NAVITIME Travel

京都の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 伏見稲荷大社
    旅行/観光
    京都府京都市伏見区深草薮之内町68
    京都市伏見区にある神社で、全国約3万社の稲荷神社の総本宮。商売繁昌・五穀豊穣・開運の神として信仰を集めるほか、「千本鳥居」と称される朱塗り鳥居のトンネルが特に有名。境内には重要文化財の楼門や拝殿、本殿など朱塗りの豪華な建物が並び建つ。千本鳥居は数千から一万基といわれる鳥居がどこまでも続き、壮観である。その先には奥社奉拝所と、無数の小さな「お塚」のある稲荷山への入口がある。関西屈指の初詣スポットであり、毎年多数の参拝者が集まることで知られている。
  • 清水寺
    rating-image
    4.5
    10589件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市東山区清水1-294
    京都府京都市東山区にある寺院。宝亀9年(778年)に延鎮上人が音羽の滝の上に千手観音像を祀ったのが起源と言われている。十一面千手観音立像を安置する本堂は、寝殿造り風の優美な建築様式。断崖にせり出した「清水の舞台」は、桜や新緑、紅葉など四季の風景と京都の市街地を一望できる絶好のフォトスポット。3筋に分かれて落ちる音羽の滝には延命などのご利益があり、行列ができる人気ぶり。修学旅行生や国内外の観光客で賑う、京都の一大観光スポットである。

    紅葉の季節、夜間拝観で訪れました 昼間よりも人も少なくゆっくり紅葉を楽しむことができました 夜9時までですが、おススメです

  • 鹿苑寺(金閣寺)
    rating-image
    4.5
    15343件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市北区金閣寺町1
    室町幕府の三代将軍である足利義満が西園寺家の山荘をゆずり受け、「北山殿」と呼ぶ別邸をおいたのが始まりである。義光の死後、禅寺へと改められ「鹿苑寺」と名付けられた。舎利殿は三層の楼閣で金色に輝き美しく、鏡湖池によく映える。華やかなその姿は北山文化を象徴する建築であったが、昭和25年(1950)に焼失、昭和30年(1955年)に再建。平成6年(1994)には、ユネスコの世界遺産に登録された。

    龍安寺で心を落ち着けてから、また歩いて金閣寺まで。どの間も程よい距離で良かったです。さすが金閣寺は外国の方々も多いし、お天気が良かったので金色が映えて艶やかでした。池も静かで逆さ金閣寺も綺麗に映し出されていました。入場券がお札というのも楽しい。ここも大昔来たことがありましたが、すっかり忘れていました。お抹茶の席で餡入り金箔らくがんをいただきまったりしました。お抹茶セットは500円ですぐでてきます。

  • 八坂神社
    旅行/観光
    京都府京都市東山区祇園町北側625
    「祇園さん」の名で親しまれている、全国に約3000社ある祇園社の総本社。本殿は神殿と拝殿の異なる建物を1つの屋根でおおった祇園造と呼ばれる建築様式で、重要文化財に指定されている。夏の祭礼・祇園祭は、貞観11年(869)の疫病流行の際、その災厄除去を祈ったことに由来している。大晦日-元旦の「をけら詣り」も参拝者が多く、をけらの根を混ぜて焚いた浄火を吉兆の縄に移して持ち帰り、新年の火種にすると、一年を無事に過ごせるといわれている。境内の太田社白髭神社は芸事上達に御利益があるとされ、祇園の芸妓や舞妓もお参りに訪れている。
  • 北野天満宮(北野の天神さん)
    旅行/観光
    京都府京都市上京区馬喰町
    「北野の天神さん」として親しまれている、京都市上京区の神社(天満宮)。天暦元年(947)創建。学問の神として知られる菅原道真を祀る全国12000の天満宮・天神社の総本社である。冬期の受験シーズンはもちろん、一年を通して多数の受験生や学生が参拝に訪れる。慶長12年(1607)に建立された国宝・本殿は華麗な桃山建築。梅の名所として有名で、2月25日の梅花祭では上七軒の芸妓による華やかな野点が行われる。また、毎月25日の天神市は多数の露店と人々で賑う。
  • 平等院
    rating-image
    4.5
    1409件の口コミ
    旅行/観光
    京都府宇治市宇治蓮華116
    京都府宇治市にある寺院で、永承7年(1052)に関白・藤原頼通が、父・道長より譲り受けた別荘を寺に改めたのが始まりである。当時の末法思想から浄土信仰が高まり、西方極楽浄土を再現したような阿弥陀堂(鳳凰堂)が完成。鳳凰堂内には仏師・定朝作の阿弥陀如来坐像が安置され、豪華絢爛な寺院となった。鳳凰堂と観音堂、鐘楼を残して焼失したが、平等院ミュージアム鳳翔館では、国宝である屋根上の鳳凰や梵鐘、鳳凰堂内に架けられていた雲中供養菩薩像52躯のうち26躯などを見ることができる。

    1930頃に着いて、平等院のライトアップを拝観に行ってきました。 鳳凰堂が水面に映って絶景でしたが、拝観者の写真撮影のマナーが悪くて興ざめでした。 紅葉も最盛期みたいで大変きれいでした。

  • 下鴨神社
    rating-image
    4.5
    922件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市左京区下鴨泉川町59
    正式には賀茂御祖(かもみおや)神社といい、京都で最も古い由緒ある神社の一つ。敷地全体は「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されている。京都の「守護神」と「婦道の守護神」を祀っており、古くから導きの神、勝利の神としての信仰があり、事始めの神社として知られている。また、境内には、縁結びの神様「相生社」や女性の守護神「河合神社」など、女性に嬉しいスポットが点在している。

    上賀茂神社からバスで移動しました。拝殿は参拝客で賑わっていました。十二支をまつった社があり、自分のえとの社で参りました。参道を歩くと、台風の被害で樹木や鳥居が倒れていました。御朱印は五人ぐらい並んでいました。

  • 平安神宮
    旅行/観光
    京都府京都市左京区岡崎西天王町97
    京都府京都市左京区にある神社で、平安遷都1100年を記念して明治28年(1895)に創建された。祭神は桓武天皇と孝明天皇。社殿は、桓武天皇時代の平安京の正庁である朝堂院を8分の5の規模で再現したもの。朱塗りに緑釉瓦の荘厳な建築物が立ち並び、広い境内に敷き詰められた一面の白砂は壮観である。周囲にある日本庭園「平安神宮神苑」は4苑に分かれており、それぞれ季節の花木が見事な池泉回遊式庭園。枝垂れ桜など桜の名所としても知られている。
  • 貴船神社
    旅行/観光
    京都府京都市左京区鞍馬貴船町180
    京都市左京区にある神社で、全国に約500社ある貴船神社の総本社である。古くから祈雨の神として信仰されているほか、全国の料理・調理業や水を取り扱う商売人の人々からも信仰を集めている。そのため、地域名の貴船「きぶね」とは違い、濁らず「きふね」と読む。本宮と奥宮の間にある結社は磐長姫命を祭神とし、縁結びの神として信仰され若いカップルに人気。
  • 京都市勧業館みやこめっせ
    rating-image
    3.5
    27件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
    平安建都1200年の記念事業として建設されたイベント会場で、平成8年(1996)に開館。館内には、伝統産業をはじめ様々なイベントや展示会、見本市などで使用される展示場や会議室のほか、京都の粋と伝統産業を集結させた常設展示「京都伝統産業 ふれあい館」「日図デザイン博物館」がある。カフェレストランや、伝統工芸品を販売する「ミュージアムショップ京紫苑」も併設。最寄は東山駅。

    イベント、大きな会議、学会等で利用されてるような印象でした。今回は京都大学の入学式(近年毎年こちらで開催)に出席しました。

  • 慈照寺(銀閣寺)
    rating-image
    4.5
    4254件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市左京区銀閣寺町2
    室町幕府8代将軍足利義政が、文明14年(1482)に祖父義満の建てた金閣寺にならって建てた山荘。義政の死後、臨済宗相国寺派の禅寺へと改められ、名称も義政の法号にちなみ慈照寺と名付けられた。通称・銀閣と呼ばれる観音殿は質素高貴な意匠であり、東求堂は日本最古の書院造りとして国宝に指定されている。

    秋の紅葉が進む銀閣寺。室町時代後期に足利義政による暮らしの一片を感じることができました。一千年以上の経年も現代においても自然の味わい方がとても新鮮。東求堂内、障子の開き具合に、他らの取り込みを抑え、掛け軸のように風景を切り取る感性は、先人の思いとともに、その豊かさは必見です。

  • 国立京都国際会館
    暮らし/生活/病院
    京都府京都市左京区岩倉大鷺町422
    日本初の「国立会議施設」として建設された国際会議場。交流の場として多くの人々が利用しており、本館やイベントホールのほか、ホテルなども隣接している。また、'人は自然の中に集い話し合う'をテーマにしている同施設の敷地内には、自然に囲まれた日本庭園が完備されている。
  • 元離宮二条城
    旅行/観光
    京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
    慶長8年(1603)、関ヶ原の戦いで勝利した徳川家康が上洛の際の宿泊所として築城。のちに3代将軍家光が大改修し現在の姿となった。城内全体が国の史跡に指定されている他、国宝の「二の丸御殿」、重要文化財の「本丸御殿」、特別名勝に指定されている「二の丸庭園」など歴史的に価値のある建造物や美しい景色が残っている。
  • 東寺(教王護国寺)
    旅行/観光
    京都府京都市南区九条町1
    平安京の遺構として唯一今も残っている「東寺」正式名称は教王護国寺という。平成6年(1994)には世界遺産として登録された。高さ約55メートル、木造の建造物としては日本一の高さといわれる「五重塔」をはじめ、「金堂」「大師堂」などの国宝は見どころの一つ。その他にも、講堂の21対の仏像「立体曼荼羅」など歴史的に貴重な文化財が数多く残っている。
  • 京都御所
    旅行/観光
    京都府京都市上京区京都御苑
    京都御苑の中央北部にある、東西250メートル、南北約450メートルの築地塀と清流の溝に囲まれた広い域内の建物。現在の建物は安政2年(1855)に再建したもので、東西南北に6門と歴代の天皇が即位した、御所の正殿で、中央に高御座をおく寝殿様式の紫宸殿などがある。北側には書院造の建物の小御所があり、大きな池がある優雅な庭園などを望むことができる。以前、京都御所の参観は、事前申込が必要だったが、現在は事前申込は不要で、一年を通して自由にだれでも入場することができる。(入場時手荷物検査あり)
  • 鞍馬寺
    rating-image
    4.5
    320件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市左京区鞍馬本町1074
    宝亀元年(770)に鑑真(がんじん)和上の高弟・鑑禎上人(がんていしょうにん)によって毘沙門天を祀ったのが始まり。その後、延暦15年(796)に造東寺長官の藤原伊勢人が堂塔伽藍を設立し、千手観世音も合わせ祀られるようになった。鞍馬寺は牛若丸や天狗伝説で知られる寺で、本殿裏から奥の院への山道には牛若丸遺跡がある。また、山門から本殿までは、清少納言が「枕草子」で「近くて遠きもの」と記した九十九の道が約1kmほど続いているが、多宝塔まではケーブルカーを利用していくことができる。パワースポットとしても有名で、多くの人達が訪れる人気のスポットとなっている。

    京都の奥座敷だけあって 京都駅からタクシーで一時間ほどかかる 鞍馬寺と書いた大きな石碑を右手に 階段を上ると 正面の山門は重厚だ ケーブルカーに乗って本殿金堂に向かった 運転手さんは日本一短いケーブルカーと言っていた 毘沙門天の使いとされる 阿吽の虎のお守りを買ってきた 昼食どき 山門手前右の精進料理店は蕎麦も美味しかったです

  • 渡月橋
    旅行/観光
    京都府京都市右京区嵐山
    嵐山の紅葉を見渡せる、桂川にかかる全長155mの橋。承和年間(834-48)に僧・道昌が架橋したことが始まりと伝えられており、現在の位置には江戸時代初期、角倉了以が架けた。亀山上皇が橋の上高くを移動していく月をご覧になり「くまなき月の渡るに似る」と言われたことから名づけられたという渡月橋は、嵐山の風景に溶け込んだ風情あふれる橋である。
  • 安井金比羅宮
    旅行/観光
    京都府京都市東山区下弁天町70
    京都市東山区にある、「安井の金比羅さん」の名で知られる神社。天智天皇の代に藤原鎌足が一堂を創建し、紫色の藤を植え藤寺と号して、家門の隆昌と子孫の長久を祈ったことが始まり。主祭神の崇徳天皇が、讃岐の金刀比羅宮で一切の欲を断ち切って参籠されたことから、古来よりあらゆる悪い縁を切り、良縁を結ぶとして信仰されてきた。良縁に結ばれたご夫婦やカップルがお参りしても縁が切れることはなく、より深く結ばれる御利益をいただけるとされている。
  • 晴明神社
    rating-image
    4.0
    287件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市上京区堀川通一条上ル晴明町806
    平安時代中期に活躍した陰陽師・安倍晴明公を祀る神社である。寛弘4年(1007)、その御霊を鎮めるために一条天皇の勅命により創建された。魔除け、厄除けのご利益があり、厄を払うために訪れる参拝客も多い。鳥居や提灯、絵馬には五芒星が描かれ、式神の石像があるなど、陰陽道を色濃く感じられる神社である。

    京都には月一ペースで来ているのですが、今回初めて立ち寄ってみました。他の神社仏閣とは感じる空気感が違うというか、そこだけ別世界にいるような感覚でした。写真など取ろうかとも思いましたが、今回はやめて自分の脳裏にだけ焼き付けてきました。 この神社には戻橋があり、この世とあの世の境界線という言い伝えがありますが、本当にそうなのでは…と感じる何かがあるような気にさせられました。 スピリチュアリズムがお好き...

  • 華巌寺(鈴虫寺)
    rating-image
    4.0
    265件の口コミ
    旅行/観光
    京都府京都市西京区松室地家町31
    京都市西京区にある、臨済宗の寺院。 境内では、年間5万匹もの鈴虫を飼育しており、秋だけでなく四季を通じて鈴虫の音色を聞くことができるので、「鈴虫寺」の名で親しまれている。本尊である大日如来のほかに地蔵菩薩も安置しており、全国から地蔵信仰、入学・開運・良縁祈願など多くの人が祈願に訪れる。ひとつだけ願いを叶えるという日本で唯一わらじを履いた「幸福地蔵」や、僧侶による「鈴虫説法」なども有名で、拝観者を積極的に迎え入れている。

    市街地から少し離れたところにあります。 ここのご住職の鈴虫説法はとても楽しく、ありがたく聞かせていただきました。 海外ではまだ知名度が低めなのか、私が行ったときに拝観&説法を聞いていたのは、全員日本人でした。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す