福井

福井

FUKUI

悲運の歴史が眠る、戦火に消えた戦国武将の夢の跡を訪ねる

福井県の県都である福井市は、織田信長の宿将として知られる柴田勝家が、越前支配の拠点として1575年(天正3)に北ノ庄城と城下町を整備したのが始まりだ。江戸時代には石高68万石を誇る福井藩の城下町だったが、空襲や戦後に起きた震災で残念ながら貴重な町並みは失われている。とはいえ、市内には北ノ庄城の遺構が残っており、勝家と夫人のお市の方(信長の妹)が壮絶な最期を遂げた悲劇の地を訪れる歴史ファンは多い。また、福井市街の南東約10kmの位置にある一乗谷朝倉氏遺跡には、一見の価値がある。一乗谷は戦国大名の朝倉氏が拠点とした場所で、最盛期には人口1万に達し、「北陸の小京都」と呼ばれるほどの栄華を誇った。朝倉氏は1573年(天正元)に織田信長に攻められ滅亡し、城下町も灰塵に帰したものの、発掘調査の結果や史料を参考に約200mにわたる「復原町並」が1995年(平成7)に整備され、公開されている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    一乗谷朝倉氏遺跡
    現代によみがえった城下町で、戦国時代の暮らしに思いを馳せる
    戦国時代に越前朝倉氏が本拠地としていた一乗谷は、当時、日本有数の城下町として繁栄していた。最盛期には人口1万人を超えたという。「京の都に勝るとも劣らない」とうたわれた栄華の跡を訪ねてみよう。
    朝倉氏館の正門跡にある唐門。江戸中期に建てられた遺跡のシンボル
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    福井市へのアクセスは、自動車の場合、北陸自動車道福井北ICか福井ICを利用しよう。一乗谷朝倉氏遺跡へは福井ICが最寄りだ。

  2. その2

    鉄道の場合は、JR福井駅が観光の起点となる。一乗谷朝倉氏遺跡、東尋坊、永平寺などへ向かう特急バスが同駅前から出発している。

  3. その3

    一乗谷朝倉氏遺跡にJRで行く場合は、福井駅から越美北線に乗り換え、「一乗谷」で下車を。

  4. その4

    福井の3大グルメとして人気なのは、香り高いそばと大根おろしが絶妙にマッチする「越前おろしそば」、各店自慢のソースがカツに染みわたる「ソースカツ丼」、そして冬はズワイガニのトップブランド「越前がに」。福井の味覚の王様として君臨している。

  5. その5

    地元特産のお土産菓子としては、「羽二重餅」や「水羊かん」がおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

福井のその他のエリア

+ -
back
open

福井エリア