NAVITIME Travel

下呂・南飛騨のスポット一覧

  • 御嶽パノラマライン
    旅行/観光
    岐阜県下呂市小坂町落合
    岐阜県道441号、鈴蘭高原へ向かう分岐から濁河温泉までを繋ぐドライブウェイ。山の澄んだ空気と手付かずの大自然が堪能できる。飛騨・美濃紅葉33選に選出された紅葉の名所でもあり、例年10月上旬からの見頃にはカラマツに伝うツタウルシが真っ赤に染まる。春には御嶽山の冠雪と新緑のコントラストが美しいドライブルートだ。途中にある大平展望台からは、御嶽山の噴火により流出した長さ日本一の溶岩流跡を一望することができる。
  • 滝見遊歩道
    遊ぶ/趣味
    岐阜県下呂市小坂町落合
    6mの上段、11mの中断、5mの下段と迫力のある3つの滝からなる「三ツ滝」に向かう遊歩道。県指定天然記念物に選ばれた溶岩の絶壁・巌立を擁する「巌立峡(がんだて公園)」内にあり、公園入り口から約10分、延長600mほどの距離を結んでいる。春の新緑や秋の紅葉など、大自然のマイナスイオンが全身で感じられる道だ。下呂市小坂町は至るところに滝があり、落差5m以上の滝が210箇所以上確認されている。これらの滝をめぐる「小坂の滝めぐり」は、「岐阜の宝もの」第1号にも認定されている。
  • 田の神の足湯
    宿泊/温泉
    岐阜県下呂市森
    兵庫の有馬温泉、群馬の草津温泉と並ぶ「日本三名泉」のひとつ「下呂温泉」が手軽に楽しめる足湯。下呂駅から徒歩約17分、下呂市役所横の公園内というアクセス良好な場所に設置されているため、観光客はもちろん地元の人々も多く利用している。「田の神」は地元の森八幡神社の例祭「田の神まつり」にちなんで命名されたもの。足湯の前には御嶽の石と地元の小川石で作った噴泉塔があり、手湯も楽しむことができる。
  • 湯のまち雨情公園
    遊ぶ/趣味
    岐阜県下呂市森
    「日本三名泉」のひとつ、下呂温泉街からほど近い阿多野谷上流に広がる公園。昭和初期、歌謡詩人の野口雨情がこの地を来遊した際に作った「下呂小唄」にちなんでその名がつけられた。園内中央に流れる阿多野谷は、下呂の山麓から流れ出る清流。川沿いには遊歩道が整備されており、川のせせらぎや小鳥のさえずりを聞きながら浴後の散歩を楽しむ人の姿も見られる。夏には水遊びを楽しむこともできるため、温泉街の賑わいとは違った過ごし方を楽しむことが可能だ。
  • 下留磨の足湯
    宿泊/温泉
    岐阜県下呂市森2519-1
    下呂温泉とは異なる、配管の途中にゲルマニウムを入れたお湯を使っていることから「下留磨(げるま)」と名付けられた足湯。下呂の名は昔「下留(しもどまり)」と呼ばれており、やがて「下留(げる)」から現在の「下呂」になったことにもその名を由来している。温泉街の中心から少し離れた懐石宿・水鳳園の玄関横にあるため、穴場的な雰囲気が味わえると評判だ。白川郷などから移築した10棟の合掌家屋からなる下呂温泉合掌村を眺めながら、ゆったりとくつろぐことができる。
  • 鷺の足湯
    宿泊/温泉
    岐阜県下呂市湯之島
    下呂温泉街で最初に作られた足湯。700年ほど前、一羽の白鷲が舞い降りて村人に温泉の湧く場所を知らせたという「白鷲伝説」に由来してその名がつけられた。昔ながらの宿や飲食店が立ち並ぶ湯の街通り沿い、加恵瑠神社向かいにあるヒノキ造りの足湯だ。清潔感のある湯舟には5人か並んで座ることができ、ゆったりと疲れをいやすことができる。湯舟とベンチに雨除けがついたシンプルな足湯だが、中央駐車場のすぐ隣ということもあっていつも誰かが利用している。
  • 下呂温泉神社
    旅行/観光
    岐阜県下呂市湯之島
    温泉街の中央にあるため、下呂温泉に訪れた際は高い確率で通りかかる神社。下呂大橋を渡ってすぐ、白鷺橋の角に立つ「下呂温泉会館」の1階にある。これまでの下呂の歴史や温泉の恵みに感謝するとともに、今後の発展を祈願して建立された。毎年10/8に行われる例祭は、温泉の恵みに感謝する祭事。観光関係者らがかみしも姿で温泉街を練り歩く「お旅行列」を行っている。山形県出羽三山の一つでもある「湯殿山本宮」から分霊して建立された神社だ。
  • 尾張屋製菓
    お買い物
    岐阜県下呂市湯之島124-1
    創業五十余年、下呂温泉の代表銘菓「栃の実せんべい」を製造販売しているお店。岐阜県産の栃の実と小麦粉を使用した「栃の実せんべい」を創業当時から変わらない製法で焼き続けている。少し硬めの歯ごたえで、噛むごとに栃の実の香ばしさが広がるせんべいは下呂土産にも最適だ。砂糖を少なめにし、食べやすい薄焼きに仕上げた「うす焼き栃の実せんべい」や、希少な木の実「榧」を混ぜ込んだバター風味の洋風せんべい「かやの実せんべい」なども販売している。本社工場のほか、下呂市内各種旅館やお土産店などでも購入が可能だ。
  • さるぼぼ黄金足湯
    宿泊/温泉
    岐阜県下呂市湯之島758-15
    下呂駅から徒歩7分、温泉街の中心にある「下呂ロイヤルホテル雅亭」敷地内の足湯。さるぼぼの七福神と「金」がモチーフとなっており、浴槽も金色をしているのが特徴だ。宝船に乗ったさるぼぼ七福神と記念撮影をする人の姿も多い。天然温泉を使用しているため温泉の効能はもちろん、疲労が蓄積しやすい足から血液の循環が良くなり疲れが和らぐと評判だ。宿泊客以外でも気軽に利用することができる。
  • 雅の足湯
    宿泊/温泉
    岐阜県下呂市湯之島758-15
    温泉街の中心「下呂ロイヤルホテル雅亭」玄関前にある足湯。宿泊客以外にも無料開放されているため、誰でも気軽に利用することができる。つの字型の湯舟は、最大8人の同時利用が可能。湯舟には小さなヒノキの玉が入っており、疲れた足裏を心地よくほぐしてくれると評判だ。ホテルの入り口階段を少し上がったたところにあるため、人目をさほど気にせず入れるのが「雅の足湯」の魅力。奥の売店ではソフトクリームも販売している。
  • 久津八幡宮
    旅行/観光
    岐阜県下呂市萩原町上呂2345-1
    今から1600余年前、仁徳天皇の御代(377年頃)に怪賊征討・戦勝祈願をしたのが始まりと伝わる古刹。古くから飛騨二ノ宮、南飛騨国総鎮守として広く信仰されてきた歴史を持つ。本殿は応永19年(1412)、飛騨の国城主を祈願主に、家臣を普請奉行として再建したものだ。「水を呼ぶ鯉」と呼ばれる鯉の作り物や、飛弾の俗謡にも謡われる「鳴いたウグイス」などが施されている。境内に玉垣を囲らした二株の巨杉は樹齢1500年ほどの古木。ともに樹周り12.5mある杉は「夫婦杉」と呼ばれ、国指定天然記念物にも選定されている。
  • 正華堂
    お買い物
    岐阜県下呂市萩原町萩原1294
    昭和8年(1933)創業の老舗和菓子処。下呂温泉銘菓「栃の実煎餅」発祥の店として知られている。素朴で懐かしい味わいの「栃の実煎餅」は今でも一枚ずつ手焼きで作られており、お茶請けや下呂土産として評判だ。全国菓子大博覧会で有功金賞を受賞したこともある。伝統的な和菓子のほか、萩原特産の薬草を入れて焼き上げたシフォンケーキやフレッシュフルーツのロールケーキなどの洋菓子も取り扱っている。秋限定の「南さんちのえくぼりんごで作るアップルパイ」は即日完売する人気商品だ。
  • 門和佐川のほたる
    旅行/観光
    岐阜県下呂市門和佐・火打・和佐
    下呂温泉街から車で約30分、下呂市門和佐を源流とする門和佐川一帯のゲンジボタル群生地。6月中句から7月にかけて、淡く美しいゲンジボタルの乱舞を見ることができる。門和佐川にはホタルの餌となるカワニナが多く、流れが緩やかで本流域の農薬被害が少ないことからホタルの生息に適していると考えられており、昭和44年(1969)には岐阜県の天然記念物に指定された。特に多火打地区から和佐地区にかけての約4kmで多く見ることができる。
  • 苗代桜
    旅行/観光
    岐阜県下呂市和佐
    飛騨美濃さくら33選にも選出されている岐阜県指定天然記念物。和佐地区、大和橋を渡った小高い丘に2本が寄り添うように立っている。樹齢は約400年。別名・暦桜とも言われており、その美しい桜の開花を待ってから苗代(稲の苗を作る田)の準備を始めたということからその名がつけられた。例年の見頃は4月上旬から中旬にかけて。開花時にはライトアップが行われ、桜の前に広がった水田に映る幻想的な姿を見に、県内外から多くの見物客が訪れる。
  • 鶏ちゃん専門店 杉の子
    グルメ/お酒
    岐阜県下呂市小川1311
    「鳥ちゃん」とは岐阜県飛騨・下呂地方に伝わる郷土料理。杉の子はその鳥ちゃんが食べられるレストランである。店舗はJR下呂駅から飛騨川沿いに車で5分南下した県道440号沿い、真近を益田街道の陸橋が通る場所にある。自慢の鳥ちゃんはトリもも肉を秘伝の特性タレでキャベツと一緒にジンギスカン鍋で焼いたもの。ご飯や焼酎と相性がよく、シメには焼きそばを絡めるのがポイント。他にも下呂のさしみこんにゃくや飛騨牛の味噌焼きなど、地元料理のメニューが豊富に用意されている。
  • 奥田又右衛門膏本舗
    お買い物
    岐阜県下呂市森28
    JR下呂駅下車徒歩10分、岐阜県下呂市に本社を置く医薬品メーカーの直営店。下呂温泉の接骨医奥田又右衛門に代々受け継がれている門外不出であった膏薬は、奥田家下呂膏として腰痛・関節痛・肩こりの方に市販され、下呂温泉の名産品の一つになっている。黒・白・緑の下呂膏のほかに、液体のものや、入浴剤、和風リフレッシュシート「なごみしーと」など様々な商品があり、症状に応じて使い分けができる。
  • 下呂温泉 足湯の里 ゆあみ屋
    お買い物
    岐阜県下呂市湯之島801-2
    下呂の温泉街の一角、温泉神社の隣にあるお店で、足湯に浸かりながらお店オリジナルのスイーツを食べられる。下呂温泉の温泉たまごと、冷たいソフトクリームが融合した温玉ソフトや、温泉で湯煎して温めたほんわかプリン。そして、美人の湯としても知られる下呂温泉の温泉水を配合した温泉コスメや、飛騨牛を使った商品や飛騨地方の伝統工芸品や民芸品、古布を使った小物など定番のおみやげからゆあみ屋オリジナル商品まで、さまざまな商品を取り揃えている。
  • 鳳凰座
    旅行/観光
    岐阜県下呂市御厩野
    JR高山本線「下呂駅」から濃飛バス中津川行き「御厩野」下車すぐの地歌舞伎を上演する芝居小屋。花道を境に両側が棚田状に造られていて、どこからでも見やすい客席になっている。江戸時代より「御厩野の芝居」と親しまれてきた村芝居は、当時の台本とともに岐阜県の重要有形民俗文化財に指定された。日枝神社と熊野神社の祭礼に合わせて上演される素人歌舞伎もまた、江戸時代から続く歴史あるもの。明治・大正期の日本画家が手がけた壮麗な襖絵も必見。
  • 下呂温泉 いでゆ朝市
    お買い物
    岐阜県下呂市森2626
    下呂温泉街にある下呂温泉合掌村の入口下で開催される朝市。 地元で採れた野菜や、特産品のトマトジュースにブルーベリージャム、ぶなしめじや地酒、そしてあかかぶの漬物のほか、地元で生産・製造している味噌やこんにゃくなどもお値打ちで購入できる。野菜の販売は金曜日から月曜日。ちりめんのシュシュや巾着などの和雑貨や骨董品も並び、普通の土産物屋さんでは見つけることができない下呂ならではの特産品に出会うことができる。
  • 縄文公園(峰一合遺跡公園)
    遊ぶ/趣味
    岐阜県下呂市森1808-37
    下呂駅からバスで約15分。昭和41年(1966)から昭和45年(1970)の間に発掘調査された峰一合遺跡の史跡公園。公園内には縄文時代の竪穴住居跡や、弥生時代の竪穴住居跡が復元されている。保存館には発掘当時の住居跡の状態が保存してあり、自然の雄大さと歴史を知る公園として、多くの人が散策を楽しんでいる。また、隣接する下呂ふるさと歴史記念館では、貴重な峰一合遺跡の出土品なども見ることができる。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す