NAVITIME Travel

金沢の和菓子スポット一覧

  • 柴舟小出
    お買い物
    石川県金沢市いなほ2-8
    大正6年(1917)に創業した老舗和菓子店「柴舟小出」のいなほ工場。白山ICを降りてすぐのところにある直営店で上品かつ質の高い和菓子の製造販売を行っている。屋号にもなっている「柴舟」は美しい小判型の煎餅生地に雪をはいたような白砂糖を引き、ぴりっとした生姜の風味を効かせた銘菓。生姜の風味や辛さを損なわないよう、約80度に湯煎した生姜蜜を1枚1枚丁寧に塗り上げているのが特徴だ。四季折々の旬をイメージした生菓子や慶弔菓子、贈り物に最適な各種詰め合わせ等も販売している。
  • 金澤 福うさぎ かなざわはこまち本店
    お買い物
    石川県金沢市袋町1-1 かなざわはこまち1F
    お店を代表する銘菓がそのまま店名になった菓子処。「福うさぎ」はうさぎをかたどった小さな蒸し饅頭で、色とりどりの5種類の福うさぎがある。それぞれ石川・金沢の名産品を中心とした素材の餡が入っていて風味豊かな味わいと可愛らしい姿で人気がある。
  • 歳時和菓子 越山甘清堂 金沢百番街店
    お買い物
    石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢駅 金沢百番街 あんと内
    昔ながらの手作りの味を守り続け、金沢らしい地元の菓子を作る和菓子処。明治21年(1888)に創業し、現在は従来からの金沢の文化風習を大切にしたお菓子に加え、地元の素材や新しい洋の素材をも取り入れた創作菓子の製造もしている。
  • きんつば 中田屋 金沢百番街店
    お買い物
    石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街 あんと内
    令和元年(2019)、85周年を迎えた、きんつばで有名な菓子処。こだわりの素材を使用し伝統の製法でひとつひとつ丁寧に作られる菓子は、見て楽しく食べて美味しい。「きんつば」のほか「鍔もなか」「大柴船」「やそとせ」など、手土産にも最適な商品が並ぶ。
  • まめや金澤 萬久 金沢百番街店
    お買い物
    石川県金沢市木ノ新保町1-1 金沢百番街 あんと内
    金沢・加賀・能登の素材と文化と伝統を、繊細な菓子で今に伝える店。加賀・能登の農家から仕入れた有機大豆や黒豆などの貴重な豆を使った豆菓子や、金沢の伝統技術である金箔貼り、加賀・九谷焼きの技術を用いたパッケージなど、魅力溢れる商品が豊富だ。
  • たなつや
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市下堤町19-4 近江町商店街中通り十間町口近く
    オーガニックファーム「金沢大地」が運営する穀物店で、石川県金沢市の「金澤近江町市場」内にある。米・麦・豆など自社栽培の無農薬・有機農産物を中心に販売。店内には、普段の生活の中で気軽に楽しめる穀物原料の調味料や加工品、お菓子など様々な食品が並んでいる。砂糖や人工甘味料を一切使わずに作る豆乳ベースの「じろあめソフトクリーム」や石川県の公式マスコットキャラクター「ひゃくまんさん」を模したキャンディと煎餅も好評。

    近江町の中にある、米飴や塩、豆類なんかを売っているお店です。米飴の種類はとっても豊富なんですが、個人的におすすめは白砂糖を使わず米飴を使用したソフトクリーム。これがとっても美味しいので夏になるとよく食べに行きます。 お店には食べるスペースはないのですが、かろうじてちっちゃなベンチがあるのでそこに座って食べることはできます。 ちょっと変わった食材、質のいいものを見つけたいときに行けるお店、体に負担の...

  • あめの俵屋
    rating-image
    4.5
    52件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市小橋町2-4
    石川県金沢市小橋町にある老舗の飴専門店で、創業は天保元年(1830)。母乳が出ない母親たちを見かねた初代が、赤ちゃんの哺育に使える栄養価の高い飴を作ったのが始まりといわれている。飴の材料には、国内産の米と大麦だけを使用。看板商品は水あめ状の「じろあめ」である。そのまま食べるだけでなく、野菜・魚・肉料理の隠し味にも使える自然調味料としても人気。

    水飴と違って甘さに角がなくまろやかな、じろ飴は外せません。 駅やデパートでも買えますが、風情のある店なので訪れる事をお勧めします。

  • 御菓子司 八野田 石野町店
    お買い物
    石川県羽咋市石野町ト14-1
    地産地消と素材の質にこだわりを持つ人気の和菓子店で、石川県羽咋市石野町にある。チョコレートとピーナツを加えた香ばしい皮で黄身あんを包んだ銘菓「余喜しぐれ」は、「第19回全国菓子大博覧会」で名誉金賞を受賞。もちもち食感の「神子原米だんご」や真っ白な生地の「神子原米ロール」など、ローマ教皇への献上品として知られる「神子原米」を使った和洋菓子も評判である。
  • 加藤晧陽堂
    お買い物
    石川県金沢市二口町ニ-94-1
    石川県金沢市二口町にある和菓子店で、城下町の風情を感じる上品かつ繊細なお菓子が評判。店内には、職人の手でつくられる季節の生菓子や干菓子、焼き菓子などが多数並んでいる。看板商品は、カラフルなもち米の煎餅を中心に詰め合わせた「加賀志きし」。手のひらほどの煎餅に描かれた花鳥風月の図案が美しく、まるで美術工芸品のような逸品である。夏のおもたせには、絵付けした煎餅に爪楊枝を挿した「うちわ煎餅」も人気。
  • 金沢うら田 御影店
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市御影町21-14
    石川県金沢市御影町にある和菓子店で、出産祝いやお見舞いの品として人気の銘菓「加賀八幡 起上もなか」が有名。金沢の伝統工芸品「加賀八幡起上り」をモチーフにした可愛らしい最中で、パリッとした皮の中に小倉餡がたっぷりと詰まっている。店内では他にも、手土産や贈り物にも喜ばれる生菓子や焼き菓子を多数販売。サクサクのシュー生地に抹茶クリームと粒あんを詰めた「和風シュー」も好評である。

    金沢は、和菓子処が多いので、どこのものを買おうかと迷うが、うら田は中でも、おすすめの和菓子処です。加賀八幡の起上もなかは、縁起物で赤ちゃんの誕生などのお祝い事のお土産にピッタリ。起き上がりの形がかわいらしく、小倉餡が香ばしい。

  • 茶菓工房たろう 鬼川店
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市長町1-3-32
    石川県金沢市長町の観光名所「長町武家屋敷跡 野村家」の隣にある和菓子店で、商品の販売スペースのほか甘味処も併設している。店内では、カカオやピーナツバターを使った斬新な味わいの羊羹、色とりどりの寒天を乾燥させた一粒菓子など、新感覚の和菓子を多数販売。野村家の庭園を眺めながらつくろげる甘味処では、上生菓子付きの抹茶や白玉あずき、ぜんざなどが楽しめる。

    武家屋敷跡にある小さなカフェです。ぱっと見席が見えませんが、奥に10席ほどのイートインスペースがあります。 目の前に武家屋敷の庭が見えてとても落ち着いた時間を過ごせました。 観光で町歩きに疲れたら、ちょっと寄ってみるといいでしょう。

  • 菓匠 高木屋
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市本多町1-3-9
    石川県金沢市本多町にある老舗の和菓子店で、創業は大正14年(1925)。全国菓子大博覧会で何度も受賞を重ね、先代の2代目は金沢菓子名工にも選出された金沢の名店である。代表銘菓は「大納言もなか」と「加賀棹菓子」。カラフルな最中の中にブドウやレモン味などの和風ゼリーが入った「紙ふうせん」は、見た目にも可愛らしく、贈り物やお土産として女性に人気がある。

    TV番組の旅サラダで紹介されたお店で、「紙ふうせん」というお菓子をお土産にしようと思っていました。 お店の方に、4日の賞味期限だけど「あんず餅」が美味しいです!と勧められて6個入り1050円も買いました。 家に帰り食べてみたら、紙ふうせんより、断然、あんず餅が美味しかったです。 白あんの中に杏が入ってお餅で包んでありました。絶品です!

  • 石川屋本舗
    お買い物
    石川県金沢市示野町西22
    石川県金沢市示野町にある老舗の和菓子店で、創業は天保年間。大量生産はせず、材料と味、昔ながらの手作りにこだわった伝統の和菓子を販売している。表面にくるみを配した味噌風味のカステラ「くるみ松風」が人気。金沢土産には、花や動物を模した色とりどりの干菓子を詰め合わせた銘菓「かいちん」も好評である。
  • 越山甘清堂 本店
    rating-image
    3.5
    5件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市武蔵町13-17
    金沢を代表する老舗和菓子店のひとつで、創業は明治21年(1888)。看板商品の酒饅頭「焼まん」は、現在まで100年以上も愛されてきたロングセラーである。店内には、特製の餡をしっとりとした皮で三角形に巻いた銘菓「金城巻」のほか、金沢土産の新定番として人気の杏菓子「犀星 杏っ子」など様々な和菓子が並ぶ。可愛らしい2種類の上生菓子が作れる和菓子作り体験(予約制)は、海外からの観光客にも好評である。

    武蔵が辻エムザ裏にあります。金沢の老舗の饅頭屋さんです。私は子供の頃からここの大判焼きまんじゅう、今の二倍あったこれも美味しかった、今日は氷室饅頭を買いに来ました。越山のあんこうは美味いです。

  • 落雁諸江屋
    お買い物
    石川県金沢市野町1-3-59
    落雁で有名な嘉永2年(1849)創業の老舗和菓子店で、石川県金沢市野町にある。加賀銘菓の伝統を守り、昔ながらの製法でつくられる落雁は、茶菓子の定番として金沢で愛されてきた。古い歴史を持つ銘菓「方丈菓子」や「加賀宝生」のほか、人気ドラマにも金沢土産として登場した「花うさぎ」などが人気。うさぎに似た可愛らしい包みと上品な甘さが魅力である。
  • 柴舟小出 野町本店
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市野町3-2-29
    金沢市野町3丁目の国道157号線沿いにある大正6年(1917)創業の老舗和菓子屋。生姜蜜をきかせた煎餅「柴舟」や、3種類の蒸しカステラ風和菓子「山野草」など、地産地消にこだわった和菓子を販売している。喫茶スペースも設けられているので、「西茶屋街」など近隣の観光の際にも立ち寄りやすい。

    金沢市野町にあります。前はここに本店があったが今は横川にあります。しっとり生地とこしあんで多幸感に包まれる桜餅、柴舟は有名だが桜餅も美味いです。

  • 和菓子村上・金沢本店
    rating-image
    4.0
    38件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市長町2-3-32
    金沢市長町2丁目にある明治44年(1911)創業の老舗和菓子屋。選りすぐりの小豆を熟練の職人の手で炊き上げた餡を使ったきんつばや、上生菓子、わらび餅などを販売している。柔らかな食感の「黒糖ふくさ餅」は、黒糖入りの焼皮で求肥とこし餡を包んだ人気商品。

    金沢長町にあります。和菓子、甘味処、たい焼き、アイスクリム、などあります。明治44年創業の金沢の老舗和菓子店です。餡ものを得意です。

  • あんこ&おやつ coji(コジ)
    rating-image
    4.5
    3件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市柿木畠3-3
    あんこを中心に扱っている和スイーツショップ。店内にはおやつにちょうどいいサイズの小ぶりなあんこのお菓子が並べられている。人気商品は、蜂蜜と黒糖を使ったしっとり生地でたっぷりのあんこを挟んだ「コジどら」。夏季限定で金時かき氷や、水ようかんも扱っている。なかには、コーヒーとあんこを組み合わせた「コーヒーぜんざい」や「カフェ・オ・レぜんざい」といった珍しいメニューもある。

    あんこが有名なお店です。とてもこじんまりとしたただ住まいですが、外観も内装もとても可愛らしいです。 どら焼き・葛餅・フルーツゼリーなどいろんな種類のお菓子があり、どれも濃すぎない味が美味しいです。

  • 落雁 諸江屋
    rating-image
    4.0
    29件の口コミ
    お買い物
    石川県金沢市野町1-3-59
    江戸時代に創業された、老舗和菓子屋。名物は昔ながらの製法を使った、華やかなデザインの落雁。明治31年(1898)の菓子品評会で金賞に輝いた、きなこを使った生落雁「方丈菓子」をはじめとして、落雁を使った菓子で様々な賞を受賞している。現在の一番人気は、かわいらしい小さな花の形の落雁をひとつずつ和紙でくるんだ「花うさぎ」平成29年(2017)お伊勢さん菓子博金賞を受賞し、ドラマの小道具として使われた。

    落雁はあまり好きではないのですが、雰囲気のある店構えと、店頭のぜんざいの写真を見て入店。 テーブルの上で自分で餅を焼いて、熱々のぜんざいに入れて頂きます。 餅を焼く香ばしい匂いも加わり、美味しかった。

  • 中田屋 元町店
    お買い物
    石川県金沢市元町2-4-8
    老舗和菓子店の元町支店。店舗は広く作られており、ギャラリーも併設している。看板商品は小豆の味わいを大切にした、きんつば。一粒ずつふっくらとした小豆が四角く整えられている。小豆は北海道産の極上大納言を使用。きんつばの生地にかかせない寒天は京都で作られた丹波寒天を使っている。地元食材の取り入れにも積極的で、特選きんつば「毬栗(いがぐり)」には、大きな能登栗がたっぷり入っている。

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す