郡上・美濃・関の名水スポット一覧

  • 宗祇水
    旅行/観光
    岐阜県郡上市八幡町本町
    郡上八幡インターチェンジから車で約10分。水の町郡上八幡にある湧き水で、別名は白雲水。日本名水百選の第1号に選ばれたことで有名。泉から湧き出す清水は昔から生活用水として、近隣の住民に使用されてきた。また、1471年に連歌の宗匠、飯尾宗祇が京へと戻る際に、美濃国郡上の領主であり宗祇の歌人としての師匠にもあたる東常縁とこの泉のほとりで歌を詠み交わした。それが宗祇水という名の由来となり、毎年8月20日には宗祇水神祭が行なわれるなど、盛んな文化活動の一翼を担っている。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す