長野

東信州

EASTERN SHINSHU

温泉に歴史、おしゃれ観光地まで、巡っておいしい楽しいエリア

長野県東部、千曲川を中心に広がる東信州エリア。県内屈指の晴天率を誇り、豊かな土壌と高原の気候を生かして野菜やワイン用のブドウなど、さまざまな農産物が豊富だ。大河ドラマ『真田丸』で有名な上田城がシンボルの上田市、日本唯一の穴城といわれる小諸城址は小諸市(こもろし)。天下無双の力士「雷電(らいでん)」出世の地である東御市(とうみし)や、多くの著名人に愛されたリゾート軽井沢町まで、浅間山のふもとに個性ある街が並ぶ。また、いずれも江戸時代は宿場町として栄えた歴史があり、北国街道沿いに「追分宿(おいわけじゅく)」「小諸宿」「海野宿(うんのじゅく)」、そして上田城址の宿場町「柳町」や「紺屋町」まで、今も趣ある街並みを見ることができる。もうひとつある街道は、追分宿で分岐して南へ続く中山道。佐久地域や長和町にも、当時の面影を感じられるスポットが点在している。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    上田城
    真田昌幸によって築城された上田市のシンボル、お堀の周りに多数の桜が咲く名所
    約400年前にこの地で六文銭の旗をひるがえし、真田三代が駆け巡って守った難攻不落の城。大軍の徳川勢を少数精鋭で撃退した上田城の構造は、真田昌幸の築城能力の高さが随所に伺える。歴史ロマンに浸れる公園だ。
    左から南櫓、東虎口櫓門(ひがしこぐちやぐらもん)、北櫓
  • spot 02
    眞田神社
    真田氏の知略と勝運にあやかる必勝パワースポット
    真田氏、仙石氏、松平氏という歴代の上田城主を祀っている神社。もとは松平家のご先祖を祀るためのお宮で、松平(しょうへい)神社という名前だったが、1963年(昭和38)に眞田神社と改名。上田を発展させ、復興させた先代の城主も合わせて祀り、上田城跡守護の神社とした。境内奥には、仙石忠政(せんごくただまさ)によって江戸時代初期に建てられた西櫓がある。明治時代に廃城となった上田城跡のなかでは、そのままの姿を残す貴重な建物である。二度の合戦にも落ちなかった「不落城」としても知られており、参拝する受験生、スポーツ選手も多い。また、ここでしか手に入らない朱印帳、季節限定御朱印や御城印を目当てに参拝する人も絶えない。
    東虎口櫓門櫓をくぐると見えてくる大きな鳥居
  • spot 03
    別所温泉
    ローカル線の終着駅・信州の鎌倉は、ゆっくり歩いて楽しい温泉街
    山のふもとに向かってゆるやかな坂道が続き、寺社仏閣、蕎麦屋、カフェ、ギャラリーなどが点在している別所温泉。日帰りでも、宿泊しても、ゆったり大人の休日を過ごせる温泉地だ。
    1400年の歴史をもつ信州最古の温泉
  • spot 04
    北向観音
    別所温泉の中心にある、全国的にも珍しい北を向いた観音様
    厄除けの観音様として知られる北向観音。歴史ある寺社仏閣が点在する塩田平の一角にあり、大晦日の深夜0時を跨いでお参りする2年参りや節分には多くの人で賑わう。境内からの上田市街の景観も合わせて楽しみたい。
    おごそかで風格あるたたずまいの本堂
  • spot 05
    安楽寺
    国宝指定・木造八角の三重塔を日本で唯一見られる寺院
    信州最古の禅寺、安楽寺。国宝や重要文化財があり、別所温泉を訪れたらぜひ見ておきたい場所のひとつだ。坐禅体験ができるほか、季節によって花まつりや写経会などのイベントも行われているので、気軽に立ち寄りたい。
    どっしりと迫力のある銅板葺き屋根が特徴の本堂
  • spot 06
    鹿教湯温泉
    江戸時代から続く湯治場。シカが教えてくれた山間の温泉地
    内村川沿いに広がる静かな湯治場。その昔、シカを追いかけていた猟師が源泉を見つけたという伝説から、鹿教湯(かけゆ)の名がついた。渓流の音に耳を傾けながら、のんびり散策を楽しめるのが魅力だ。
    新緑から紅葉、雪景色まで美しい五台橋と文殊の湯
  • spot 07
    生島足島神社
    池に浮かぶ島に置かれた本殿、信州屈指の古社
    日本の中心にあり、古くからパワースポットとして知られる生島足島神社。生島神、足島神の二神が祀られ、大地を御神体としている。武田信玄や真田昌幸をはじめとした武将からの信仰も厚く、様々な言い伝えと歴史が残る神社だ。
    境内はどこも鮮やかな朱色が印象的
  • spot 08
    稲倉の棚田
    「日本の棚田百選」に認定された古墳の残る棚田
    日本の原風景といわれる棚田。上田市殿城(とのしろ)地区にあるこの場所は、古墳が組み込まれた歴史の古い棚田だ。「お田植え祭り」や「棚田キャンプ」など楽しい保全活動が企画され、全国から人が訪れている。
    晴れた日には八ヶ岳や日本アルプスを見渡せる
  • spot 09
    信州白樺高原 長門牧場
    東京ドーム45個分の草原が広がる、おいしい、楽しい気軽な牧場
    標高は1400m。グリーンシーズンには動物たちが放牧され、のんびり草をはむ様子を眺めたり、触れ合ったりできる。新鮮な生乳を使用して自家工場で加工された乳製品は、何度でも食べたくなる絶品ぞろいだ。
    高原の晴天率は80%と、気持ちのいい天気が多い
  • spot 10
    旧軽井沢銀座
    軽井沢の歴史と、新たな文化が交差する場所
    昔ながらの老舗から、トレンドを感じる新しいお店まで、常に軽井沢の「今」を感じられる定番スポット。歩いて、食べて、買い物も。子どもから大人まで、ペットも一緒に楽しめる、軽井沢銀座の街歩きを満喫しよう。
    ウインドショッピングや食べ歩きを楽しめる賑やかな通り
  • spot 11
    万平ホテル
    静かな緑のなかで、避暑地の歴史とともに生きる宿
    落ち着いたたたずまいが美しいクラシックホテル。前身は、中山道・軽井沢宿の旅籠。明治時代、宣教師のアレキサンダー・クロフト・ショーらから、外国人に応対する技術や生活習慣を学び、1894年(明治27)に今の万平ホテルが生まれた。軽井沢本通りから万平通りに入りまっすぐ、閑静な別荘地を過ぎた先にある。メインダイニングの大きなステンドグラスや、和と洋が調和した木造のアルプス館など、風格を感じられる。アルプス館は国の有形文化財に登録されている。ジョン・レノンが気に入り、避暑のために家族で泊まりにきていたホテルとしても知られており、カフェテラスのメニューにはジョン直伝のロイヤルミルクティーも。ウッドデッキはペット連れも利用できる。館内には「万平ホテル史料室」があり、ホテルの調度品をはじめ、ジョン・レノンが気に入ったとされるピアノなども展示されている。
    明治時代から掲げられている「MAMPEI HOTEL.」の看板
  • spot 12
    追分宿
    今も昔も文化が息づく、中山道の宿場町散策
    中山道六十九次のうち江戸から数えて20番目の宿場。中山道と北国街道の分岐点でもあり、「追分」の名はこれに由来している。文化人にも愛された宿場町の雰囲気が残る街並みを、ゆっくり散策してみてはどうだろう。
    宿場町の風情が漂う。水路を挟んで右手には追分公園が広がる
  • spot 13
    軽井沢星野エリア ハルニレテラス
    軽井沢に暮らすように過ごす、心地良さの新提案
    軽井沢星野エリアの一角、ウッドデッキでつながれたテラスには、カフェ、レストラン、雑貨店、ギャラリー、リラクゼーションなど、個性豊かなお店がそろう。五感を満たす、とっておきの楽しみ方をご紹介。
    川の流れに沿って造られたハルニレテラスに続く遊歩道
  • spot 14
    軽井沢・プリンスショッピングプラザ
    子どもも大人もペットも一緒に、自然のなかでショッピング
    軽井沢の立地を生かした緑豊かな空間に最新のトレンドがそろう。友人と、家族連れで、ペットも一緒に。誰もが楽しめるアクティビティも充実。大自然を感じつつ、思いっきりショッピングを楽しもう。
    ゆっくりショッピングを楽しもう
  • spot 15
    白糸の滝
    軽井沢ドライブと癒やしの景勝地
    水が流れ落ちるさまが、白く細い糸のように見えることから名づけられた「白糸の滝」。癒やしのパワースポットとしても人気が高い。標高1400mのドライブウェイを駆け抜けて、全身で軽井沢の大自然を感じよう。
    岩壁を伝う滝は幅70mにもなる。水の音も心地良い
  • spot 16
    白駒の池
    コケの森の向こうに広がる、神秘の湖
    北八ヶ岳の広大な原生林のなかに、穏やかに水をたたえる白駒の池。一面を緑に覆われた幻想的なコケの森を抜けた先に広がる景色には、きっと新鮮な感動がある。標高2115mの別天地をじっくりと満喫しよう。
    標高2000mを超えていて真夏でも涼しい白駒の池。ボートで楽しむのも良い
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    上田市から東御市、小諸市、軽井沢町までは、しなの鉄道で結ばれている。いくつかのプランと食事を楽しめる観光列車「ろくもん」も人気だ。

  2. その2

    長門牧場や美ヶ原高原、美ヶ原高原美術館までは、自動車の移動が便利。東信州のみならず、ビーナスラインを経て諏訪茅野方面、松本市にアクセスできる。

  3. その3

    軽井沢町周辺の道路は、夏のトップシーズンは特に混雑するので自転車や鉄道、徒歩を交えた散策がスムーズ。

  4. その4

    それぞれの市が離れており、1日で複数エリアをまわるのは難しい。温泉地が多いので、宿泊をからめたプランニングがおすすめ。標高差が激しいので、夏でも羽織るものがあると安心だ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

長野のその他のエリア

+ -
back
open

東信州エリア