白馬・大町・安曇野の旅行/観光スポット一覧

  • 扇沢駅
    旅行/観光
    長野県大町市平2117
    関西電力が運営している「関電トンネルトロリーバス」の駅で、立山黒部アルペンルートの長野県側の入口となっている。3階建ての駅舎には、1階に切符売り場があり、2階にはレストラン、3階にホームと展望台が設置されている。平成31年(2019)年に、トロリーバスが廃止になるのに伴い、鉄道駅としては廃止される予定。
  • 大王わさび農場
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高3640
    日本最大級の15haにも及ぶ、安曇野の広大なわさび農場。入場料無料、年中無休で営業されている。園内ではわさび田や加工場のほか、黒澤映画の撮影場所ともなった水車小屋など、水辺ののどかな景色を楽しむことができる。売店には、わさびソフトクリームやわさび丼など、ここならではの商品も。電車の場合は、JR大糸線穂高駅からタクシーで10分。
  • 碌山美術館
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高5095-1
    「東洋のロダン」とも称される荻原碌山の作品を残すことを目的に、昭和33年(1958)に開館された。代表作「女」「デスペア」などの彫刻のほか、碌山と交流の深かった高村光太郎の作品も展示されている。ツタに覆われた教会風の佇まいが印象的な建物は、安曇野地方の象徴的な存在として愛されている。JR穂高駅から徒歩10分。
  • 山清路
    旅行/観光
    長野県東筑摩郡生坂村東広津
    麻績ICから車で約20分、明科駅からは約25分。平日には明科駅から村営のバスも運行している渓谷。古くから景勝地として知られており、ふるさと信州風景百選にも選ばれている。春にはツツジや藤、秋には紅葉が崖を彩るなど、犀川と合わせて楽しめるのも魅力。公園内は百番観音や地蔵尊、山清路橋といった見所があるほか、生坂村山清路の郷資料館も存在。山清路観光の駐車場としても利用可能となっている。7月1日から9月下旬には川下りツアーも開催される。
  • 長峰山展望台
    旅行/観光
    長野県安曇野市明科中川手6805-184
    安曇野市明科中川手、標高約933mの長峰山山頂に設置されている展望台。地元の木材を活用して建てられた展望台の上からは、北アルプスの山々や安曇野の田園風景を見渡すパノラマを楽しむことができる。
  • 犀川白鳥湖
    旅行/観光
    長野県安曇野市豊科
    安曇野市豊科にある湖。犀川沿いに位置するダム湖で、昭和59年(1984)にコハクチョウの飛来が観測されて以来、白鳥の飛来地として知られている。湖畔には観察小屋やエサ小屋などが設置されており、例年10月頃から3月にかけて白鳥を観察できる。
  • 鎌池
    旅行/観光
    長野県北安曇郡小谷村
    標高1190m、ブナの森に囲まれた神秘の池。池の形が草を刈る鎌に似ていることからその名が付けられた。快晴の空と豊かな色彩の紅葉、雄大な山肌が水面に映りこんだ景色は息を呑む美しさ。紅葉の時期や新緑の時期には多くのカメラマンが訪れる、「錦秋」の言葉にふさわしい景勝地だ。池の周りを囲む遊歩道は一周2km。静かな雰囲気が漂う「森林セラピー」の主要コースのひとつでもある。池の脇に佇む「鎌池ブナ林亭」では漬物や特産品などが並んでおり、運が良ければブナ林でとれたキノコ料理を味わうこともできる。
  • ブルーベリー安曇野
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市三郷小倉3876
    ブルーベリー専門の観光農園。地植え約800本、ポット植え約2000鉢ものブルーベリーが無農薬で栽培されている。ブルーベリー狩りは、時間無制限となっており、摘み取ったブルーベリーを専用のパックに入れてお土産にすることができる。ブルーベリー狩りの体験期間は6月中旬から10月中旬まで。オープン時期は気候により前後する。ポット植えで栽培しているブルーベリーの苗木は購入することができる。
  • 吉祥山東光寺
    旅行/観光
    長野県安曇野市穂高2721
    曹洞宗の寺院。馬頭観世音菩薩をご本尊として祀っている。門前には、片足が畳一畳ほどある巨大な朱塗りの下駄が3足置かれている。これは「吉祥仁王様の下駄」と呼ばれる縁起物で、履くと願いごとが叶うと伝えられている。本堂の裏には、地下への階段があり、その先には真っ暗な地下通路が続いている。これは「お戒壇巡り」と呼ばれる修行のための通路で、暗闇を手探りで歩き、「幸福の鍵」に触れることによって、幸福が訪れると伝えられている。
  • こねこねハウス
    旅行/観光
    長野県安曇野市穂高3029-1
    穂高の農産物等を販売するVif穂高に併設された体験工房。こちらでは、信州のそば名人の指導によるそば打ち体験と、信州名物おやき作り体験ができる。体験工房のとなりには、古民家風のそば処があり、有明産のそば粉を使ったそばを食べることができる。そばは暖かいかけそばと冷たいざるそばの二種類。体験工房、そば処ともに完全予約制となっており、2日前までの予約が必須となっている。
  • わさび田の小道
    旅行/観光
    長野県安曇野市穂高3640 大王わさび農場内
    大王わさび農場内の小道。わさびをメインとした観光農園で、エリア内にはわさび田のほかに時計台や歴史館、水車小屋、神社、加工場、食事処、土産屋などがある。日本一をほこる広大なわさび田は広く開放されており、小道にそってわさびが栽培される様子を眺めることができる。近くには休憩所や梅林などもあり、名水に育まれたさまざまな光景をゆったりと楽しむことができる。
  • 栗尾山満願寺
    旅行/観光
    長野県安曇野市穂高牧1812
    真言宗の寺院。その歴史は古く、725年ごろに池から出現した仏像を本尊として堂宇を建てたことが始まりとされる。本堂には、人の死後49日間の苦しみを表現した「地獄極楽変相之図」が描かれている。参道入り口にかかる木製の橋は「お経橋」と呼ばれ、橋板の裏側に経文が書かれ、渡るときにはお経を唱えなければならない。つつじの名所としても知られており、5月から6月にかけて約5000株ものつつじが花を咲かせる。
  • 安曇野市天蚕センター
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高有明3618-24
    安曇野市に伝わる天蚕(ヤママユ)飼育文化を伝える資料館。蛾の繭を利用した糸を生産するという点では絹と同じだが、別種であり絹に比べて軽くて柔らかく、独特の色と光沢をもつ。館内では、天蚕の歴史やその生態についての解説。併設された工房では天蚕を使った織物づくりを見学することができる。ミュージアムショップで天蚕を使った布地や小物を販売。敷地内の見学用飼育ハウスでは、実際に育てられている天蚕を見ることができる。
  • 有明美術館
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高有明7402-5
    昭和56年(1981)より続く私設美術館。周囲を穂高有明の豊な自然に囲まれている。収蔵している美術品は、中国や日本の陶磁器、版画、彫刻、絵画、ガラス工芸品などジャンルは多岐にわたっている。特に有名なものとしては、ロダン、ケーテ・コルヴィッツ、香月泰男、丸木夫妻の「水俣の図」などがある。館内は主展示室と、階上展示室があり、それぞれに美術品が飾られている。図書室には美術書がおさめられており、美術を学ぶこともできる。
  • 安曇野市豊科郷土博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市豊科4289-8
    安曇野市豊科の歴史を伝える郷土博物館。エントランスには、安曇野を南から見た絵地図を展示。そのそばにはエビやカニなどの生痕化石が飾られ、この地域がかつて海であったことを示している。常設スペースでは、日常の生活から、四季折々の催事の様子がこまごまと展示されており、郷土の暮らしぶりが伝わっている。水遊びできる体験コーナーや、定期的に企画展、イベントなども行われ、地域内での文化の継承に一役買っている。
  • 光城山
    旅行/観光
    長野県安曇野市豊科光
    高さ約900メートルほどの小高い山。安曇野の街並みとその先にそびえる北アルプスの山々を眺めることのできる景勝地である。ふもとから山頂にかけて登山道があり、その脇には約2000本もの桜の木が植えられている。春になると、ふもとから山頂にかけて花が咲きあがる姿が楽しめることから、桜の名所として有名。秋には紅葉も楽しめる。地元のハイキングコースとしても親しまれている。
  • 臼井吉見文学館
    旅行/観光
    長野県安曇野市堀金烏川2701
    安曇野市出身の臼井吉見氏の業績を紹介する文学館。小説家であると同時に編集者、評論家でもあり多くの小説家を指導し世に出してきた臼井氏。文学館では、代表作である「安曇野」をはじめとした多くの作品の直筆原稿を展示。加えて、所蔵していた700冊もの書籍も展示している。臼井氏が発行した同人誌や、編集長となって出版した「展望」や書籍なども展示されている。
  • 大庄屋 山口家
    旅行/観光
    長野県安曇野市堀金烏川70
    江戸時代初期に建てられた古民家。当時、近隣の村を収める庄屋たちをさらにまとめ上げていた大庄屋、山口家の邸宅。豪華な邸宅には、かつて松本藩主も逗留したと伝えられる。見どころは、書院から額縁のように眺められる、見事な日本庭園。今も丁寧に手入れされている古木が美しい景色を形作っている。日本画家、山口蒼輪氏の生家でもあり、庭だけでなく蒼輪氏の描いた絵も楽しむことができる。
  • 静の桜公園
    旅行/観光
    長野県大町市美麻3342
    静御前の伝説が残る桜が有名な場所。義経との再会を果たせずこの地で亡くなった静御前が突いていた杖がそのまま根付き、大木となった、という桜で、樹齢は約800年といわれている。開花期は5月下旬から6月初旬で、花は5mmほどの梅花状の可憐な花が穂先に咲くイヌザクラ。田園風景の中にある桜を見ながら伝説に思いを馳せたい。
  • 霊松寺
    旅行/観光
    長野県大町市大町6665
    応永11年(1404)に、實峰良秀禅師により開かれた県内最古の曹洞宗寺院。春と秋には本堂入口にある鳴き龍の天井絵の拝観ができる。天然記念物のオノツキイチョウがあり、葉の約1割に銀杏様の物を宿すことから、子宝の御守りとして持ち帰る参拝客も多い。秋には山門脇にあるオノツキイチョウが美しく紅葉する。

長野の主要エリア

around-area-map

中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「三嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

長野の写真集

目的から探す