NAVITIME Travel

岐阜のその他食品スポット一覧

  • ヤマカワ招猫店
    お買い物
    岐阜県下呂市幸田1163-1
    下呂大橋西詰にある、下呂温泉で最も大きい土産品専門店。目印は身長2.4mの青い目の招き猫、ジェームズ五郎平Jr.。一緒に記念撮影をする観光客の姿も多い。お出汁がついた温泉たまごのほか、飛騨牛を贅沢に使った飛騨牛めし弁当・飛騨牛おにぎり、日本一おいしいお米コンテストで最優秀賞を受賞した地場産米「いのちの壱」など、下呂温泉ならではのお土産を豊富に取り揃えている。飛騨の蔵元全12件のお酒を取り扱う酒蔵も隣接されており、あわせて立ち寄る人も多い。
  • 桃太郎製菓株式会社
    お買い物
    岐阜県各務原市鵜沼各務原町7-68-2
    黒雨やのど飴、キャンディやういろう、ようかんなどを製造販売している桃太郎製菓株式会社の本社工場。飴の甘さと食塩のしょっぱさがマッチした「塩あめ」の元祖と言われている。創業者が塩ようかんにヒントを得て発案した、昭和50年初期誕生のロングセラー商品だ。「桃太郎製菓」の名前は創業者・故 吉田一成の出生地、愛知県犬山市が桃太郎伝説発祥の地と言われていることに由来する。今も昔も変わらず子供の健やかな成長を願う親の願いが込められている。
  • 恵那川上屋 恵那峡店
    rating-image
    4.0
    52件の口コミ
    お買い物
    岐阜県恵那市大井町2632-105
    中山道の宿場町を訪れる旅人や歌人、俳人など様々な粋人に親しまれてきた秋の風物詩・栗きんとんを製造販売している和洋菓子店。地元契約農家で栽培されたブランド栗「超特選恵那栗」を使い、時代の流れやニーズに合わせた栗菓子を作り続けている。一番人気の「栗きんとん」は、厳選した栗と少しの砂糖を合わせて炊き、ひとつずつ丁寧に手絞りして仕上げた自慢の逸品。ほっこりと心温まる、素朴な食感が楽しい郷土菓子だ。四季の彩りを映した「四季の栗きんとん」や小豆の粒あんを包んだ焼き饅頭「山又山」なども評判を集めている。

    大きなモンブラン 栗一筋を食べに行きました 平日の夕方にも関わらず 賑わっていました モンブランの中は メレンゲ? 見た目よりはあっさりとしていました 個人的には 小布施堂のモンブラン朱雀の方が好きですね

  • 彩菓 なな草
    お買い物
    岐阜県高山市上二之町64
    明治34年(1901)創業の老舗和菓子店「稲豊園」の姉妹店。伝統製法をベースに新しい発想を加えた稲豊園独自の和菓子を作り続けている。オリジナリティ溢れる猫をデザインした「招福猫子まんじゅう」は、三代続くお店の人気商品。和菓子屋の隣の路地裏で暮らす野良猫たちをイメージしており、それぞれの猫たちに個性を持たせるため皮生地も中の餡も5種類すべてが異なる。一匹一匹がすべて手作業で作られており、表情や形、柄が少しずつ違うのも面白い。愛情込めて作った猫子まんじゅうを、お嫁に行ってらっしゃいという気持ちを込めて送り出している。
  • 金亀館
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    お買い物
    岐阜県高山市川原町30-2
    高山線の開通以来、高山駅の駅弁を作り続けている老舗。飛騨の旅が一層趣深く楽しいものになるよう願いを込めた駅弁の製造販売を行っている。人気メニューは飛騨牛のしぐれ煮とローストビーフの2種類の味が楽しめる「飛騨牛ローストビーフ寿司」。全国有名百貨店駅弁大会に出店したこともある自慢の逸品だ。縁起担ぎとして有名な「さるぼぼ」を弁当箱にした「開運さるぼぼ弁当」や、ご飯を合掌造り屋根の雪に見立てた「白川郷 味の合掌造り」などこだわりの弁当を多数販売している。川原町の本店のほか、高山駅構内でも購入が可能だ。

    今年1月飛騨牛の握り寿司を食べました。とてもおいしかったです。岐阜県のグルメと言ったら飛騨牛だと思います。

  • 飛騨菓子匠 音羽屋 本店
    お買い物
    岐阜県高山市有楽町22
    飛騨の地で古来より親しまれている「飛騨だがし」という呼称を確立させた老舗の菓子処。炒豆や干栗、くるみや米などの山里の恵みを原料とし、子供たちに手作りで作り与えた伝統的な和菓子の製造販売を行っている。きな粉と香煎の練り生地に糖蜜をからめた半生菓子「飛騨のかたりべ」はこの店の代表銘菓。上品な箱に小京都飛騨高山の雅と懐が調和した逸品で、全日本和菓子展にて日本銘菓大賞を受賞した経歴を持つ。
  • 山峡の家
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    お買い物
    岐阜県大野郡白川村荻町702
    白川郷の総合案内所「であいの館」から徒歩7分、明善寺郷土館の向かいに佇む土産処。名水が生んだ飛騨の地酒や民芸品、特産品などを販売している。さっと食べられる軽食も販売しており、食感のアクセントが楽しいラングドシャに濃厚な生クリームソフトが乗った「クレミア」が人気商品だ。飛騨牛の旨味を一層引き立てる味噌を使った「飛騨牛まん」は、ひとつひとつ丁寧に手作りされている。お土産にはビーズで作られた合掌造りのストラップも人気だ。

    こちらはテイクアウトのお店です。牛串もありますが、甘酒も珈琲も250円とコスパ最高です。白川郷に甘酒は合いますよね。ここで甘酒を買って飲み歩きして、雪景色の中、体が温まりました。

  • 栗菓匠 七福
    rating-image
    5.0
    4件の口コミ
    お買い物
    岐阜県中津川市中津川3022-18
    栗農園が栗菓子屋を作り始めたのではなく、栗菓子屋が栗を育てることから勉強するために栗農園を始めた御菓子司。保存料や香料は一切使わず砂糖だけを加えた中津川の伝統銘菓「栗きんとん」を作り続けている。七福の「中津川栗きんとん」は、栗粒の存在感が自慢。一粒の栗きんとんに生栗が3-4個使われており、栗の旨味を凝縮した栗よりも栗らしい個性際立つ味だ。毎年9月から翌年の2月頃までの期間限定で販売している。また、北海道十勝産小豆の粒餡とほんのり塩味のホイップバタークリームをサンドした「バター銅鑼焼き」も人気。

    買って食べて美味しいでした。年末ネット注文も考える。地元で人気ですが、外あまり知らないようです。観光客にもっと発信したら

  • 飛騨古川さくら物産館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    お買い物
    岐阜県飛騨市古川町三之町2-20
    飛騨の工芸品や銘菓、名産加工品等を豊富に取り揃えた物産館。味噌のコクと味わいがいきた「味噌煎餅」や十三味の香辛料「やんちゃ南蛮」、大豆に小麦粉と醤油、砂糖で衣をつけて揚げた「豆つかげ」など飛騨古川ならではの特産品が所狭しと並んでいる。草木染やとんぼ玉、ちぎり絵など地元で活躍する製作者の工芸品は目にも楽しいものばかり。風情ある街並みが続く飛騨古川の散策途中に立ち寄って、家族や職場へのお土産を選ぶことができる。

    映画“君の名は“で有名になった組紐作りの体験をして来ました。 元祖は三重県伊賀ですが、映画の中で図書館や駅のシーンが有名になった飛騨古川でも組紐作りが出来ます。 組台(丸台)に色違いの4組のシルクと4組の金糸を使って組紐を作りました。 親切に教えて頂きましたので、非常に簡単に楽しく作業が出来ました。 組紐作りは時間が30...

  • 牧成舎 古川工場直営店
    お買い物
    岐阜県飛騨市古川町増島町17-8
    明治30年(1897)から続く牧場「牧成舎」の乳製品を販売する直営店。牛乳本来の甘みを大切にした、ごまかしのきかない本物の乳製品を作り続けている。お店の人気は早朝から丁寧に仕込んだ自慢のチーズ。ミルク感たっぷりのモッツァレラチーズをはじめ、練る前のモッツァレラのもとを水抜きして熟成させたオリジナル商品の「大人の素っぴんチーズ」、モッツァレラチーズをだし溜り醤油に漬け込んだ「モッツァレラチーズのだし溜漬け」などを販売している。厳選された良質な生乳を低温殺菌した「奥飛騨牛乳」や、甘くてサラリとした牛乳「白の命」も欠かせない定番商品だ。
  • 和菓子処 稲豊園
    rating-image
    4.5
    19件の口コミ
    お買い物
    岐阜県高山市朝日町2
    JR高山駅から徒歩9分。見て美味しい、食べて美味しい招福・猫子まんじゅうが人気の和菓子屋。店の路地裏に集まるノラ猫をモチーフに作られたという猫子まんじゅうは、トラ、ロシアンブルー、黒、白、三毛の5種類。生地も、餡もすべて異なるので食べ比べるのも楽しい。そして、秋の高山スイーツの決定版といわれる栗よせ。ほっこりとした自然の甘みはいくら食べてもくどくなく、甘いもの好きならうっかり1本食べ切ってしまいそうな逸品だ。

    街歩きをしている際にたまたま目を引かれ入店しました。他の方もコメントしていらっしゃる通り、猫の饅頭に子どもたちは心を奪われ、大変喜んでました。大人向けには季節の栗菓子をいくつか購入したのですが、いずれも風味良く美味でした。高山を訪れる際は再訪したいお店です。

  • 飛騨小町
    rating-image
    3.0
    6件の口コミ
    お買い物
    岐阜県高山市上三之町47
    古い町並みが残る飛騨国の城下町、上三之町にあるテイクアウトの食品と土産物の店。噛むほどに旨みがあふれる飛騨牛まんや、飛騨牛コロッケ、飛騨桃や飛騨牛乳を使ったご当地ソフトクリームなど、食べ歩きにちょうどいい様々な食品を販売している。飛騨産の野菜を使ったオリジナルのドレッシングや、つるこけももや木いちご、ほおずきなどを使ったジャム、天ぷら塩やレモン塩などのお土産も人気。

    飛騨牛のコロッケをいただきました。アツアツでおいしかったです。 散策途中で小腹が空いた時にちょうどいい。

  • 庄兵衛さん家のとまじゅう
    お買い物
    岐阜県高山市上二之町6
    岐阜県高山市上二之町、平田記念館の斜め向かいにあるジュースショップ。飛騨高山にあるトマト農園「寺田農園」直営のお店で、減農薬で手間暇を惜しまずに育てたトマトをジュースに加工。トマトらしい味が楽しめる「桃太郎」、果物に近い「フルティカ」、濃厚で甘い「ピッコラルージュ」の3品種のジュースがある。店内では飲み比べセットを提供しているほか、それぞれ単品でテイクアウトしたり、お土産にすることも可能。地方発送にも対応している。
  • 陣屋とうふ 古川屋 本町店
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    お買い物
    岐阜県高山市本町1-32
    飛騨高山に昔から伝わる風味を大切にし、昔ながらの製法で手作りにこだわる老舗の豆腐店。テレビでも紹介された名物の「あげづけ」は、専用の豆腐生地を手揚げしたこだわりの油揚げに、独自調合の秘伝のたれで仕上げの味付けを施した自慢の看板商品。表面を軽く炙るだけで外はカリッと、中はフワッとした食感になる。味がしみやすく弾力のある食感が味わえる「こもとうふ」など、飛騨地方の伝統食も販売している。

    お揚げを買いました。 味のついたお揚げでおいしかったです。 朝食にトースターで軽く焼いていただきました。

  • 湯葉勇商店
    お買い物
    岐阜県岐阜市本町4-36
    金華橋より徒歩約6分のところにある、ゆば専門店。慶応3年(1867)に創業した老舗で、生ゆば及び乾燥ゆばの製造・販売を行っている。湯葉勇のゆばは、長良川から湧き出る伏流水と厳選された国内産大豆100%から作られており、そのハリとコシの良さは数多くの日本料理店で使われるほど。ゆばの最高級品「汲上げゆば」や「さしみゆば」も購入でき、とろりとした味わいと喉越しがやみつきになる客も多い。食べてみる価値のある一品が揃う。
  • 松風園 まつの茶舗
    rating-image
    5.0
    10件の口コミ
    お買い物
    岐阜県高山市本町2-37
    鍛冶橋の近くにある、日本茶を中心に販売しているお店。岐阜県産の物をはじめとした全国各地の上質な茶葉を厳選して提供。定番商品は青のほうじ茶「飛騨の露」で、渋みが少なく香ばしいのが特徴となっている。昔懐かしいおみやげをイメージしたパッケージも風変わりでお土産にもオススメ。また飛騨で唯一の茶道具専門店でもあり、湯呑みから本格的な茶道具まで充実している。試飲処が併設されているほか、おいしいお茶の入れ方講座も実施中。お茶の購入のみならず、お茶の魅力を追求するのにもうってつけのお店である。

    高山の古い町並みの外れにある、美味しいお茶の量り売りをしてくれるお店です。 昔ながらの大きな茶箱に、いろいろなお茶が収納されており、姿や香りを確認しながら購入することができます。

  • 大のや醸造 三之町本店
    お買い物
    岐阜県高山市上三之町13
    JR「飛騨高山駅」より徒歩10分、古い町並みが残る飛騨国の城下町、上三之町にある麹屋。「うますぎないうまいもの」をモットーに、江戸時代から味噌や醤油を作り続けている。飛騨のきれいな伏流水と空気、寒暖が顕著な四季により、仕込み・熟成された「赤味噌」と「糀味噌」が看板商品。醤油は素材の味を引き立たせる「四年醤油」「一年醤油」「生(き)びき醤油」が主な製品。店頭では味噌汁の試飲サービスを毎日行っている。
  • 大黒屋 郭町店
    お買い物
    岐阜県大垣市郭町東2-14
    JR「大垣駅」より南へ徒歩約10分、大正5年(1916)創業の豆腐屋さん。岐阜県産大豆「フクユタカ」を原料に、大垣の地下水と受け継がれた技術によって作られた豆腐は、コクがあって嫌味のない仕上がり。一番人気の「大垣は水の都 十万石豆富」は、冷やっこにも湯豆腐にも合う。おおがきブランド認定第1号の「芭蕉水豆腐」をはじめ、豆乳クリームやプリンなどのスイーツも人気。工場では豆腐造りなどの講習会も行われている。
  • 郡上地みそ 大黒屋
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    お買い物
    岐阜県郡上市八幡町本町837
    東海北陸自動車道「郡上八幡IC」より車で5分、趣のある看板と郡上藍染ののれん、赤い実の南天玉が目印の郡上地みその専門店。昔ながらの手法を今に伝える地みそは、厳選された国産大豆と店の地下に湧く天然水を使用。国産大豆ならではの甘みと香りがあり、塩味がしっかりと効いているのにまろやかで丸みがある。ごろごろとした大粒の大豆の形が残り、柔らかいのも特徴。店頭では試食も可能。オリジナルの生引き醤油やソースなども扱っている。

    ゲキまず 信じられない。 どうやって使ってもつかいきれない。 別に感じよくもなく高いだけ。 行くことないからいいけど。

  • 井之廣製菓舗
    rating-image
    4.5
    7件の口コミ
    お買い物
    岐阜県飛騨市古川町弐之町7-12
    飛騨古川駅から徒歩で10分。創業は明治41年(1908)、味噌煎餅を造り続けて100年以上という老舗だ。安全とおいしさにこだわり、秋田産の「リュウホウ」と呼ばれる大豆を使用、熟成三年の自家製味噌を使い、創業当時の手法のまま一枚一枚丹念に作られる。パリパリと心地よい音をたてながら口の中で割れる味噌煎餅には、飛騨の素朴で温かい人々の姿を思い出させる優しさが感じられる。岐阜県観光連盟推奨観光土産品にも選ばれた銘菓。

    飛騨古川のような古都にピッタリの外観の味噌煎餅の老舗です。敷居が高そうですが、店内は明るく入りやすいです。それにたっぷり入って500円のこわれせんもあって、家族で楽しめました。

岐阜の主要エリア

around-area-map

日本のほぼ中心部に位置する岐阜県は、名古屋駅から約20分と、東京や大阪をはじめとする各地からもアクセスの良い観光地です。 岐阜県は主に飛騨山脈が有名な「飛騨地方」と、岐阜市がある「美濃地方」の二つのエリアに分けられます。 飛騨地方では、合掌造りで有名な世界遺産「白川郷」や古い屋敷や老舗の店が立ち並ぶ「古い町並・さんまち通り」(飛騨・高山)があり、情緒あふれる風景が楽しめます。また、「飛騨大鍾乳洞」や「乗鞍スカイライン」では大自然を存分に感じることができます。下呂温泉も飛騨地方に位置します。 美濃地方には「岐阜城」や「関ヶ原ウォーランド」など、歴史に触れられる観光スポットが多くあります。最近では「モネの名画『睡蓮』シリーズに似ている」と話題になった、関市の根道神社の池が「モネの池」として人気です。 また、岐阜グルメといえば飛騨牛や鶏ちゃん、ぼたん鍋などのさまざまな肉料理です。 広範囲に渡って県内を移動するなら、レンタカーを借りて歴史・自然・グルメを楽しむのがおすすめです。

岐阜の写真集

目的から探す