で順次展観されている。

    規模は小さいですが、いつも内容は大充実しています。素敵な展示品にいつも、ワクワクします。庭の展示も必見。

  • 常照寺
    旅行/観光
    京都府京都市北区鷹峯北鷹峯町1
    京都府京都市北区にある、日蓮宗の寺院。元和2年(1616)、日乾上人(にちけんしょうにん)が本阿弥光悦の寄進で創建し、数百人の学僧が学ぶ鷹峯檀林として栄えた。江戸前期の名妓・吉野太夫ゆかりの寺としても知られ、彼女が寄進した朱塗りの山門「吉野門」や、太夫のお墓や茶室などがある。今では、春はサクラ、夏はアジサイ、秋は紅葉など四季を通して自然が楽しめる場所として人気のある場所となっている。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す