NAVITIME Travel

八ヶ岳・小淵沢・清里・南アルプスの歴史/文化/見学スポット一覧

  • えほんミュージアム 清里
    rating-image
    4.0
    10件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市高根町清里3545-6079
    世界の絵本をテーマにした美術館。常設展ではイギリスの絵本作家である、エロール・ル・カインの作品を展示しており、企画展では絵本にまつわるさまざまな展示を開催している。また、自由に絵本が読めるカフェやミュージアムショップが整備されている。冬季は休館となる。

    緑が多い素敵な環境の絵本ミュージアムです。エロールルカインの作品を多く見ることが出来る大人でも十分楽しめるミュージアムでした。ノンタン絵本のスケッチや原画を展示した企画展も開催されていました。

  • 南アルプス市芦安山岳館
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県南アルプス市芦安芦倉1570
    中部横断自動車道「白根IC」より車で約30分。平成15年(2003)に開館した、山岳文化と貴重な自然のミュージアム。山岳文化を発掘し、研究・継承すると共に、自然保護や安全登山の普及、山を仲立ちとした様々な交流の実現を目的としている。北岳の映像がリアルタイムで見られるコーナーや、山岳図書を集めたコーナー、囲炉裏を囲む語り部コーナーなどがある。山岳館の建築にも使われた、山梨県産の木材を紹介するコーナーも設けられている。

    芦安温泉郷内の宿に宿泊したら、無料券をいただいたので、翌朝行ってみました。施設はとてもきれいで広い。南アルプスについてのビデオ上映もやっていたり、山で命を落とした方の特集をしていたり。登山に必要な道具が昔-現代にかけて展示してあり、登山の知識や歴史がよくわかり、南アルプスの地形の大きな模型があるので、登山道など立体的でわかり易い。地図やパンフレットも無料でもらえる。

  • 南アルプス市立美術館
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県南アルプス市小笠原1281
    中部横断自動車道「白根IC」または「南アルプスIC」より車で約5分。南アルプス市小笠原出身の画家・名取春仙の役者絵版画作品を中心に、日本画や挿絵・装幀などを収蔵する美術館。春仙と同時代に活躍した郷土ゆかりの画家たちや現代作家の作品も多数収蔵展示されている。また、ジャンルにとらわれない自由な発想の展覧会や、市民ギャラリーの貸出し、子どもから大人までさまざまな対象に向けた教育普及プログラムなどを展開している。

    見学したい展示会の時に行っています。規模は小さいですが中身は濃いです。付近には特別何もありませんので、催し物の案内を見てからお出かけください。

  • 安藤家住宅
    旅行/観光
    山梨県南アルプス市西南湖4302
    古市場バス停、一軒茶屋バス停から徒歩約30分。1708年に建てられた豪農の屋敷。安藤家は代々西南湖村の名主を務めた旧家で、建物は江戸後期から続く豪農の生活を知るうえで非常に貴重なものとなっている。往時のまま保存された茅葺き入母屋造りの母屋から表門、土蔵、茶室、中門、板塀まで、全てが国指定重要文化財。春の「安藤家住宅ひなまつり」では山梨独自の雛人形「横沢びな」などが展示される。
  • 武田八幡宮
    rating-image
    4.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    山梨県韮崎市神山町北宮地1185
    韮崎ICから車で約15分、韮崎駅からバスで約20分のところにある神社。822年に武田王の祠廟を遷座する際、九州宇佐宮を合祀して創建された。甲斐武田家の氏神としても奉られ、武田信玄が父である信虎から引き継ぎ、再建したのが今の武田八幡宮とされる。命日である4月12日の直前の金曜日から日曜日には信玄公祭りが執り行なわれ、多くの拝観者で賑わう。また、10月の例大祭では神楽奉納や御輿、出店等が行なわれる。

    武田家ゆかりの寺社観光スポットの中ではあまり訪問者がいない場所かもしれませんが、恵林寺・武田神社(躑躅ヶ崎館)・景徳院などと比べても見劣りしなく、むしろ一番なくらいの素敵な雰囲気の場所でした。パワースポットと言われるのもうなづけますね。 平日のお昼ぐらいの訪問でしたが、見学者は私ぐらいしかいませんでした。山梨の中心地からはやや西側の韮崎市のさらに山側へ位置するこの場所の立地状況から訪問者が少ないの...

  • 黒井健絵本ハウス
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市高根町清里朝日ヶ丘3545-937
    「JR清里駅」から車で約5分の所にあるギャラリー。平成15年(2003)に開館した。絵本のイラストレーター黒井健氏の原画などを展示している。今は絶版となった初の作品「ぼくの まち」や、作者の転機となった一冊「ごんぎつね」等も見ることができる。また敷地内にはアトリエも併設していて、作者本人も在館している事もある。その際には絵本にサインをしてもらえるサイン会を実施することもある。
  • 安達原玄仏画美術館
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市高根町村山東割2358-5
    中央道須玉ICから車で約10分の美術館。86歳で亡くなった女流仏画師・安達原玄の仏画を展示している。4.5m四方の両界曼荼羅図をはじめ、不動明王、阿弥陀如来、観世音菩薩の仏画をはじめとした数々の仏画を鑑賞することができる。「2005年愛・地球博」で展示されていたアジナテパ仏跡の13m大涅槃仏もあり、その大きさは圧巻。また、約700点あまりの世界のお面コレクションも展示されている。さらに要予約だが下図を元に仏画を描く写仏体験もできる。
  • 小淵沢絵本美術館
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3331-441
    中央自動車道小淵沢ICから約5分の所にある美術館。ターシャ・テューダーの暮らしぶりを紹介した写真展や欧米諸国の絵本や原画の常設展示をはじめ、国内外の人気作家の絵本の紹介を行っている。館内は小型犬であれば抱っこまたはキャリーケースでの入場が可能。中型以上のペットでもテラススペースに入場できる。またセレクトショップでは、世界各国の翻訳絵本やオリジナルグッズが購入可能。紅茶、コーヒーの飲み物のサービスがあるため、ゆっくりと絵本の世界に浸ることができる。
  • くんぺい童話館
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-930
    山梨県小淵沢町にある童話館。童話作家として多くの人に親しまれながらも夭折した東君平氏の作品を紹介する。どこか懐かしく愛嬌のある白と黒で表現される素朴な絵の原画や絵本が、作中の文と共に展示されゆっくりと世界に浸ることができる。また館内のショップでは絵本のキャラクターのぬいぐるみや、カレンダー複製画など、ここでしか購入できないグッズを多数販売している。

    八ヶ岳に行った時に、他に行くところもなくなってふらりと立ち寄りました。 別荘地の中にある普通の一軒家で、えっ本当にここ?と思いました。中は小さな図書館のようなスペースと展示スペースがあり、見覚えのある挿絵を見て、特にファンというわけでもなかったのですが、じゅうぶん楽しめました。

  • フィリア美術館
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3476-76
    中央自動車道小淵沢ICから車で約5分の美術館。平和をテーマにさまざまな絵画を展示している。常設展ではケーテ・コルヴィッツの彫刻作品やミエチスラフ・コシチェルニアクの銅版画を展示。ほかに年に数度の特別企画展では渡辺禎雄、四竃公子などの作品を鑑賞できる。第一展示室にはパイプオルガンが設置されており、演奏会などのイベントも開催。また館内には喫茶室があり穏やかなひと時を過ごせる。
  • 三代校舎ふれあいの里
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市須玉町下津金2963 津金学校
    山梨県須玉町にある明治、大正、昭和時代の校舎を利用した複合型体験施設。明治校舎は須玉歴史資料館となっており、昭和初期の復元教室をはじめ足踏みオルガンや鼓笛隊の楽器など懐かしい学校教材が展示され触れて体験することができる。大正校舎は農業体験施設として、予約制で各種農業体験が可能。昭和校舎はイタリアンや和食などのレストランやパン工房。特産品売り場、宿泊施設を備えている。春には南アルプスの山々を背景に、校庭にソメイヨシノを眺めるのがオススメ。
  • 八ヶ岳泰雲書道美術館
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市長坂町小荒間1919
    甲斐小泉駅から徒歩で5分。林の中にたたずむ、中国風の円形門と日・月・地球を表わした三つの丸窓が印象的な美術館。江戸末期の儒学書家柳田正斎・書家泰麓・泰雲と続く書法一家の三代目、泰雲の作品を中心に、約2000点を収蔵、 4-50点を展示している。芸術性の高い紺紙金泥作品、 発見の木などホログラムのシリーズなど見所も多い。 1・2階が展示室、 3階が研修室となっており、バルコニーには朱塗りの四柱あずま屋が設けられている。
  • えほん村
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-426
    八ヶ岳の林の中にひっそりと佇む、山小屋のような外観が特徴のえほん村。絵本を自由に読むことができる「ストーリー館」や絵本原本画展や大人のための絵本コーナーがある「アートハウス」など、日本で最初の絵本専門図書館。「0才?100才のこどものこころへ」木のぬくもりと絵本の世界を届けることがコンセプトになっている。可愛い絵が描かれている木造の劇場では、ワークショップや人形劇などを開催。併設されているカフェではオリジナルのハーブティーで寛ぎの一時を過ごせる。

    強い雨の中、予定変更を強いられ、たまたま近くにあったえほん村を訪れました。始めは2歳児から500円の入村料は高いかなと思いましたが、いざ入ってみると、流石、日本最初の絵本専門図書館。国内外の様々な絵本があり、子どもたちは夢中になって手にとっていました。家具、調度品は、造形作家の松村太三郎氏(村長)によるもので、とても落ちついた空間になっています。比較的、品のある家族の方々が多く訪れており、とてもい...

  • 清里フォトアートミュージアム
    rating-image
    4.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市高根町清里3545-1222
    八ヶ岳の清里高原にある写真美術館。作品は「生命あるものへの共感」「永遠のプラチナプリント」「ヤング・ポートフォリオ」と3つの理念に基づいて展示されている。企画展やワークショップも随時開催しており、館内にはおしゃれな雑貨を取り揃えたミュージアムショップがある。さらに300冊以上の国内外の写真集を閲覧できるスペースもある。

    清里にあるフォトミュージアムです。訪れたときは台湾写真交流展という企画展が開催されていました。 1970~1990年代の台湾での写真の数々はとても興味深いものでした。

  • 中村キース・ヘリング美術館
    rating-image
    4.0
    33件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市小淵沢町10249-7
    北杜市小淵沢町にある美術館。1980年代にニューヨークを中心に活躍し、31歳で夭折したグラフィティアートの先駆者、キース・ヘリングの作品を約300点所蔵している。北川原温により設計された建築も、キース・ヘリングの作品世界を体現するかのような斬新なデザインで、大きな見どころとなっている。

    ちょっとした時間つぶしのつもりで入ったのですがこれが実に面白かった。 もちろんキースヘリングの名前は知っているし、作品自体も様々なメディアで目にしたことがありましたが、改めてこうやってちゃんと見ると全く別物ですね。 また写真撮影に最適な場所も多数用意されておりSNS用の写真を撮影するのにピッタリな場所かもしれません。 おすすめできます。

  • 萌木の村オルゴール博物館ホール・オブ・ホールズ
    rating-image
    4.0
    14件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市高根町清里3545
    高根町清里の清里ライン沿い、「萌木の村」内にあるオルゴールの博物館。アンティーク・オルゴールをはじめとした自動演奏楽器を収蔵している。レコードやラジオが登場する前に発達した自動演奏楽器を通して、過去の時代の暮らしや文化に触れることが出来る。

    萌木の村にあるオルゴール館です。様々なオルゴールの展示や販売など可愛らしい音に囲まれた時間を過ごせました。特に1日数回開催される演奏会入って非日常の世界でした。

  • 清里ポーセリンミュージアム
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    山梨県北杜市高根町清里3545-550
    300年以上の歴史とその名を誇るドイツの名釜「マイセン」を中心とした16世紀から現代に至るまでの磁器コレクションを公開する目的で、平成9年(1997)に開館した「清里ポーセリンミュージアム」。繊細かつ優美な作品の数々が揃っている。1階から2階へ上がる階段の吹き抜け部分にある4枚のステンドグラスは必見。最寄りはJR清里駅。

    清里駅から近いミュージアムでコレクターさんが集めたマイセンの作品が展示されていて素晴らしいものばかりでため息が出ました。

  • ポール・ラッシュ記念館
    旅行/観光
    山梨県北杜市高根町清里3545
    『清里開拓の父』並びに『アメリカンフットボールの父』として知られるポール・ラッシュ博士の功績を紹介するミュージアム。館内には清里開拓当時の貴重な資料を展示しているほか、日本アメリカンフットボールの殿堂がある。また、博士が晩年を過ごした住居を保存・公開しており、ポール・ラッシュ博士の生前の生活風景が展示されている。
  • 平田屋住宅旧店舗
    旅行/観光
    群馬県桐生市本町1-6-28
    JR桐生駅から徒歩15分。平成24年(2012)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された桐生の町。そのほぼ中央、通りの東側に位置する歴史ある旧雑貨商店舗。平田家は、初代平田宇八が嘉永4年(1851)に独立して雑貨商を始め、その後染料や生糸などを扱うようになったが、戦時中は仕入れが困難に廃業した。明治時代の町家建築の貴重な遺構として、主屋と隣接する土蔵ともに平成18年(2006)に国登録有形文化財に登録された。
  • 新府城跡
    旅行/観光
    山梨県韮崎市中田町中條
    現在の韮崎市中田町にある、武田氏最後の城「新府城跡」。武田氏を代表する甲州流築城術の集大成であるが、織田軍に攻められ、築城した武田勝頼自身がわずか68日で火を放った悲劇の城である。現在では堀や土塁等の遺構があり、本丸跡近くにある新府藤武神社には毎年見事な桜が咲き誇る。

山梨の主要エリア

around-area-map

富士山で有名な山梨県は、東京からは電車やバス、車でアクセスができ、約1時間40分~2時間ほどで着きます。 山梨県は「富士山」がある県の一つで、日本の代表的な山の美しさをさまざまな角度から堪能できます。富士山に関連する文化財も数多くあり、「河口湖」や「忍野八海」など、周辺を見て回るだけでも飽きません。美しい渓谷の「御岳昇仙峡」や歴史的情緒のある「猿橋」など国の名勝も数多くあります。 内陸にある山梨県では魚が獲れないため、郷土料理としては山の幸を使ったほうとうが有名です。ほうとうは、長くて太い麺をカボチャや野菜と一緒に味噌ベースで煮る料理です。県内にはお店も数多くあり、さまざまな種類のほうとうがあります。また、身延地方では身延饅頭や身延湯葉といった郷土料理も楽しめます。その他、特産品のぶどうを使った甲州ワインや、お土産としても有名な信玄餅などもあります。

山梨の写真集

目的から探す