長野の博物館/科学館スポット一覧

  • エルツおもちゃ博物館・軽井沢(ムーゼの森)
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉193(塩沢・ムーゼの森)
    長野県北佐久郡軽井沢町のミュージアムパーク「ムーゼの森」にあるおもちゃの博物館。エルツ地方の伝統工芸品である木工おもちゃや知育玩具等の展示や、企画展覧会も定期的に開催している。ミュージアムショップも併設されており、オリジナルデザインの干菓子やマグネット等の雑貨を購入することができる。
  • 真田氏歴史館
    遊ぶ/趣味
    長野県上田市真田町本原2984-1
    長野県上田市真田町にある資料館で、真田一族に関する資料を展示している。武田二十四将として活躍した真田幸隆、真田昌幸、真田幸村、幸村の兄で松代藩初代藩主となった真田信之の4人を中心に、真田氏の歴史を古文書や武具などの資料で紹介。昌幸・信之・幸村の精巧な復元甲冑が並ぶ様は見ものである。歴史館に隣接する「真田庵」では、くるみとごまのおはぎやそばすいとんなどの郷土料理を提供(4月15日から11月上旬の土日祝のみ営業。5月は毎日営業)。
  • 真田宝物館
    遊ぶ/趣味
    長野県長野市松代町松代4-1
    昭和41年(1966)、真田家十二代当主・幸治氏より譲られた武具・調度品等を展示する博物館として開館した「真田宝物館」は、国の重要文化財「青江の大太刀」や真田昌幸所用の「昇梯子の具足」、武田信玄・豊臣秀吉・石田三成・徳川家康の書状など、5万点に及ぶ貴重な資料を年4回の展示替えをしながら展示している。ワークショップや体験コーナーもある。上信越自動車道「長野IC」から車で約10分。
  • 茅野市尖石縄文考古館
    遊ぶ/趣味
    長野県茅野市豊平4734-132
    八ヶ岳山麓の縄文文化を代表する「尖石遺跡」の史跡公園内に佇む博物館。5000年前に繁栄したとされる縄文文化の遺物約2000点を展示している。八ヶ岳山麓は石器の材料である黒曜石の日本有数の産地でもあり、落葉広葉樹の実やシカやイノシシ、川魚が獲れる森が広がっていたことから縄文文化が栄えたといわれている。館内に展示されている、妊娠した女性モデルをデフォルメした「縄文のビーナス」と「仮面の女神」は、国宝にも指定されている貴重な文化財だ。
  • 松本市時計博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県松本市中央1-21-15
    古時計の研究者である本田親蔵氏から寄贈されたコレクションを中心に、さまざまな時計が展示されている。所蔵品は計1,000点にも及び、可能な限り動いた状態で展示を行うことを方針としている。時計の歴史と関連が深い、蓄音機の展示も行っている。建物の中心に組み込まれた、日本有数の大きな振り子時計が目印。
  • 軽井沢高原文庫
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉202-3
    数多くの文学作品の舞台になってきた軽井沢。その豊かな文学世界を体験出来るのが昭和60年(1985)に開館した「軽井沢高原文庫」だ。敷地内には堀辰雄が愛した山荘を移築しその内部を公開しているほか、有島武郎が情死した別荘「浄月庵」を移築し明治末期の重厚な内部を見ることも出来る。しなの鉄道「中軽井沢駅」から車で約10分。
  • プリンス&スカイラインミュウジアム
    遊ぶ/趣味
    長野県岡谷市字内山4769-14
    長野県岡谷市の「鳥居平やまびこ公園」内にある、日産スカイラインの博物館。歴代のスカイラインの展示や、パーツの展示等を見ることができる。また年に数回、トークショー等のイベントも開催されておりスカイラインの聖地として、多くの自動車ファンが訪れている。4月中旬から11月中旬まで営業しており、冬季は休業。
  • 黒耀石体験ミュージアム
    遊ぶ/趣味
    長野県小県郡長和町大門3670-3
    国史跡・星糞峠(ほしくそとうげ)にある体験型博物館。約87万年前の噴火でできた星糞峠の黒耀石は割れ口が鋭く加工しやすい性質で、旧石器時代や縄文時代の大きな遺跡がいくつも残された。ミュージアムはこの黒曜石原産地遺跡の麓。館内では、実際の石器やアニメーション、模型などのほか、黒耀石鉱山から発見された実際の採掘跡が移設展示もされている。また、石器づくりや勾玉づくりなどの体験することも可能。
  • 野尻湖ナウマンゾウ博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県上水内郡信濃町野尻287-5
    長野県上水内郡信濃町にある博物館で、昭和37年(1962)から続く野尻湖の発掘調査の成果を中心に、原始から現在までの野尻湖周辺の自然環境に関する資料を展示している。一番の見どころは、化石を元に復元された実物大のナウマンゾウとオオツノジカ。骨器や石器などの展示も豊富で、本物の化石を触れるコーナーもある。石器づくり体験などのミニ講座・イベントも開催。
  • 大鹿村中央構造線博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県下伊那郡大鹿村大河原988
    関東から九州まで、日本列島の西半分を縦断する日本最大の断層「中央構造線」についての展示解説を行う博物館。静岡県と県境近い南アルプスの主峰・赤石岳山麓にあり、中央構造線のほぼ真上に建つ。1000kmに渡る中央構造線陸上部分の中でも地形と断層露頭がはっきり観察できる稀有な場所だ。基礎知識がある人はもちろん、ない人にも学芸員の方が丁寧に説明してくれるため、日本列島の生い立ちから地震についてまでたっぷり学ぶことができる。
  • 長野市立博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県長野市小島田町1414
    川中島古戦場である「八幡原史跡公園」の一角にある博物館。地質や歴史、民族等の関係資料を展示した総合博物館となっている。常設展示では、長野盆地の歴史や、原始時代から中世以降の歴史を、ビデオや陶器等の展示品で紹介。さまざまな企画展も実施されている。館内にはプラネタリウムもあり、天文についても学ぶことができる。
  • 戸隠そば博物館とんくるりん
    遊ぶ/趣味
    長野県長野市戸隠3018
    長野県長野市戸隠にある体験型ミュージアムで、そば打ち体験や資料展示を通じて名産「戸隠そば」について学べる施設。地元のそば打ち名人が丁寧に教えるそば打ち体験では、そば粉を練るところから細く切るところまでを約1時間で体験。自分で打ったそばは館内で食べられるほか、持ち帰りも可。ミュージアムでは、戸隠そばの歴史とそば文化について、模型や実物を使ってわかりやすく紹介。展望台にある全長50mの滑り台は無料で利用でき、子供に人気である。
  • 市立大町山岳博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県大町市大町8056-1
    昭和26年(1951)に開館した日本初の山岳をテーマにした博物館で、長野県大町市大町にある。北アルプスの自然や歴史を紹介するとともに、山岳における自然と人との共生についての展示を行っている。付属の動植物園では、ニホンカモシカやフクロウなど北アルプスの鳥獣を飼育しており、平成28年(2016)からは国の特別天然記念物であるライチョウの飼育も再開。珍しい山岳の動物たちを見られるスポットとして人気がある。
  • 日本のあかり博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県上高井郡小布施町小布施973
    小布施の町の中心部に位置する、「日本のあかり」をテーマにした博物館。国の重要文化財にも指定されている「北信濃およびその周辺地域の灯火具-金箱正美灯火具コレクション」を中心に、あかりに関するさまざまな作品・工芸品が展示されている。事前予約制の「キャンドルづくり」などの体験ワークショップもあり。
  • 松本市立博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県松本市丸の内4-1
    長野県松本市の「松本城」敷地内にある市立博物館で、松本城や地域の歴史・民俗資料などを展示している。常設展示では、松本城についてや城下町のなりたちなど、原始から現代までの歴史を紹介。そのほか、押絵雛・七夕人形・道祖神・年取りのブリなど、庶民の生活や地元に伝わる伝統行事について学べる資料も展示されている。調査で出土した江戸時代の水道など貴重な発掘資料も見どころのひとつ。
  • 松本民芸館
    遊ぶ/趣味
    長野県松本市里山辺1313-1
    松本市街から車で15分ほどのところにある民芸館。ちきりや工芸店の主人・丸山太郎氏が、手仕事による日用品の中に美を見出した大正時代の「民芸運動」に触発されて蒐集した約6,800点に及ぶ民芸品のコレクションを展示するため、昭和37年(1962)に創設。昭和58年(1983)に建物ごと松本市に寄贈され、現在では松本市立博物館の分館という位置づけになっている。
  • 塩の道ちょうじや・流鏑馬会館
    遊ぶ/趣味
    長野県大町市大町2572
    大町市大町八日町にある歴史資料館。国登録有形文化財にも指定されている、江戸時代の塩問屋・平林家の住宅を利用し、塩や海産物の流通で栄えた千国街道に関する資料を展示している。また、併設の「流鏑馬会館」では、大町の流鏑馬や若一王子神社例祭に関する展示を行っている。
  • 文武学校
    遊ぶ/趣味
    長野県長野市松代町松代紺屋町205-1
  • 浅間縄文ミュージアム
    遊ぶ/趣味
    長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1901-1
    複合文化施設「エコールみよた」に併設された博物館。1万5000年-2500年前までの一万年以上の間続いた「縄文時代」と、信州の象徴「浅間山」をテーマにしている。13のテーマに分かれた館内では、竪穴式住居の資料や狩猟生活のための道具などを展示しており、100点を超える資料が国の重要文化財だ。体験コーナーも充実しており、15分から1時間程度の所要時間で縄文土器作りや火起こし、勾玉づくりや縄文コースター作りなどが体験できる。
  • 豪商の館・田中本家博物館
    遊ぶ/趣味
    長野県須坂市穀町476
    長野県須坂市穀町にある博物館で、江戸時代に穀物、菜種油、煙草、綿、酒造業などの商売で財を成した豪商「田中本家」の館を利用している。土蔵に取り囲まれた3000坪の敷地内には旧主屋や客殿、湯殿など様々な建物が立ち並び、四季の風景が美しい池泉廻遊式庭園も見どころのひとつ。展示館の土蔵では田中家で江戸中期から昭和にかけて使用されていた生活用品などを常設展示しているほか、年5回の企画展も開催している。

長野の主要エリア

around-area-map

中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「御嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

長野の写真集

目的から探す