NAVITIME Travel

京都のその他食品スポット一覧

  • 豆屋黒兵衛
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    お買い物
    京都府亀岡市余部町谷川尻10
    京都府亀岡市は京都縦貫自動車道の亀岡ICから約100mのところにあるお土産屋。特産の京野菜をはじめ、つけものや京土産、丹波黒豆などのお土産を販売。他にも京都産野菜を使ったジャム、黒ごまと竹炭を用いた生地と豆乳クリームで仕上げたロールケーキの竹炭黒豆ろうる、高級抹茶を使用した抹茶・黒豆ミルクレープ等のスイーツを取り扱っている。保津川下りや湯の花温泉に合わせてじっくりとお土産を購入できる。

    自身が生産者なので買う物もなければ、見る物も特にはない。黒豆だけは私が造っているものよりも粒も大きくて、まろやかそう・・・。確かに丹波も、亀岡も京都府ではあるけれど、ここまで来て「京土産」って云われても・・・実感湧かない。竹炭黒豆ろうる、と云うスゥィーツを試食させて頂いたが・・・食べ物は一人一人の嗜好もあるので・・・。でも、店舗そのものは綺麗な建物ですよ。

  • お茶のかんばやし 宇治橋通り本店
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    お買い物
    京都府宇治市宇治妙楽43
    茶業ひとすじ400余年の歴史を持つ店。併設する茶室「康風庵」では、石臼を使っての挽き茶体験や、正式のお点前でのお茶席体験を実施していて人気が高い。また本店敷地内の製茶工場では、煎茶・玉露の仕上工程や、抹茶の石臼場を説明員の解説付きで見学できる。

    宇治の平等院の表参道にある老舗のお茶屋さんです。ここではお茶の試飲ができるのでいいです。贈答用に玉露を購入しましたが、店から配送できます。店のおばちゃんの話では、隣にも上林というお茶屋さんがありますが、本家とは関係のない別物らしいです。

  • 近為 亀岡工場販売所
    お買い物
    京都府亀岡市稗田野町佐伯下峠6-1
    京都の老舗漬け物店。亀岡工場販売所は湯の花温泉の自然に囲まれている場所にあり、販売所を訪ねがてら散策するのも楽しい。四季折々の素材を手塩にかけ手間をかけ作られる漬け物は全国にファンが多い。季節ごとの味を楽しみたい。
  • 京つけもの もり 亀岡漬処
    お買い物
    京都府亀岡市篠町王子宮ノ本1
    地元亀岡の自社農園で収穫した野菜の漬物をはじめ、素材からこだわりぬいた京つけものを提案している漬け物店。工場直結の販売所になっており、旬の漬け物を試食することも可能だ。その時期一番美味しい野菜の漬け物のほか、「嵯峨豆腐 森嘉」の豆腐を西京白みそと本みりんで丹精に味付けした豆腐のお惣菜「おとうふ」も人気商品。
  • ぶどう畑のマルシェ&レストラン
    お買い物
    京都府宮津市字国分123
    天橋立を目の前に望むぶどう畑にてワイン用ブドウの栽培と醸造を行っている場所で、レストランも併設している。ワインテイスティングや地元食材を豊富に 使った手作り料理をランチバイキングで楽しめる。内容を重視した全て一から手作りのメニューは30種以上。喫茶としても利用できる。
  • 飯尾醸造
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    お買い物
    京都府宮津市小田宿野373
    創業明治26年(1893)の歴史あるお酢屋さん。お酢の原料となる無農薬のお米作りからたずさわっていて、そのお米を使って、自社の酒蔵で杜氏が「酢もともろみ」を仕込み、その「酢もともろみ」からお酢を造っている。創業以来ほとんど変わらぬ製法を守り続け作られるお酢は、雑誌やテレビで紹介されるほど人気が高い。

    富士酢で有名な飯尾醸造の蔵見学。ここは少人数のグループのみ対応 発酵中のタンクも覗かせてもらう。酢は酒を作ってから酢酸菌を入れて酢にするいう手間が。 ここの売店は商品10%引きで買える。ネット販売、他店での販売は全て定価。 団体バスはお断りの方針

  • 小野甚味噌醤油醸造
    お買い物
    京都府京丹後市峰山町杉谷300
    大正元年(1912)の創業以来、木桶でじっくりと醗酵・熟成させるこだわりの製法を守り続けている醸造蔵。味噌・醤油をはじめドレッシングなどの調味料や加工品を製造販売している。丹後産大豆・国産小麦・赤穂の海水塩を使い、初代から続く古式天然醸造法によって、じっくりと発酵熟成させて造った濃口醤油「甚左衛門」は特にお勧めしたい。
  • 嵐山まるん
    お買い物
    京都府京都市右京区嵯峨天龍寺造路町37-16
    カラフルで可愛いお菓子と雑貨の店。こんぺいとうや京飴・抹茶菓子、まるん工房で焼き上げた焼き菓子など、女性からの人気が高い商品が並ぶ。ジャム・地酒・調味料などもあり、お土産やお祝いなどの各種ギフトに最適だ。
  • 中村農園 シードハウス
    お買い物
    京都府京都市右京区嵯峨野高田町19
    トマトジュースが看板メニューの農園も営むカフェ。与える水を少なくして育てられたトマトだけで作られたトマトジュースは格別の美味しさだ。甘味のあるトマトで作ったジャムも好評で、トマト以外の野菜もカフェの入口で販売している。
  • 志ば久
    お買い物
    京都府京都市左京区大原勝林院町58
    古くから里の名物として愛され、京の三大漬物として今に伝わる大原伝統のしば漬。この志ば漬を始め、手造りと旬の素材にこだわった京漬物や京佃煮の製造販売店。季節ものの「ふきのとう味噌」なども人気が高い。
  • 京栄堂 小野店
    お買い物
    京都府京都市山科区勧修寺東出町46
    古今和歌集選者の一人、紀貫之の歌にちなんで作られた「つつみ生八ツ橋 去来花」を販売している京栄堂の小野支店。つつみ生八ツ橋とは、粒あん入りの生八ツ橋をどら焼きの生地で包んだ京栄堂のオリジナル商品だ。もっちりとした食感に肉桂の香りが漂うボリューミーな逸品で、京都土産に購入する観光客も多い。小野小町の歌にちなんだ「粒あん入り生八ツ橋 小町花伝」や、小野小町との恋愛で有名な僧正遍昭の和歌にちなんだ「八ツ橋 天津姫」など、平安の恋歌に心を馳せる商品を販売している。
  • 山中油店
    お買い物
    京都府京都市上京区下立売通智恵光院西入下丸屋町508
    江戸時代後期、1818-1830年の文政年間に創業した油の専門店。燈明用や食用、髪や肌のお手入れ用と、いつの時代も人々の生活に不可欠だった油を販売し続けている。創業当時の面影を残す重厚な建物は、国の登録有形文化財・市の重要景観建造物に指定された堂々たる店構え。ゴマ本来の香りと旨味が味わえる「玉締めしぼり胡麻油」や、しっとりした風味の揚げ物に最適な「綿実サラダ油」、中華料理やドレッシングに香ばしさを添える「芳香落花生油」など、和あぶらだけでも豊富な種類の油を取り揃えている。
  • 改進亭総本店
    お買い物
    京都府京都市上京区寺町通今出川上ル表町35
    京都市内唯一の猪肉専門店。出町柳駅から徒歩6分、どこか懐かしさを感じる店で新鮮な猪肉や鹿肉を提供している。しっかりとした血抜き処理を行っているため、猪肉特有のにおいが少ないのが特徴だ。京都の冬に欠かせない牡丹鍋を自宅で味わうために、シーズン中にはたくさんの地元住民が猪肉を求めて訪れる。創業は大正5年(1916)。猪猟期にあわせた11月から3月までの期間限定で営業している。
  • とようけ屋山本 本店
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市上京区七本松通一条上ル滝ケ鼻町429-5
    「京豆腐一筋」の看板を掲げる明治30年(1897)創業の老舗豆腐屋。屋号は伊勢神宮外宮の御祭神、食物を司る「豊宇気昆売神(とようけびめのかみ)」に由来する。食卓にお馴染みの木綿豆腐をはじめ、本柚子豆腐、胡麻豆腐、青紫蘇豆腐に黒豆豆腐など、豆腐だけでも15種類以上もの豊富な品揃えを誇る。硬さや食感、風味がそれぞれ異なるため、自分好みの豆腐を探すのも楽しい。豆乳プリンや豆乳ヨーグルトなどのスイーツ、料理に彩を添える生麩、有機100%豆乳を使った豆乳洗顔石鹸なども販売している。

    こちらのお豆腐やおあげは、本当に美味しくて家族みんなが大好きです。本店近くには、こちらの製品を使ったゆば丼などを出すレストランもあるし、お豆腐おあげなら、イズミヤや大丸でも買えます。地方発送もしてくれて、送られた方は、必ず京都の美味しいお豆腐に感動してくれます。

  • 澤井醤油本店
    お買い物
    京都府京都市上京区中長者町通新町西入ル仲之町292
    京町家の店構えに白い壁の土蔵。店の入り口に立った大きな木の看板が目印の醤油蔵。明治12年(1879)の創業以来、国産原料と昔ながらの道具・手法にこだわった醤油造りを続けている老舗だ。お店のおすすめは、一度出来上がった生醤油に再び大豆と小麦を入れて熟成させた「丸大豆二度熟成醤油」。2年の熟成期間を費やした醤油は、魚や肉料理だけでなく料理にコクを出したい時にも最適だ。風味が変わらないようガラス瓶に詰めて販売している。
  • 豆政
    お買い物
    京都府京都市中京区夷川通柳馬場西入ル6-264
    八ツ橋と並ぶ京名物・夷川五色豆を販売している京都の老舗豆菓子店。明治17年(1884)の創業以来、現在と同じ地で美味しい豆にこだわった商品造りを展開し続けている。看板商品の「夷川五色豆」は初代店主が清流に晒す京友禅の優雅さを思って作った縁起物。青は木、赤は火、黄は土、白は金、黒(ニッキの褐色)は水を表し、合わせて大地を象徴するものとされている。香ばしい豆の香りに上質な砂糖を使ったあっさりとした甘みが楽しめる、京都ならではの風情ある祝い菓子だ。
  • ぢんとら
    お買い物
    京都府京都市中京区中魚屋町494
    一子相伝の香り高い七味を出来立てで提供している老舗。明治11年(1878)、味にうるさいお客様が集まる錦市場に創業して以来、変わらぬ伝統の味を作り続けている。数種類の唐辛子を調合した風味高い七味は鮮度が命。店に出している七味は必要な分だけを調合し、できるだけ風味を損なわないように作られている。国産のゆずをたっぷり使った「ゆず七味」は鍋や漬け物にもぴったりで、お土産に購入する人も多い。
  • 湯波吉
    お買い物
    京都府京都市中京区錦小路通御幸町西入ル鍛冶屋町213
    「京の台所」と呼ばれる錦市場で唯一ゆばを製造販売している専門店。寛政2年(1790)の創業以来、厳選された国産大豆と錦の地下水だけを使った「京ゆば」を作り続けている。昔ながらの技法によって作られるゆばは、大豆のコクと豊かな風味が感じられる味わい深い逸品だ。柔らかな食感をわさび醤油やだし汁ででいただく「生ゆば」と、自然乾燥して様々な形に整えられた「乾ゆば」を販売している。最上質のちりめんじゃこと京都産の醤油で炊き上げた「ゆばちりめん」はご飯のお供のにも最適だ。
  • 麩嘉 錦店
    お買い物
    京都府京都市中京区錦小路通堺町角菊屋町534-1
    江戸時代創業の京生麩専門店。京都伝統食材の生麩を常時20種類以上取り揃えている。京料理や精進料理には欠かせない生麩は、煮物や揚げ物、焼き物まで様々な方法で調理される万能食材。もちもちとした弾力ある食感と、つるんとしたなめらかな舌触りが特徴だ。よもぎ麩や栗麩などの定番商品に加え、生麩の調理に欠かせない上質な味噌なども販売している。完熟したトマトを練りこんだ「トマト麩」や、フランス産のチョコレートを練りこんだ「チョコレート麩」など、期間限定で一風変わった生麩を取り扱っているのも「麩嘉」ならでは。
  • 中央米穀 錦店
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    お買い物
    京都府京都市中京区錦小路通柳馬場角 中魚屋町
    明治40年(1907)創業の米専門店。お米のプロフェッショナルにより厳選された日本全国の米を販売している。店頭では定番の梅おにぎりや鮭おにぎり、五目御飯や赤飯などのおにぎりも販売しており、すべて店内のイートインスペースで食べることが可能だ。空気を含んでふんわりと握られたおにぎりは、ほろほろと口の中で崩れる絶妙な握り加減。米の一粒一粒が感じられ、冷めてもおいしく頂けるように水加減等が工夫されている。

    錦市場の中にある「中央米穀」でおにぎりを購入しました。 選んだのは、90円のプレーンです。買った時間が遅かったせいか、握りたて感は少なかったです。おにぎりの種類は、たくさんあります。

京都の主要エリア

around-area-map

京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

京都の写真集

目的から探す