NAVITIME Travel

京都御所周辺の旅行/観光スポット一覧

  • 北野天満宮(北野の天神さん)
    rating-image
    4.5
    29件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区馬喰町
    「北野の天神さん」として親しまれている、京都市上京区の神社(天満宮)。天暦元年(947)創建。学問の神として知られる菅原道真を祀る全国12000の天満宮・天神社の総本社である。冬期の受験シーズンはもちろん、一年を通して多数の受験生や学生が参拝に訪れる。慶長12年(1607)に建立された国宝・本殿は華麗な桃山建築。梅の名所として有名で、2月25日の梅花祭では上七軒の芸妓による華やかな野点が行われる。また、毎月25日の天神市は多数の露店と人々で賑う。

    2月の天神さん。まだまだ寒くってぶるんですわ。こんな台を2000円ちょっとで買った。これはうれしい買い物です。

  • 京都御所
    旅行/観光
    京都府京都市上京区京都御苑
    京都御苑の中央北部にある、東西250メートル、南北約450メートルの築地塀と清流の溝に囲まれた広い域内の建物。現在の建物は安政2年(1855)に再建したもので、東西南北に6門と歴代の天皇が即位した、御所の正殿で、中央に高御座をおく寝殿様式の紫宸殿などがある。北側には書院造の建物の小御所があり、大きな池がある優雅な庭園などを望むことができる。以前、京都御所の参観は、事前申込が必要だったが、現在は事前申込は不要で、一年を通して自由にだれでも入場することができる。(入場時手荷物検査あり)
  • 晴明神社
    旅行/観光
    京都府京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806
    平安時代中期に活躍した陰陽師・安倍晴明公を祀る神社である。寛弘4年(1007)、その御霊を鎮めるために一条天皇の勅命により創建された。魔除け、厄除けのご利益があり、厄を払うために訪れる参拝客も多い。鳥居や提灯、絵馬には五芒星が描かれ、式神の石像があるなど、陰陽道を色濃く感じられる神社である。
  • 西陣織会館
    rating-image
    3.5
    174件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区堀川通今出川南入西側
    京都府京都市上京区にある「西陣織」を中心に和装の魅力を紹介する会館で、関連資料を常時展示している。3階にはショーステージがあり、ほぼ1時間おきに華やかな「きものショー」を開催。職人の技を間近で見学できる工房や予約制の手織体験教室もあり、見て、織って、体験して楽しみながら学べる施設である。和装雑貨や純国産絹糸を使ったマフラーなど和小物の販売もあり。

    天皇ご即位記念展として、「皇室ゆかりの織物」を見ました。 3階の資料室は、撮影禁止です。今の時期に見られる貴重なもの。必見か、と思います。

  • 同志社大学
    rating-image
    4.5
    62件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通烏丸東入ル
    同志社大学は、鎖国の禁を犯し、単身渡米して日本人初の大学卒業者となった新島襄によって明治8年(1875)に「同志社英学校」として設立された。現在はキリスト教主義による教育を行う総合大学として、京田辺市にもキャンパスをもつ。今出川キャンパス内には、国の重要文化財となっている赤レンガ造りの彰栄館、有終館、アメリカンゴシック建築の礼拝堂、クラーク記念館、ハリス理化学館の5棟や登録有形文化財に指定されている啓明館、アーモスト館など歴史的建造物が数多く残っている。

    母校です。卒業してから母校愛が強くなり、毎年行きます。新島襄、建学の精神に胸が熱くなります。田辺校舎、今出川校舎があります。

  • 京都迎賓館
    旅行/観光
    京都府京都市上京区京都御苑23
    京都市上京区にある迎賓館。広大な敷地には、各国の賓客をもてなすための施設として、京都らしい和風の建物が並ぶ。また、大広間や晩餐室・宿泊室などの施設も完備されている。有料の一般公開も行われており、ガイドツアーなども組まれ、観光客に人気を集めている。
  • 護王神社
    rating-image
    4.0
    152件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区烏丸通下長者町下ル桜鶴円町385
    京都市上京区にあり、平安京の建都に貢献した和気清麻呂を主祭神とする神社。清麻呂公の姉・和気広虫姫が孤児救済事業で知られることから、子育て明神と呼ばれている。 また、和気清麻呂の宇佐への配流の道中、刺客に襲われた際に突如現れた300頭の猪に救われた伝説を元に、境内には狛犬の代わりに霊猪像(狛いのしし)が置かれ、「いのしし神社」とも呼ばれ親しまれている。

    1/13、年始の参拝客でごった返していまして、参拝待ち行列で30分弱並びました。 御祭神 和気清麻呂公命、和気広虫姫(ひろむしひめ)公命。 配祀 藤原百川(ももかわ)公命、路豊永卿(みちのとよながきょう)命。 もとは高雄山神護寺の境内に清麻呂公の霊社として祀られ、護法善神と親しまれていました。 江戸時代末の嘉永4年(1851年)、孝明天皇は清麻呂公に正一位護王大明神の神階神号を授けられ、明...

  • 相国寺
    rating-image
    4.0
    136件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通烏丸東入相国寺門前町701
    京都市上京区にある、足利義満が創立した臨済宗相国寺派大本山の寺院。足利将軍家や伏見宮家および桂宮家ゆかりの禅寺であり、京都五山の第二位に数えられる。山内に禅宗寺院を統制管理する僧録司を置き、禅宗行政の中心的存在であったが、火災や落雷で焼失するなど衰退、再建を繰り返した。重要文化財である法堂は豊臣秀頼の寄進で、天井には狩野光信の蟠龍図が描かれ「鳴き龍」で広く知られている。

    同志社大学のそばにあり、とても広い敷地の中に開山堂、方丈、法堂などがあります。 入り口のあたりにも色づいた紅葉の木がありとてもきれいでした。 人もそれほど多くなく、ゆっくりできました。 法堂の天井には蟠龍図が広がり、どこにいても龍と目が合います。 手を叩くと反響するので、鳴き龍として有名だそうです。 方丈では襖絵や庭を見ることができ、のんびりと時間を過ごすことができました。 経文の文字で描かれた観...

  • 大報恩寺(千本釈迦堂)
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通七本松上ル
    京都市上京区にある、真言宗智山派の寺院。承久3年(1221)に義空が開基し、「千本釈迦堂」の名で知られる。幾多の戦火を逃れた本堂は、創建時からそのままの姿を残し、京都市内最古の建造物として国宝に指定されている。境内の「おかめ塚」にちなみ、縁結びや夫婦円満、子授けにご利益があるとされ、全国から参拝者が絶えない。 12月には、鎌倉時代に僧侶が大根の切り口に梵字を書いて息災祈願行ったのが起源とされる「大根焚き」が行われ、京都の冬の風物詩となっている。
  • 相国寺承天閣美術館
    rating-image
    4.5
    66件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区今出川通烏丸東入
    京都市上京区の相国寺境内にある美術館。相国寺創建600年記念事業の一環として、昭和59年(1984)に開館した。館内では、本山相国寺・鹿苑寺(金閣寺)・慈照寺(銀閣寺)・他塔頭寺院に伝わる墨蹟・絵画・工芸品等の美術品を収蔵・展示。国宝5点、重要文化財145点を含む多くの優れた文化財を見ることができる。鹿苑寺大書院の襖絵だった伊藤若沖の「葡萄小禽図」「月夜芭蕉図」は常設展示で観覧が可能。

    特別展を見に行きました。参道から美術館への道はお手入れが行き届き、青紅葉が清々しく、暑い日でしたが、爽やかな心地がしました。若冲の収蔵品で有名ですが、若冲以外にも、今回の特別展では源氏物語の屏風2双、大名家のものと思われるお道具類が出展され、とても見応えがありました。館内も、よく整備されていて、お寺の美術に対する真摯な姿勢を感じます。静かに美術の世界に浸り方にお勧めです。

  • 京菓子資料館
    旅行/観光
    京都府京都市上京区烏丸通上立売上ル
    今出川駅から徒歩で約5分、バス停「烏丸今出川」からは約7分。今出川駅の2番出口から北に進んだところにある資料館で、昭和53年(1978)に設立された。一年におよそ2万超もの観光客が訪れている。館内では和菓子の歴史を紹介しながら関連資料や模型を展示しているほか、飴細工のように全てが和菓子でできた芸術品「糖芸菓子」の常設展示も行なっている国内でも珍しい場所となっている。抹茶と季節の和菓子を楽しめる「お呈茶席」もある。団体向けには和菓子教室も開催。
  • 京都市考古資料館
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区今出川通大宮東入元伊佐町265-1
    バス停「堀川今出川」で下車して徒歩で約2分、「今出川大宮」で降りてすぐのところにある資料館。大正3年(1914)に建てられ、市の文化財に登録されている旧西陣織物館を使用している。京都市で発掘された貴重な史料を多く展示していて、その数はおよそ1000点にも及ぶ。代表的な遺跡とそこから出土した遺物の紹介を行なっているほか、時代別に史料がまとめられていて、イラストやレプリカもあるのでとても分かりやすいのが魅力。

    堀川今出川から西へ。京都市内で発掘された埋蔵文化財を展示する博物館です。この建物は大正3年に竣工したモダニズム建築の一つです。設計は本野精吾で京都市有形文化財に登録されています。埋蔵文化財と建築文化財を両方無料で見学できます!

  • 京都府立文化芸術会館
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区寺町通広小路下ル東桜町1
    バス停「府立医大病院前」で下車してすぐのところにある会館で、京都府の開庁100周年を記念して昭和45年(1970)に建てられた。現在でも文化的・芸術的活動の拠点として様々な公演や展覧会を行なっている。人形浄瑠璃文楽や上方落語勉強会、Kyoto演劇フェスティバルなどのイベントを主催。1階と2階にそれぞれ展示室があり、そちらは美術品の展示が中心となっている。ホールは舞台と客席がほぼ同じ広さなのが特徴で、展示室や会議室と同様に貸し出しにも対応している。
  • 茶道資料館
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市上京区堀川通寺之内上る寺之内竪町682 裏千家センター内
    茶道具や関連の美術工芸品、文献史料などを中心に展示を行っている美術館。2階陳列室には、裏千家を代表する茶室のひとつ「又隠(ゆういん)」の写しが設けられ、茶室内を見学することができる。また、展覧会の入館者には呈茶があり、抹茶と和菓子を楽しむことができる(10-16時、無料)。そのほか、茶道に関する図書など約6万点の資料を収蔵する茶の湯の専門図書館「今日庵文庫(こんにちあんぶんこ)」が併設されている(開館日時は異なる。入館無料)。

    資料館には、裏千家の歴史を語る魅力的な茶壷から茶碗があります。一階では茶釜からお茶を立て、お茶菓子も出してもらえますので、入場料千円は安い。また建物の裏には裏千家の方が実際に住む邸宅があります。

  • 大光明寺
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区相国寺門前701
    数多い仏様の中でも特に慈悲深いとされる十三尊の仏、菩薩、明王様が祀られた「京都十三佛霊場」の第四番所。後伏見天皇の皇后が天皇の菩提を弔うために建立したのが始まりだ。相国寺の塔頭寺院でもあり、明徳3年(1392)に完成して以来禅宗行政の中心的存在であったとされる。法堂の天井に「鳴き龍」と呼ばれる狩野光信筆の蟠龍図が描かれていることでも有名だ。本尊の普賢菩薩像は延命の徳もあるため、延命菩薩とも言われている。

    相国寺の塔頭寺院の一つ、通常は非公開のようです。門前から見る前庭の白砂は見事でした。中に入れるわけでは有りませんので可もなく不可もなくで普通にしておきます。

  • 京都市歴史資料館
    rating-image
    3.5
    21件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区寺町通荒神口下ル松蔭町138-1
    京都の歴史に関する資料を収集、展示している資料館。図書は約5万5千冊を所蔵、年に数回のテーマ展や特別展示を行っているほか、古文書(複写版)や図書の閲覧も可能である。

    京都の町割り、東陣、西陣についての絵図が時代に変わってきたことがわかりました。京都は町自体が歴史的遺産であり、無料の資料館も見所があります。

  • 称念寺 猫寺
    旅行/観光
    京都府京都市上京区寺之内通浄福寺西入上ル西熊町275
    慶長11年(1606)に建立された浄土宗のお寺。3代目住職・還誉上人の頃の「猫の恩返し」が由来した「猫寺」の通称で有名だ。かつての繁栄は遠く食べるものにも困るようになってしまった還誉上人の時代、それでも決して愛猫を手放さなかったため、松平家の姫に憑いた猫が御恩を返したという伝承がある。境内の老松は、その愛猫を偲んで植えられたもの。横に伸びた枝が猫の伏している姿に見えたことから「猫松」とも呼ばれている。現代では猫にとどまらず、家族の一員として大切に育てられた犬やウサギ、小動物等の供養も行っている。
  • 勝ふみ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区社家長屋町676-2
    京都で最も長い歴史を持つ花街・上七軒で舞妓体験ができる置屋。舞妓や芸妓が実際に使用していた着物や帯、かんざし等を身に着けることができる。一組ずつの貸し切りで行っているため、必ず予約が必要だ。メイクや着付けを受けながら舞妓と芸妓の違い、花街の作法など普段接することのない花柳界の話を聞くことができる。元お茶屋を改装した隠れ家的バー「京町家BAR」も営んでおり、掘りごたつのカウンターやお座敷でお酒を楽しむことも可能だ。
  • 本隆寺
    rating-image
    3.5
    10件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区智恵光院通五辻上ル紋屋町330
    長享2年(1488)に開創した法華宗真門流の総本山。2度の大火で西陣一帯が焼け野原になるも、本堂や祖師堂等が消失を免れたことから「焼けずの寺」とも呼ばれている。春には桜、夏にはさるすべり、秋の紅葉、冬の雪景色が境内を彩り、四季折々の景色を眺めに散歩に訪れる人の姿も多い。境内には西陣の名水・西陣五井のひとつに数えられる「千代野井」や、葉や樹皮を枕の下に敷くと子供の夜泣きがやむと言われる「夜泣止の松」などがある。

    本隆寺は、法華宗真門流の総本山です。残念ながら本堂は、修復中です。外壁が、瓦を入れ込んでますので、独特の雰囲気があります。

  • 頼山陽書斎 山紫水明処
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区東三本木通丸太町上ル南町
    江戸時代後期の儒学者・頼山陽が晩年を過ごしたといわれる書斎兼茶室。東山の眺望がすばらしく、空間の造りは明るく開放的なもの。市中の山居の味わいが今もよく残っている。なお、見学には事前申し込みが必要なので注意。

    鴨川に架かる丸太町橋の西詰から路地を北へ数分です。間口が狭いので見逃してしまいそうです。「山紫水明処」という名に惹かれて、天気の良い日に訪れましたが、予約しないで行ったため中に入れませんでした。鴨川の遊歩道から茅葺きの屋根がかろうじて見えます。往復ハガキで申し込みが必要です。2名以上で希望日と住所、氏名、電話番号記入の上頼さん宛郵送です。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す