NAVITIME Travel

長野の神社スポット一覧

  • 戸隠神社
    旅行/観光
    長野県長野市戸隠
    長野市・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社を配する神社。その起こりは神話の岩戸伝説に由来するとされ、古くから霊場として信仰を集めてきた。奥社までの参道を覆う樹齢400年の杉並木は圧巻の迫力で、CMの撮影場所としても使われたことも。社殿の間には急な坂道が続く箇所もあり、徒歩で回る場合は歩きやすい服装がお勧めだ。
  • 諏訪大社上社本宮
    rating-image
    4.5
    385件の口コミ
    旅行/観光
    長野県諏訪市中洲宮山1
    我が国最古の神社の一つで全国一万有余の諏訪神社の総本社である、諏訪神社 上社本宮は、弊拝殿と片拝殿のみで本殿を持たない、諏訪造りという独特の様式だ。貴重な建造物が数多く残っており、6棟は国の重要文化財に指定されている。諏訪明神は、古くは風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神、また武勇の神と信仰され、現在は生命の根源・生活の源を守る神と崇められている。中央自動車道「諏訪IC」から車で約5分。

    とても好きな場所です。四社全てを訪れるとそれぞれの良さがよくわかります。神聖な空気を感じられる素晴らしい場所です。是非、御詣り下さい。

  • 戸隠神社 奥社
    旅行/観光
    長野県長野市戸隠奥社
    「戸隠神社」とは、長野県長野市の霊山・戸隠山の麓に点在する奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の5社の総称であり、奥社は中社から約2.5kmの車道を進んだ先の参道(約2km)を徒歩で登りきった場所にある。祭神は天手力雄命。参道の途中にある随神門をくぐると、樹齢400年を超える杉の並木が続く神秘的な風景が広がっている。戸隠神社の御本社であり、開運や心願成就、五穀豊熟、スポーツ必勝などを願う参拝者が多く訪れるスポット。
  • 戸隠神社 中社
    旅行/観光
    長野県長野市戸隠3506
    祭神は岩戸神楽を創案した天八意思兼命。「神楽」とは神社の祭礼時や神様に捧げる歌舞の総称。日本神話の「天の岩戸開き」では、岩戸に隠れてしまった天照大神が岩戸を開くきっかけを作った神。御神徳は、開運・厄除け・商売繁盛・家内安全・学業成就。社殿天井の「龍の天井絵」は狩野派の河鍋暁斎により描かれたもので平成15年(2003)に復元された。境内には樹齢700年以上の御神木がある。
  • 諏訪大社下社秋宮
    rating-image
    4.0
    91件の口コミ
    旅行/観光
    長野県諏訪郡下諏訪町5828
    長野県諏訪郡下諏訪町にある神社で、国内に約25000社ある諏訪神社の総本社「諏訪大社」を構成する二社四宮のうち1つである。古くは五穀豊穣や武勇の神として信仰を集め、現在は生命や生活の源を守る神として崇められている。大しめ縄が目を引く神楽殿や二重楼門造りの幣拝殿は、国の重要文化財。ほかにも、樹齢約800年の「根入りの杉」など見どころが多い。7年ごとに4宮で行われる御柱祭や8月1日のお舟祭が有名。

    諏訪大社には上社(2箇所)と下社(2箇所)が諏訪湖の周りに存在します。上社は茅野市と諏訪市、下社は下諏訪町にあり、主宰神は上社の本宮が建御名方神、上社の前宮が八坂刀売神を、下社は建御名方神と八坂刀売神の両方です。 上社と下社とありますが社格は同じであり、伊勢神宮のような外宮→内宮と言うような参拝する順番の決まりごとはなく、外宮または内宮だけをお参りする「片参り」のような縁起が良くないこともないの...

  • 松原諏方神社
    旅行/観光
    長野県南佐久郡小海町豊里松原
  • 白鳥神社
    旅行/観光
    長野県東御市本海野1204
  • 鼻顔稲荷神社
    旅行/観光
    長野県佐久市岩村田4261
    JR小海線「岩村田駅」から徒歩20分。京都伏見稲荷の分霊を祀ると伝わる、日本五大稲荷のひとつに数えられる神社。鳥居の先にある「御姿殿」では、巻物を咥えた子持ちの稲荷狐が参拝客を出迎える。祭神は宇迦之御魂命(うかのみたまのみこと)で、天下泰平、五穀豊穣、家内安全、商売繁盛、交通安全、進学成就の守護神として信仰を集めている。朱塗りの柱で支えられた空中楼閣の社殿は京都清水寺と同じ懸崖造り。毎年2月11日には「初午祭」が行われる。
  • 筑摩神社
    旅行/観光
    長野県松本市筑摩2-6-1
    あがたの森公園から県道63号線を南下し筑摩橋を渡った先にある神社で、国府八幡宮とも呼ばれる。現在ある本殿は1439年に信濃を守護していた小笠原政康によって再建されたものとされ、他の神社と比較しても規模が大きく、室町らしい様式が見られることから国の重要文化財に指定。また長野県宝の拝殿や市の重要文化財である鐘楼「鳴らずの鐘」も見られる。御祭神は応神天皇や神功皇后で8月10日と11日のお船神事には多くの見物客が訪れる。
  • 塩野神社
    旅行/観光
    長野県上田市前山
    独鈷山の北の山麓に位置する神社。延喜元年に成立した歴史書「日本三代実録」に名前が出てくるほど歴史は古い。祭神は素戔嗚尊とされているが、古来から水の神として地元住民に信仰されていた。また武田信玄が朱印状を奉じて武運長久を祈ったとも言われている。社殿は江戸時代のものと考えられており二階建ての拝殿は県内では珍しく、建築の形式上貴重な建物となっている。また境内にある神橋は曲線を描いていることから太鼓橋とも呼ばれる。
  • 若一王子神社
    旅行/観光
    長野県大町市大町俵町2097
    わが国の三大流鏑馬、鎌倉の鶴岡八幡宮、京都の賀茂神社と共に名高い国内最大の子供流鏑馬が有名な神社。嘉祥2年(849)に創建がなされたと伝えられている。室町時代末期の地方色を示している御本殿の様式は、四隅に柱を立てた一間社で隅木入春日造り。重要文化財に指定されている。
  • 小菅神社
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    旅行/観光
    長野県飯山市大字瑞穂6043
    かつて北信濃の三大修験場の一つとして隆盛を誇った長い歴史ある神社。創立は今より約1380年前の、舒明天皇の代(629-641)だ。奥社本殿・奥社付属宮殿・小菅の柱松行事が国指定重要文化財になっており、長野県指定文化財・飯山市指定文化財など見どころが満載だ。

    ここは北信濃三大修験場として有名な神社です。樹齢300年ほどの杉並木の参道沿いには色々な奇岩があり、それぞれに名称が附せられている。国の重文、奥社までは里社からは約1時間程度の登山コースみたいなしんどい行程です。標高も約900mもあるらしい。約500年ほど前にここを修復したと云う記録が現存しており、当初は相当、昔に造営されたものと思われる。ご祭神は8柱、本殿、附属宮殿は室町時代中期の作らしい。それ...

  • 千国諏訪神社
    旅行/観光
    長野県北安曇郡小谷村千国
    別名「ささらすり」と呼ばれる例祭が有名な神社。ひょっとこのお面・だらしない襦袢・ちぐはぐな履物を身に着けた「ささら師」と呼ばれる男たちのユニークな所作が人気の祭りだ。塩の道 千国街道沿いにあり、往時の面影を色濃く残す里山にある。毎年9月第2週の日曜日に行われる。
  • 長倉神社
    旅行/観光
    長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉2283
    北佐久郡軽井沢町長倉にある神社。創祀は明らかではないが、平安時代の文献「延喜式」にはすでに記載が見られる古社である。現在の本殿は1758年に建造。境内周辺は「長倉公園」として整備されている。
  • 浅間神社
    旅行/観光
    長野県北佐久郡軽井沢町追分1155-7
    北佐久郡軽井沢町追分にある神社。明治期に浅間山の火山活動が活発化した際、明治天皇による勅祭が執り行われた神社として知られる。また、現在の本殿は軽井沢町内で最古の木造建築である。「追分宿郷土館」も隣接。
  • 白山神社
    旅行/観光
    長野県木曽郡大桑村殿1755-1
    木曽郡大桑村殿にある神社。白山神社をはじめ、熊野、伊豆、蔵王の4社殿を祀っている。1334年に建立された社殿はいずれも国の重要文化財に指定されており、県内でも最古の社殿建築である。日本遺産「木曽路はすべて山の中 -山を守り 山に生きる-」の構成資産の一つ。
  • 旗挙八幡宮
    旅行/観光
    長野県木曽郡木曽町日義2150
    木曽郡木曽町日義にある神社。木曽義仲によって祀られた八幡宮で、平家追討の旗挙げをした場所として知られており、社名の由来ともなっている。境内の大欅は木曽義仲の時代から生き続けていると言われ、樹齢800年以上と伝わっている。
  • 穂高神社
    rating-image
    4.0
    118件の口コミ
    旅行/観光
    長野県安曇野市穂高6079
    長野県安曇野市の神社で、海陸交通や産業の神として信仰を集めている。JR穂高駅そばにある本宮(里宮)と上高地にある奥宮、奥穂高岳の山頂にある嶺宮の3ヶ所に分かれおり、日本アルプスの総鎮守としても有名。本宮の境内には三殿方式の本殿や神楽殿、若宮社などが立ち並び、2本の欅が安曇野市指定天然記念物に指定されている。穂高人形を飾った船型の山車がぶつかり合う「御船祭」が毎年9月27日に行われ、多数の参拝客で賑う。

    「神竹灯(かみあかり)」は毎年11月末から12月初旬の金曜日、土曜日、日曜日の短期間、大分県の豊玉姫からの贈られて来る竹で境内各所に10,000本の竹灯籠が設置され、幻想的な灯りがともされます。(★★★★★+★★) 開催中は、一般の方も灯籠の着火に参加できますので、午後4時頃までに着火マン等の長い柄のライターを用意すると良いでしょう。(★★★★★) 開催時間は雨天以外の夕方4時から8時の4時間とな...

  • 四柱神社
    旅行/観光
    長野県松本市大手3-3-20
    長野県松本市大手にある神社で、天之御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神・天照大神の4柱を祭神としている。全ての願いが叶う「願いごとむすびの神」として厚い信仰を集めており、パワースポットとしても人気。地元では「しんとうさん」の呼称で親しまれている。10月1日から3日にかけて行われる例祭「神道祭」は、屋台や舞台奉曳展示、奉納花火で大いに賑わう松本を代表する祭りである。
  • 戸隠神社 九頭龍社
    旅行/観光
    長野県長野市戸隠奥社
    奥社本殿左にあり、地主神である九頭龍大神が奉斎されている。九頭龍大神は一説では9つの頭と龍の尾を持つ鬼が転じて、水を司る神になったとの事。また虫歯の神としても崇められている。それは虫歯を患った者が九頭龍大神の好物である梨を供え、梨断ちをして祈る。そうすることで、虫歯が治るとされていた。さらに雨乞いや縁結びの神としても尊信されている。

長野の主要エリア

around-area-map

中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「三嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

長野の写真集

目的から探す