鳥羽

TOBA

海女文化が息づき、海の恵みと数々のレジャーを満喫できるエリア

志摩半島の北東端、伊勢湾と太平洋を分ける位置にあり、豊かな自然に恵まれた鳥羽エリア。温暖な気候で、美しいリアス海岸が広がっていることから、その全域が伊勢志摩国立公園に指定されている。世界で初めて養殖真珠を育んだ美しい海に恵まれ、古くからの海女文化が色濃く残るのが特徴だ。真珠を学べる「ミキモト真珠島」や、海と人がテーマの「鳥羽市立 海の博物館」といった観光施設をはじめ、海女の魅力に触れる「海女小屋 相差かまど」で新鮮な海産物を味わったり、海岸沿いをドライブすれば鳥羽ならではの絶景にも出合える。日本一の飼育種類数を誇る大スケールの「鳥羽水族館」は、このエリアの象徴的なスポットともいえるだろう。また「神明神社」をはじめ、海女たちや地元の人々から親しまれてきた神社やパワースポットが点在し、さまざまな歴史や文化に触れられる。足を延ばして船で離島を訪れ、のんびりした漁村風景や独自の暮らしぶりを感じるのもおもしろい。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    鳥羽水族館
    日本で唯一ジュゴンに会える海辺の巨大アクアリウム
    鳥羽エリアを代表する観光スポットで、約1200種という日本一の飼育種類数を誇る大スケールの水族館。日本で唯一飼育しているジュゴンや、ユニークなパフォーマンスなど、見どころ満載だ。
    ライブ感満点のアシカショーは、スタッフとの息もぴったり
  • spot 02
    ミキモト真珠島
    真珠養殖発祥の島でパールの魅力に触れる
    「ミキモト真珠島」は、かつて御木本幸吉(みきもとこうきち)が真珠の養殖に成功した小さな島。博物館には真珠を使ったジュエリーのコレクションが展示されており、真珠の養殖の仕組みや、その歴史についても学ぶことができる。ほかにも海女の潜水実演見学や、パワースポット探しなど、お楽しみが盛りだくさんのスポットだ。
    鳥羽駅のほど近くに浮かぶ小島。パールブリッジを歩いて渡れば到着
  • spot 03
    鳥羽市立 海の博物館
    海女や漁村文化を伝える「海と人間」のミュージアム
    海とともに生きる人々の暮らしや知恵を伝えていくために造られた、「海と人間」がテーマの博物館。海女、漁、海の祭りなどを紹介する2つの展示棟、木造船を見られる船の棟、体験学習館が点在し、建築賞を受賞している建物も見ものだ。
    約6万点の所蔵資料のうち、6879点が国指定重要有形民俗文化財となっている
  • spot 04
    パールロード
    雄大な海景色のなかを走る、鳥羽を代表するドライブウェイ
    鳥羽と志摩を結び、リアス海岸と山並みを縫うように進む美しいドライブウェイ。大海原を見晴らせる展望台に上ったり、絶景自慢のカフェレストランで海の幸を楽しんだり、魅力あふれるシーサイドドライブを満喫しよう。
    海沿いを走るパールロードからは絶景が堪能できる。爽やかな海風が心地良い
  • spot 05
    鳥羽展望台 食国蔵王
    太平洋が続く絶景を眺めながら、海の幸を楽しめるドライブスポット
    鳥羽と志摩を結ぶ海岸沿いを走るドライブウェイ「パールロード」の中間点、箱田山に建つ「鳥羽展望台 食国蔵王」。雄大な太平洋を一望できる展望台をはじめ、眺望が自慢のカフェレストランや、伊勢志摩土産がずらりとそろう売店も併設。シーサイドドライブの途中で立ち寄るのにぴったりのスポットだ。
    展望台から眺められる真っ青な太平洋は圧巻だ
  • spot 06
    神明神社
    女性の願いを叶えるパワースポットで相差の地に続く海女文化の歴史を感じる
    鳥羽市相差町(おうさつちょう)は古くから伊勢えびやアワビ漁で栄えた、海女漁師の町。この地域の氏神にあたるのが「神明神社」だ。ここに祀られた「石神社(石神さん)」が、女性の願いを叶えてくれるパワースポットとして人気を集めている。
    女性芸能人やスポーツ選手なども数多く訪れている
  • spot 07
    海女小屋 相差かまど
    海女との会話を楽しみながら鳥羽の新鮮な海の幸を堪能
    鳥羽市相差町(おうさつちょう)の浜辺には「かまど」と呼ばれる小屋がある。海女たちが暖を取るために中央にかまどが設けられ、着替えや昼食、休憩などで利用する場所だ。この「海女小屋 相差かまど」では、食事やおやつを味わいながら現役の海女たちと触れ合い、磯着の試着体験などを楽しむことができる。小屋は漁港近くの「前の浜」(定員40名)と、浜の先にある「おぜごさん」(定員12名)の2か所。どちらも海女漁で使う漁具が展示され、その仕事の世界を肌で感じられるようになっている。ランチタイムには新鮮なサザエや大アサリなどを、採ってきた海女が炭焼きにして提供。ティータイムには餅や焼き貝などをおやつに、海女との語らいのひとときを過ごすことができる。厳しい海の仕事に臨む裏返しなのか、海女たちは底抜けに明るく、笑顔が素敵な人が多いという。「何が採れるの?」「いつ潜るの?」といった、たわいない会話を通してたくさんの元気をもらえるはずだ。
    新鮮な魚介の浜焼きを海女さんがベストな焼き加減で提供してくれる
  • spot 08
    神島
    島独特の自然と情緒があふれる、小説『潮騒』の舞台
    三島由紀夫の小説『潮騒』の舞台として知られ、独自の文化や自然が根付いた島。島内には『潮騒』に登場するスポットや、カルスト地形など見どころが盛りだくさん。のんびりと散策をしながら離島を満喫しよう。
    白いカルスト地形と海の青さが生み出す独特の景観
  • spot 09
    答志島
    三重県最大の規模を誇る「御食国(みけつくに)」の島
    皇室や朝廷に海産物などを献上する「御食国」とされてきた伊勢志摩。その代表的な役割を果たしたのが鳥羽港沖に浮かぶ答志島だ。伊勢湾に浮かぶ島のなかでいちばん大きく、独特の島文化が息づく。島内では新鮮な魚介類を楽しめることはもちろん、多彩な観光スポットや企画で多くの人を魅了している。
    出航して約20分で答志島へ。気軽に船旅を楽しめるのも魅力のひとつ
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    主要スポットである「鳥羽水族館」の周辺には見どころが多い。JR/近鉄・鳥羽駅からアクセスし、水族館へは徒歩10分で到着。「ミキモト真珠島」へはパールブリッジを渡って徒歩で向かうことができるので、合わせて立ち寄ろう。

  2. その2

    「パールロード」の起点となる「麻生の浦大橋」へは、伊勢二見鳥羽ライン・鳥羽ICから約10km、車で18分ほど。電車で鳥羽駅までアクセスし、レンタカーでドライブを楽しむ方法もおすすめだ。

  3. その3

    離島へはJR/近鉄・鳥羽駅から徒歩7分の「鳥羽マリンターミナル」から市営定期船に乗って向かう。神島へは30-40分、答志島へは12-35分。鳥羽駅から定期船で答志島、神島、菅島、坂手島を定期船で行き来できる4日間有効の周遊券もぜひ利用しよう。

  4. その4

    JR/近鉄・鳥羽駅では手荷物配送サービスを利用できる。全国への荷物配送のほか、伊勢・鳥羽・志摩へのホテルへの配送が可能。また、預けた荷物を伊勢市駅手荷物預かり所や宇治山田駅手荷物カウンターで受け取れるなどのサービスもそろい、便利だ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

三重のその他のエリア

+ -
back
open

鳥羽エリア