南砺・五箇山

NANTO / GOKAYAMA

タイムカプセルから飛び出したような古き良き日本に触れる

1995年(平成7)に世界文化遺産に登録された「五箇山(ごかやま)の合掌造り集落」と創建600有余年の歴史を誇る大伽藍「井波別院瑞泉寺(ずいせんじ)」を擁するのが南砺(なんと)・五箇山エリアだ。五箇山では、深い山の中で連綿と受け継がれてきた山里の景観が広がる。茅葺き屋根の合掌造り家屋が並ぶ集落は、写真映えするスポットも豊富。一方、北陸最大の大伽藍を今に受け継ぐ南砺市井波では、瑞泉寺の広さ450畳の本堂がその規模で圧倒し、日本の木彫刻の名品を随所で見ることができる。ともにタイムカプセルを開いたような懐かしさに満ち、旅心をはずませてくれる。富山市と金沢市のほぼ中間にあるので、車なら両市から小一時間ほどで移動できる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    瑞泉寺
    彫刻の町・井波に建つ、北陸最大の木造大伽藍
    1390年(明徳元)、本願寺第5代綽如(しゃくにょ)上人が開創。600有余年の歴史のなかで地元に木造建築と木彫刻の技術を根付かせる役割も担った。信仰の地のおごそかな空気に触れながら、見ほれるような彫刻の数々を鑑賞したい。
    八乙女山のふもとに建つ単層入母屋造りの本堂(写真中央)と重層伽藍として造られた太子堂(左)
  • spot 02
    八日町通り
    散策のBGMは、心地良いリズムを刻む木彫りの槌音
    瑞泉寺の門前町であり、木彫刻の拠点として発展した八日町通り。100m弱の石畳の通りには町家や彫刻工房、酒造店などが並ぶ。どの家にも木彫りの看板や表札が掲げられ、さながら美術館のように多彩な木彫刻を楽しめる。
    八乙女山麓の瑞泉寺までなだらかな坂道が続き、格子戸のある町家が軒を連ねる
  • spot 03
    よいとこ井波
    時代小説作家・池波正太郎の足跡をしのぶ複合施設
    よいとこ井波は、八日町通りのなかほどにある観光と物販の複合施設で、「池波正太郎ふれあい館」を併設する。館内の売店では、麦芽とでんぷんで作る素朴な「太子あめ」をはじめとする地元菓子や、地元作家によるドライフラワーアレンジメントなど、手作り小物を販売する。「太子あめ」は、富山の丸薬の苦みを和らげ、つなぎとしても使われた麦芽飴を、よく練り上げて作られたものだ。長年地元で親しまれており、かつて樽入りで売られた時代を思わせる木製の容器で販売する。館内にはほかに木彫り工房と食事・喫茶の店があり、町歩きに疲れたら休憩がてら立ち寄るのにちょうどいい。建物奥には、『鬼平犯科帳』『剣客商売』『仕掛け人 藤枝梅安』などの時代小説で人気を博した池波正太郎氏の文学館がある。父祖の地が井波であった縁から地元との交流が始まり、2006年(平成18)に開設された。遺族の意向を尊重して無料で入場できる。
    彫刻工房、食事・喫茶、「池波正太郎ふれあい館」を併設。売店では地元の特産品を購入できる
  • spot 04
    菅沼合掌造り集落
    9棟の小規模合掌造り集落は、まるで昔話の舞台
    菅沼は小さいながらも、日本の木造文化と農村風景を代表する山村集落だ。かつて岐阜県白川郷と富山県五箇山で最大2000軒近くあった合掌造り家屋は、今では10分の1以下に激減している。まさに現代に残る貴重な人類の遺産なのだ。
    展望広場駐車場にほど近い高台から、庄川の谷あいにせり出した合掌造り集落を見渡せる
  • spot 05
    岩瀬家
    五箇山・白川郷で最大規模、5階建て合掌造りの屋敷
    庄川沿いの五箇山・白川郷に200軒ほどの合掌造り家屋が点在するなかで、最大規模を誇るのが岩瀬家である。建物の半分が総ケヤキ造りで、加賀藩の役人を迎えるための書院造りの座敷も備え、見どころは数多い。
    約300年前に8年の歳月をかけて建てられた。塩硝を取りまとめて加賀藩に納入する塩硝上煮役宅兼住居だ
  • spot 06
    塩硝の館
    加賀藩の密かな塩硝製造所で歴史の舞台裏に触れる
    五箇山では、鉄砲に欠かせない黒色火薬の原料になる塩硝が密かに作られていた。奥深い山に隠れ、加賀藩の軍事物資生産を担っていたのだ。蚕(かいこ)のフン等を弾薬の材料へ変えた製造の仕組みが、ここでわかる。
    入り口横では、戦国時代の火縄銃に関する映像が流れ、実際に銃を構えて写真を撮ることもできる
  • spot 07
    五箇山民俗館
    雪深い山村の暮らしを追体験できる資料200点を展示
    集落のほぼ真ん中にある170年ほど前に建てられた合掌家屋のひとつを使い、五箇山の歴史と伝統を追体験できる施設。展示資料は約200点を数える。さらに建物は菅沼で最も古く、しかも、ほとんど改修の手が加えられていないという。合掌造りは、養蚕や塩硝、和紙づくりといった生業の場と家族の暮らしの場が一体となっていることが特徴だ。1階は暮らしと和紙作り、床下が塩硝、2階から上は養蚕用に分かれる構造は、実に合理的。館内1階では、カンジキなどの履物や生活用品、衣類、農機具に塩硝の製造用具を置き、アマと呼ぶ2階の天井裏には養蚕用具を展示する。最長で5か月近く雪に覆われる豪雪地帯でもあり、家屋や生活用品には暮らしを快適にするための、さまざまな知恵と工夫がうかがえる。
    江戸末期に建てられた合掌家屋を民俗館として公開する。五箇山は今も3mほど雪が積もる豪雪地帯だ
  • spot 08
    五箇山旬菜工房 いわな
    いけすから取り出した、さばきたてのイワナの握りは絶品
    全国的にも珍しい「イワナのにぎりずし」を求めて、週末には開店早々から行列ができる人気店。イワナは、さばいたそばから身が縮むため、独特の弾力があるコリコリした食感が早々に失われる。これを理由に刺し身やすし種より、塩焼きなどで提供するのが一般的だ。しかし、店主の丹保実さんは、店内にイワナを100匹ほど生かして泳がせる生け簀を設置し、店舗近くで湧く伏流水をかけ流しにすることで、鮮度を保ったままイワナを提供できるようにした。やわらかいのにプリっとした歯ごたえもあるイワナならではの食感を、ぜひここで味わってほしい。そばは二八そばで、追いがつおを施した濃厚なダシと相性がいい。添えられる山菜や野菜類も地元産で、近所の南砺市楮(こうず)の農家から直接仕入れている。棚田で育てられた五箇山ぼべら(カボチャ)などの野菜類は、朝どれらしい鮮度で食が進む。イワナは、にぎりずしのほかカルパッチョも人気だ。
    「いわなのにぎり付山菜そば定食」1760円。地元産の野菜の天ぷらを添えたそばと五箇山豆腐、煮物が付く
  • spot 09
    相倉合掌造り集落
    五箇山最大の合掌集落に残る、懐かしさと感傷を呼ぶ農村風景
    20棟の合掌造り家屋と4棟の茅葺き家屋の計24棟が残る五箇山最大の合掌集落。1995年(平成7)に世界文化遺産に登録されたあとも、人々の暮らしの場であり続けている。今も朽ちない農村風景に心揺さぶられるはずだ。
    第1駐車場から5分ほど坂道を上った場所に全景撮影スポットがあり、集落を一望できる
  • spot 10
    相倉民俗館
    旧尾崎家の合掌造り家屋をそのまま使い、民俗資料などを展示
    相倉集落で世界遺産として保存される範囲は、合掌造り家屋だけではない。田畑や山林に加えて、屋根を葺(ふ)くための茅(かや)を育てる「茅場」や、集落を雪崩から守る「雪持林(ゆきもちりん)」も含まれる。つまり、人々の生活空間が丸ごと残されている希有な場所だ。相倉民俗館は、昔ながらの村びとの暮らしがわかるように旧尾崎家の住宅をそのまま活用し、生活の道具や農具などの民俗資料を展示する。合掌造り家屋同様、民具も金具などを使わず、頑強で長く使えるよう合理的に作られたものが多い。素朴ながら生命力にあふれた民具や装飾品からは、物に執着するのではなく愛着していた暮らしぶりが伝わってくる。館内では助け合いながら生きてきた往事の暮らしを解説したビデオを流し、囲炉裏端で、こきりこなどの伝統楽器を使った民謡を体験することもできる。
    先人の知恵と苦労が詰まった江戸時代の生活道具などを展示する。入場料は大人300円
  • spot 11
    流刑小屋
    「お縮り小屋(おしまりごや)」の異名、全国唯一の有形民俗文化財
    幅約3m、六畳板敷(約10平方メートル)で三方板囲いの小さな建物が、全国でただひとつ残る流刑小屋だ。庄川に近い斜面の一角にあり、車なら気づかず通りすぎるほど、さりげない遺構である。小屋が残る田向(たむかい)集落には、1690年(元禄3)に加賀藩士の安見与八郎が流されたのをはじめ、藩政期中に24人ほどが送られたという記録が残る。流刑人は住民との交友を許され、学問や社会知識を村人に伝えて慕われた者もいたらしい。しかし重罪人は、この狭い「お縮り小屋」に閉じ込められ住民と話すことも許されなかった。小屋は集落内に3棟あったもののひとつで、1769年(明和5)の大火で消失したのち、新築されたとされる。1963年(昭和38)の豪雪で倒壊したが、1965年(昭和40)に復元後、富山県の有形民俗文化財に指定された。柱には食べ物を出し入れした小穴が今も残る。穴から中をのぞくと罪人の怨嗟(えんさ)の声が暗闇から響くようで、思わず身震いしそうだ。
    流刑小屋の遺構は全国的にも珍しく、唯一現存する民俗文化財だ
  • spot 12
    道の駅たいら 五箇山和紙の里
    手土産にもなる和紙のはがきを作り、イワナの唐揚げに舌鼓
    道の駅たいらは、五箇山の特産品を扱う売店と飲食の複合施設で、相倉合掌造り集落から国道156号を車で13分ほど走った場所にある。奥には和紙作りを体験できる施設があり、はがきなら700円で3枚の作品を作れる。和紙にすき込むカラフルな素材が、あらかじめ用意されているので、子どもでも簡単に挑戦できそう。およそ30分かけて作り上げる和紙は、旅の思い出を閉じ込めた格好の土産品になる。土産品はほかに「和紙の里売店」で選ぶこともできる。プロの職人が作った和紙をモダンにデザインした製品が並び、じかに強度や手触りまで確認できるのは製造販売所ならではだ。また、館内の食事処「ふるさと」では、合掌造り家屋を思わせる黒光りする太い梁が特徴的な店内で、五箇山の味を堪能できる。香ばしいイワナの唐揚げを盛った岩魚そばがいちばん人気だ。
    道の駅案内所、和紙体験館、和紙や特産品の売店、飲食施設が集まる「道の駅たいら」
  • spot 13
    喜平商店
    豆腐本来の姿を味わえる五箇山最古の堅豆腐の老舗
    堅豆腐(かたどうふ)は、白山を中心とした北陸の山間地で広く作られている。豆腐はもともと、中国から製法が伝わったとされ、堅豆腐が本来の姿という。戦後に普及した絹ごし豆腐のようなやわらかさはなく、文字どおり縄で結わえて運べるほど堅めだ。五箇山伝統の堅豆腐を提供する喜平商店は、相倉集落から車で10分弱の国道156号沿いにある。五箇山で最古、大正初期創業の豆腐店だ。味の決め手になる水は、標高1000mほどのブナ林から湧く弱アルカリ性の伏流水を使う。にがり(硫酸カルシウム)は、豆腐が分離しやすいよう強め。南砺市産のエンレイ大豆本来の味をギュッと凝縮して生かすのが最大の特徴である。小さく切っても型崩れしないので扱いやすい。3代目店主の岩崎喜平さんは「刺し身でもいけるが、薄めに切って揚げるか田楽にすると、さらにうまみが増す」とイチ押しの味わい方を紹介する。薫製(くんせい)は日持ちするので土産品にもおすすめ。
    写真左から「五箇山どうふ」一角(ひとすみ)500円、薫製した豆腐を意味する「いぶりとっぺ」1本440円、「うすあげ」1枚150円、「あつあげ」1枚200円
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    五箇山へはJR北陸新幹線の新高岡駅やJR高岡駅から世界遺産バスに乗り換えて50分で着く。車なら東海北陸自動車道の五箇山ICが最も近く、菅沼集落まで3-4分だ。

  2. その2

    井波地区へは、あいの風とやま鉄道高岡駅からバスで55分。車なら北陸自動車道砺波ICから約15分で八日町通り下の「井波交通広場駐車場」に着く。

  3. その3

    井波と五箇山の間は車で20分ほどなので、足早に1日で両エリアを巡ることもできる。バスは運行本数が限られるので注意が必要だ。

recommend spot

関連記事

記事一覧

富山のその他のエリア

+ -
back
open

南砺・五箇山エリア