名古屋駅

NAGOYA STATION

最新商業ビルと歴史スポットが混在日進月歩を遂げる名古屋の玄関口

地下鉄やJR、近鉄、名鉄、あおなみ線が乗り入れ、高速バスのターミナルもある名古屋駅。名古屋の玄関口として、駅ビルや周辺の観光スポットも発展を続けている。1887年(明治20)、「名護屋駅」という名前で駅が誕生し、1999年(平成11)には駅ビルの「JRセントラルタワーズ」が完成。交通機関としての利用だけではなく、観光や買い物に訪れる客も増加し、多くの人々が行き交うようになった。2027年(令和9)にはリニア中央新幹線が開通予定で、ますます賑わいを見せるエリアだ。太閤通口には「大名古屋ビルヂング」や「ミッドランドスクエア」などの高層複合施設が立ち並び、施設内には多様なショップやグルメスポットが充実。また名古屋駅から北へ足を延ばせば、産業遺産を利用してものづくりの歴史と重要性を伝える「トヨタ産業技術記念館」や「ノリタケの森」がある。さらに西には、江戸時代の風情を今に残す四間道(しけみち)や昔懐かしい円頓寺商店街が広がり、ぶらりと散策が楽しめる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    ミッドランドスクエア スカイプロムナード
    国内随一の高さを誇る展望施設で絶景を満喫
    地上47階、高さ247mの「オフィス棟」と、地上6階、地下6階、高さ50mの「商業棟」からなる「ミッドランドスクエア」。オフィス棟の44~46階にある「スカイプロムナード」は、開放的なオープンエアの空間を回遊しながら大パノラマを楽しめる絶景スポットとして知られる。
    ヒートアイランド対策や耐震など、環境保全と安全に配慮したビル
  • spot 02
    大名古屋ビルヂング
    半世紀以上地元で愛される複合ビルヂング
    名古屋駅前のランドマークとして半世紀もの歴史を誇る旧大名古屋ビルヂング。2016年(平成28)、地上34階建ての複合施設にリニューアルした。地下1階から3階、5階の「商業ゾーン」には、ハイセンスなインテリアや衣類などのショップをはじめ、全国や地元で人気のグルメ店が集結。「D・N・A」(大・名古屋ビルヂング・アドヴァンス)をコンセプトに、旧大名古屋ビルヂングのDNAを継承しつつも、名古屋駅前の新たな顔として「楽しさ」や「非日常性」を創造することを目指している。
    壁面の「大名古屋ビルヂング」のロゴデザインは、旧ビルと変わらない
  • spot 03
    ノリタケの森
    世界的洋食器ブランド「ノリタケ」の世界を体感
    1904年(明治37)に誕生して以来、世界的な洋食器ブランドとして名を馳せる「ノリタケ」。創業当時に使われていた工場の跡地に造られた「ノリタケの森」では、ブランドの歴史をはじめ、歴史的に価値の高いノリタケ作品を展示している。オリジナルの皿やマグカップ作りの体験が楽しめるコーナーなどがあり、ノリタケの世界観を存分に体感できるスポットだ。
    噴水広場の奥には、1904年(明治37)の創業時に造られた赤レンガ工場が見える
  • spot 04
    トヨタ産業技術記念館
    トヨタグループの研究と創造の精神を今に伝える施設
    トヨタグループの共同事業として、1994年(平成6)に開館した「トヨタ産業技術記念館」。約1万4000㎡もの広大な展示場では、近代日本の産業発展を支えた繊維織機と、未来に向けて躍進し続ける自動車産業や、その技術変遷について紹介している。「トヨタの研究と創造の精神」や「モノづくり」に対する思いを体感できる施設だ。
    豊田佐吉が従業員と寝食をともにしながら研究を重ねた、工場の跡地にある
  • spot 05
    名古屋市秀吉清正記念館
    名古屋で生まれた名武将の足跡を訪ねる
    数々の武将を輩出した「尾張名古屋」のなかでも、中村区に生まれた2人の武将にスポットを当てた「名古屋市秀吉清正記念館」。天下を取った戦国の名将である豊臣秀吉と、秀吉に仕えて数々の合戦で活躍した加藤清正に関する資料が展示され、歴史ファンならずとも見ごたえのある博物館だ。
    中村公園内にある歴史博物館
  • spot 06
    四間道の町並み
    都会の一角に広がるレトロな町並みをそぞろ歩き
    名古屋駅と丸の内エリアに挟まれるようにして広がる「四間道」の街並み。ビジネス街とは一線を画し、白壁の土蔵や黒板貼りの民家が立ち並ぶ通りは、まるで江戸時代へタイムスリップしたかのようなレトロな雰囲気だ。古民家を使った風情あふれるショップや隠れ家のような喫茶店など、立ち寄りスポットも点在。趣ある四間道の町並みで、歴史散策を楽しもう。
    石垣の上に白壁土蔵が連なり、昔懐かしい雰囲気を漂わせる
  • spot 07
    円頓寺商店街
    下町情緒豊かな商店街をぶらりと散策
    "四間道(しけみち)に隣接する円頓寺商店街は、江戸時代の清須越しで生まれた街だ。名古屋城築城の際、資材の運搬用に使われた堀川を利用して多くの人々がここに訪れた。名前の由来にもなっている「長久山圓頓寺」をはじめとした寺社が移転し、門前町として発展したことで商店街が形成されていったという。アーケード街になったのは1964年(昭和39)。現在は新旧約30店が軒を連ねている。アクション歌舞伎ショーを楽しめる""カブキカフェ""や、名古屋扇子などの地元の伝統工芸品を扱うショップ、また名物エビフライを味わえる昔ながらの洋食店など、多彩な店が集結。日常の暮らしに溶け込む商店街でありながらも、週末になると、遠方からこの雰囲気を楽しみに多くの人々が訪れる場所だ。また、毎週土曜に行われる「円頓寺商店街サタデーマーケット」、毎月第1日曜のフリーマーケット「ごえん市」などイベントも多い。街全体で訪れる人を温かくもてなしてくれる円頓寺商店街へ、足を延ばしてみてはいかがだろう。"
    「円頓寺七夕まつり」には毎年10万人、「円頓寺秋のパリ祭」には3万人が訪れる(開催は年により異なる)
  • spot 08
    柳橋中央市場 マルナカ食品センター
    名古屋の台所を支える中央市場で買い物&グルメ三昧
    明治後期に開設されて以来、100年以上親しまれている「柳橋中央市場」。関東や関西などの中央卸売市場から仕入れた商品をはじめ、愛知県内にある近隣の漁港から届く魚介などがそろう。食品関係者だけではなく、一般客も気軽に買えるとあって、毎日多くの人で賑わう市場だ。その中心的な存在である「マルナカ食品センター」は第一ビル、第二ビルからなる総合食品ビルで、早朝から活気にあふれている。
    高層ビルの立ち並ぶ名古屋駅エリアの西側に広がる「柳橋中央市場」
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    名古屋駅エリアへの最寄り駅は、地下鉄東山線・桜通線名古屋駅、JR名古屋駅、名鉄名古屋本線名鉄名古屋駅、近鉄名古屋線近鉄名古屋駅、あおなみ線名古屋駅。

  2. その2

    「大名古屋ビルヂング」「ミッドランドスクエア」「柳橋中央市場 マルナカ食品センター」へは、名古屋駅太閤口からのアクセスが至近。「大名古屋ビルヂング」「ミッドランドスクエア」は地下街からもつながっている。

  3. その3

    「トヨタ産業技術記念館」をじっくり見てまわるなら、一般的に所要時間は2時間程度。「ノリタケの森」への移動には、なごや観光ルートバス「メーグル」が便利だ。通常の入場料よりもお得な「ノリタケの森」との共通入場券もあるため活用しよう。

  4. その4

    四間道の町並みには、蔵や古民家を改装したカフェやレストランも点在。ランチにぴったりなので、歴史を感じながらまったりと散策してお腹を満たし、隣接する円頓寺商店街へと足を運ぼう。

  5. その5

    名古屋駅エリアは駐車場が点在するが、いずれも利用者が多く満車の場合も多いので、なるべく公共交通機関を利用するのがおすすめだ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

愛知のその他のエリア

+ -
back
open

名古屋駅エリア