越前の旅行/観光スポット一覧

  • 氣比神宮
    rating-image
    4.0
    174件の口コミ
    旅行/観光
    福井県敦賀市曙町11-68
    名勝 おくのほそ道の風景地である「氣比神宮」は、福井県敦賀市に鎮座する 北陸道総鎮守 越前國一之宮だ。主祭神 伊奢沙別命(いざさわけのみこと)は食物を司り、また古くより海上交通、農漁業始め衣食住の生活全般を護り給う神として崇められている。大鳥居は重要文化財に指定されており、また文化財指定の能面尉・猿田彦面・敦賀市指定天然記念物ユーカリ樹など見所も多い。北陸自動車道「敦賀IC」より約10分。

    駅から徒歩で10分くらいのところにあります。無料の駐車場もあります。コロナの影響で手水舎の柄杓は撤去、御朱印も既に書いてあるものを渡すスタイルになってました。でも越前國一ノ宮の雰囲気はさすがです。自由に旅行できるようになったら再訪したいですね。

  • 敦賀赤レンガ倉庫
    rating-image
    3.5
    88件の口コミ
    旅行/観光
    福井県敦賀市金ケ崎町4-1
    明治38年(1905)に外国人技師により設計され、平成21年(2009)に北棟・南棟・煉瓦塀が国の登録有形文化財に登録された「敦賀赤レンガ倉庫」は、港の風と緑を感じながらノスタルジーと出会える場所だ。ジオラマ館では敦賀の歴史を、レストラン館では敦賀の山海の幸をおしゃれに、オープンガーデンでは海風を感じながらの散策が楽しめる。北陸自動車道「敦賀IC」より車で7分。

    敦賀駅から徒歩で20分くらい、そこそこあります。無料の駐車場完備。赤レンガの建物二棟が並んで立ってます。横にはキハ28がいました。中はいろいろな展示があるようですが、ランニング中だったので立ち寄れず。再訪しようと思います。

  • 人道の港 敦賀ムゼウム
    rating-image
    4.0
    67件の口コミ
    旅行/観光
    福井県敦賀市金ケ崎町1-44-1
    リトアニア・カウナスの領事代理杉原千畝が発給した「命のビザ」を握りしめた、シベリアで救出されたポーランド孤児や、ナチスドイツの手から逃れたユダヤ人難民が敦賀港に上陸したことに関連した展示がされている「人道の港 敦賀ムゼウム」は、貴重な資料館だ。杉原千畝の生の声や難民が残していった時計・命のビザの複製などもある。

    杉原千畝さんのことは色々な媒体で知っていましたが、助けられて世界各地に散っていったユダヤの方々の証言はとても新鮮なものでした。 皆さん高齢になっておられて早くにもっと沢山の証言を集められたらと思いました。 15分のビデオはとても貴重なものと思いました。 近いうちに新しい記念館が出来るようです。楽しみにしています。

  • 敦賀鉄道資料館(旧敦賀港駅舎)
    rating-image
    4.0
    57件の口コミ
    旅行/観光
    福井県敦賀市港町1-25
    敦賀市金ケ崎町の「金ヶ崎緑地」内にある資料館。東京から敦賀港に至る「欧亜国際連絡列車」の発着駅を再現した建物となっている。館内では、敦賀の鉄道の歴史に関する展示や、実物の鉄道資料、鉄道模型などの展示を行っている。

    明治時代、東京発敦賀経由ウラジオストクからシベリア鉄道で欧州に行けた時の場所です。現在は敦賀からはフェリーで北海道へ行けるみたいです。当時の敦賀は相当栄えていたのでしょう。

  • 御誕生寺
    rating-image
    4.0
    39件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市庄田町32-1-1
    福井県越前市庄田町にある曹洞宗の寺で、TV番組や各種メディアを通じ「猫寺」として知られるようになった。捨て猫や傷病猫の保護活動や避妊手術、里親への譲渡を行っており、境内には常に数十匹の保護猫たちが暮らしている。福井県の健康福祉センターと連携し、定期的に猫の譲渡会も開催。全国から猫好きの参拝者が多数訪れるスポットである。

    御誕生寺は禅宗のお寺です。それよりも猫の寺として有名で、多くの猫が境内を悠然と歩いていたりします。残念だったのはコロナの影響で猫に触ったりできなかったことです。本堂の前には白い大仏像がありますが、この大仏像にも猫が彫られています。

  • 道の駅 河野
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    交通
    福井県南条郡南越前町大谷86-1-6
    江戸から明治期に、「北前船」ゆかりの地だった南越前町にある「道の駅 河野」。越前加賀海岸沿いの場所で、標高200mにあるため日本海を一望しながら休憩することができる。物産販売コーナーでは越前がにや越前水仙など人気の商品が揃っている。

    途中で寄りました。トイレ休憩には良いです。海の見晴らしはいいですが、売店も、アイスくらいで、あとは土産物があるだけでした。

  • 越前和紙の里
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市新在家町8-44パピルス館内
    1500年の長い歴史と伝統がある和紙の産地、越前にある「越前和紙の里」。越前和紙の歴史や、産地ならではの和紙作品を多数展示している「紙の文化博物館」や復元した紙漉き家屋で、伝統工芸士の技が見学できる「卯立の工芸館」などがある人気の施設。和紙作りができる「パピルス館」は幼児から大人まで楽しめると人気の施設である。

    越前和紙の資料などを、展示している紙の文化博物館に、紙すき体験などができるパピルス館などもありますよ。

  • 劔神社(織田明神)
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    旅行/観光
    福井県丹生郡越前町織田113-1
    奈良時代より祈願の霊場と尊ばれ、朝廷をはじめ多くの人々から厚い信仰を受けてきた「劔神社」は、越前町織田荘の荘官として、また越前国二の宮劔神社の神官として神社に仕えてきた織田信長の祖先の故郷にある神社で、織田信長公が氏神と崇めた社として有名だ。本殿と劔神社摂社 織田神社本殿は県指定文化財となっている。

    越前の国の二宮です。織田信長に所縁のある神社です。信長の先祖はこの神社の神官といわれ領主の斯波氏の尾張移転に伴い、名古屋に移ったそうです。朱色の鳥居をくぐると、その先に本殿があります。織田神社や重軽石、婦スギなどもありました。織田氏のゆかりの神社のためか、団体のバスも来ており、結構参拝客が多かったです。

  • 越前がにミュージアム
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    福井県丹生郡越前町厨71-324-1
    平成28年(2016)にリニューアルオープンした「越前がにミュージアム」は、越前がにや日本海の神秘を遊びながら学ぶ体験ゾーン施設として、新しい「かに文化」に出会える場所だ。カニの仲間やカニの体のしくみなどを研究できる「クラブラボ」や、越前沖に住む四季折々の魚が見られる「海遊歩道」など、7つのゾーンに分かれている。

    2019年11月越前カニ祭りで大学2年の娘と訪れました。高速道路の事故、渋滞で到着が14時と出遅れました。道の駅越前で毎年開催されます。道路も渋滞、すごい人出です。カニを求めて「カニ食いに行こう」です。毎年、少しづつ値段が上がっています。けれど美味しいカニを食べに来てしまいました。

  • タケフナイフビレッジ
    rating-image
    4.0
    16件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市余川町22-91
    昭和54年(1979)に全国打刃物業界では初めて、伝統工芸品として国の指定を受けた「越前打刃物」は、およそ700年も昔からの伝統と歴史があるとされている。「タケフナイフビレッジ」では工場見学や体験教室を開催しており、伝統工芸士の技を見たり実際自分でペーパーナイフなどを作ってみたり、と貴重な体験ができる。

    刃物の作成過程を上から見えるようになってました。包丁は片刃や両刃で、色々なサイズがありました。この日は祭日で作業している職人が少ないそうです。

  • 道の駅 越前
    交通
    福井県丹生郡越前町厨第71-335-1
    円形の水槽で泳ぐ魚を見ながら新鮮食材を味わえるレストランや、露天風呂がある温泉など、充実した設備の「道の駅 越前」は、新鮮な野菜や海産物のほか、福井名産も数多く取り揃えている。お勧めは鯖の内蔵を丁寧に取り数日間塩漬けした後、さらに1年から2年、糠(ぬか)漬けにして作る福井の珍味「さばのへしこ」である。
  • 「ちひろの生まれた家」記念館
    rating-image
    3.5
    13件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市天王町4-14
    いわさきちひろが生まれた当時の面影を今に伝える「ちひろが生まれた家」記念館は、大正時代の趣を復元し、平成16年(2004)に開館した。ギャラリースペースでは、ちひろ美術館と連携した企画展などを随時開催しており、いわさきちひろの世界に様々な形で親しむことができる。

    日本を代表する絵本画家岩崎ちひろの生まれた家。歴史ある城下町の蔵の辻の南側の商家が並ぶ場所に建っています。武生の高等女学校の教師に単身赴任の母が身ごもりこの家の離れに借家をして大正7年(1918)12月15日にちひろを出産したそうです。当時の面影を残す家です。

  • 北前船主の館 右近家
    rating-image
    4.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    福井県南条郡南越前町河野2-15
    平成2年(1990)に開館した「北前船主の館 右近家」は、江戸後期-明治中期にかけて、日本海・瀬戸内海・上方の諸地域間の物資の流通や、文化の交流に重要な役割を果たした北前船をテーマとした資料館だ。右近家の廻船経営に関わる資料を中心に、村内に残る北前船に関する資料をテーマ別に展示している常設展のほか、特別展の開催、フォーラムや学習会など、様々な活動をしている。

    国道305号線沿いにあり、通りがかりに寄ってみました。展望台まで行っても一時間弱といったところ。西洋館は中まで見られます。展示は昔の地方の博物館というところですが、右近家の歴史が興味深いので、面白い。損保ジャパン寄贈の旗が道沿いにあり、「?」となるけど、見れば納得。

  • 福井原子力センターあっとほうむ
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    福井県敦賀市吉河37-1
    原子力とエネルギーの学習遊園地である「福井原子力センター あっとほうむ」は、ゲームやクイズが楽しめる「あっとシアター」や、参加体験型の展示物・屋外科学の広場・わくわく山歩道・隣接する原子力環境監視センターの他、学習プログラムも用意されている。バーチャル発電所見学などのイベントも開催している。

    発電の仕組みや色々な事が自分で体験出来る施設です。 再生紙ダンボールの迷路・屋外アスレチック・発電に 関わる人等、体験や勉強が出来る施設です。 小学生時代、近くに在れば科学を好きに成れたと思います。

  • みなとつるが山車会館
    rating-image
    3.0
    11件の口コミ
    旅行/観光
    福井県敦賀市相生町7-6
    敦賀市相生町の博物館通りにある資料館。毎年9月に行われる氣比神宮の例大祭「敦賀まつり」の際に巡行する山車6基の内、3基を入れ替わりで展示している。武者人形や鎧兜なども展示するほか、敦賀城主・大谷吉継の展示コーナーも常設。

    越前がにを無事購入後、10時開店の「どんと屋」へ、15分前でしたが整理券番号8、1組目で入れるのかと思いきや、2組目の8番目らしく「10時40分ごろになります」との由、近所を散歩します。 東方にやや足を進めると、気比神宮例大祭に使用する山車(やま)を展示しているという当館がありました。10時ちょうど、開館すぐの状況ですが観覧客はいません。山車も祭礼で実際に使用されているところを見るもので、屋内展...

  • 西福寺
    rating-image
    3.5
    9件の口コミ
    旅行/観光
    福井県敦賀市原13-7
    敦賀市原にある寺院。良如上人を開山とする浄土宗の名刹で、御影堂、阿弥陀堂、書院などの建物が国の重要文化財に指定されている。また、1,400坪もの広大な書院庭園は極楽浄土を地上に表現したものとも言われ、国の名勝にも指定。特に紅葉の時期には美しい景色を観賞できる。

    敦賀の庭園が紅葉がイチオシのお寺ですが、まだ早かった見たいです。片鱗は見えましたが、私には今の状態では庭園の良さが分かりませんでした。センスないのかな?

  • 越前和紙の里 卯立の工芸館
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市新在家町9-21-2
    越前市新在家町9丁目の和紙の里通りにある伝統工芸の展示施設。江戸中期の紙漉き家屋を利用した施設で、約1,500年もの歴史を誇る伝統工芸「越前和紙」の紙漉き工程のすべてを見学することができる。また、伝統的な「流し漉き」の紙漉き体験講座も実施。周辺一帯は和紙の産地として古くから知られる地区で、「紙の文化博物館」などの施設も整備されている。

    越前和紙の里通りの真ん中に建つ江戸中期の紙漉き家屋の移築復元した工芸館。伝統工芸士が昔ながらの道具を用いて和紙を漉く様子や和紙の天日干しなどが見ることができる場所です。妻入り卯立の家屋が風格あります。

  • 引接寺
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市京町3-3-5
    越前市京町3丁目にある寺院。天台真盛宗の開祖・真盛によって1448年に創建された宗派の別格本山である。境内には十六羅漢や鯉の滝登りなどの彫刻が施された総けやき造りの山門や、夜中に火の用心の見回りに出ると伝わる石仏などがある。

    武生駅から徒歩10-15分程度と近く、車でなくとも行きやすい立地でした。総けやき造りの山門がみごとな天台真盛宗の寺院です。この辺りには、妙国寺さんや総社大神宮などの神社仏閣が立ち並んでおり、散策しながら参拝して参りました。人通りが少ないため、賑やかさはありませんが、ゆっくりお参りすることができます。

  • 栄久寺
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市京町3-4-34
    越前市京町3丁目にある寺院。1525年に創建。境内に安置された鎌倉時代の僧・日像の作と伝わる「日蓮大聖人御木像」は、「厄除けの祖師」、「一木三体の祖師」などとも呼ばれ、古くから庶民の信仰を集めてきた。

    武生駅から周辺を散策にて発見したお寺です。嘉永にあった武生の大火で厄除の祖師像のみ残ったが、それ以外は焼失した。その後で再建されたとの事です。普通な感じのお寺でした〇

  • 總社大神宮
    rating-image
    3.0
    5件の口コミ
    旅行/観光
    福井県越前市京町1-4-35
    越前市京町1丁目にある神社。国司による国内巡拝の労を軽減するため、越前国の神霊を一か所に集めて合祀した総社で、大己貴命(おおなむちのみこと)や孝謙天皇などを主祭神として祀っている。市民からは「おそんじゃさん」の名でも親しまれ、「茅の輪くぐり」などの神事が行われる7月1日の夏祭りには多くの参拝客が訪れる。

    武生駅から周辺を散策して、ヨコガワという店でボルガライスを食べて、そのついでに立ち寄りました。『越前国府』と書かれた石碑がありました〇

福井の主要エリア

around-area-map

日本海と面した自然豊かな福井県は県内の空港に定期路線がなく、電車でのアクセスが基本となります。東京からは約3時間30分で到着します。 福井の定番観光スポットと言えば、日本の名勝にも指定されている「東尋坊」です。ここは、日本海に突き出した断崖絶壁になっており、その高さは25mもあります。また、近くには明治に開業した「あわら温泉」があり、のんびり温泉に入りたい方にはおすすめのスポットです。また、福井市には国の特別名勝にも指定されている「一乗谷朝倉氏遺跡」があります。戦国時代の風景がそのまま保存された遺跡で、当時の町並みをリアルに感じ取れる観光スポットです。福井県には他にも文化財が数多くありますので、史跡をめぐる旅もノスタルジックを感じて楽しめるでしょう。 グルメでは、県内で水揚げされる越前ガニが有名で、それを使ったカニ料理は絶品です。他にも越前そば、鯖寿司なども有名です。

福井の写真集

目的から探す