金沢の遊び/レジャースポット一覧

  • 金沢城公園
    rating-image
    4.0
    2156件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市丸の内1-1
    外庭であった兼六園と共に石川県民の宝である「金沢城公園」は、加賀百万石前田家の居城であった城が広く一般公開されている歴史的空間だ。石川門・三十間長屋・鶴丸倉庫は重要文化財に指定されており、また近年再建された菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓は壮大で見所は数えきれぬほどある。加賀の歴史と文化を実感できる場所だ。北陸自動車道「金沢森本IC」より車で約20分。

    兼六園とセットで見て回る方が多いと思います。金沢城といってもお城の跡地というだけで、実際のお城は残っておらず、大きな公園という感じです。門をくぐると広い公園のような敷地が広がっています。ここではよくいろんなイベントが開催されています。お城を見る、というよりは、城の跡地を見ていろいろ思いを馳せる・・・というような場所です。

  • 石川県立美術館
    rating-image
    4.0
    161件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市出羽町2-1
    石川県金沢市出羽町にある総合美術館で、開館は昭和34年(1959)。昭和58年(1983)に現在地へ移転した。石川県ゆかりの作家の作品や加賀藩前田家ゆかりの古美術品を中心に、日本画から油彩画、彫刻、工芸品まで様々な作品を収集・展示している。野々村仁清作の国宝「色絵雉香炉」と国の重要文化財も収蔵。コレクション展示室は7つあり、作品を入替えながら紹介している。パティシエ・辻口博啓氏プロデュースのカフェも人気。

    当たり前といえば当たり前ですが…石川県の文化・芸術を堪能できる美術館。 ゆったりとした造りで有料エリアは2Fに6つのセクションで展示されています。 期間展が古九谷だった為、更に石川県の奥深さを堪能できました。硝子が邪魔…と思わず近づきたくなる作品ばかり… 美術館所蔵品である筈の加賀友禅の作品が思いの外少なかったことが少し残念… 利用はしておりませんが辻口さんのカフェも1Fに有り広々とした無料エリ...

  • 金沢市立安江金箔工芸館
    rating-image
    4.0
    141件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市東山1-3-10
    金沢駅から北陸鉄道バス・JRバスで「橋場町」下車徒歩5分。金沢の伝統産業「金箔」の博物館。金箔職人・安江孝明氏が金箔に関する美術品や道具類を収集し、北安江に金箔工芸館を建て展示したのが始まり。平成22年(2010)、老朽化により東山に移転。町屋の蔵をイメージした建物には所々に金箔が使われ、特に純金3号色という金箔が貼られたホールの天井ドームは必見。館内では、金箔の製造工程の展示や映像コーナー、美術工芸作品の展示など、金箔生産の歴史や、絢爛豪華な美術工芸品を鑑賞できる。

    金沢が日本にトップシェアを誇る金箔製作の過程を動画で分かりやすく学ぶことができる施設。金箔にも金塊の純度94%があることや、工程毎にいくつもの職人が関わること、機械で叩く紙を作るにも多くの時間と労力が必要なことには感心しきりでした。 金沢ループバスのチケットを提示すると割引があります。 館内は撮影禁止になっていました。

  • いしかわ生活工芸ミュージアム(石川県立伝統産業工芸館)
    rating-image
    4.0
    103件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市兼六町1-1
    石川県の伝統工芸品を収集した博物館。人気の観光スポット兼六園に隣接しており、施設の西口から直接入園できる。館内には経済産業省指定の伝統的工芸品10種を含む36業種が展示紹介されており、土日には様々な分野の伝統工芸士の実演を見ることができる。また陶芸体験やその他ワークショップイベントも随時行われている。JR「金沢駅」から車で約15分。

    石川県の「伝統工芸36業種」を見ることが出来ますよ。入場料も安く、素晴らしいなって思いました。 単純に、展示されてある石川県の伝統工芸を見て、抽象的な言い方だけど、石川県の「プライド」を垣間見ることが出来たような気がしましたよ。素晴らしかった。 あと、第3展示室だったかな?。伝統工芸・建築の匠によって作られた、武将、豊臣秀吉の「醍醐の花見屏風絵」庵も素晴らしかったでした。美しいです。 ちなみに、1...

  • 金沢フォーラス
    rating-image
    4.0
    104件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市堀川新町3-1
    金沢駅に隣接する商業施設。ファッションやスイーツ、生活雑貨、音楽、書籍などのテナントを揃える。また6階には幅広いジャンルの店が集まるレストランフロア、7階には9スクリーンを備えるシネマコンプレックスが併設されている。

    JR金沢駅に隣接するイオンが運営する商業施設です。かなり久しぶりに訪問しました。 イオン系列ですが、スーパーはテナントとして入っておらず、ファッション関係などのお店や飲食店、映画館などがあり、若者向けのお店が多いですね。 観光客も飲食店を利用しています。

  • 金沢蓄音器館
    rating-image
    4.5
    89件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市尾張町2-11-21
    石川県金沢市にある蓄音器の博物館。館内には、昭和50年代から収集された蓄音器600台、SPレコード3万枚ものコレクションが展示されており日本有数の所蔵数を誇る。毎日3回、所蔵品の中から選んだ蓄音器でSP盤をかけ、聴き比べ演奏会を行っている。使用する機種は、エジソンが発明した蝋管式から、蓄音器の王様と言われる「クレデンザ」まで。大正ロマンを感じさせる美しい外観も見どころ。

    金沢市尾張町にあります。金沢市に蓄音機館があるのが分かったので、早速行ってきました。全国的にも蓄音機だけの博物館は少ないと思います。ここで600台から蓄音機の音色は素晴らしいものです。

  • 石川県立歴史博物館
    rating-image
    4.0
    82件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市出羽町3-1
    兼六園から徒歩で約3分のところにある、赤レンガの建物が目を惹く博物館。かつて陸軍兵器庫、戦後は金沢美術工芸大学に使用され、国の重要文化財に指定されている。名前のとおり、石川県の歴史や文化を題材とした常設展示を行なっており、出土した骨を元に復元した縄文犬から、昭和頃のお茶の間の風景を再現したエリアまで時代を追っていくことができる。企画展や特別展も年に数回開催されているほか、学芸員の解説やゼミナールなど精力的に活動中。近隣の史跡や寺院を巡るツアーも主催している。

    やっぱり、石川県の歴史において、「加賀前田家と江戸幕府」が興味深かったでした。お勧めですね。 「兼六園」の近くにある、赤レンガの建物が「石川県立歴史博物館」です。その赤レンガの建物は、かつて陸軍兵器庫などとして使われていて、その各時代の再利用の中で、現在の「石川県立歴史博物館」ができたそうです。 で、「石川県立歴史博物館」は、そのまま、石川県の原始時代から現代に至るまでの歴史的展示物などを紹介して...

  • 金沢能楽美術館
    rating-image
    4.0
    76件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市広坂1-2-25
    金沢市広坂1丁目の県道10号線沿い、「金沢21世紀美術館」の近くにある能楽の美術館。金沢市の無形文化財に指定されている「加賀宝生」(加賀藩で発展した能の流派)に伝わる能面や装束などを収蔵・展示している。広坂は、かつて金澤能楽堂があったゆかりの地でもある。

    一般入館料¥310で二階の能衣装展示観賞と 一階フロアの数種類の能面、楽器、 能舞台の模型が観賞でき 更に 実際の能面と能衣装の着付け体験ができます(写真撮影は一階のみ) 貴重な品々を実際につけてみると 能面から見た視界の狭さや 衣装の重さに 驚かされました 因みに入館料は65歳以上¥210.高校生以下は無料なので 証明する物を忘れずに! 入館料のみで 貴重な体験ができるので...

  • 金沢市立中村記念美術館
    rating-image
    4.0
    35件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市本多町3-2-29
    お茶道具と金沢ゆかりの工芸品を鑑賞できる美術館として知られる。酒造家で茶道にも造詣が深かった実業家の中村栄俊氏が収集した茶道美術品を中心に、古九谷、加賀蒔絵、加賀象嵌など工芸品から現代作家の作品までを所蔵する。呈茶室では抹茶と和菓子をリーズナブルな料金で楽しめる。

    「美術品は一個人のものではなく国民の宝である」と収集した美術品を、財団を設立して展示。さらには収蔵品を金沢市に寄贈して、今の金沢市立中村記念美術館になったそうです。素晴らしい方ですね。 本多公園に入ると、まず旧中村邸が見えてきます。二階建ての落ち着いた建物です。蔵と並んで絵になります。 本館は1Fが受付、ミュージアムグッズ、喫茶室、ロビーで、2Fが展示室です。 書、絵画、陶芸、漆芸、金工など約1...

  • 十一代大樋長左衛門窯・大樋美術館・大樋ギャラリー
    rating-image
    4.0
    30件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市橋場町2-17
    「大樋焼」とは、加賀藩主五代・前田綱紀侯が茶道普及のため仙叟宗室を招いた際、郊外の大樋村(現大樋町)からの粘土を使って茶わんを制作したのが始まりと伝わる焼き物のこと。ろくろを一切使わず手で捻り、飴釉を施しているのが特徴だ。敷地内に建つ美術館は初代長左衛門から当代までの大樋焼作品や加賀藩に縁の深い茶道具類を展示しており、1年を通して見学することが可能。江戸時代に建てられた屋敷は当時の武家屋敷で、金沢指定保存建造物に登録されている。

    金沢市橋場町にあります、金沢市の陶芸家大樋長左衛門の窯の敷地内にあります見ごたえがある美術品が並びます美術館では珍しいミシュラン一つ星に認定されています。

  • 金沢21世紀美術館
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市広坂1-2-1
    石川県金沢市の中心に位置するガラス張りの円形美術館。館内は有料の展覧会ゾーンと無料の交流ゾーンに分かれており、館内外に様々なオブジェやアートが点在している。特に人気が高いのは、レアンドロ・エルリッヒ作の「スイミング・プール」(通称:レアンドロのプール)。地上から覗くとまるでプールの中に人が入っているように見え、プールを介して地上と地下で人と人が出会うことができる体験型の作品である。
  • 石川県立能楽堂
    rating-image
    4.5
    21件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市石引4-18-3
    石川県の能楽文化の保存・継承や振興の拠点として、昭和47年(1972)に金沢市に開館した能楽堂。独立した公立能楽堂としては全国初。能舞台は、昭和7年に建てられた金沢能楽堂の本舞台を移築したもので、長い歳月を経て何とも言えない落ち着いた色艶と風格を呈している。8月を除き毎月能・狂言・仕舞の上演イベントを開催。

    無料で、予約もなしで「能楽」の舞台を見学できるとはびっくりでした。素晴らしいです。 「兼六園」周辺を散策しているときに見つけた「石川県立能楽堂」です。「能楽」などの日本伝統文化は、なんとなく敷居が高そうで、私にとって無縁だと思っていましたが、まさか、無料で、しかも予約なしで「能楽」の舞台を見学できるとは驚きでした。 ガイドスタッフもついていただき、「能楽」についていろいろ説明をうけることができまし...

  • 石川県西田幾多郎記念哲学館
    rating-image
    4.0
    22件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県かほく市内日角井1
    かほく市内日角井にある博物館。地元出身の哲学者・西田幾多郎に関する資料を中心とした展示を行う、日本で唯一の哲学の博物館である。建築家・安藤忠雄により「考えること」をテーマに設計された施設には、約300席のホールや研修室、展望ラウンジ、哲学系の蔵書が揃う図書室や喫茶も併設している。

    かほく市出身の哲学者西田幾多郎を顕彰し、哲学の普及・啓発を図るために造られた文化施設です。展示室は三つに分かれ、「哲学へのいざない」、「西田幾多郎の世界」、「西田幾多郎の書」となっています。考えることがテーマのようで瞑想の空間「ホワイエ」もあります。また、展望ラウンジからは日本海、河北潟、そして遠方には白山連峰を展望できます

  • 花菖蒲園
    rating-image
    3.5
    14件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市東御影町 卯辰山公園内
    卯辰山公園にある花菖蒲園。卯辰山中腹につくられており、上段は「段々畑の花菖蒲」、中段は「せせらぎと花菖蒲」、下段は「池と花菖蒲」をテーマにしている。約100種20万株の花菖浦と、2,900株ほどのアジサイが植え込まれていて、6月中旬-7月中旬の見頃の時期は圧倒される美しさだ。

    菖蒲と紫陽花が綺麗に咲いている。 金沢駅からも車でアクセスが良い。 見頃の時期は駐車場が少ないため、少し上の方にある駐車場に停めて、散歩しながら降りてくると良い。

  • 金沢ふるさと偉人館
    rating-image
    3.5
    12件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市下本多町6-18-4
    古都金沢は藩政後期から今日にいたるまで様々な分野にわたって多くの先人を生み、育んできた町。数多くの先人たちの中でも広く親しみ知られている代表的な人物について紹介しているのがこの人物館だ。二階の常設展示フロアでは7つのコーナーに分かれて近代日本を支えた偉人たちの生涯や業績などを紹介している。中には「金沢市内小学生のリクエストによる偉人たち」のコーナーもあり、その偉業と生き方をより身近に感じとることが可能だ。先人たちに関する研究の拠点ともなっている。

    金沢歌劇座の裏にあります。建物は立派でしたが、だれもおらずちょっと怖かったです。それぞれの偉人については丁寧に説明してあります。しかし、やはりわかる人が少なく、「ここは地元の方用の施設なのかな?」と連れと話しました。 観光客向けとしてはちょっとお勧めできません。

  • 金沢市立玉川図書館近世史料館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市玉川町2-20
    情緒漂う赤煉瓦の建物が目を引く史料館。加賀藩、前田家の史料を中心に、約10万点を所蔵・公開する。館内では年4回の小規模な季節展のほか、城下図の複製展示、加賀藩主前田家の歴史や藩政時代の城下町などについてもビデオで紹介する。

    金沢駅方面から香林坊方面に裏路地を歩いて移動した際に、行きました。既にあたりは暗くなっていたのですが、建物がライトアップされていてとてもきれいでラッキーでした。レンガ造りである点も美しいと感じました。

  • 金沢湯涌江戸村
    rating-image
    4.0
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市湯涌荒屋町35-1
    平成22年(2010)に旧江戸村から引き継いだ農家3棟・武士住宅1棟・商家2棟・宿場問屋1棟・武家門1棟、総計8棟の移築が完了し開設となった施設。金沢を中心とする江戸時代の加賀百万石の文化や生活を今に伝えている。町家・武家ゾーンと農家ゾーンに分かれている建物は大変貴重で、国・県・市の文化財の指定を受けている。

    大きく農家ゾーンと町家・武家ゾーンの二つに分かれています。農家ゾーンには4棟の建物が保存されています。茅葺き屋根の建物で江戸時代に建てられたようです。江戸時代からある遊び、竹馬がありました。実際に乗ってみると難しいことがわかります。また、町家では旧山川家住宅が興味を引きました。現金沢市竪町にあった商家で安政年間に建てられた建物です。内部には優れた意匠の茶室なども往時の生活が偲ばれます。

  • 栄螺山
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市兼六町1 兼六園内
    兼六園内の霞ケ池西岸に立つ、内橋亭の背後にある築山。13代藩主・前田斉泰が、霞ケ池を掘り広げたときの土を利用してつくったもの。山頂に向かってグルグルとらせん状の道が延び、それがまるでサザエの殻を思わせることから名付けられた。

    兼六園のメインの池である霞が池のほとりにあるこじんまりとした山です。山には登れるように道が作られていて、くるくるとまわりながら登っていきました。木々がおいしげっている山で、山の上には塔のようなものがありました。

  • KARHU COLLECTION(カーフ コレクション)
    rating-image
    4.0
    6件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市主計町3-19
    金沢主計町茶屋街の一角にあるギャラリー。金沢をこよなく愛した版画家・クリフトン・カーフ氏の最後の自宅兼アトリエを改装したもので、カーフ氏の版画・墨絵・絵皿などの作品約20点を常設で展示・販売している。ギャラリーは、カーフ氏が生前デザインしたもの。和と洋が融合し調和した独特の空間で、画材や筆、版木なども展示している。また、作品は改築した土蔵に版画や墨絵約500点が保管されており、希望があれば実際に見て購入もできるファンには嬉しい場所になっている。

    金沢が地元の友達に連れて行ってもらった場所ですが、カーフさんの作品がとても素敵でした。行くまでは知らなかったのですが、とても気に入ったので、絵はさすがに買えないので手ぬぐいやカレンダーなど購入しました。カレンダーに書かれている日本語と英語の言葉がなんか響きました。手ぬぐいも上手くやればお部屋に飾れるので満足です。

  • ギャラリー三田(旧三田商店)
    rating-image
    3.5
    7件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    石川県金沢市尾張町1-8-5
    金沢市尾張町1丁目の国道159号線沿いにあるギャラリー。絵画や骨董の他、土産物なども販売している。昭和5年(1930)建築の洋館の中にあり、この建物は現存する貴重な近代建築として国の登録有形文化財にも指定されている。建物内には喫茶店も併設。

    浅野川大橋付近を歩いている時に見つけた洋館。 恐る恐る覗いてみるとギャラリーとなっているものの陳列されているのは骨董品のようです。 九谷焼の小皿などが窓際に並んでいて早速妻が食いつきました。 とても安いので数点購入しようかとも思いましたが、すでに小皿と箸置き・醤油スプレーを購入していましたので今回は我慢です。 飛行機の旅は時にこんなこともありますね。

石川の主要エリア

around-area-map

北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。

石川の写真集

目的から探す