津・松阪の旅行/観光スポット一覧

  • 道の駅 飯高駅
    rating-image
    4.0
    39件の口コミ
    交通
    三重県松阪市飯高町宮前177
    三重県は松阪市飯高町に平成2年(1990)に特産品販売所としてオープンした温泉がある道の駅。観光案内所や地元農産物や特産品の販売書、早朝のみ営業している喫茶店から松阪牛を味わえるレストランと様々な施設がある。中でも露天風呂や蒸し風呂など11種類の湯船が楽しめる天然温泉「いいたかの湯」や、もみほぐしは旅の疲れを十分に癒してくれる。そば打ち体験教室も開催されており、家族連れでもゆったり楽しめる道の駅となっている。

    一つ山向こうの大台-宮川の大杉谷よりはずっとましではあるが、 こちらもここより奈良県側はお店が少ない。 コンビニなどもってのほか。 こちらは重要な拠点となる。 駐車場、お店、温泉一通り揃う。 こちらより20キロ先に姉妹店の波瀬のお店があるが こちらよりはだいぶ小さいね。

  • かざはやの里 かっぱのふるさと
    rating-image
    4.5
    17件の口コミ
    旅行/観光
    三重県津市戸木町4096
    伊勢自動車道久居ICより車で5分、伊勢温泉ゴルフクラブ内にある花園。日本で初めて園芸福祉を取り入れた花園として環境と福祉の融合に取組んでいる。2月上旬-3月下旬に45種500本の紅白の梅が芝生の絨毯を彩り、ゴールデンウィーク頃には9種1800本の藤棚が、大きな花房でいっぱいとなる。6月には日本最大級の広さをうたう広大な丘陵地に、56種75000株のあじさいが咲き、色とりどりの紫陽花が作り出す変化に富んだ、飽きることのない癒しの花景を散策できる。

    老人ホームがあることは知ってましたが、こんなにきれいに整備されている梅林があるんですね。驚きました。また、ゴルフ場内?クラブを持った人たちも手押しキャリーでプレー中でした。結構広いです。コスプレの皆さんも写真撮り合ってました。 天気が良くて、春が近いいい日和でした。

  • 道の駅 津かわげ
    交通
    三重県津市河芸町三行255-4
    県津市の玄関口にあたる河芸町で平成28年(2016)に開業した道の駅。河芸漁港・白塚漁港・香良洲漁港で水揚げされた魚や地元の生産者による野菜が並ぶ直売所コーナーをはじめ、津市のお土産や地酒のコーナーがあり、こだわりの商品を多数取り揃えている。また、レストラン津のものキッチンでは、しらすトーストや手作りはんぺん定食、その日水揚げされた伊勢湾の魚が楽しめる津のもの定食などのメニューが並び、平日限定で手作りパンの食べ放題も行っている。
  • 御城番屋敷
    rating-image
    4.0
    93件の口コミ
    旅行/観光
    三重県松阪市殿町1385
    江戸時代末に松阪城の警護にあった40石取りの紀州範士20名とその家族が住んでいた武家屋敷が「御城番屋敷」だ。現在でも賃貸住宅として現役で利用されている全国的にもまれな組屋敷で、西棟北端の一軒は内部公開もされている。JR松阪駅から徒歩約15分。

    整然としていますがコンパクトです、現にお住まいの方がいらっしゃるので公開されている一部しか覗けません、観光も静かにご迷惑のかからぬ様に

  • ルーブル彫刻美術館
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県津市白山町佐田東谷1957
    近鉄榊原温泉口駅から徒歩5分のところにある彫刻の美術館。昭和62年(1987)12月に竹川勇次郎が開館。展示されている1300点の彫刻は古代から近代までの作品で、すべてがパリ・ルーブル美術館から日本へ運ばれたもの。パリ・ルーブルの彫刻作品が日本にいながら楽しめるものとなっている。展示作品は実物より直接型取りし、大きさはもちろんの事、傷ひとつに至るまで実物と同じであるのが特徴。教科書にも登場する有名な彫刻作品がズラリと並び、じっくりと鑑賞できる。

    なぜこんなところにルーブル美術館がと思いましたが、昔若い頃にパリで行ったことがあり、入園料は高かったのですが入りました。だいぶイメージは違いましたが、ちょっと懐かしかったです。

  • 道の駅 美杉
    rating-image
    3.5
    27件の口コミ
    交通
    三重県津市美杉町上多気267

    北畠神社の帰りに寄りました。 この辺りはコンビニも何もなく、昼食をとるために道の駅へ。 食堂ありました。ラーメン、伊勢うどん、カレー、チャーハン。 味は地元のおばさんが作る料理なので、家庭料理というレベル。でも安いからいいです。

  • 三重県総合博物館 (MieMu)
    rating-image
    4.0
    48件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県津市一身田上津部田3060
    近鉄・JR・伊勢鉄道「津駅」西口よりバス5分「総合文化センター前」下車すぐの、平成26年(2014)にオープンした博物館。基本展示室では三重の特徴的な自然環境を四隅に配置し、その中で育まれた人・モノ・文化の交流史を一体的に紹介することで、総合的な理解ができるように工夫されている。三重県内で最初に化石が発見された太古のゾウ、ミエゾウの全身骨格復元標本や、裏庭に復元された「鳥居古墳」の石室の様子なども見ることができる。

    特別展:三重の仏像の開催期間に行きました。国宝は一点もなかったのですが、豊富な展示数や快慶の作品もあったりして、見応え十分でした。日本各地に出かけた際に、都道府県や市町村の博物館に足を運びましたが、間違いなく充実している部類に入ると思われます。常設コーナーでは、三重の特性として「東西の交流」、「南北の共存」という二軸の観点から自然や文化の説明がされていて、いい見せ方をされていると感じました。 施設...

  • 松阪市観光情報センター
    rating-image
    3.5
    29件の口コミ
    旅行/観光
    三重県松阪市京町507-2
    松坂市の観光情報を発信するアンテナサイト。青いガラス張りの円筒形の建物が目印。看板には松坂市ゆるキャラの「ちゃちゃも」も描かれている。カウンターには様々な観光情報パンフレットが置かれ、松坂市の見所をアピールしている。手荷物預かり所があり、旅行の大荷物を一時預けて、身軽に観光を楽しむことができる。サイクリング観光むけに、貸し自転車も実施。電動アシスト機能つきの自転車も複数台配備されている。

    バス乗り場を聞くのにお邪魔しました。 手不足なのか誰も対応してくれませんでした。そこに、別の観光客も入って来てバタバタ状態になってました。 上司の様な男性も階段から降りれ来ましたが特にアテンドはしてもらえませんでした。町のパンフレットをもらい、自分で散策しました。駅前にあるから、便利です。

  • 専修寺
    rating-image
    4.0
    59件の口コミ
    旅行/観光
    三重県津市一身田町2819
    JR一身田駅から徒歩5分、浄土真宗の十派のひとつ、全国に600以上ある真宗高田派の総本山。平成29年(2017)11月28年日に御影堂と如来堂の2棟が、建造物としては三重県初の国宝に指定された。東京ドームの約2倍の境内には、国宝となった2棟の他にも国指定の重要文化財を11棟も擁する巨大寺院だ。拝観料は無料で、6時から15時30分まではお堂の中にあがることもできる。蓮寺としても有名で、夏は見事な蓮池や境内の各所にて様々な種類の蓮を楽しむことができる。

    平成29年度に国宝指定されたてのお寺さんです。それも一気に二棟。御影堂と如来堂の二つお堂です。その他重文指定の建物が十一もあります。

  • コケコッコー共和国山の駅よって亭
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    三重県多気郡多気町丹生4409
    伊勢自動車道勢和多気ICから車で約5分。大きな鶏の看板が目印の、コケコッコー共和国のアンテナショップ「山の駅よって亭」。直営店ならではのリーズナブルな価格で、安心・安全で新鮮なこだわりの平飼い有精卵や鶏肉を購入したり、食べたりできる。名物のたまご食べ放題のたまごかけごはんのほか、地どり定食が好評。平飼い有精卵をタップリ使用した手作りシュークリームやプリン、カステラも販売している。

    卵食べ放題の卵がけご飯だけなら行かなかったのですが、平日限定の鳥焼肉¥550につられてやってきました。高速道路を見下ろす丘の上、中は煙でもうもうと。「とても硬い」と書かれた親鳥の焼肉はやはり硬く、噛みしめると味があります。味噌だれは好みとは違うので、次回は雛鳥を塩胡椒で食べて見たいです。もちろん、生卵を追加で卵かけご飯にしましたよ。こちらは絶品でした。

  • いつきのみや歴史体験館
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    三重県多気郡明和町斎宮3046-25
    近鉄山田線「斎宮」駅から徒歩1分。平安時代の様々な文化、技術、遊びなどを体験できる施設。十二単などの本格的な平安装束を着て記念写真を撮影したり、当時の天皇や皇后、斎王などしか乗ることができなかった輿に乗れたりと、フォトジェニックなスポットも満載。また当時の人々の遊びである盤双六や、蹴鞠、貝合わせなどもでき、平安の歴史を肌で感じる事ができる。季節や四季折々での展示などもあるので、ここでしか出来ない体験も数多くある。

    いつきのみや歴史体験館を訪れました。入場無料の施設でした。綺麗な建物で、興しに乗ったり、色鮮やかな着物を羽織って記念撮影させてもらえます。貝合わせや昔の双六など、古代の遊びもできたり、無料で楽しめるので、有り難く、楽しいです。

  • 道の駅 茶倉駅
    rating-image
    3.0
    3件の口コミ
    交通
    三重県松阪市飯南町粥見452-1
    三重県松阪市飯南町にある道の駅。ログハウス調の木の温もりを感じる店内には、飯南町特産の深蒸し煎茶を練り込んだ「伊勢茶入りうどん茶倉物語」や、地元産の厳選されたお茶、新鮮な野菜がずらりと並ぶ。物販の他に1階には食事スペースもあり茶倉セットやお茶うどんがオススメとなっている。2階はカフェスペースで、コーヒーを飲みながら眼下に広がる櫛田川をゆっくりと楽しむことができる。

    地元のとりたて野菜の品ぞろえっが充実していました。鮮度もよく価格も安い。とくにおいしかったのが「とまと」みずみずしくて味も濃厚。

  • 旧小津清左衛門家
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県松阪市本町2195
    松阪においては数多い江戸店持ちの豪商の中でも筆頭格に挙げられ、宝歴5年(1755)には三井・長谷川・長井等とともに紀州藩の御為替御用を命じられた小津家。その小津清左衛門の邸宅を資料館として公開している「旧小津清左衛門家」には、千両箱ならぬ万両箱もあり、「江戸店持ち伊勢商人」の風格を感じられる。

    「商人の館」であるならば、ただ建物を保存展示するだけではなく、起業を目指す人に貸し出して、ここで会社を立ち上げる、インキュベーター施設のような運営をすると面白いのでは。

  • 津観音(恵日山観音寺)
    rating-image
    3.5
    15件の口コミ
    旅行/観光
    三重県津市大門32-19
    JR・近鉄津駅から三交バス京口立町停留所下車後、徒歩約3分の真言宗の寺院。正式な寺号は「恵日山観音寺」で、東京・浅草観音、名古屋・大須観音と共に、日本三観音の一つと称されている。奈良時代から1300年以上にわたり津を守り続け、天正8年(1580)には安濃津城主・織田信包により本尊の改修が行われた。隣接する資料館では、豊臣秀吉・徳川家康の肖像画や仏画、工芸品、古文書など、長い歴史の中で受け継がれた多くの宝物が展示されている。

    津の大きな通りから少し中に入ったところにあり、商店街のようなストリートの端にお寺があります。夕方に行ったから、参拝客もおらずとても静かでした。このお寺には五重塔があって、見ごたえ十分です。

  • 斎宮歴史博物館
    rating-image
    4.5
    26件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県多気郡明和町竹川503
    近鉄斎宮駅から徒歩約15分のところにある三重県立の歴史博物館。博物館の建つ場所一帯は、古代から南北朝時代まで伊勢神宮に奉仕した皇族の女性、斎王の御所である斎宮跡地とされる。展示は、伊勢神宮に奉仕する斎王にまつわる、神事や歴史、文化財が中心。30年以上にわたる、斎宮跡の発掘調査結果をもとにした、当時の街並みの研究結果も展示されている。企画展や講義が定期的に行われており、その中には今も続く発掘調査現場の見学といった、博物館ならではの企画がある。

    近くに来たらオススメスポットです。斎宮の歴史を学べます。周りをお散歩しながら復元された物を見るのもいいですよ。

  • 松坂城跡
    旅行/観光
    三重県松阪市殿町1538-1
    平成23年(2011)国の指定史跡になった「松坂城跡」は、誇らしげにそびえ立つ石垣が松阪のシンボル的存在だ。桜や藤、銀杏と四季を通じて親しまれており、城下町の面影を残す町並みを一望できる。本居宣長記念館や、歴史民俗資料館、武家長屋の御城番屋敷も見ごたえがある。
  • 三重県立美術館
    遊ぶ/趣味
    三重県津市大谷町11
    三重県は津駅西口から徒歩約10分のところにある県立の美術館。常設展示は三重県の作家を中心に、江戸期以降の作品の中でテーマを設け年4回行っている。展示室は3部屋に分かれており、展示内容は年に数回変わることもある。家族でも楽しめるように美術館内にスタンプラリーを設置、夏休みにはワークショップ等を開催している。館内にはオリジナル商品や美術関連グッズを販売するミュージアムショップ、テラス付きのレストランもある。
  • 丹生大師神宮寺
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    三重県多気郡多気町丹生3997
    宝亀5年(774)に開山され、正式名称は「女人高野丹生山神宮寺成就院」と言う。左右に金剛力士、持国天、多聞天を祀った「仁王門」に護られる本堂には、開山した「弘法大師像」が御本尊として鎮座している。境内には「姿見の池」と呼ばれる撮影スポットがあり、回遊する鯉や6月下旬~7月下旬にかけて睡蓮が水面を埋め尽くす様子を狙って、アマチュアカメラマンがよく訪れることでも知られている。

    多気町にいちご狩りに来ました。近くにこの神社があったので寄りました。池には鯉がたくさん泳いでおり風流でした。

  • 鈴屋
    rating-image
    3.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    三重県松阪市殿町1536-7
    江戸時代の偉人本居宣長の記念館。自筆稿本類や遺品、自画像などを公開している。江戸時代の医師であった彼は、同時に国学者であり文献学者だった。「古事記」を研究し、「古事記伝」を執筆したことで知られる。「源氏物語」についても深く研究がなされ、「もののあはれ」の情緒に言及した。記念館の中には、本居宣長が暮らしていた古民家が移築されている。二階の書斎の床の間に鈴掛をさげ、その音を楽しんでいたことから「鈴屋」と呼ばれて親しまれていた。日中はガイドが常駐し、詳しい解説を聞くことができる。

    本居宣長が12歳から60年間住んだ家で、2階の書斎「鈴屋」は53歳の時に屋根裏部屋を改装され100年程前、保存と公開を条件に現在地(松坂城跡)に移築されたそうです。 1階は上がって見学出来ますが、2階の「鈴屋」には上がれないので、庭の高台から部屋を垣間見ることが出来ます。又、その「鈴屋」の由来は、元々鈴が好きだった宣長が勉強に疲れた時に、床の間の柱に掛けてある鈴の音を聞いてリフレッシュしていたか...

  • 本居宣長記念館
    rating-image
    4.0
    28件の口コミ
    旅行/観光
    三重県松阪市殿町1536-7
    江戸時代の国学者、本居宣長の旧宅(鈴屋)を公開し、古事記伝などの自筆稿本類や遺品、自画像などを公開している「本居宣長記念館」は、約16000点の収蔵品がある。そのうち467種1949点が国の重要文化財で、20種31点が県の有形文化財だ。展示・催し物も数多く、本居宣長という人物についてと18世紀後半の日本文化が学べる。JR松阪駅から徒歩約15分。

    国学者であり、医者の本居宣長。 驚くべきは15歳の時、寺の説経で聞いた赤穂浪士討ち入りの話を帰宅後一気に書き留める記憶力、17歳で日本地図を描いたことでしょう。 その後、本業の医師をしながら「古事記」の注釈書である「古事記伝」を35年間、44冊に渡り書き上げるほどの努力、継続力、勉強に対する姿勢に尊敬の念を感じます。 そんな宣長に関する国の重要文化財を含む約16,000点が収蔵され、順次展示さ...

三重の主要エリア

around-area-map

海と山に囲まれて自然に恵まれている三重県は、伊勢神宮や熊野古道、ナガシマスパーランドなど観光が産業として成り立っている県です。名古屋や大阪を経由すれば、新幹線、電車、バス、フェリーなどを使って簡単にアクセスができます。 伊勢神宮で有名な三重件ですが、ほかにも鈴鹿サーキットやナガシマスパーランドなどアミューズメント施設があり、伊賀・名張は忍者体験や名水スポットで訪日外国人からも人気のある場所です。伊勢・志摩・鳥羽エリアには伊勢神宮や鳥羽水族館など観光スポットが多く、足を伸ばせば熊野古道や鬼ヶ城など自然景観が美しい熊野・東紀州エリアにも日帰りで行き来できます。 伊勢エビや的矢かき、あのりふぐ、伊賀牛など贅沢グルメから伊勢うどんやとんてき、めはり寿司などの親しみやすい味まで楽しめるのも三重県ならではです。

三重の写真集

目的から探す