NAVITIME Travel

蓼科・諏訪・飯田の歴史/文化/見学スポット一覧

  • 諏訪大社上社本宮
    rating-image
    4.5
    385件の口コミ
    旅行/観光
    長野県諏訪市中洲宮山1
    我が国最古の神社の一つで全国一万有余の諏訪神社の総本社である、諏訪神社 上社本宮は、弊拝殿と片拝殿のみで本殿を持たない、諏訪造りという独特の様式だ。貴重な建造物が数多く残っており、6棟は国の重要文化財に指定されている。諏訪明神は、古くは風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神、また武勇の神と信仰され、現在は生命の根源・生活の源を守る神と崇められている。中央自動車道「諏訪IC」から車で約5分。

    とても好きな場所です。四社全てを訪れるとそれぞれの良さがよくわかります。神聖な空気を感じられる素晴らしい場所です。是非、御詣り下さい。

  • 奈良井宿
    旅行/観光
    長野県塩尻市奈良井
    かつて江戸と京都を結ぶ重要な街道であった中山道で、鳥居峠を超えるため、旅人たちがよく訪れたのがこの奈良井宿である。かつては街道を行き交う旅人で栄え、その様は「奈良井千軒」といわれている。上町・中町・下町という三つの地区からなる大規模な宿場町で、現在もほぼその街並みが保存されている。昭和53年(1978)には重要伝統的建造物群保存地区に指定された。
  • 諏訪大社下社秋宮
    rating-image
    4.0
    91件の口コミ
    旅行/観光
    長野県諏訪郡下諏訪町5828
    長野県諏訪郡下諏訪町にある神社で、国内に約25000社ある諏訪神社の総本社「諏訪大社」を構成する二社四宮のうち1つである。古くは五穀豊穣や武勇の神として信仰を集め、現在は生命や生活の源を守る神として崇められている。大しめ縄が目を引く神楽殿や二重楼門造りの幣拝殿は、国の重要文化財。ほかにも、樹齢約800年の「根入りの杉」など見どころが多い。7年ごとに4宮で行われる御柱祭や8月1日のお舟祭が有名。

    諏訪大社には上社(2箇所)と下社(2箇所)が諏訪湖の周りに存在します。上社は茅野市と諏訪市、下社は下諏訪町にあり、主宰神は上社の本宮が建御名方神、上社の前宮が八坂刀売神を、下社は建御名方神と八坂刀売神の両方です。 上社と下社とありますが社格は同じであり、伊勢神宮のような外宮→内宮と言うような参拝する順番の決まりごとはなく、外宮または内宮だけをお参りする「片参り」のような縁起が良くないこともないの...

  • 諏訪大社上社前宮
    rating-image
    4.0
    61件の口コミ
    旅行/観光
    長野県茅野市宮川2030
    茅野市宮川の国道152号線沿いにある神社「諏訪大社」の社殿。全国の諏訪神社の総本社である諏訪大社の中でも、祭神である諏訪大明神が最初に居を構えた地とされるため、諏訪信仰の発祥の地と言われる。

    諏訪大社といっても社が4カ所あり、色々と調べると回り方もあるようですが、諏訪インターから行き易かったので、諏訪大社 上社本宮へ参りました。駐車場も止めやすく、歩く道中もとても気持ちの良い風が吹いていて(たまたまかもしれませんが、、)参拝させて頂いてとても清々しい心持ちになりました。

  • 中村邸
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    長野県塩尻市奈良井311
    江戸時代、櫛や漆器などの木工業が盛んだった奈良井宿。その奈良井宿で櫛問屋を営んだ中村利兵衛の屋敷であった「中村邸」は、二階を少しせり出した「出梁造り」が特徴の、奈良井宿の典型的町屋様式の建物だ。塩尻市の指定有形文化財に登録されており、資料館として一般に公開されている。

    塗櫛問屋を営んでいた中村家の住宅で、1840年頃の築。この民家の保存をきっかけに奈良井宿の保存が始まったとのこと。現在は資料館として公開されている。入館料は300円。 二階は出粱造りによりベランダ状になっており、格子の隙間から通りを見ることができる。1階の屋根(鎧庇)を押さえる木材は、見る角度によっては猿の頭が並んでいるように見えることから「猿頭」と呼ばれるとのこと。取り外した猿頭が室内に置かれ...

  • 高遠城跡(高遠城址公園)
    旅行/観光
    長野県伊那市高遠町東高遠
    伊那市高遠町東高遠にある城跡。高遠氏の拠点となった平山城で、後に武田氏、保科氏、鳥居氏、内藤氏などの手に渡り、明治5年(1872)に廃城。武田軍と織田軍が戦った1582年の「高遠城の戦い」などで知られる。現在は堀や土塁、大手門などの遺構が残っており、一帯は「高遠城址公園」として整備されている。春に咲く約1,500本のタカトオコヒガンザクラは県の天然記念物にも指定されており、桜の名所として知られている。
  • 公益財団法人 ハーモ美術館
    rating-image
    4.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪郡下諏訪町10616-540
    中央自動車道岡谷ICより約15分。豊かな自然に囲まれた諏訪湖畔にたたずむ美術館で、産業用ロボットのメーカー創業者、濱富夫とディレクター関たか子によって平成2年(1990)4月26日に開館。世界的にも貴重なアンリ・ルソー9点など、純粋な視点から自由な感受性を表現した素朴派の絵画を常設展示。個性的なコンセプトを持った美術館として世界から注目されている。晴れた日には富士山を眺望できるカフェで、くつろぎのひとときを過ごせる。

    アンリルソーが好きなので、雑誌広告を見て訪れました。 ルソー以外にも素朴派と思われる数人の展示があり、ルソー好きの自分にとっては良い出会いでした。 いわゆる素朴派を見ていると、「世界はこのように見えるのだ」「それでいいのだ」と思います。 それが分かったような気がした時に、「あぁ好きだな」と感じてしまいます。 この美術館も、自分の勝手な想像ですが、そんな「好き」を積み重ねて形にしたらこうなった、とい...

  • 黒耀石体験ミュージアム
    遊ぶ/趣味
    長野県小県郡長和町大門3670-3
    長野県の霧ヶ峰高原東北端、国史跡・星糞峠(ほしくそとうげ)にある体験型博物館。約87万年前の噴火でできた星糞峠の黒耀石は割れ口が鋭く加工しやすい性質で、旧石器時代や縄文時代の大きな遺跡がいくつも残された。ミュージアムはこの黒曜石原産地遺跡の麓。館内では、実際の石器やアニメーション、模型などから石器時代のロマンを知ることができ、黒耀石鉱山から発見された実際の採掘跡が移設展示もされている。また、石器づくりや勾玉づくりなどなどのメニューを体験することも可能。
  • 伊那市立高遠町歴史博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県伊那市高遠町東高遠457
    伊那市高遠町東高遠にある博物館。高遠城とその城下町をはじめ、原始時代から現代に至る地域の歴史や文化、民俗などに関する資料展示を行っている。市の文化財指定の貴重な資料や高遠城郭の復元模型のほか、徳川6代将軍家宣の時代に「絵島生島事件」で高遠に流された大奥女中頭・絵島が余生を過ごした「絵島囲み屋敷」も復元されている。
  • 平出遺跡
    旅行/観光
    長野県塩尻市宗賀平出
    佐賀の吉野ヶ里遺跡、静岡の登呂遺跡と並ぶ日本三大遺跡のひとつ。東西約1km、南北約300mに渡って帯状に広がる遺跡は、縄文時代から平安時代にかけて大きな集落であったとされる。現在までに竪穴式住居址や建物跡、土器や石器など300近い出土品が見つかっており、昭和27年(1952)には国史跡に指定された。現在は指定地の一部を平出遺跡公園として整備復元しており、当時の人々の暮らしが体験できる施設が点在している。
  • 大鹿村中央構造線博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県下伊那郡大鹿村大河原988
    関東から九州まで、日本列島の西半分を縦断する日本最大の断層「中央構造線」についての展示解説を行う博物館。静岡県と県境近い南アルプスの主峰・赤石岳山麓にあり、中央構造線のほぼ真上に建つ。1000kmに渡る中央構造線陸上部分の中でも地形と断層露頭がはっきり観察できる稀有な場所だ。基礎知識がある人はもちろん、ない人にも学芸員の方が丁寧に説明してくれるため、日本列島の生い立ちから地震についてまでたっぷり学ぶことができる。
  • 茅野市尖石縄文考古館
    rating-image
    4.5
    50件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県茅野市豊平4734-132
    八ヶ岳山麓の縄文文化を代表する「尖石遺跡」の史跡公園内に佇む博物館。5000年前に繁栄したとされる縄文文化の遺物約2000点を展示している。八ヶ岳山麓は石器の材料である黒曜石の日本有数の産地でもあり、落葉広葉樹の実やシカやイノシシ、川魚が獲れる森が広がっていたことから縄文文化が栄えたといわれている。館内に展示されている、妊娠した女性モデルをデフォルメした「縄文のビーナス」と「仮面の女神」は、国宝にも指定されている貴重な文化財だ。

    GWに行ってきました。青森に行ったときに三内丸山遺跡を訪れ縄文時代に興味を持ち、近場でどこかないかと探して長野県にも似た雰囲気の施設。ということで訪れました。開けた平地に在る三内丸山と違いこちらは高原といった趣の中に立地。 対照的でした。縄文のビーナスで有名な博物館、内部の展示も興味深く1時間くらい時間を掛けて観覧。併設されたカフェでコーヒーを頼みミュージアムショップでビーナスのレプリカを購入しま...

  • 美しの塔
    旅行/観光
    長野県小県郡長和町
    ビーナスラインの終点、標高約2000mの高原台地に広がる美ヶ原高原のシンボル。360度のパノラマ眺望が広がる美ヶ原高原は霧の発生が多く、遭難する登山者も後を絶たなかったため、その対策のひとつとして霧鐘を備えた避難塔「美しの塔」が建てられた。高原の中央にそびえる高さ6mもの塔は、日本一大きな文学碑だ。南面には美ヶ原を愛した詩人・尾崎喜八の詩文が、北面には美ヶ原の登山道を整備した功労者・山本俊一翁の顔のレリーフが埋め込まれている。
  • しもすわ今昔館おいでや 時計工房 儀象堂
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪郡下諏訪町3289
    JR中央本線・下諏訪駅から徒歩10分、「しもすわ今昔館おいでや」で時計の仕組みが学べるミュージアム。中庭の「水運儀象台」は、世界で初めて水力で動く大型の天文観測時計塔を完全復元したもの。日本の近代時計発祥の地とも言われている下諏訪で国家資格を持つ技師のもと、機械式腕時計の組み立て体験ができる。完成した作品は当日の持ち帰りが可能だ。併設する「星ヶ塔ミュージアム 矢の根や」では、縄文時代の黒曜石と人との関わりを学ぶことができる。
  • 諏訪市博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪市中洲神宮寺171-2
    7年に一度の「御柱祭」や諏訪湖の「御神渡り」に代表される諏訪の「時間・自然・信仰」をテーマとした博物館。諏訪信仰の歴史や特徴を映像・文化財などで紹介している。特別展示室では世界のチョウの標本約2000体を展示しており、イギリスの動物学者が出版したトリバネアゲハに関する図鑑は世界的にも極めて現存数の少ない貴重な書籍だ。博物館目の前に佇む赤いモニュメントは、御柱や鳥居をイメージしたもの。神が宿る神体山の方角に向いている。
  • 勝間薬師堂・しだれ桜
    旅行/観光
    長野県伊那市高遠町勝間
    高遠湖の南岸に広がる勝間の里の小高い丘にある薬師堂。堂内には行基作と言われる霊仏が祀られており、これを守る十二神将と民間信仰の対象であった十三仏が安置されている。またここには3本の大きな枝垂桜があり、高遠城址公園のコヒガンザクラが散り始める頃に花をつけるのが特徴。江戸時代安政年間に植樹されたと言われており、樹齢は140年を超える。周囲を圧倒するほど立派な枝振りからこの枝垂桜を目的に訪れる花見客も多い。
  • 伊那市民俗資料館
    旅行/観光
    長野県伊那市高遠町東高遠2074
    国道152号線高遠公演下交差点近くにある民俗資料館。高遠なつかし館・旧馬島家・旧池上家で構成。展示品は触ることができ、「観て・触って・やってみる」体験型学習の場としても活用可能。高遠なつかし館では機械や足踏みミシンなど昔ながらの道具を展示。昔の生活を追体験することができる。旧馬島家は江戸時代に高遠藩の眼科医を務めた藩医の住宅で、あまり改造がされず現存しているのは全国でも珍しい。旧池上家は江戸時代の豪農の商家であり、高遠にある最も古い建築物として歴史の重さを伝えてくれる。
  • 信州高遠美術館
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県伊那市高遠町東高遠400
    高遠城址公園の南側にあり、中村不折市や中村琢ニ氏、平山郁夫氏といった伊那市ゆかりの芸術家の作品を展示する美術館。特に原田政雄氏が50数年かけて集めた美術品「原田コレクション」は668点にも及ぶ。美術展示のほかにもコンサートや次世代を担う子どもたちへの絵画教室も開催。屋外には芝生が植えられ、屋外コンサートも開催することができる。館内ロビーはガラス張りとなっており、庭の桜や高遠湖といった眺望を楽しめるのも魅力のひとつ。喫茶店からも中央・南アルプスを望むことができる。

    桜で有名な高遠城址公園の入り口のすぐ横にあります。建物はとてもきれいで清潔感あります。その時々で展示物は変わるので評価は展示物次第になると思います。

  • 絵島囲み屋敷
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    長野県伊那市高遠町東高遠457 伊那市立高遠町歴史博物館
    高遠は江戸時代前期に大奥で起きた「絵島生島事件」の主役絵島の遠流先として知られている。高遠湖の北側に建てられたこの屋敷は、絵島が幽閉された屋敷を見取り図を基に再現したもの。簡素な作りの屋敷に絵島が生涯過ごした8畳間は「はめ殺し」で開けられない格子戸で覆われている。唯一の出入口には監視人の控室が作られ、板塀には忍び返しがあるといった、まるで監獄のような構造が特徴的である。また屋敷にあるパネルからは彼女の厳しい暮らしぶりをうかがい知ることもできる。

    高遠町歴史博物館の敷地内に復元された屋敷。 絵島は1704年に六代将軍家宣の愛妾である月光院に女中として仕えるようになった。1714年に六代将軍の墓参に詣でた帰り、芝居見物をして遅く城に帰ったことを咎められ、裁きにより高遠に流罪となった。61歳で病死するまで、この屋敷に幽閉されていたそうである。 今で言うと「門限を破ったから二度と外出できない」ということ。何とも厳しい時代である。

  • 仲仙寺(羽広観音)
    旅行/観光
    長野県伊那市大字西箕輪3052
    中央道伊那I.Cから7分、経ヶ岳と黒沢山を北東に望む場所にある天台宗の寺院。本尊は秘仏十一面観世音菩薩であり、山号を羽広山ということから別称を羽広観音と呼ぶ。伊那地域は農耕馬による田植えが盛んで、田植えが終わると村人が馬を連れて参拝に来ることから「馬の観音様」とも言い伝えられてきた。その名残として外陣には数多くの絵馬が捧げられている。また境内はミズバショウや桜、紫陽花や紅葉など季節の草花が多く植えられており、四季折々の花を見ながらの散策にも向いている。

長野の主要エリア

around-area-map

中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「三嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

長野の写真集

目的から探す