京都御所周辺の旅行/観光スポット一覧

  • 京都御所
    rating-image
    4.0
    2419件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区京都御苑
    京都御苑の中央北部にある、東西250m、南北約450mの築地塀と清流の溝に囲まれた広い域内の建物。現在の建物は安政2年(1855)に再建したもので、中央に高御座をおく寝殿様式の紫宸殿などがある。北側には書院造の建物の小御所があり、庭園などを望むことができる。現在は事前申込は不要で、一年を通して自由にだれでも入場することができる。(入場時手荷物検査あり)

    京都市内を散策上に通りかがりました。 中に入ると静寂で荘厳な空気に包まれました。 伊勢神宮や月讀宮等 日本の皇族に連なる処を訪れ中に居ると 心身が、毎回落ち着くのが不思議です。 …日本人ではないのに、本当に不思議でなりません。

  • 北野天満宮
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区馬喰町
    「北野の天神さん」として親しまれている、京都市上京区の神社(天満宮)。天暦元年(947)創建。学問の神として知られる菅原道真を祀る全国12000の天満宮・天神社の総本社である。一年を通して多数の受験生や学生が参拝に訪れる。慶長12年(1607)に建立された国宝・本殿は華麗な桃山建築。梅の名所としても有名で、2/25の梅花祭では上七軒の芸妓による華やかな野点が行われる。また、毎月25日の天神市は多数の露店と人々で賑う。

    毎月25日にある市に2回行きました。神社の横と後ろまで広がっていますが、実はある程度分かれているので、買い物が思う以上に楽です。神社に面して、右の道は古着屋が主です(着物、帯、生地など)。真ん中の道は主に食べ物屋です。そして、左側の道はその他です(陶器、アンティーク、古道具、など)。 初めて市に行った時、全部回ろうとしましたが、疲れて無理でした!2回目は店の方に右、左、真ん中の道の違いを教えても...

  • 晴明神社
    旅行/観光
    京都府京都市上京区晴明町806(堀川通一条上ル)
    平安時代中期に活躍した陰陽師・安倍晴明公を祀る神社。寛弘4年(1007)、その御霊を鎮めるために一条天皇の勅命により創建された。魔除け、厄除けのご利益があり、厄を払うために訪れる参拝客も多い。鳥居や提灯、絵馬には五芒星が描かれ、式神の石像があるなど、陰陽道を色濃く感じられる神社である。
  • 相国寺
    rating-image
    4.0
    141件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
    京都市上京区にある、足利義満が創立した臨済宗相国寺派大本山の寺院。足利将軍家や伏見宮家および桂宮家ゆかりの禅寺であり、京都五山の第二位に数えられる。山内に禅宗寺院を統制管理する僧録司を置き、禅宗行政の中心的存在であったが、火災や落雷で焼失するなど衰退、再建を繰り返した。重要文化財である法堂は豊臣秀頼の寄進で、天井には狩野光信の蟠龍図が描かれ「鳴き龍」で広く知られている。

    塔頭も多くあり大きな臨済宗のお寺です。法堂の鳴き龍は荘厳で龍の鳴き声に心穏やかになります。金閣寺、銀閣寺が相国寺の山外塔頭とは驚きです。

  • 西陣織会館
    rating-image
    3.5
    175件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区堀川通今出川南入西側
    「西陣織」を中心に和装の魅力を紹介する会館で、関連資料を常時展示している。2階では爪で糸をかき寄せて織る「西陣爪掻本綴織」の技法を見学することが可能だ。ショーステージや予約制の手織体験教室もあり、見て、織って、体験して楽しみながら学べる施設である。和装雑貨や純国産絹糸を使ったマフラーなど和小物の販売もあり。

    古い建物ですが、団体旅行や外国人の受け入れを行っており、スタッフの方も慣れているようでした。訪れたときは1階はネクタイ販売、2階では小物おみやげ販売、3階では天皇家の絹織物展示と着物ショーが行われていました。買い物メイン的でもいい場所だと思います。

  • 京都仙洞御所
    rating-image
    4.0
    163件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区京都御苑
    17世紀初頭、後水尾天皇が退位し上皇となられた際に造られた御所である。嘉永7年(1854)に焼失、現在では庭園と茶室が残っている。春の桜、秋の紅葉はもちろんのこと、初夏に咲く藤の花も見事。南池から中島にかかる八ッ橋は藤棚で覆われており、風を受けて揺れる様が美しい。当日受付もあるが、確実に参観したい場合は事前に予約をしてから訪れよう。

    京都御所は皆さんご存知の方が多いかと思いますが、京都御苑にはもう一つの御所があるのをご存知だとうか?それが仙洞御所です。歴史的には7度も火災を受けた事を知り、安政の時の最後の火災以降再建されなかったとか?時代は幕末、混乱期と当時上皇が居なかったことからと伺いましたが、時代は幕政から大きく転換する維新の時。再建されなかった理由は他にも沢山あったと推察されまし。しかし、庭が当時の面影を感じさせてくれる...

  • 相国寺承天閣美術館
    rating-image
    4.5
    67件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
    京都市上京区の相国寺境内にある美術館。相国寺創建600年記念事業の一環として、昭和59年(1984)に開館した。館内では、本山相国寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・他塔頭寺院に伝わる墨蹟・絵画・工芸品等の美術品を収蔵・展示。国宝5点、重要文化財145点を含む多くの優れた文化財を見ることができる。鹿苑寺大書院の襖絵だった伊藤若沖の「葡萄小禽図」「月夜芭蕉図」は常設展示で観覧が可能。

    「茶の湯 禅と数寄」なる展覧会が月曜も休みなしだというので初めて相国寺承天閣美術館に行ってみた。相国寺が千利休とゆかりがあることは知っていたが、これほどまでに素晴らしい文化財があるなんてことは思いも及ばないほど素晴らしい展示品で、茶器の数々もさることながら、ここで若冲の襖絵に遭遇するとは思いもよらなかった。

  • 梨木神社
    rating-image
    3.5
    75件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区寺町通広小路上ル
    明治18年(1885)に創建された、明治維新の立役者である三條実万・実美親子を祀る神社である。手水舎の水は京都三名水の一つ「染井」であり、現存する唯一のもの。また萩の名所としても名高く、毎年9月中旬~下旬にかけて萩まつりが開催される。

    京都御所の東、清和院門を出てすぐ北側にあります。江戸末期から明治初期に活躍した三条実万とその子実美を祀る神社です。立派な鳥居の後には、なぜかマンションが...数年前に社殿修復のために参道の一部を定期借地にしたためマンションができたようです。そのため、参道は建物を避けて回っていきます。参道の両側には多くの萩が植えられており、秋の萩の季節にはお祭りも行われます。

  • 白峯神宮
    rating-image
    4.0
    55件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通堀川東入る飛鳥井町261
    崇徳天皇と淳仁天皇を祀っている神社。明治天皇が維新の礎を固めるために明治元年に創建された。この地は蹴鞠・和歌の宗家飛鳥井家の邸跡で、球技、スポーツ芸能上達のご利益がある「精大明神」が祀られていることから、サッカーをはじめ、スポーツ関係者が多く参詣に訪れている。7月7日の精大明神祭(七夕祭)には「小町をどり」と「蹴鞠」が奉納され、夏の風物詩として広く親しまれ続けている。

    保元の乱に敗れて四国に配流され、そのまま無念の死を遂げた崇徳天皇と、道鏡事件で都を追われた淳仁天皇を祭神とする。いわゆる御霊信仰の神社だ。すぐ近くには陰陽師の安倍晴明を祭った晴明神社があるなど<裏京都>的な雰囲気が漂うエリアだが、境内が蹴鞠で知られた公家の「飛鳥井家」跡地だったことから蹴鞠の神様が祭られ、転じて現代はサッカーの神様として若者の参拝客を集めている。このため、境内にはおどろおどろしい...

  • 大報恩寺(千本釈迦堂)
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通七本松上ル
    承久3年(1221)に義空が開基し、「千本釈迦堂」の名で知られる寺院。幾多の戦火を逃れた本堂は、創建時からそのままの姿を残し、京都市内最古の建造物として国宝に指定されている。境内の「おかめ塚」にちなみ、縁結びや夫婦円満、子授けにご利益があるとされ、全国から参拝者が絶えない。 12月には、鎌倉時代に僧侶が大根の切り口に梵字を書いて息災祈願行ったのが起源とされる「大根焚き」が行われ、京都の冬の風物詩となっている。

    悲劇の舞台だが、転じて夫婦円満、縁結びのご利益があるという。夫は大報恩寺(千本釈迦堂)の本堂を建築した棟梁だったが、建築ミスで大ピンチに。そこへ妻であるおかめが妙案を出して危機を脱したが、おかめは妻の案で救われたとあっては棟梁の名誉にかかわると考え、竣工を前に自死した。境内の一角にモニュメントのような像が置かれており、女性が手を合わせる姿がみられた。

  • 護王神社
    旅行/観光
    京都府京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
    京都市上京区にあり、平安京の建都に貢献した和気清麻呂を主祭神とする神社。清麻呂公の姉・和気広虫姫が孤児救済事業で知られることから、子育て明神と呼ばれている。 また、和気清麻呂の宇佐への配流の道中、刺客に襲われた際に突如現れた300頭の猪に救われた伝説を元に、境内には狛犬の代わりに霊猪像(狛いのしし)が置かれ、「いのしし神社」とも呼ばれ親しまれている。
  • 水火天満宮
    rating-image
    4.0
    26件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区堀川通上御霊前上ル扇町722-10
    京都市上京区の堀川通にある神社。日本で最初の天満宮であり「菅原道真(すがわらのみちざね)」の神霊を祀っている。また、水難除け・火難除けのご利益があるとして、多くの参拝客が訪れる。境内に咲く「紅しだれ桜」は、花見の穴場スポットとしても注目されている。

    日本最初の天満宮と言われてます。天皇の勅命により神号賜り天満宮とした。又初めて 菅原道真公の御霊を勧進したとの事です。 京都桜の名所とも紹介されており、枝垂れ桜が満開で非常に綺麗です。マナー守って鑑賞を。是非お詣りも。

  • 山田松香木店 京都本店
    rating-image
    4.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区勘解由小路町164 室町通下立売上ル
    京都市上京区にあるお香専門店。「香木」を使用した様々な線香を販売している。店内には、オーダーメイドができる「お誂え香房」が完備されており、「匂袋作り」や「煉香作り」などを体験することもできる。国内外から多くの観光客が訪れている。

    御所から1本西に入ったところにあるお香専門店。 香初体験の友人と香炉の整え方と香の聞き方を体験するコースに参加。自宅でも出来るようにやさしく丁寧に教えてくれる。伽羅のほかに5種を聞く事もできて良かった。香りの微妙な違いに次は三種香や源氏香などの香当ても挑戦したいものだと思った。聞香で癒されたあとに、お菓子とお抹茶まで頂きほっこり。

  • 手織ミュージアム 織成舘
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区浄福寺通上立売上ル大黒町693
    平成元年(1989)に伝統的な家屋「西陣織屋建」を生かして開館したミュージアムで、京都の伝統的な手織物「西陣織」をはじめ、日本の手織物にまつわる資料や機道具などを展示している。江戸時代後期から昭和初期にかけての時代衣装や復原能装束、現代では消滅してしまったものを含む全国約90点もの手織物などを保管しており、テーマに合わせて展覧会が行われる。工房見学のほか手織り体験もあり、作った作品は持ち帰りできる。

    他の方も書いていましたが、男性のスタッフの方の接客があまり不愉快で驚きました。何も悪いことをしてないうちから、お茶をこぼすな、戸をしっかり閉めろ、バッグが土壁にあたると大変だ、とドタバタと走ってきて大きな音を立てていうので帯を優雅に見る気持ちがなくなりました。帯自体はすばらしかったと思いますが、あんな接客をされた後だと、どんなに美しいものを見ても美しく見えません。残念です。

  • 拾翠亭
    rating-image
    4.0
    31件の口コミ
    旅行/観光
    京都府上京区京都御苑3
    京都市上京区にある茶室。江戸時代後期に建てたられたものと伝えられており、十畳と三畳の和室が残されている。2階部からは、九條池や高倉橋を望むことができる。また現在は一般参観日をはじめ、茶会や謡曲会、歴史研究会などの文化的行事など行われている。

    公家最高の家格五摂家の九条家の屋敷跡に有るお茶室です。 江戸時代後期の約200年前に建てられた2階建ての数寄屋風書院造りの大きな茶室と言うか本邸の離れのような感じで利用されていたのでしょうか? 内部も池に面していて暑い京都の夏も涼しく過ごせたと思われます。

  • このはな
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区馬喰町898 北野天満宮南門横
    京都市上京区の北野線「北野白梅町駅」から、徒歩約5分にある和雑貨店。ちりめんなどの和柄の生地を使用した「がま口」や、ぬいぐるみなどの様々なハンドメイドの雑貨を取り扱っている。「北野天満宮」が近くにあるため、道中の観光客が国内外問わず多く訪れている。

    北野天満宮の門前にあります。たいてい、門前の店は高く、おいしくありませんが、この店はリーズナブルな値段でおいしい麺類、湯豆腐がいただけます。天井が高く、もとは造り酒屋だったとのことです。

  • 大将軍八神社
    旅行/観光
    京都府京都市上京区一条通御前西入西町48
    平安京遷都が行われた延暦13年(794)、桓武天皇が王城鎮護のため、星神大将軍を勧請したとされる神社。創建当初は陰陽道のお堂として建てられたため、「大将軍堂」と称していた。江戸時代に入ってから大将軍村の鎮守社として祀られるようになる。重要文化財に指定されている木造の大将軍神像は80体。方除け厄除けの神である。
  • 雨宝院
    旅行/観光
    京都府京都市上京区智恵光院通上立売通上ル聖天町9-3
    京都市上京区にある高野山真言宗の寺院。「大聖歓喜天(だいしょうかんきてん)」などが祀られている。「西陣の聖天さん」とも呼ばれ、古くから地元の人々に親しまれている。また、八重桜のや歓喜桜などの様々な桜を鑑賞できることから、花見の名所としても有名。春には多くの花見客で賑わう。
  • 同志社大学
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル
    同志社大学は、鎖国の禁を犯し、単身渡米して日本人初の大学卒業者となった新島襄によって明治8年(1875)に「同志社英学校」として設立された。現在はキリスト教主義による教育を行う総合大学として、京田辺市にもキャンパスをもつ。今出川キャンパス内には、国の重要文化財となっている赤レンガ造りの彰栄館、有終館、アメリカンゴシック建築の礼拝堂、クラーク記念館、ハリス理化学館の5棟や登録有形文化財に指定されている啓明館、アーモスト館など歴史的建造物が数多く残っている。
  • 本隆寺
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区智恵光院通五辻上ル紋屋町330
    長享2年(1488)に開創した法華宗真門流の総本山。2度の大火で西陣一帯が焼け野原になるも、本堂や祖師堂等が消失を免れたことから「焼けずの寺」とも呼ばれている。春には桜、夏にはさるすべり、秋の紅葉、冬の雪景色が境内を彩り、四季折々の景色を眺めに散歩に訪れる人の姿も多い。境内には西陣の名水・西陣五井のひとつに数えられる「千代野井」や、葉や樹皮を枕の下に敷くと子供の夜泣きがやむと言われる「夜泣止の松」などがある。

    近くに来て正面に行きましたが改修工事をしていました。かなり大規模な様です。沢山の人達が同じように現場をうろうろとしていました。数年かかると。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す