立山のスポット一覧

  • 黒部ダム
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    建設当時の金額で513億の巨費が投じられ、延べ1,000万人もの人手により、7年の歳月を経て完成した国内最大規模のアーチ式ダム。186mと日本一の高さを誇るダムからは、毎秒10立方メートルもの水が放出されている。敷地内には展望台や展望広場、放水観覧ステージ等が整備されており、大迫力の放水を間近に見ることができる。毎年6月下旬から10月中旬にかけて、観光放水が行われる。
  • 立山ロープウェイ
    rating-image
    4.5
    57件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外国有林内
    大観峰から黒部平までの1,700m、高低差488mを結ぶ立山黒部アルペンルートのロープウェイ。景観と環境保全の観点から一本も支柱が無いワンスパン方式が特徴で、この長さは日本最長。東に後立山連峰、西に大観峰の大斜面、眼下には黒部平駅に黒部湖と、360度大パノラマの景色を楽しむことができる。タイミングが合えば黒部湖に浮かぶ遊覧船ガルベを見下ろすことも可能だ。秋の観光シーズンには山いっぱいが紅葉で染まり、幻想的な風景を見せる。

    高所恐怖症の方は注意が必要です。大観峰から黒部平まで利用しました。スキー場のロープウエイに似ています。眼下には素晴らしい景色が広がってます。

  • 黒部の湧水
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂国有林内
  • 称名滝
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    水煙を上げながら一気に流れ落ちる落差は約350m、日本一の落差を誇る「称名滝」は迫力満点だ。水量が増すと称名滝の右側にハンノキ滝、更に増すと2つの滝の周りにいくつもの小さな滝が現れるという、とても珍しい光景に出逢うこともできる。ハンノキ滝は立山連峰の雪解け水が多く流れ込む春に見られる。
  • 雪の大谷
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
    室堂ターミナル周辺の道路を除雪した際にできる雪の壁。壁が連なる500メートル区間のことを総じて「雪の大谷」と呼ぶ。高さ20メートルに迫る巨大な壁は、およそ1ヶ月をかけてブルドーザーで少しずつ除雪し作られていく。毎年4月中旬から6月下旬のみ開催している「立山黒部・雪の大谷ウォーク」では、大迫力の雪の壁を間近で見て触ることができ、海外からも多くの観光客が訪れる。
  • 立山トンネルトロリーバス
    rating-image
    4.0
    40件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林内室堂平
    立山の主峰、雄山直下を貫通する全長3.7kmの立山トンネルを走る日本唯一のトロリーバス。電車と同じく架線から流れる電力で走ることが特徴で、トンネル内に排気ガスを滞留させることを防ぎ、自然環境保護にも役立てている。およそ30分毎に出発し、10分ほどで次の停車場に到着。大観峰と室堂間をつなぎ、ずっとトンネルが続く様はまるで洞窟探検のよう。走行中は観光アナウンスも流れ、この先も続くアルペンルートへのワクワク感が高められる。

    室堂から大観峰までを結ぶトロリーバスです。電源は電気です。よくもこのようなトンネルの中を通るなという感じです。日本の技術の高さに感心します。バスの中はフラッシュ撮影は禁止です。

  • 室堂ターミナル
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
    室堂ターミナルは日本で一番標高の高い場所にある立山黒部アルペンルートの駅。立山高原バス、立山トンネルトロリーバスの発着所となっており、アルペンルート内で最大規模のレストランや屋上展望台、ティーラウンジなどが併設されている。ホテル立山内の「レストラン立山」では、「白海老から揚げ丼さらさら汁セット」などの富山の味覚を存分に味わえるクイックメニューを提供している。ホテル1階の立山山頂簡易郵便局からポストに投函すると、記念の風景印を押印してもらえる。
  • 室堂平
    旅行/観光
    富山県立山町室堂
    標高2,450mに位置する観光の拠点。アルペンルート中心地や、登山の拠点ともなっている。周辺には剱岳をはじめ、3,000m級の山々がそびえ立つ。その他にも「みくりが池」や「地獄谷」、春には「大谷」の道路を除雪した後に出来る20mに迫る雪の壁など、散策スポットが多い。
  • 富山県 立山カルデラ砂防博物館
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂68
    富山地方鉄道立山線の終点、立山駅より徒歩1分のところにある博物館。地質・地形・生物などに大きな特色を持つ立山と、日本有数の大規模崩壊地である立山カルデラの歴史や自然を紹介している。室内展示館では、カルデラ内部からの眺めを再現したジオラマや、シミュレーションゲームなどから立山カルデラと砂防の様子をわかりやすく学ぶことができる。アルペンルートのリアルタイムの情報も紹介している。

    立山黒部アルペンルートの観光客で賑わう立山駅そばに ありながら立ち寄る人は少ないですが、富山平野を守るために 立山カルデラでは長年砂防事業が行われており、最近の日本で 起こっている災害を知る上でも訪れる価値大です

  • 立山高原バス
    rating-image
    4.5
    30件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外国有林内
    立山黒部アルペンルートの美女平駅から室堂駅までの約1,500mを運行する全員着席制の路線バス。立山室堂平は世界でも有数の豪雪地帯であり、4月から6月に姿を見せる「雪の大谷」は有名。高さ20mにも及ぶ雪壁がバスの窓スレスレまで迫る様は圧巻である。途中の停留所では、タテヤマスギの巨木や称名滝が見られる滝見台など雪の大谷の以外の見どころも多く、バス内で解説ビデオも流れるので途中下車する観光客は多い。

    美女平から室堂まで利用しました。車内は観光ガイドのアナウンスが日本語、英語などで流れます。観光スポットでは、バスはゆっくりと走ります。車窓からでも十分景色を楽しめます。

  • 立山黒部アルペンルート
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町
    そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にある「立山黒部アルペンルート」は、世界有数の山岳観光ルートだ。アルペンルート内は一般車両の通行はできず高原バスやロープウェイなど6つの乗り物を乗り継ぐ。四季折々に変化する雄大な自然は、数々の感動を与えてくれる。
  • 立山室堂
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂平
    室堂とは修験者が宿泊や祈祷する場として拠点となる堂のことを指す。室堂は日本最古の山小屋と言われ、1980年代までは立山や剱岳登山の拠点として実際に使用されていたという。また解体修理を行った際の発掘調査では12世紀頃の宗教的遺構が発見されており、鎌倉時代から使われていたことが確認されている。現在の建物は享保11年(1726)に再建されたもので国の重要文化財に指定。材木は美女平の原生林を使用しており、運搬方法は今も謎に包まれている。
  • 立山ケーブルカー
    rating-image
    4.0
    24件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外国有林内
    かつて黒部ダム建設用の資材を運んでいたケーブルカー。現在は立山黒部アルペンルートの立山駅から美女平駅を繋ぐ交通機関として活躍している。距離1.3km、標高差およそ500mの山肌を7分かけて登り、低山帯から山地帯の森林へと景色が移り変わる様子を楽しむことができる。また岩が柱のようになった柱状節理の岩肌が見られる場所もある。アナウンスによる案内も行われるため、アルペンルートの出入り口として存分に観光気分を味わえる乗り物である。

    立山・黒部アルペンルートの立山駅からの最初の乗り物です。ツアーなので、添乗員に言われるまま団体客のラインに並んで乗車しました。結構、中国からの旅行客もいました。美女平まで急な坂を登っていきます。個人だと、チケットの入手が大変そう。早めに行って、座席の余裕を確認して、集合時間にラインに並んでなど。

  • 立山あるぺん村
    rating-image
    3.5
    16件の口コミ
    交通
    富山県中新川郡立山町東中野新143-1
    北陸自動車道立山ICから車で約15分、立山山麓にあるドライブイン。フードコートでは、真っ黒のスープが特徴のブラックラーメン「ブラックチャーシューラーメン」をはじめ、北陸のB級グルメ「ソースカツ丼」など、富山ならではのメニューが豊富に取り揃えられている。土産物売り場で販売されている「幻のます寿司」は、脂の乗ったますを通常の倍以上も使用したこだわりの逸品だ。

    アルペンルートの終着地点立山〜富山駅間にあるお土産やさん。だいたい中間地点(すこし立山寄り)にあります。立山町にあるお土産屋さんですが、富山市のおみやげも売っていました。

  • 富山県 [立山博物館] 展示館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1
    JR富山駅から車で約45分のところにある博物館。立山山麓の芦峅寺にあるこの博物館では、「立山の自然と人間の関わり」について学術的・総合的に調査研究し、その成果を紹介している。13ヘクタールという広大な敷地内は、教界・聖界・遊界と名付けられた3つのゾーンに分かれており、展示館や遙望館など様々な施設がある。重要文化財の「銅造帝釈天立像」や、重要有形民俗文化財の「立山信仰用具」などの展示も行っている。

    映画点の記で剣岳山頂において発見された銅製の錫杖が展示されている。 立山信仰の概要が大体わかるので良い。女人禁制であったために姥堂が立てられそこに行くために布橋が架けられたが、廃仏毀釈によりほとんどが破壊されたとのこと。 立山信仰の歴史を知るにはよいところだが、ブナやカモシカ見てもあまり面白くないな

  • 黒部ダムレストハウス
    rating-image
    3.5
    32件の口コミ
    グルメ/お酒
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    黒部ダムの東岸に位置し、雄大な黒部湖を眼下に望むレストハウス。ここの名物は「黒部ダムカレー」。ほうれん草を加えた緑色のルーで湖面の色を反映し、扇型に盛り付けたご飯をダムに見立てるなど、黒部ダムの特徴を随所に取り入れている。「遊覧船ガルベ」に見立てた唐揚げをトッピングした子供向けダムカレーも人気が高い。他にも「破砕帯チョコムース」など黒部ダムの特徴を取り入れたデザートメニューも提供。また食事だけでなく、黒部ダムオリジナルグッズを扱う売店や休憩スペースもある。

    黒部ダムにあるレストハウス、セルフサービスやしメニューも簡単なものばかりだし、感想としては学食以下。 しかし、名物ダムカレーがあってこれはなかなか美味しい。 観光客としてはこれで満足。

  • 雄山神社 前立社壇
    rating-image
    3.5
    18件の口コミ
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町岩峅寺1
    富山地方鉄道・岩峅寺駅より徒歩約10分、立山IC・富山ICより車で15分のところにある神社。雄山神社は峰本社・祈願殿・前立社壇の3社からなり、3社の中で一番平野に近く立山の前に立つことから前立社壇と呼ばれている。毎年秋頃に「立山火祭り」を開催しており、熱した炭の上を裸足で歩く「参拝者火渡り」は誰でも参加が可能だ。

    越中国一の宮、雄山神社のひとつ。広い駐車場があり、参拝しやすい神社です。白い鳥居をくぐり、拝殿で参拝。古い狛犬があります。本殿は古く、国の重要文化財に指定されています。

  • ミクリガ池(みくりが池)
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
  • 黒部ダム展望台
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    黒部ダム駅から220段の地中階段を登った先にある展望台。黒部ダムを一望でき、北アルプスの大パノラマも楽しめる撮影スポットだ。標高1508メートルから望む立山連峰はまさに絶景。ダム展望台の下にある休憩スペース「ダム展望台レストハウス」では、破砕帯の水を使用したコーヒーを味わいながらゆったりと黒部ダムを眺めることができる。また売店では黒部ダムオリジナル商品を販売している。
  • 立山山頂簡易郵便局
    暮らし/生活/病院
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外11国有林内室堂平 室堂ターミナル1F
    立山アルペンルートの室堂ターミナルに5/1-11/5まで開設している郵便局。ターミナル1Fにあり、開設期間に投函すると立山山頂と書かれている特別な風景印が押印される。また立山オリジナルのフレーム切手も販売されており好評だ。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す