金沢の記念館スポット一覧

  • 金沢市老舗記念館
    rating-image
    4.0
    86件の口コミ
    旅行/観光
    石川県金沢市長町2-2-45
    天正7年(1579)開業の老舗薬種商「中屋薬舗」の建物を移築した記念館で、石川県金沢市長町にある。明治11年(1878)の明治天皇行幸の際に建築された文化財的に価値の高い外観はそのままに、内部の「みせの間」に藩政時代の旧中屋の店先を再現。2階には、金沢の町人文化に関する資料や伝統的な婚礼模様、各老舗で使われていた生活道具などの展示コーナーがある。

    金沢の武家屋敷後周辺の川沿いに金沢の歴史的文化工芸品を展示する老舗記念館という施設があります。 川沿いの風情ある武家屋敷風の中で数々の展示品をこれでもかと飾っています。 見栄っ張り金沢人の文化ですが、結納の品やそれに使われる水引の美しさ、手毬などの繊細さなどを堪能できます。

  • 室生犀星記念館
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    旅行/観光
    石川県金沢市千日町3-22
    金沢を代表する文豪、室生犀星の作品や業績を伝える記念館。室生犀星の生家跡地に建てられており、近くに犀星の名前の由来となった犀川や幼少期を過ごした雨宝院がある。記念館は二階建てとなっており、一階に常設展示室が二部屋、二階に企画展示室と常設展示室が一部屋ずつある。室生犀星の直筆原稿や、著書の表紙などが飾られている。二階には朗読コーナーがあり、著作の朗読や作詞した多くの歌を聴くことができる。

    室生犀星は特に文学的には興味があるわけではありませんが、「ふるさとは遠きにありて思ふもの、、、」のしで有名な金沢を代表する文豪の一人です。 その生家に立てられたきれいなビルが記念館ですが、本人は幼少期の頃にそばの雨宝院に養子に出されたそうです。

  • 徳田秋聲記念館
    rating-image
    3.5
    22件の口コミ
    旅行/観光
    石川県金沢市東山1-19-1
    石川県金沢市東山にある、金沢の三文豪のひとり「徳田秋聲」の作品とゆかりの品々を収集、保存、展示している記念館。主な収蔵品に多くの遺品・直筆原稿・筆跡・初版本などがある。館内には、年譜や基礎資料からその業績をたどる常設展示のほか、現存する秋聲の「書斎」を再現したコーナーやタブレット端末で秋聲作品の朗読を聞けるリスニングコーナーなどがある。また、来館の一週間前に予約をすれば、解説ボランティアが館内を案内してくれるサービスも利用できる。

    金沢三大文豪といわれる徳田秋聲氏の記念館、室生犀星の記念館と同じようにきれいな建物です。 特に「女性を描写させたら神レベル」と言われたほどですから、女性の遍歴もさぞやということでしょうか。 奥様を亡くされてからが作品もお元気が増したような尾崎紅葉の弟子、自然主義派の方ですね。

  • 石川県金沢港大野からくり記念館
    旅行/観光
    石川県金沢市大野町4甲2-29
    金沢港の先端部にある、からくり師・大野弁吉の業績や、からくりの展示・体験を楽しめる博物館。弁吉は石川郡大野村(現在の大野町)に住んでいた幕末の技術者で、当時最先端の科学技術を用いて様々な発明品を生み出し、からくり人形にもその技術力の高さを発揮。館内では弁吉を中心にからくりの世界を紹介。茶運び人形などの代表的な人形の展示や、動きを間近で見られる実演も随時行なう。江戸時代の子どもに人気だった「のぞきからくり」も楽しめる。月に2回、小学生向けに体験教室も開催している。
  • 泉鏡花記念館
    旅行/観光
    石川県金沢市下新町2-3
    金沢市下新町にある、作家・泉鏡花の記念館。泉鏡花の生家跡に建っており、初版本や原稿、ゆかりの品などの資料や、企画展などを通じて、泉鏡花の作品世界やその生涯に触れることが出来る。館内の講座室では、泉鏡花に関する講演会なども不定期に開催している。
  • 石川県銭屋五兵衛記念館・銭五の館
    rating-image
    4.5
    4件の口コミ
    旅行/観光
    石川県金沢市金石本町ロ55
    幕末の時代、鎖国状況の中で北前船を駈って国内外を駆け巡り、加賀100万石の経済を支えた海の豪商・銭屋五兵衛の記念館。平成9年(1997)、彼の人物像や偉業についての顕彰と資料収集、保存や情報提供を目的にこの記念館が建てられた。館内ではアニメ映像で銭五の半生を紹介するほか、北前船実物大1/4模型で擬似航海を体験することが可能だ。併設する「銭五の館」は銭屋の旧宅と3階建ての蔵を移築再現した建物。一族所縁の遺品を見ながら往時を偲ぶことができる。

    銭屋五兵衛さんは、両替商を営み、屋号を銭屋と生業をしていました。そして呉服、古着商、木材商、海産物、米穀にも商いを拡張し北前船を使って海運業にも及んだ、現代なら大商社です。銭屋五兵衛の人物像、偉業についての資料収集、保存されています。特に『年々留 五兵衛の日記』は県指定文化財です。

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す