NAVITIME Travel

三重の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 伊勢神宮外宮
    旅行/観光
    三重県伊勢市豊川町279
    天照大御神の食事を司る豊受大御神を祭神とする伊勢神宮外宮の正宮。正式名称は「豊受大神宮」。衣食住をはじめあらゆる産業の守護神として崇められている。白砂利が敷き詰められた境内には正宮のほか、平清盛ゆかりの清盛楠や花菖蒲が咲く勾玉池、神馬がいる御厩、3つの別宮などがある。内宮より先に参拝するのが慣わしである。最寄駅は「伊勢市駅」など。
  • 宇治橋
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治館町
    伊勢市にある伊勢神宮の内宮(皇大神宮)の入口にあたる橋で、五十鈴川に架けられている。日本百名橋の一つに選ばれており、内宮のシンボルとして人気の記念撮影スポット。橋の両側には鳥居があり、外側は外宮正殿の棟持柱から、内側は内宮正殿の棟持柱から式年遷宮にあわせて造られる。外された鳥居は桑名市の七里の渡しと亀山市の関の東の追分に移築される。冬至の前後数日に限り鳥居の正面から朝日が上るため、その期間は早朝から多くの人で賑う。
  • 五十鈴川 御手洗場
    旅行/観光
    三重県伊勢市宇治館町
    伊勢市にある伊勢神宮の内宮(皇大神宮)の境内にあり、参拝前に心身を清めるための場である。五十鈴川のほとりに造られた石畳の御手洗場で、徳川綱吉の生母・桂昌院が寄進したと言われている。手水舎と同じく、五十鈴川の清らかな流れで手をすすぎ、お清めができる。
  • 芭蕉翁生家
    rating-image
    3.5
    20件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊賀市上野赤坂町304
    松尾芭蕉が29歳までの時を過ごした生家である。この家で自分の臍の緒を見つけた際に詠んだ「旧里や 臍のをに泣としのくれ」という句碑が残っている。奥庭にある釣月軒は、処女句集「貝おほひ」が執筆された場所。旅に出てからも幾度か帰郷していた芭蕉の暮らしぶりが伺える場所となっている。

    上野公園からの帰りに寄りました。駐車場があるのかないのかわからなかったので国道の路肩に停めて急いで外観だけ見てきました。当時の芭蕉が旅支度をして家から出てくる光景が思い浮かびました。

  • 芭蕉翁記念館
    rating-image
    3.0
    12件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊賀市上野丸之内117-13
    伊賀市の上野公園内にある、俳聖・松尾芭蕉に関する記念館。神部滿之助氏の寄付により昭和34年(1959)に開業した。館内には、芭蕉直筆の「たび人と我名よばれむ初しぐれ」の色紙や遺言状のほか、連歌俳諧についての資料などを保管・展示。芭蕉が旅した5つのルートがわかる電光掲示板も置かれている。企画展は年に4回開催。

    上野公園に入ってすぐのところにある記念館です。 松尾芭蕉の生まれた土地との事です。 記念館の前には池や置物があり、和の雰囲気で趣があります。 こじんまりとして大きな記念館ではないですが、ゆっくりと見る事ができました。

  • 史跡旧崇広堂
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊賀市上野丸之内78-1
    文政4年(1821)、伊賀、大和、山城の領地に住む藩士の子弟達を教育するために作られた藩校である。津の藩校・有造館の支校として建てられた。72枚の畳がしかれている創建当時の姿を残す講堂や展示館では、藩士達の学びの精神を垣間見られる。

    庭にあるはなれ 有恒寮から撮影しましたー 美しく風格ある建物です。 72畳の畳の部屋は圧巻ですね! 伊賀を代表する国の史跡ですー

  • 賓日館
    rating-image
    4.5
    43件の口コミ
    旅行/観光
    三重県伊勢市二見町茶屋566-2
    明治20年(1887)、伊勢神宮を参拝する賓客が休憩、宿泊するために建てられた「賓日館」。明治天皇の母・英照皇太后や大正天皇といった歴代諸皇族、各界の要人が数多く宿泊している。天井にシャンデリアのかかる120畳もの大広間や、輪島塗で装飾された床の間がある御殿の間、回遊式庭園など、品格ある日本の伝統建築を見ることができる、国指定の重要文化財だ。

    何気なく立ち寄りましたが、明治に皇族が宿泊するために建てられた建物・庭は細かな配慮がされた、一見の価値のあるもの。 近くの夫婦岩用有料駐車場に停めるなら、是非こちらを見学して駐車場に置かしてもらったらよろしいかと思いました。

  • 亀山城跡
    旅行/観光
    三重県亀山市本丸町575-2(旧亀山城多門櫓)
    三重県亀山市、天正18年(1590)に岡本宗憲によって築城された。18世紀後半ごろに武器庫として建てられた「多門櫓」は、明治期には士族授産の木綿段通 の工場として使用され、昭和28年(1953)には県内で唯一現存する城郭建造物として県史跡に指定された。春の桜や冬の積雪風景など四季折々の景色を楽しむことができる。
  • 熊野市紀和鉱山資料館
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    三重県熊野市紀和町板屋110-1
    熊野市紀和町板屋の国道311号線沿いにある資料館。奈良時代から銅などの採掘が行われ、昭和53年(1978)の閉山まで主要産業として地域を支えた鉱業の歴史に関する展示を行っている。実物のトロッコや採掘道具、竪坑を再現したエレベーターなどを見学できる。

    続日本100名城、赤木城スタンプ設置場所。よくある田舎町の民族資料館のようなものかと思っていたが、大きく予想を覆された。赤木城の資料は続日本100名城指定を受けた急拵えだが、その模型・ジオラマのクオリティはかなり高い。こちらへお邪魔する前に赤木城に寄ってきたが、その再現性はかなりのもの。先ほど歩いた城を思い出しながら感心しきりだった。鉱山関連の展示資料も模型やジオラマを中心に分かりやすく面白い展示...

  • 桑名市博物館
    rating-image
    3.5
    17件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県桑名市京町37-1
    桑名市の歴史などを学べる博物館で、「桑名藩」の歴史資料や「萬古焼」の収蔵品などを展示している。また絵画や版画、桑名ゆかりの刀剣「村正」など、年数回にわたり「特別企画展」を実施している。「ふるさと納税」の返礼品の1つである「刀剣の取り扱い体験」は人気を集めている。

    「刀剣日和」-村正とその仲間たち-を見に行きました。入場無料。入口横1か所のみ撮影可能。2階では「桑名の千羽鶴」も撮影可能。この鶴は体験で折ることが出来ます(紙代300円)。心が折れることはなさそう。

  • 輪中の郷
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県桑名市長島町西川1093
    長島町と輪中の歴史や文化、産業などを学べる複合施設。館内には「歴史民俗資料館」があるアミュージアムエリアと、「産業体験館」があるアクティブエリアにわかれており、さまざまな展示をおこなっている。また、館外の「輪中観察園」では、一年中体験農園を実施しており、収穫体験が人気となっている。

    木曽川河畔にある当施設は入館料大人460円とありますが、たまたま訪れた4/14は三重県民の日行事で無料開放日となっておりラッキーでした。長島一向一揆のブースでは解説映像で完結に説明してもらえます。伊勢湾台風のブースや昔の輪中の地形や庶民の生活の様子など実に沢山の資料が展示されており、全国の資料館の中でも規模はかなり大きいものです。一見の価値はあります。ただ、ナレーションの音が相互に干渉して聞き取れ...

  • 伊勢山上 飯福田寺
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    三重県松阪市飯福田町273
    「伊勢山上」と呼び親しまれている寺院で、明治時代以前は修験者の修行場であった。現在は一般開放されており、入山手続きを行えば険しい山道を登り、飯福田寺へ行くことができる。境内にある薬師堂は「薬師如来」を本尊として祀っており、籠り堂では「阿弥陀如来」を祀っている。護摩焚きを行う開山式や閉山式のほか、季節のコンサートなどのさまざまな行事も行われている。

    伊勢山の行場を守るお寺。 行場はとても危険で、すぐ横が断崖絶壁の岩を登って降りる場所が何ヶ所もあります。 初めの「油こぼし」以外は迂回路があるので高所恐怖症の人でもなんとか回れます。住職オススメの「小尻返し」では1.5m程度の岩を登ると素晴らしい景色を見ることができます。ここも片側が断崖絶壁なのでヘタレな私はちょっと登ってすぐに降りてしまったのですが。 この表行場は2時間程度でまわれました。 裏行...

  • 彦瀧大明神
    旅行/観光
    三重県鳥羽市河内町
    御神体は白蛇で鳥羽三女神の1つに数えられている。「彦瀧さん」の愛称を持つ。参道の脇には綺麗な川が流れ、神社へと続いている。鳥居をくぐると清流の上流があり、川原越しに立派な注連縄が張られている。女性特有の病の治癒や安産などのご利益を得られると信仰を集めている。
  • 瀧原宮
    旅行/観光
    三重県度会郡大紀町滝原872
    古くから「大御神の遙宮」と呼ばれるほど格式高い皇大神宮(内宮)の別宮。他の別宮と異なる点は瀧原並宮との並立や御船倉を有するところなど多々ある。御神域には樹齢数百年を超える大杉が立ち並ぶ。その様子からは神聖さと荘厳さを感じる。参拝の際は瀧原宮から瀧原並宮の順番が一般的とされている。
  • 伊雑宮
    旅行/観光
    三重県志摩市磯部町上之郷374
    古くから「遙宮」として崇敬を集め地元の人々によって海の幸、山の幸の豊饒が祈られてきた「伊雑宮」は、天照大御神の御魂をお祀りしている。毎年6月に行われる御田植式は「磯部の御神田(おみた)」の名で国の重要無形民俗文化財に指定され、日本三大田植祭の一つになっている。近鉄志摩線「上之郷駅」より徒歩約3分。
  • 志摩国 一之宮 伊射波神社
    旅行/観光
    三重県鳥羽市安楽島町1020\※御朱印は宮司宅 安楽町675-2
    平安時代の「延喜式」神名帳にも大社として登載され、加布良古大明神、志摩大明神とも称される伊射波神社は、志摩の国一之宮として全国から多くの参拝者が訪れる。鳥羽三女神のひとつとして良縁をもたらすとされる。
  • 伊勢現代美術館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県度会郡南伊勢町五ケ所浦湾場102-8
    伊勢志摩国立公園内、五ヶ所湾を望む美術館。美しい自然と共にアート鑑賞を楽しめる。本館には展示室のほか、オーシャンビューのガーデン&カフェ、ミュージアムショップを併設。また、森を背景に彫刻作品の並ぶ、別館の庭園も見どころだ。 日常を離れ静かな時を過ごしたい。

    上品でとっても良い雰囲気の美術館です。 天気の良い日は是非お茶も。 オーシャンフロントの美術館です。 道中一部狭い道かあり、現在拡幅中です。

  • 海女の家 五左屋
    rating-image
    5.0
    3件の口コミ
    旅行/観光
    三重県鳥羽市相差町神明神社参道1406
    海女さんや海をテーマにした本・絵本・写真集などを集めた「海の図書館」。海女さん達とのお喋りやところてん作り等を楽しめる「海女の語り部屋」がある休憩所とショップがある「海女の家 五左屋」は、古民家を改装したショップ&休憩所となっている。ショップには海をテーマにした商品や鳥羽の恵みが詰まった商品、京都の香老舗「松栄堂」とコラボしたお香等がある。

    相差へ、行くと必ず立ち寄るのがこちらのカフェです。きな粉をまぶしたところてんが絶品です。天草からちゃんと炊いて作るそうですが、是非、食べてみてもらいたい美味しいところてんです。

  • おかげ座 神話の館
    rating-image
    4.0
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    三重県伊勢市宇治中之切町52 (おかげ横丁内)
    映像と和紙人形で神話の世界を体験できる「おかげ座 神話の館」は、天照御大神が祀られる伊勢の里らしい施設だ。歴史以前に遡る国生みから天孫降臨までを分かりやすく紹介してくれる。伊勢自動車道「伊勢西IC」から車で約5分。

    散策に疲れたら一休みにちょうどいいです。 アニメと解説の内容は人によっては「知ってるよ」という内容かもしれませんが、伊勢を訪れた機会にもう一度ゆっくり見てみるのもいいと思います。 見終わった後外に出ようとすると、入口と出口が別の場所で一瞬迷子になります。

  • 御城番屋敷
    旅行/観光
    三重県松阪市殿町1385
    江戸時代末に松阪城の警護にあった40石取りの紀州範士20名とその家族が住んでいた武家屋敷が「御城番屋敷」だ。全国でも珍しい組屋敷で現在も人々の暮らしが営まれている組屋敷遺構で、西棟北端の一軒は内部公開もされている。JR松阪駅から徒歩約15分。

三重の主要エリア

around-area-map

海と山に囲まれて自然に恵まれている三重県は、伊勢神宮や熊野古道、ナガシマスパーランドなど観光が産業として成り立っている県です。名古屋や大阪を経由すれば、新幹線、電車、バス、フェリーなどを使って簡単にアクセスができます。 伊勢神宮で有名な三重件ですが、ほかにも鈴鹿サーキットやナガシマスパーランドなどアミューズメント施設があり、伊賀・名張は忍者体験や名水スポットで訪日外国人からも人気のある場所です。伊勢・志摩・鳥羽エリアには伊勢神宮や鳥羽水族館など観光スポットが多く、足を伸ばせば熊野古道や鬼ヶ城など自然景観が美しい熊野・東紀州エリアにも日帰りで行き来できます。 伊勢エビや的矢かき、あのりふぐ、伊賀牛など贅沢グルメから伊勢うどんやとんてき、めはり寿司などの親しみやすい味まで楽しめるのも三重県ならではです。

三重の写真集

目的から探す