NAVITIME Travel

長野の美術館スポット一覧

  • 常楽寺美術館
    遊ぶ/趣味
    長野県上田市別所温泉2347 常楽寺
    常楽寺境内にある美術館。池のほとりに立ち常楽寺にゆかりのある美術品や北向き観音に奉納された絵馬などを収蔵し展示している。全国有名寺院の古瓦コレクションで有名だが、棟方志功の版画、徳川家康が71歳の時に書いた日課念仏、北原白秋直筆の原稿、中国宋時代の聖観音菩薩像(愛称乙女観音)など貴重な品々も多く見ごたえがある。季節によって開館時間が微妙に異なる。
  • 小さな絵本美術館 八ヶ岳館
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪郡原村原山17217-3325
    長野県原村原山にある絵本専門の美術館。絵本作家さとうわきこが主宰しており、心おどる物語や美しい絵本の出会いの場を提供する。館内には絵本原画、絵画、古い絵本などが展示されているほか、図書室では国内外の様々な絵本や物語をゆっくりのんびり楽しむことができる。また販売コーナーではオリジナルグッズの販売、地元で活躍する絵画タイル陶芸など様々な作家のミニギャラリーを展開している。

    自分が子供の頃に出会った絵本、自分の子供に読み聞かせた事のある絵本、 将来の自分の子供に見せたい絵本、、、。 自分と絵本の過去・現在・未来を感じました。 緑の木々に囲まれた場所で、小さな施設だからこそ、この静けさが保たれる。 絵本の中で流れる時間を感じたい。

  • ガラス工芸展示室
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪市湖岸通り1-13-28
    中央道諏訪ICから15分のところにある美術館。館内には、「光の抒情」をテーマに19世紀末アール・ヌーヴォー、アール・デコ期のガラス工芸品を所蔵する世界有数の展示室がある。3本の茸をモチーフにしたエミール・ガレの代表作「ひとよ茸ランプ」をはじめ、ドーム兄弟、エミール・ガレなどの歴史的名作を中心に展示を行っている。2階は現代日本画展示室、他に多目的ギャラリー、ミュージアムショップ、カフェも併設されている。
  • サンリツ服部美術館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪市湖岸通り2-1-1
    茶道具を中心とした東洋の古美術に、西洋近現代絵画を加えた600点あまりの多彩な作品を収蔵している。本阿弥光悦が嫁に行く娘に与えたと伝えられる国宝「白楽茶碗 銘不二山」は、年数回展示される。館内には、展示室のほかにミュージアムショップや喫茶室があり、美術品の鑑賞のあとは、美しい景色とともにゆったりとした寛ぎのひとときを楽しめる。

    9月29日までの特別企画展「茶人に愛された数々の名碗 全47点の展示作品が時代順に並べられ、スマートフォンで聴くことが出来る解説と相まって、茶道の知識がなくても、充分に楽しめる展示になっています。 帰りは、喫茶室で諏訪湖の展望を楽しみながら、抹茶セットをいただきました。

  • SUWA(スワ) ガラスの里の美術館
    rating-image
    3.5
    82件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県諏訪市豊田2400-7
    諏訪湖のほとりにたたずむ三角屋根が目印の美術館。世界各国の著名なガラス作家の、繊細で感性豊かな作品の数々を展示し、常設展示は季節毎に替わっている。国内最大級の吹きガラス工房で、吹きガラスやキャンドル、トンボ玉などの制作体験をしたり、併設のガラスショップでアクセサリや食器など、見ているだけでも楽しいたくさんのガラス製品を購入できる。諏訪湖を一望できるベーカリーレストランもおすすめだ。

    館内はすべてガラス製品で出来ているので、明るく清潔です。 体験工房では自分の気に入った作品を作れたりするので、見るだけではなく、体験の楽しさも味わえます。

  • 須坂版画美術館・平塚運一版画美術館
    rating-image
    4.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県須坂市大字野辺1386-8
    須坂の版画家小林朝治氏の版画作品と、全国の版画家たちとの交流により朝治氏が収集した、創作版画運動による作品・版画同人誌の寄贈を受け平成3年(1991)に開館した美術館。大正期から昭和初期の版画作品を核にした近代以降の版画作品の常設展示を中心に、版画芸術の魅力を紹介している。

    須坂版画美術館「川西英と川上澄生」展&平塚運一版画美術館「裸婦百態」を見に行きました。両方とも同じフロアで繋がっています。入館料300円。JAF等2割引。展示室内の版画は撮影禁止。平塚画伯曰く『裸婦に始まり、裸婦に尽きる』。ラフな格好で見に行っても悪態を突かれることはないでしょう。

  • 奥村土牛記念美術館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県南佐久郡佐久穂町穂積1429-1
    日本画壇の最高峰にいた奥村土牛画伯の素描を収蔵した美術館。所蔵作品はすべて画伯からの寄贈によるもので、佐久地域で描いた作品を含め下図・書などと合わせ207点の作品を、年3回 の展示替を行って展示している。百一歳まで画筆を執り続け、生涯現役だった日本画家 奥村土牛の素顔に出会える美術館だ。

    佐久穂町出身かと思ったら、戦時中疎開されていたそうです。素描画がたくさん展示されています。二階のシャンデリアや格天井、柱時計のカチカチいう音が、とても素敵でした。お庭も歩けます。

  • 脇田美術館
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町旧道1570-4
    北佐久郡軽井沢町旧道にある美術館。現代を代表する洋画家・脇田和の油彩や素描などの作品約1,000点を所蔵している。6月上旬から11月上旬に開館し、脇田作品を中心とした展示に加えワークショップや講義、コンサートなども開催される。
  • 小さな美術館 軽井沢草花館
    rating-image
    5.0
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東19-40
    北佐久郡軽井沢町軽井沢東にある美術館。軽井沢の草花の絵を描き続けた画家・石川功一氏の作品を所蔵している。スケッチや油彩画などの作品を展示する企画展を毎年開催。併設のテラスからは庭に植栽された軽井沢の草花も観賞できる。

    石川功一氏が軽井沢の草花を描いた作品を鑑賞することが出来る美術館です。繊細で優しいタッチで描かれた絵画は氏の草花への愛情を感じることが出来る温かいものばかりでした。

  • 田崎美術館
    rating-image
    4.5
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉横吹2141-279
    軽井沢千ヶ滝ロイヤルプリンス通りにある美術館。軽井沢にアトリエを構えていた文化勲章受章の洋画家・田崎廣助氏の遺志により、その作品を保存展示する美術館として開館した。代表作の「阿蘇山」「朱富士」をはじめ「浅間山」など信州の山を描いた作品から、画人たちとの交流に関する資料の展示も行っている。

    軽井沢へ滞在していた際いくつかの美術館を回りました。こちらの美術館は緑の中の素敵で個性的な建築が印象的でした。 生誕120年を記念した田崎廣助展が開催されていました。

  • ルヴァン美術館
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉957-10
    北佐久郡軽井沢町長倉にある美術館。文化学院創設者・西村伊作氏の作品を中心としたコレクションを所蔵。その他、文化学院の教育に携わった芸術家たちの作品を常設展示するほか、毎年様々な企画展を開催している。併設のカフェは入館券なしで利用でき、広い庭と浅間山を望む店内でランチメニューを味わえる。

    週末観光にて訪問。軽井沢は長倉エリアにある美術館です。 文化学院の創設者でもある西村伊作の作品を中心に展示しています。 カフェ利用であれば入館券は不要です。

  • 安曇野ちひろ美術館
    rating-image
    4.5
    174件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北安曇郡松川村西原3358-24
    長野県北安曇郡松川村の「安曇野ちひろ公園」内にある美術館で、絵本画家・いわさきちひろを始め世界の絵本画家の作品を収集・展示している。館内には、ちひろの代表作やゆかりの品、その生涯に関する展示のほか、絵本の歴史や世界の絵本の原画コレクションなどを紹介。約3000冊の絵本が読める図書室や小さな子供のためのプレイスペースなど、子供が喜ぶ設備も充実している。北アルプスを眺めながら休憩できる絵本カフェも併設。

    もしかしたら期間限定の展示だったかもしれませんが、絵に出てきた花をそのまま立体にした…というような展示があり、とてもすてきで何枚も写真を撮りました。また、こちらは常設ですが、絵本を読むことができるコーナーがあり、たくさんの絵本を時間の許す限り、気の向くままに読むことができとても有意義でした。美術館以外の楽しみもある美術館です。

  • 軽井沢千住博美術館
    rating-image
    4.5
    162件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉815
    世界で活躍する現代日本画家・千住博氏の作品を所蔵展示する個人美術館で、長野県北佐久郡軽井沢町にある。建築家・西沢立衛氏が設計を手掛けた建物は、明るく開放的な総ガラス張り。木々や花が美しいガーデンもあり、自然と調和した独創的な空間となっている。館内では千住氏の作品を紹介する展覧会やテーマに沿った特別展を開催。ベーカリーカフェやショップもあり、アートと自然をゆっくりと楽しむことができる。

    外見は新しいたてもので、そとの花もきれい。中は外からの光をいれたしゃれたたてもので、千住博の絵がかざられています。とくに水のおちる映写はきれい

  • 絵本美術館&コテージ 森のおうち
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高有明2215-9
    長野県安曇野市の赤松林の中にたたずむ美術館で、国内外の現代絵本作家の原画を中心に展示している。バーナーデット・ワッツの「マッチ売りの少女」やデリア・カンセラの「不思議の国のアリス」などの原画を収蔵しており、年に4から5回、テーマが変わる企画で展示。特に、宮沢賢治作品の世界に力を入れている。約8000冊の絵本が揃う図書室やミュージアムショップ、ハンドメイドケーキやランチが楽しめるカフェも併設。結婚式場としても人気で、宿泊可能なコテージもあり。

    安曇野ちひろ美術館から絵本美術館に移動。 静寂な森の中にポツンとあります。 自転車で来ている人もいましたが、帰路は暗くなり危険だと思うので、早めに行って、中で焦ることのないようにする事をオススメします。 せっかく行ったなら、ゆったり見たいですよね。 中は大人向きだと思いました。 カフェのみの利用も可能みたいでした。

  • 高橋まゆみ人形館
    rating-image
    4.5
    51件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県飯山市飯山2941-1
    平成22年(2010)にオープンした美術館で、飯山市在住の人形作家・高橋まゆみ氏の作品を常時100体ほど展示している。今にもおしゃべりを始めそうな田舎のおじいちゃん・おばあちゃんの表情など、どこか懐かしい人形の世界観をふるさとの原風景と合わせて楽しめる人気スポット。週末や祝日などは入場待ちの行列ができることも多い。展示されている人形は、年に2回程度入れ替わる。最寄は北飯山駅。

    2010年人形館にオープン! 高橋まゆみさんを、良く知らずにギャラリーへ。 ジオラマの人形達に吸い込まれ、一体一体の顔・動作・布地の配色や細かな作業に見とれました。 素晴らしい!

  • 岡信孝コレクション須坂クラシック美術館
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県須坂市大字須坂371-6
    長野県須坂市にある美術館で、明治時代に製糸業で財を成した牧家の屋敷を利用している。館内では、日本画家・岡信孝氏から寄贈された古民芸や着物コレクションなど約2000点を収蔵・展示。江戸時代から明治、大正の庶民の着物を見ることができる。展覧会はテーマを決めて開催。贅沢な材と職人技による凝った意匠が随所に見られる建物からは、当時の豪商の暮らしがうかがえる。

    中央通りの入り口にある美術館。日本画家・岡信孝氏のコレクション約2,000点を展示しています。 予約すると着物の試着も体験できる。

  • 深沢紅子野の花美術館
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217
    長野県北佐久郡軽井沢町の「塩沢湖」湖畔にあるレジャー施設「軽井沢タリアセン」内の美術館。明治44年(1911)築の洋館「軽井沢郵便局」の建物2階にある。軽井沢を愛し高原の花を数多く描いた洋画家・深沢紅子氏の水彩画200点を中心に収蔵・展示。季節のテーマに合わせた企画展や再現されたアトリエなどが鑑賞できる。1階はパスタが評判のイタリアンレストラン。

    軽井沢タリアセンにある美術館です。ペパーミントグリーンの歴史ある洋館が素敵でした。訪れたときは特別展の深沢紅子 屏風絵展が開催されていました。繊細なタッチの作品を鑑賞することが出来ました。

  • ペイネ美術館
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉217
    軽井沢タリアセン内にある美術館。フランス人画家レイモン・ペイネが愛用した画材や原画などを展示。ここではペイネが描く「恋人たちシリーズ」の作品を観覧できる。年に3回の展示替えやイベントも開催されている。建物はチェコ出身の建築家アントニン・レーモンドのアトリエ兼別荘を使用。時期により休館日、開館時間が異なるので、事前に確認が必要。
  • KARUIZAWA NEW ART MUSEUM(カルイザワニューアートミュージアム)
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-5
    日本の戦後から現在までの作品を展示。秀でたアート作品を国内外へ広めていくことを目的として誕生した美術館。企画展は日本の現代アート作家に限らず海外作家も含め開催。世界の美術ファンの期待に応えるため、工夫を凝らした展開になっている。館内にはレストラン・ブックカフェ・ショップがあり、ここでしか購入できない「KaNAM」のオリジナルグッズなどを扱っている。
  • 安曇野ジャンセン美術館
    rating-image
    3.5
    23件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    長野県安曇野市穂高有明4018-6
    安曇野市穂高有明の県道308号線沿いにある美術館。フランスで活躍したアルメニア人の画家、ジャン・ジャンセンの作品を専門に扱う世界初の美術館として平成5年(1993)に開館した。油彩、水彩、デッサン、版画など、様々な技法を用いたジャンセンの作品を展示しているが、時には他の国内外の作家の展示も行う。併設のカフェでくつろいだり、緑豊かな外庭を散策したりして楽しむこともできる。

    バレリーナの絵で有名なジャンセンの作品を展示しています。バレリーナといっても華やかなイメージよりもさびしさ、生きる悲しみを後ろ姿に感じさせます。

長野の主要エリア

around-area-map

中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「三嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

長野の写真集

目的から探す