小浜

OBAMA

「海のある奈良」は歴史、文化、海からの景観をまとめて楽しめる

福井県西部に風光明媚なリアス式海岸が連なる。国定公園にも指定されている若狭湾だ。日本海に大きく口を開けた形で東西に長く続く海岸線の中央に「海のある奈良」とも形容される小浜が位置する。古くから大陸文化の玄関口として栄え、今も多くの古寺・名刹の残る地域だ。国宝、国指定重要文化財となっている寺院建築、仏像がめじろ押しで、特に仏像好きにはよく知られているエリアだが、そこだけが小浜の魅力ではない。海にそそり立つ奇岩、断崖などの絶景を海上から楽しめる遊覧船や、頂上駐車場から広大な海と空を一望できる観光道路など、同地には多彩な観光スポットがそろっている。古刹巡りと、悠久の時をかけて大自然が海岸に刻んだ造形美の観賞を小浜で一緒にエンジョイしてみよう。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    蘇洞門めぐり
    遊覧船で日本海の荒波が削り出した絶景を楽しむ
    蘇洞門は国の名勝に指定されているほか、アメリカのニュース専門放送局CNNの「日本で最も美しい場所31選」にも選ばれた、若狭湾を代表する景勝地だ。遊覧船に乗り込んで、荒々しい美をたたえた景観を満喫しよう。
    運航は3月1日から11月末まで。料金は大人2000円、子ども1000円
  • spot 02
    エンゼルライン
    若狭湾の風光明媚な景観を存分に楽しめる観光道路
    若狭湾の美観を360度の大パノラマで一望できる、とっておきの場所がある。小浜市北東部にある内外海(うちとみ)半島を走るドライブロード「エンゼルライン」の久須夜ヶ岳(くすやがだけ)展望台だ。片道9.7kmのドライブを楽しんでみよう。
    エンゼルラインの久須夜ヶ岳展望台から見える小浜湾の景観
  • spot 03
    明通寺
    豪壮な国宝建築が魅力を放つ、坂上田村麻呂ゆかりの仏閣
    国宝建造物2つ、重要文化財の仏像4尊を有し、小浜を代表する寺院でもある明通寺。創建は806年(大同元)と伝えられる古刹は、小浜市東側の深山幽谷の地にたたずみ、訪れる人の心を癒やしている。
    明通寺の本堂と三重塔。どちらも平安期に成立した日本の伝統的な建築様式である「和様」の建物だ
  • spot 04
    妙楽寺
    平安の輝きを今も保つ木造千手観音菩薩立像に会いに行く
    「海のある奈良」と呼ばれ、文化財の宝庫でもある小浜の真骨頂は仏像にあるといってもいい。小浜に古寺巡礼に訪れる仏像好きが必ず足を運ぶとされる妙楽寺を訪ね、壮麗な木造千手観音菩薩立像を拝した。
    中央の木造千手観音菩薩立像は平安中期の作で国重要文化財。同立像を納める厨子(ずし)は鎌倉後期の作でこちらも国重要文化財
  • spot 05
    羽賀寺
    女性的な曲線美をたたえる十一面観音立像に魅了される 
    小浜に限らず全国に諸仏が数多くあるなかで、ひときわ美しいと評されるのが、羽賀寺の本尊、木造十一面観音立像である。奈良時代の女帝・元正天皇をモデルにしているとされ、高貴な美貌に誰しも目が釘付けになるはずだ。
    本堂に安置される木造十一面観音立像。ふくよかで切れ長の目は、平安初期の仏像の特徴
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    小浜観光の主役である寺院の大半は駐車場を完備している。マイカー、レンタカーでのアクセスに支障はない。

  2. その2

    街なか中心の観光の場合は、JR小浜駅前にある若狭おばま観光案内所に観光客向けレンタサイクルが用意されているので、電動アシスト付自転車、スポーツタイプ自転車を借りて移動に使ってみよう。

  3. その3

    レンタサイクルで寺院巡りをする場合は、目的地とする寺院の位置をあらかじめ確認を。街なかからは距離のある、山あいに立地する寺院も少なくない。

recommend spot

関連記事

記事一覧

福井のその他のエリア

+ -
back
open

小浜エリア