NAVITIME Travel

静岡のその他の名所スポット一覧

  • 堂ヶ島
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡西伊豆町仁科
    賀茂郡西伊豆町にある景勝地。「象島」「中ノ島」「高島」の3つの島からなる「三四郎島」や、天然記念物である「天窓洞」を始めとする観光スポットが存在する。年間を通して遊覧船による観光クルージングが出ており、青の洞くつとも呼ばれる「天窓洞」(凝灰岩でできている海触洞くつ)の天窓を中から見上げることができたり、干潮時には一番伊豆半島に近い象島(伝兵衛島)と陸続きとなる「トンボロ現象」などを見ることができる。「伊豆の三四郎」と「小雪」の悲恋伝説が残る地としても有名。
  • JA太陽みかんワイナリー
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡東伊豆町稲取3348-13
    みかんワインの工場。無料で試飲もできる。見学は要予約。
  • 竹林の小径
    旅行/観光
    静岡県伊豆市修善寺3463-1
    伊豆修善寺温泉街の中央を流れる桂川沿いに、平成6年(1994)から約3年の時をかけ整備された遊歩道である。石畳の道に茶処や火の見櫓など、日本の原風景を味わえる竹林の中央には大きな竹製のベンチがあり、川のせせらぎや頬を撫でる風を楽しめる。時期によってはライトアップが行われており、より幻想的な雰囲気が醸し出される、修善寺の人気観光スポットの一つだ。
  • 石部の棚田
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡松崎町石部
    賀茂郡松崎町石部にある棚田。駿河湾に面した標高120mから250mの斜面に約370枚の石積みの棚田が広がっている。かつて耕作放棄されたものを再生し、現在ではプロの指導の元で農作業体験もできる「棚田オーナー制度」などを導入している。棚田と駿河湾、晴天時には富士山なども望める景勝地ともなっており、ライトアップイベントなども行われる。
  • 旧天城トンネル
    旅行/観光
    静岡県伊豆市湯ケ島
    静岡県伊豆市湯ヶ島にある日本初・現存する国内最長の石造道路トンネルで、全長は445.5m。川端康成の小説「伊豆の踊子」や松本清張の小説「天城越え」にも登場する有名なトンネルであり、明治38年(1905)の完成から昭和45年(1970)に「新天城トンネル」が完成するまで、地元の人々の生活を支えてきた。周囲は原生林に囲まれ、苔むしたトンネルの内部は夏場でもひんやりと涼しい。日中は観光客が多く訪れる。
  • 北川ムーンロード
    旅行/観光
    静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本
    静岡県賀茂郡東伊豆町の北川温泉は、水平線から昇る満月と、月が海面を照らしてできる月光の道「ムーンロード」が名物。ムーンロードは満月の日と前後の数日間しか見られない幻想的な光景で、海沿いの遊歩道のどこからでも鑑賞できる。輝くムーンロードに祈れば願いが叶うと伝えられており、パワースポットとしても人気。日本百名月にも認定されている。
  • 小沢の湯
    旅行/観光
    静岡県熱海市銀座町
    静岡県熱海市の「熱海七湯」といわれる源泉のうちのひとつで、岩の間から噴き出す蒸気を利用して温泉卵が作れるスポット。蒸気の噴出口に置かれたザルに卵を入れ、木蓋をして待つだけでホクホクの温泉卵が完成する。天候により蒸し時間は変わり、半熟はおおむね6-8分ほど、固ゆでは10分ほどが目安。生卵は持参するか、向かいの「天神酒店」でも購入できる。卵の出し入れは火傷に注意。
  • 走り湯
    旅行/観光
    静岡県熱海市伊豆山604-10
    熱海市伊豆山にある源泉。日本でも数少ない横穴式源泉で、現在の呼称は湧き出た湯が海に向かって走り落ちる様に由来する。約1,300年前に発見され、明治以前までは伊豆山神社の神湯として信仰されるなど歴史が深く、日本三大古泉にも数えられている。現在でも1日に7,000トンもの湯が湧き出ている。
  • 龍宮窟
    旅行/観光
    静岡県下田市田牛
    直径約50mの天窓が神秘的な「龍宮窟」は、波の力で地表の弱い部分が削られてできた海の洞窟で、道路沿いの入口から洞窟を通って天窓の下に立つこともできる。見下ろすとちょうどハートの形に見えることからカップルを中心に人気の場所となった。
  • 城ケ崎ブルース歌碑
    旅行/観光
    静岡県伊東市富戸842-242
    約9kmにわたる雄大な溶岩岩石海岸である「城ケ崎海岸」の、半四郎落しと門脇岬の間の海触洞にかかる、長さ48m・高さ23mの海の吊橋「門脇吊橋」の脇にある、「城ケ崎ブルース歌碑」は、城ケ崎海岸観光のひとつの見どころだ。昭和43年(1968)にリリースされた、ムード歌謡グループ「黒沢明とロス・プリモス」の「城ケ崎ブルース」が大ヒットし、観光客が増加したことから記念として作られた。
  • ベアード・ブルワリーガーデン修善寺
    rating-image
    4.5
    34件の口コミ
    旅行/観光
    静岡県伊豆市大平1052-1
    平成26年(2014)誕生した「ベアード・ブルワリーガーデン修善寺」は、ビール造りや無農薬農業を通じて、ビールと自然との深い関わり合いを再認識 再発見することが目的の施設で、従業員が工場内を案内してくれるブルワリーツアーや様々なイベントが開催されている。また敷地内にキャンプ場もありベアードビールを楽しみながら自然を満喫できる。

    東京の直営店に行ったり、ネットでボトルを買ったりして以前からべアードビールを愛飲していました。伊豆のブルーワリーに行くと見学ができるとのことで、ネットで予約した上で1泊2日で行ってきました。ブルーワリー見学は麦芽を食べさせてくれたり、ホップの匂いをかがせてくれたりして楽しく興味深かったです。見学後併設のバーで2杯ほどいただきましたが、気のせいか東京で飲むより美味しかったです。伊豆に行くときはまた寄...

  • 井川ダム
    旅行/観光
    静岡県静岡市葵区井川
    静岡市葵区にあるダム。日本で最初の「中空重力式コンクリートダム」として知られており、イタリアで盛んに建設されていた同種のダムの図面などを参考にして建築された。建設当時の中部電力の社長が建設に注力したことから、「井川五郎ダム」という愛称がついている。また周辺には水力発電の仕組みやダムの役割を紹介する「井川展示館」もある。
  • 畑薙第一ダム
    旅行/観光
    静岡県静岡市葵区田代
    静岡市葵区にあるダム。珍しい「中空重力式コンクリートダム」で、堤高は同タイプのダムとしては国内で一番高い125m。川の下流にある「畑薙第2ダム」との間で、揚水式発電を行っており、堤内には発電施設、外側には変電施設がある。明石岳や南アルプスへの登山口にもなっており、秋には紅葉を楽しむ観光客で賑わう。
  • 佐久間ダム
    旅行/観光
    静岡県浜松市天竜区佐久間町佐久間2552-2
    浜松市天竜区佐久間町の天竜川沿いにあるダム。国内の一般水力発電所の中でも最大規模の発電量を誇る大ダムで、ダム湖の「佐久間湖」周辺は景観もよく、天竜奥三河国定公園にも含まれる。春には湖畔にソメイヨシノが咲く花見スポットとしても知られるほか、10月下旬の「佐久間ダム竜神まつり」では、竜神の舞の披露や湖上打上げ花火などのイベントが行われる。
  • 秋葉ダム
    旅行/観光
    静岡県浜松市天竜区龍山町戸倉445
    浜松市天竜区龍山町の天竜川沿いにあるダム。上流の佐久間ダムの放流水を調整する目的で建設され、1958年に完成。3ヶ所のダム水路式発電所を併設し、電力供給の役割も果たしている。周辺に植えられた約1,000本もの桜は「秋葉ダム千本桜」とも呼ばれ、桜の名所として春には「秋葉ダムさくらまつり」や「秋葉ダムさくらマラソン」などのイベントも開催している。
  • 中田島砂丘
    旅行/観光
    静岡県浜松市南区中田島町1313
    浜松市南区中田島町の遠州灘海浜公園近くにある砂丘。遠州灘から吹き込む風によって砂上に模様が浮かび上がる「風紋」で知られている。また5月中旬から8月下旬頃には、絶滅危惧種のアカウミガメが上陸する貴重な産卵地のひとつだ。映像制作などの誘致も推進しており、映画などのロケ地としても人気が高い。
  • 船明ダム湖畔
    旅行/観光
    静岡県浜松市天竜区船明
    あばれ天竜といわれる天竜川の最下流にある船明ダムの湖畔沿いに約200本のソメイヨシノが咲き並ぶ。ダムの青々とした水面と緑の芝生に薄ピンクの桜の花びらが舞い散る景色が美しい。
  • お宮の松
    旅行/観光
    静岡県熱海市東海岸町
    尾崎紅葉の小説『金色夜叉』の舞台となり、主人公の間貫一と鴫沢宮が散歩したのが熱海の海岸。熱海サンビーチ沿いに立つお宮の松は、小説ゆかりの地のシンボルといえる。現在の松は2代目で、近くに初代の幹の輪切りと「貫一・お宮の像」がある。
  • 滑沢渓谷
    旅行/観光
    静岡県伊豆市湯ケ島
    井上靖の処女小説『猟銃』の舞台となったところで、湯ケ島温泉から天城峠方面へ約6kmの山あいにある。四季折々に美しい風情が楽しめ、特に紅葉シーズンはすばらしい。また、渓谷沿いには遊歩道があり、途中には井上靖の文学碑が立つ。
  • 牧之原大茶園
    旅行/観光
    静岡県島田市金谷富士見町周辺
    約5000万平方mという広大な大茶園が広がる牧之原台地。明治2年(1869)、旧徳川幕臣が開墾に着手したのが始まり。その2年後からは、大井川の川越制度廃止に伴い職を失った川越人足も入植、近在の農家も参加し、現在では東洋一といわれる大茶園に発展した。はるかに富士山を仰ぐ広大な茶畑は静岡を象徴する景色の一つとなっている。大茶園の一角には、お茶の歴史や文化について学べ、抹茶挽きや茶道、茶摘みなどの体験ができる「ふじのくに茶の都ミュージアム」があり、カフェレストランやミュージアムショップが併設されている。

静岡の主要エリア

around-area-map

富士山や緑茶で有名な静岡県。JR東海道・山陽新幹線を利用したり、車なら新東名高速道路・東名高速道路が使えたりと、アクセスの良い観光地といえます。 静岡県の観光エリアは、主に四つあります。鰻で有名な浜松市がある「西部」、県庁所在地の静岡市がある「中部」、富士山が位置する「東部」、温泉地として有名な「伊豆」エリアです。 浜松・浜名湖エリアには、植物が楽しめる「浜名湖ガーデンパーク」や「はままつフラワーパーク」、中部の寸又峡には美しい湖面が見える「夢の吊橋」があります。 御殿場・富士方面には、日本一の山・富士山はもちろん、一日中ショッピングが楽しめる「御殿場プレミアム・アウトレット」があり観光スポットとしても人気です。 熱海~伊東~伊豆にかけては、海や山、温泉、歴史的な建造物などバラエティ豊かな観光が満喫できます。 ご当地グルメでは、B-1グルメでおなじみの富士宮やきそば・みしまコロッケ、静岡名物の浜松餃子・静岡おでんが人気です。また、生シラスや桜エビなどの海の幸も外せません。

静岡の写真集

目的から探す