伊勢の旅行/観光スポット一覧

  • 伊勢神宮(内宮)
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治館町1
    伊勢市にある神社で、神社本庁の本宗。正式名称は「神宮」で、「お伊勢さん」と呼ばれ古くから親しまれている。天照大御神を祀る内宮と豊受大御神を祀る外宮の2つの正宮があり、その他の別宮や摂末社などを含めた125の社宮の総称として「神宮」の名が用いられる。お伊勢参りでは、外宮から内宮の順に詣でるのが古くからの慣わし。内宮・外宮と14の別宮に限り、20年に1度社殿を建替える式年遷宮が行われる。

    伊勢神宮内宮正宮を参拝した後別宮の荒祭宮へ行く途中に鎮座する高床の社。神田から収穫した抜穂の御稲を納めて祭典に際して大御饌として神前に御供えされたそうです。小さいですが神明造りの社です。

  • おかげ横丁
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治中之切町
    平成5年(1993)第61回神宮式年遷宮の年に、お伊勢さんの「おかげ」という感謝の気持ちを込めて開業した。伊勢神宮内宮の門前町「おはらい町」の真ん中にある、食べ歩きや買い物が楽しめる観光名所だ。江戸から明治にかけての伊勢路の代表的な建築物が移築、再現されており風情も満点。伊勢うどんに地酒、伊勢銘菓の赤福、懐かしの駄菓子屋や玩具を取りそろえる店など、伊勢の魅力がたっぷりとつまっている。
  • 二見興玉神社
    rating-image
    4.0
    367件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市二見町江575
    二見浦の海岸に佇む夫婦岩で有名な神社。御祭神に猿田彦大神が祀られている。夫婦岩は沖合にある霊石「興玉神石」と日の大神を遥拝するための鳥居としての役割を持ち、2つの岩が夫婦が寄り添う様に見えることから、夫婦円満や良縁のシンボルと言われている。毎年夏至の日は、夫婦岩の間から差し昇る、朝日を拝むことができる。境内には御神徳を受けた人々から、神使である二見蛙が数多く奉納されている。

    海沿いに歩いて「二見興玉神社」に行きました。鳥居の手前は桜、奥は海でとても綺麗でした。鳥居をくぐり、境内に入ると、「二見興玉神社」のシンボル「夫婦岩」が見えてきました。「手水」をするところには「満願蛙」という緑の蛙がいて、水をかけることによって願をかけられるようになっていました。

  • 猿田彦神社
    rating-image
    4.0
    408件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治浦田2-1-10
    猿田彦大神は物事を最も善い方へ導く大神と古事記や日本書紀に記されている。大神は天孫を高千穂へと導かれた後、天宇受賣命と結ばれたといわれている。その後、伊勢の地を本拠として国土開拓を指導したと伝えられている。境内には天宇受賣命が祀られた「佐瑠女神社」がある。天照大御神が天岩窟にこもられた際、神楽を行ったことで大神が再現された。そのことから芸能の神として信仰されている。

    伊勢神宮外宮から車で10分ほど内宮方面に戻ると猿田彦神社に着きました。駐車場は30分無料ということで30分で参拝しました。境内の中央には方角を刻んだ八角の石柱があり、みちひらき・交通安全・方位除けの神様だということです。

  • 夫婦岩
    旅行/観光
    三重県伊勢市二見町江575 二見興玉神社内
    古来より日の出遙拝所として知られてきた、二見浦随一の観光名所「夫婦岩」。沖合約700mに鎮まる猿田彦大神縁りの霊石「興玉神石」のある聖なる処に、日の出を遙拝する鳥居とみなされる岩だ。男岩の高さは9m、女岩の高さは4m。5月から7月にかけては、夫婦岩の間から日の出を見ることができ、秋冬には、夫婦岩の間から満月を見られる。
  • 伊勢神宮(外宮)
    旅行/観光
    三重県伊勢市豊川町279
    天照大御神の食事を司る豊受大御神を祭神とする伊勢神宮外宮の正宮。正式名称は「豊受大神宮」。衣食住をはじめあらゆる産業の守護神として崇められている。白砂利が敷き詰められた境内には正宮のほか、平清盛ゆかりの清盛楠や花菖蒲が咲く勾玉池、神馬がいる御厩、3つの別宮などがある。内宮より先に参拝するのが慣わしである。最寄駅は「伊勢市駅」など。
  • 式年遷宮記念せんぐう館
    rating-image
    4.5
    200件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市豊川町126-1 外宮まがたま池

    表参道を戻り、勾玉池のほとりに「式年遷宮記念 せんぐう館」がありました。勾玉池越しに奉納舞台と奥の建物をみることができました。

  • 伊勢志摩スカイライン
    旅行/観光
    三重県伊勢市・鳥羽市
    伊勢と鳥羽を結ぶ全長16.3km「天空のドライブウェイ」。中間地点にある標高550mの朝熊山の展望台からは伊勢志摩や伊勢湾を望める。天気の良い日には富士山や日本アルプスまで眺めることができる。さらに展望台には「展望足湯」があり、目の前に広がる絶景とともに楽しめる。ドライブインや売店もあり、地元の特産品などを販売している。
  • 賓日館
    rating-image
    4.5
    61件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市二見町茶屋566-2
    明治20年(1887)、伊勢神宮を参拝する賓客が休憩、宿泊するために建てられた「賓日館」。明治天皇の母・英照皇太后や大正天皇といった歴代諸皇族、各界の要人が数多く宿泊している。天井にシャンデリアのかかる120畳もの大広間や、輪島塗で装飾された床の間がある御殿の間、回遊式庭園など、品格ある日本の伝統建築を見ることができる、国指定の重要文化財だ。

    二見浦の海岸沿いにこの賓日館がたっています。国指定重要文化財ということで、入場料を払って中に入ると、建物の中や庭園が見られるようになっていました。

  • 月夜見宮
    rating-image
    4.0
    82件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市宮後1-3-19
    内宮別宮 月読宮のご祭神と同じ月夜見尊が祀られている月夜見宮は、繁華街のある伊勢市の中心に鎮座している。古くは大河原と呼ばれ川の流れと農耕に深い繋がりのあるお社だ。外宮北御門から月夜見宮までまっ直ぐにのびる道は「神路通り」と呼ばれ、神様が通うみちとして真ん中を歩くのを避ける習慣がある。JR伊勢市駅より徒歩約10分。

    外宮の北御門口に立つと 信号機の向こうに月夜見宮の森が見えます。天照大神の弟神 月夜見尊が御祭神です。真っ直ぐに神路通りを歩きます。この道は 真ん中は黒い石畳になっています。正中と言って神様が通られる空間なので 真ん中は歩かないようにとの意味なんだとか‥お伊勢さんらしいですね。 右手後ろには高河原神社があります。この辺りの土地開拓の守護神様です。2枚目の写真は ちょうど遷宮直前(3月11日...

  • 朝熊山頂展望台
    旅行/観光
    三重県伊勢市朝熊町字名古
    伊勢志摩スカイラインの道中にある標高500mの朝熊山山頂にある展望スポット。初日の出の名所としても有名な360度に広がる大パノラマには太平洋やスカイラインに並ぶ山々、空気が澄んでいれば富士山も見える。伊勢志摩最高峰にある現役の天空のポストは、恋人の聖地サテライトにも選ばれている。最先端部には足湯が設けられており、旅の疲れをゆったりと癒やしながら絶景を楽しむことができる。
  • おはらい町
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治館町、宇治今在家町、宇治中之切町周辺
    伊勢神宮・内宮の宇治橋前から五十鈴川に沿って続く約800mの石畳の通り。伊勢特有の切妻・入母屋・妻入り様式の店が軒を連ねており、観光客で賑わっている。伊勢銘菓「赤福」が買える赤福本店や土産物店が多くあり、参拝後の散歩にもおすすめ。神宮道場や祭主職舎などの歴史的建造物も立ち並ぶ、お伊勢さんらしい雰囲気を楽しめる通りだ。
  • おかげ座 神話の館
    rating-image
    4.0
    58件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治中之切町52 (おかげ横丁内)
    映像と和紙人形で神話の世界を体験できる「おかげ座 神話の館」は、天照御大神が祀られる伊勢の里らしい施設だ。歴史以前に遡る国生みから天孫降臨までを分かりやすく紹介してくれる。伊勢自動車道「伊勢西IC」から車で約5分。

    おかげ座は伊勢神宮内宮の参道であるおはらい町沿いに造られた、おかげ横丁の中にある施設です。資料館というべきでしょうか、ミニシアターがあって伊勢神話などのアニメーションを上映しています。子供達の勉強に役立ちそうな施設ですね。

  • 岩戸屋 本店
    rating-image
    3.5
    48件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治今在家町58
    伊勢神宮内宮宇治橋前から歩いて30秒。名物岩戸餅や生姜糖などを取り扱っている土産物店。岩戸餅は日本神話にある岩戸神楽のめでたい古事にちなんで作られた伊勢名物。最高級北海道小豆のこし餡と、厳選された餅米ときな粉を使用した柔らかい餅のあっさりとした味わいがお土産などに人気。生姜の汁と砂糖を合わせて煮込み、型に流し込んで作ったお菓子で、生姜味の他、ニッキや抹茶、小豆など様々なバリエーションがある。

    おはらい町にある土産物店併設のレストランです。一階が土産物店です。お店は新しく綺麗で品揃え豊富、デパ地下のようでした。日持ちする岩戸餅とお芋の蒸しようかんをお土産に購入しました。

  • 神宮徴古館農業館
    rating-image
    4.0
    58件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県伊勢市神田久志本町1754-1
    三重県伊勢市神田久志本町にある2つの歴史博物館で、伊勢神宮の内宮と外宮の間に位置する。神宮徴古館は伊勢神宮の歴史と文化、祭事に関する資料を主に展示しており、収蔵品数は国の重要文化財11点を含め約130000点にのぼる。社殿建築の模型や御神宝類は必見。神宮農業館は、「自然の産物がいかに役立つか」をテーマにした日本最古の産業博物館。明治時代の内国勧業博覧会への出品資料や神に供える神饌、植物模型などを収蔵・展示している。

    ツアーで行きました。先に外宮、内宮を見学、ガイドさんにいろいろ話を聞いていたので興味深く見られました。宮司の衣装や神具、行事、特別展示の「大嘗祭」では大正、昭和の大嘗祭の様子が絵巻物や写真で見られ良かったです。写真は館内の休憩所部分のみ可でした。徴古館の閲覧券でお隣の農業館も見学出来ます。

  • 風日祈宮
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市伊勢市宇治館町1 内宮域内
    伊勢神宮内宮の別宮のひとつで、風雨を司る「級長津彦命」、「級長戸辺命」をお祀りしている。もとは「風神社」と呼ばれていたが、鎌倉時代の蒙古襲来の際に、神風を呼び蒙古軍を撃退したため、その霊験に応えるべく「風日祈宮」へと昇格した。参道から風日祈宮へ向かう途中に川が流れており、川に渡された橋からの眺めが美しいとして、参拝者に人気。

    内宮で一番の奥地にあるのがこの風日折宮。正宮に行く道の途中で分岐している小さな道を案内に従って進んでいくと、五十鈴川を渡る橋があり、その先に社殿が現れます。ここまで来る人は少なく、パワーを感じる静かな場所でした。

  • 松尾観音寺
    rating-image
    4.0
    13件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市楠部町156-6
    日本最古と伝えられる厄除け観音寺。もともと龍の住まう場所に寺を建てたという伝説があり、その他にも数々の龍神伝説が残っている。なかでも有名な話として、600年前に本堂が火災にあった際に池から雌雄一対の龍神が現れ、観音様を守ったという伝説がある。10年ほど前に、床板の張替えを行ったところ、偶然床板に龍の姿が浮かび上がり、撫でるとご利益を受けられる「なで龍」がパワースポットとして有名になった。

    住職でもないボランティアの女性の上から目線の長々としたどうでもいいような話、いい加減に嫌になりましたねぇ・・・添乗員のミスでありバス出発時刻を告げて、もっとメリハリのある短い話にさせるべき。特に特定企業の名を出してどうこう・・・ほめるのは本人の勝手だが、裏の顔まで分かっている当方にとっては笑い話にもならない。具体的名称は出すべきではない、白けてしまうから・・・。ここは日本最古の厄除観音らしい...

  • 月読宮
    旅行/観光
    三重県伊勢市中村町742-1
    月の満ち欠けを教え、暦を司る神「月読尊」がご祭神の月読宮は、内宮の別宮にある。伊弉諾尊、伊弉冉尊が天照大御神をお生みになられた後、つづいて月読尊をお生みになられたという二柱の御親神のうちの一柱だ。夜之食国(夜の世界)を治めるように委任されたのが月読尊と言われている。近鉄鳥羽線「五十鈴川駅」より徒歩約10分。
  • マコンデ美術館
    rating-image
    4.0
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県伊勢市二見町松下1799-4
    三重県伊勢市二見町にある美術館で、東アフリカのタンザニアとモザンビークの国境地帯に住むマコンデ族の美術品を中心に収集・展示している。館内では、館長が長年収集してきた作品を随時入替えながら公開。マコンデ族の作品は黒檀製が多数を占め、生命感にあふれた彫刻が魅力である。その他、ティンガ・ティンガのペイント画や民族楽器、生活用具なども展示。

    いろいろな施設の入場券と切符がセットになっている近鉄のチケットで鳥羽に行ったときに立ち寄ってみました。鳥羽駅からのバスの本数が少ないので、公共交通機関利用者にとっては、ついでにちょっと立ち寄るというのはなかなか難しいと思います。私が行ったときには混雑しておらずゆっくりと見ることができました。施設そのものはおすすめできます。

  • 二見浦
    旅行/観光
    三重県伊勢市二見町江
    三重県伊勢市はJR二見浦駅下車徒歩15分のところにある歌川広重が浮世絵にも描いた名所。夫婦岩こと二見興玉神社が有名で、猿田彦大神を祀り開運や家内安全などにご利益があるといわれている。大小の岩が鳥居の代わりを担っており、二つ並ぶ姿から夫婦岩と呼ばれ、夫婦円満や良縁成就を願われることが多い。5月から7月にかけて日の出も見え、風物詩となっている。近くには二見浦海水浴場やシーパラダイスといった施設がある。

三重の主要エリア

around-area-map

海と山に囲まれて自然に恵まれている三重県は、伊勢神宮や熊野古道、ナガシマスパーランドなど観光が産業として成り立っている県です。名古屋や大阪を経由すれば、新幹線、電車、バス、フェリーなどを使って簡単にアクセスができます。 伊勢神宮で有名な三重件ですが、ほかにも鈴鹿サーキットやナガシマスパーランドなどアミューズメント施設があり、伊賀・名張は忍者体験や名水スポットで訪日外国人からも人気のある場所です。伊勢・志摩・鳥羽エリアには伊勢神宮や鳥羽水族館など観光スポットが多く、足を伸ばせば熊野古道や鬼ヶ城など自然景観が美しい熊野・東紀州エリアにも日帰りで行き来できます。 伊勢エビや的矢かき、あのりふぐ、伊賀牛など贅沢グルメから伊勢うどんやとんてき、めはり寿司などの親しみやすい味まで楽しめるのも三重県ならではです。

三重の写真集

目的から探す