岐阜の神社スポット一覧

  • 千代保稲荷神社(おちょぼさん)
    rating-image
    4.0
    137件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県海津市平田町三郷1980
    主祭神は大祖大神・稲荷大神・祖神が祀られている。源八幡太郎義家の六男である義隆が分家の際、義家より「祖先の御霊は千代に保て」と祖神などを賜った。その後、子孫の森八海が須脇の里を開き、それらを祀ったのが神社の由来とされている。日本三大稲荷の1つに数えられ、年間200万人が参拝に訪れる。商売繁盛のご利益があり、参拝者は社殿入口付近の店で酒と油揚げを購入しお供えする。参拝道は多くの店が並び賑わっている。

    日本三大稲荷の一つと言われてます。 毎月の晦日や年末年始は凄い参拝客ですが、平日はノンビリ参拝することが出来ます。

  • 桜山八幡宮
    rating-image
    4.0
    161件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市桜町178
    岐阜県高山市にある鎮守社。創建は仁徳天皇の頃で、凶族の征伐にやって来た難波根子武振熊命(なにわねこたけふるくまのみこと)が戦勝祈願をしたのが始まりと伝えられている。秋の例大祭は、春の日枝神社の例大祭とともに高山祭として知られ、国の重要無形民俗文化財にも指定されている。例大祭時に練り歩く「屋台」(山車や曳山のこと)は境内の「屋台会館」で交代で展示されており、飛騨の匠の技が光る豪華絢爛な装飾を間近で見ることができる。

    秋の高山祭はこの神社がお膝元。 大鳥居をくぐったら、そこは露天商と祭の主役の屋台でびっしり。 観光客の人波をかき分けて、急な石段を上り、本殿前にたどり着いた。 落ち着いて参拝する余裕はなかった。 総ヒノキ造りの本殿は高山の守護神らしい重みがあった。

  • 伊奈波神社
    rating-image
    4.0
    53件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県岐阜市伊奈波通1-1
    長きに亘り、心のふるさととして親しまれている「伊奈波神社」は、「五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)」をお祀りしており、水を防ぐ信仰の神社でもあった。近年は神徳を慕って家内安全・商売繁盛・初宮詣・七五三詣・安産・交通安全・土建・水利などの参拝が多い。また岐阜県の重要文化財に指定されている古縁起巻物がある。JR岐阜駅より車で約15分。

    岐阜市三社参りとは、伊奈波神社・金神社・橿森神社の三神社を参ること。 岐阜駅でレンタサイクルを借りて巡りました。 伊奈波神社は美濃国三宮、1900年の歴史をもつ古社です。 垂仁天皇の第一皇子でこの地の開拓神である五十瓊敷入彦命(いにしきいりひこのみこと)を主祭神とします。 境内は広く、社殿も立派です。 緑豊かで滝や小川もあり、癒されます。 隠れパワースポット「逆さ狛犬」・連なる鳥居が美しい楓稲荷神...

  • 飛騨山王宮日枝神社
    rating-image
    4.0
    21件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市城山156
    宮川にかかる赤い中橋から徒歩約10分。市の中心部にある城山の南麓に鎮座する大山咋神(おおやまくいのかみ)を祀る神社。勧請の歴史は古く、永治元年(1141)と伝えられている。毎年4月14日、15日の例大祭は春の高山祭として有名。文化13年(1816)に制作された一対2座の神輿は、現在一基は本社神輿蔵、もう一基は中橋詰めのお旅所に祭られており、いずれも高山市の重要文化財となっている。

    1141年に三仏寺城主飛騨守平時輔が近江坂本より「日吉山王宮」を勧請したのが起源と言われています。1605年に金森長近が日枝神社を高山城の鎮護神とし、現在地へ移転したそうです。さんまち通りからと徒歩10数分、城山の南麓に鎮座しています。赤い鳥居が印象的です。参道の両側には杉の木が並び、厳かな雰囲気が漂っています。

  • 飛騨一宮水無神社
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市一之宮町5323
    JR「飛騨一ノ宮駅」より徒歩8分、飛騨国の一宮として古来より飛騨人の心の拠り所とされてきた神社。水無神(みなしのかみ)として「御年大神(みとしのおおかみ)」を主神に外十四柱の神々が祀られており、水源と交通の要衝を鎮め実りと収穫を司る「作神様」として信仰を集めている。初詣をはじめ、飛騨路に春を告げる「飛騨生きびな祭り」や、県指定無形文化財の「神代踊り」などが奉納される例祭など、多くの参拝者で賑わう。

    高山から下呂に向う国道沿いにある飛騨一宮の水無神社です。 鉄道、バス共に公共交通の便が良くないので観光客はほとんどおらず、静かにお参り出来ました。 境内には一夜の内にねじ曲がったと言われている桧の「ねじの木」がありました。 現在、上部は枯れてしまっていますがねじれている様子がよくわかります。

  • 治水神社
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県海津市海津町油島
    江戸時代中期、徳川幕府の命により治水工事を成し遂げた薩摩義士を祀る神社。古くから濃尾平野は木曽・長良・揖斐の三大河川が乱流しており、大雨のたびに氾濫を起こしていた。当時の江戸幕府に次ぐ強大な力を持っていた薩摩藩に普請を命じ、多大な犠牲を払いながら完成させたという歴史を持つ。御祭神は当時の工事の総責任者・平田靱負正輔大人命。治水に尽力された薩摩藩士の功績を讃え、犠牲となった多くの藩士達を慰霊している。現在では岐阜と鹿児島をつなぐ心の架け橋となり、縁結びといった意外なご利益があることでも知られている。

    木曽三川公園センターのお隣にある神社です。入り口から想像していたより立派でした。御朱印は書いてある紙をいただけるスタイルのようでした。

  • 大矢田神社
    rating-image
    4.0
    20件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県美濃市大矢田2596
    2000年以上前の創祀とされる、天王山の麓楓谷にある神社。現在の本殿は1672年に建てられたもので、江戸初期に流行した日光東照宮のような豪華な彫刻と派手な色彩で飾る様式が特徴。市内一の華麗さを誇る建築物であり、国の重要文化財にも指定されている。敷地内には約3000本のヤマモミジがあり、県下でも有数の紅葉の名所。11月上旬-12月上旬には「もみじまつり」が、春と秋には国選択無形民俗文化財「大矢田ひんここまつり」が行われる。

    11/17土曜日に登山のついでに初めて大矢田神社を訪問しました。紅葉の時期だけ徴収する600円の駐車料を支払い、本殿に参拝しました。紅葉はまだ少し早いが、来訪者はそこその人数で、露店もある程度出店してました。本殿の脇から天王山に登れました。混雑を避けたい人は今のうちに観賞するのがベターです。今年は台風や猛暑影響からか紅葉になる前に落ち葉になるのが多く散見されます。

  • 森水無八幡神社
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県下呂市森1321
    下呂駅から徒歩約10分、温泉街の一角に佇む古刹。平安時代から鎌倉時代にかけて飛騨の匠が彫り込んだ10体の木造神像が保管されており、いずれも国指定重要文化財に指定されている。例年2/14に行われる「田の神祭り」は、飛騨路に春を告げる伝統的な祭り。稲の豊作を前もって祝う、中世以来の田遊びの芸能が元になっていると言われている。踊り子と言われる地元の若い衆が色鮮やかな花笠をかぶって舞うことから別名「花笠まつり」とも言われ、国重要無形文化財に指定されいる。

    駅の対岸にあります。階段は結構急でした。境内は街中の神社といった感じです。人はいませんがお賽銭箱の近くに書置き御朱印があります。

  • 日吉神社
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県安八郡神戸町大字神戸1
    平安時代のはじめ、伝教大師・最澄がこの地の郡司・安八太夫安次の懇請に応じて滋賀県大津市・日吉大社の御霊を移し、お祀りしたのが始まりとされる古社。5月3・4日に行われる例祭は「神戸山王まつり」と呼ばれ、県の重要無形民俗文化財に指定されている。中でも4日の午前0時、松明に囲まれた朝渡御は「神戸の火祭り」の名で有名だ。神輿渡御の際、絶対に止まらず全力疾走し、走りながら途中で担ぎ手が変わるといった他では見られない特徴を持っている。

    神社の社格的にはそれ程でもない様ですが、1200年程の前の建立との事で、結構歴史の有る神社です。 特に三重の塔は、国の重要文化財にも指定されています。 平日のお昼に訪れましたが、私以外誰もいません、非常にノンビリと見学する事が出来ました。

  • 名もなき池(通称 モネの池)
    旅行/観光
    岐阜県関市板取下根道上448
    緑豊な自然に囲まれた神社。主祭神は根道大神・伊弉冉命・大山祇神・金山比古神。4月には春季例祭、10月には秋季例祭が行われる。鳥居横にある小さな池は通称「モネの池」と呼ばれている。それはクロード・モネの「睡蓮」に似ているため。ネットを中心に話題になり連日のように多くの人が訪れている。
  • 飛騨護国神社
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市堀端町90
    高山駅から車で約8分、高山城三之丸跡に立つ神社。明治11年(1878)に神宮教中教院地鎮祭を斎行、翌年中教院が竣工したのが始まりとされている。境内の石垣は三之丸時代の石垣を残したもの。現在は桜の名所としても知られており、城郭を彷彿とさせる外堀周辺には多くのソメイヨシノが植えられている。全国に数ある護国神社の中でも最も小規模と言われる神社だ。

    城山公園の北側、かつて高山城の三の丸だった地に鎮座する神社で西南戦争から大東亜戦争(太平洋戦争)までの飛騨出身の戦没者を祀っています。社殿は、立派な黒い屋根が印象的です。飛騨大神宮、黄金神社、飛騨匠神社、久和司神社が鎮座していました。

  • 飛騨総社
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市神田町2-114
    高山駅の北1kmほどの距離にある飛騨地方の総社。正確な時期は不明だが、朱雀天皇の頃(930年代)に創建されたと言われている。大八椅命を主神に飛騨国式内社八座と国史現在社十社、飛騨地方にある神社全18社分の祭神を祀っている。そのため飛騨総社を参拝すれば飛騨地方にある他の神社すべてを参拝するのと同じご利益があるとも言われる古刹だ。例年5/4-5には例祭が行われ、親子獅子舞や神輿行列が町内を練り歩く。

    平安時代の承平年間の創建と伝えられ、1191年に最初の社殿が築かれたそうです。飛騨国の総社として延喜式神名帳所載八座(大野郡三座、荒城郡五座)と国史記載社十座を祀っています。境内は綺麗に整備され、神門の奥には、神明造の社殿が緑の中に美しく佇んでいます。

  • 加納天満宮
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県岐阜市加納天神町4-1
    加納を治める武将に愛された天満宮。文安2年(1445)に斎藤利永が沓井城を築城した際に守護神として天満宮を歓請したことが始まり。その後沓井城は一旦廃城となるが、地元民によって天満宮への信仰は続けられていた。慶長5年(1600)に徳川家康が加納城を築城した際に天満宮が敷地内にあったことから、現在の場所へと遷座し、改めて奉ることとなった。祭神は学問の神として有名な菅原道真であり、合格祈願に訪れる者が多い。

    ここにこんな立派な神社あったんだ!たまたま通り嬉しかった! 時間あるときに散歩するといいことあるよね! 駐車場もある大きな神社 山車もあるそうです 10月にお祭りもやってるそうなのでまたタイミング合えば見に行きたいな

  • 荒城神社
    rating-image
    3.5
    2件の口コミ
    旅行/観光
    岐阜県高山市国府町宮地1405-1
    創建は古く、延長5年(927)にまとめられた「延期式神明帳」に飛騨国内八社のひとつとしてその名が記されていた古刹。現在の本殿は明徳元年(1390)に再建されたもので、室町初期の三間社流造り、柿板葺きで作られた国指定重要文化財。川と水の神・河伯大明神を祭神に祀っている。例年9月第一日曜日に例祭が行われ、笛や太鼓のお囃子、二人立ちの獅子舞いなど賑やかな催しを見学するため多くの観光客が集まる。子供数十人が行う神事「鉦打・獅子舞」は県の重要無形文化財にも指定されている。

    お正月、初詣に行きます。太鼓と笛の演奏とお祓いをして貰い、お神酒を飲みます。秋は農産物の収穫を祝う秋祭りがあり、獅子舞などやっていました。

  • 結神社
    旅行/観光
    岐阜県安八郡安八町西結584-1
    名神高速道路「羽島IC」より主要地方道大垣・一宮線で約15分。縁結びの神として知られる、平安時代の末期に創建された神社。一説には奈良時代よりもやや古いともされる。浄瑠璃や歌舞伎の題材となった小栗判官と照手姫の恋物語にまつわる伝説がある。織田信長が長篠の戦いを前に必勝を祈願したことでも知られ、その際の朱印状と槍が保管されている。ハート柄の「恋愛成就絵馬」は、右上の小さいハートを抜き取ってお守りにもできると人気。
  • 下呂温泉神社
    旅行/観光
    岐阜県下呂市湯之島
    温泉街の中央にあるため、下呂温泉に訪れた際は高い確率で通りかかる神社。下呂大橋を渡ってすぐ、白鷺橋の角に立つ「下呂温泉会館」の1階にある。これまでの下呂の歴史や温泉の恵みに感謝するとともに、今後の発展を祈願して建立された。毎年10/8に行われる例祭は、温泉の恵みに感謝する祭事。観光関係者らがかみしも姿で温泉街を練り歩く「お旅行列」を行っている。山形県出羽三山の一つでもある「湯殿山本宮」から分霊して建立された神社だ。
  • 久津八幡宮
    旅行/観光
    岐阜県下呂市萩原町上呂2345-1
    今から1600余年前、仁徳天皇の御代(377年頃)に怪賊征討・戦勝祈願をしたのが始まりと伝わる古刹。古くから飛騨二ノ宮、南飛騨国総鎮守として広く信仰されてきた歴史を持つ。本殿は応永19年(1412)、飛騨の国城主を祈願主に、家臣を普請奉行として再建したものだ。「水を呼ぶ鯉」と呼ばれる鯉の作り物や、飛弾の俗謡にも謡われる「鳴いたウグイス」などが施されている。境内に玉垣を囲らした二株の巨杉は樹齢1500年ほどの古木。ともに樹周り12.5mある杉は「夫婦杉」と呼ばれ、国指定天然記念物にも選定されている。
  • 明建神社の桜並木
    旅行/観光
    岐阜県郡上市大和町牧
    13世紀初頭の創建と伝わる古刹。承久の乱の戦功によってこの地を所領することになった東胤行(東氏)が千葉氏の氏神である妙見菩薩を勧請したのが始まりと言われている。毎年8/7に行われる「七日まつり」は岐阜県指定重要無形民俗文化財。約250mにわたる参道に大小100本あまりの桜が植えられており、桜並木を含む社叢は県の天然記念物にも指定されている。4月上旬から中旬に見頃を迎えた桜が作るトンネルは、飛騨美濃さくら33選にも選出されている。
  • 村上神社
    旅行/観光
    岐阜県高山市奥飛騨温泉郷村上
    長閑な景色が広がる奥飛騨温泉郷・栃尾温泉の対岸にある社寺。奥飛騨の総鎮守で、第62代天皇・村上天皇を主祭神として祀っている。毎年5/10に行われる例大祭は、雪深い奥飛騨温泉郷に春を伝える祭り。神事の後に飛騨高山地方伝統芸能の「鶏芸」や獅子舞「へんべとり」などが行われる。「鶏芸」は村の青年たちがシャガマと呼ばれる羽飾りがついた冠を被り、太鼓に合わせて輪になって踊る伝統芸能。岐阜県の重要無形文化財に指定されている。
  • 阿多由太神社
    旅行/観光
    岐阜県高山市国府町木曽垣内1023
    JR高山駅より車で約25分ほどの距離にある古刹。はっきりとした創建は不明だが、三間社流見世棚造り・柿板葺きの本殿は室町時代初期の建築物に見られる、素朴で優雅な技法が特徴の建物だ。古くから木曽垣内・三日町・半田の一部の産土神として崇敬されており、江戸時代には「権現宮」と称されるこの地方の総社だったと伝えられている。飛騨地方の中世文化を示す遺構として、昭和36年(1961)に国指定重要文化財に登録された。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す