立山・黒部・宇奈月のスポット一覧

  • 黒部ダム
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    建設当時の金額で513億の巨費が投じられ、延べ1,000万人もの人手により、7年の歳月を経て完成した国内最大規模のアーチ式ダム。186mと日本一の高さを誇るダムからは、毎秒10立方メートルもの水が放出されている。敷地内には展望台や展望広場、放水観覧ステージ等が整備されており、大迫力の放水を間近に見ることができる。毎年6月下旬から10月中旬にかけて、観光放水が行われる。
  • 黒部峡谷 トロッコ電車
    旅行/観光
    富山県黒部市黒部峡谷口11
    日本三大渓谷・日本の秘境百選に選ばれている黒部ダムを走るトロッコ電車。日程、目的に合わせて黒部峡谷を存分に楽しめる。客車は気分や人数に合わせて3種類から選べ、沿線の見所を車内放送で案内してくれる。運行は4月中旬-11/30迄となっている。
  • 称名滝
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    水煙を上げながら一気に流れ落ちる落差は約350m、日本一の落差を誇る「称名滝」は迫力満点だ。水量が増すと称名滝の右側にハンノキ滝、更に増すと2つの滝の周りにいくつもの小さな滝が現れるという、とても珍しい光景に出逢うこともできる。ハンノキ滝は立山連峰の雪解け水が多く流れ込む春に見られる。
  • 黒部の湧水
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂国有林内
  • 室堂ターミナル
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
    室堂ターミナルは日本で一番標高の高い場所にある立山黒部アルペンルートの駅。立山高原バス、立山トンネルトロリーバスの発着所となっており、アルペンルート内で最大規模のレストランや屋上展望台、ティーラウンジなどが併設されている。ホテル立山内の「レストラン立山」では、「白海老から揚げ丼さらさら汁セット」などの富山の味覚を存分に味わえるクイックメニューを提供している。ホテル1階の立山山頂簡易郵便局からポストに投函すると、記念の風景印を押印してもらえる。
  • 黒部峡谷
    旅行/観光
    富山県黒部市宇奈月町舟見明日音澤
    飛騨山脈北部を立山連峰と後立山連峰に分断する、日本一深いV字峡の「黒部渓谷」は、四季折々の姿が人々を魅了する。その峡谷を縫うように走るトロッコ電車は、総延長20.1kmで約1時間20分の旅が楽しめる。トロッコ電車でしか行けない秘境は感動という言葉に尽きる。
  • 室堂平
    旅行/観光
    富山県立山町室堂
    標高2,450mに位置する観光の拠点。アルペンルート中心地や、登山の拠点ともなっている。周辺には剱岳をはじめ、3,000m級の山々がそびえ立つ。その他にも「みくりが池」や「地獄谷」、春には「大谷」の道路を除雪した後に出来る20mに迫る雪の壁など、見所が多い。
  • ミクリガ池(みくりが池)
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
  • 魚津水族館
    遊ぶ/趣味
    富山県魚津市三ケ1390
    日本海側初の水族館として大正2年(1913)に開館した水族館。現在のものは2度の閉館を経て昭和56年(1981)に開館した3代目。「北アルプスの渓流から日本海の深海まで」、「富山湾を科学する」をテーマに、日本初の全面アクリル製水中トンネルなどを使い、富山の水生生物などを展示する。また、「田んぼの生物多様性」のコーナーではトノサマガエルやアオダイショウなどの両生類、爬虫類も展示。
  • 立山ロープウェイ
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂外国有林内
    大観峰から黒部平までの1,700m、高低差488mを結ぶ立山黒部アルペンルートのロープウェイ。景観と環境保全の観点から一本も支柱が無いワンスパン方式が特徴で、この長さは日本最長。東に後立山連峰、西に大観峰の大斜面、眼下には黒部平駅に黒部湖と、360度大パノラマの景色を楽しむことができる。タイミングが合えば黒部湖に浮かぶ遊覧船ガルベを見下ろすことも可能だ。秋の観光シーズンには山いっぱいが紅葉で染まり、幻想的な風景を見せる。
  • 雪の大谷
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂
    室堂ターミナル周辺の道路を除雪した際にできる雪の壁。壁が連なる500メートル区間のことを総じて「雪の大谷」と呼ぶ。高さ20メートルに迫る巨大な壁は、およそ1ヶ月をかけてブルドーザーで少しずつ除雪し作られていく。毎年4月中旬から6月下旬のみ開催している「立山黒部・雪の大谷ウォーク」では、大迫力の雪の壁を間近で見て触ることができ、海外からも多くの観光客が訪れる。
  • 立山黒部アルペンルート
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町
    そのほぼ全区間が中部山岳国立公園内にある「立山黒部アルペンルート」は、世界有数の山岳観光ルートだ。アルペンルート内は一般車両の通行はできず高原バスやロープウェイなど6つの乗り物を乗り継ぐ。四季折々に変化する雄大な自然は、数々の感動を与えてくれる。
  • 大岩山 日石寺
    旅行/観光
    富山県中新川郡上市町大岩163
    北陸自動車道の立川ICから車で約15分のところにある寺院。725年に行基によって創建され、立山の山岳信仰の一端を担い、最盛期には21社60坊を抱える大寺として広く知られるようになった。上杉勢の兵火に見舞われ多くの寺宝や記録が焼失し一旦は衰退するも、歴代の前田家の祈願所として堂宇が再建された。境内には国指定史跡の大岩日石寺石仏、重要文化財の大岩日石寺磨崖仏など見どころも多く、不動明王を本尊とする「大岩のお不動さん」として親しまれている。
  • 黒部ダム展望台
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    黒部ダム駅から220段の地中階段を登った先にある展望台。黒部ダムを一望でき、北アルプスの大パノラマも楽しめる撮影スポットだ。標高1508メートルから望む立山連峰はまさに絶景。ダム展望台の下にある休憩スペース「ダム展望台レストハウス」では、破砕帯の水を使用したコーヒーを味わいながらゆったりと黒部ダムを眺めることができる。また売店では黒部ダムオリジナル商品を販売している。
  • 温泉噴水
    旅行/観光
    富山県黒部市宇奈月温泉富山地方鉄道宇奈月温泉駅前
    黒部市の富山地方鉄道「宇奈月温泉駅」前にある噴水。昭和48年(1973)に宇奈月温泉開湯50周年を記念して作られ、宇奈月温泉街のシンボルとなっている。黒部峡谷黒薙温泉から引湯された60度の豊富なお湯が勢いよく吹き上げられ湯けむりを上げている。90年以上続く宇奈月温泉の玄関口で、フォトジェニックな観光名所として有名だ。
  • 大観峰
    旅行/観光
    富山県中新川郡
    立山連峰の主峰、中部山岳国立公園を代表する山のひとつ立山の標高2,300m付近にある、紅葉の名所。見ごろは9月下旬-10月中旬で、大観峰から黒部ダムへ向かうロープウェイから、立山の美しい紅葉を見ることができる。立山トンネルトロリーバスで10分の大観峰には、断崖絶壁にせり出すように作られた駅兼観光施設があり、屋上の展望台から黒部湖や後立山連峰を大パノラマで一望できる。併設の土産屋では、大観峰駅限定商品「こんにゃく鉄砲漬大観峰」などを購入できる。
  • 海の駅蜃気楼
    グルメ/お酒
    富山県魚津市村木定坊割2500-2
    富山県魚津漁港で水揚げされた新鮮な海の幸・魚津の特産品の販売や、様々なイベントで活気あふれる「海の駅蜃気楼」は、中でも朝一が賑わう。交渉して買う楽しみもあり、朝一定食や浜焼きは人気が高い。毎月第2・4日曜日に開催しており、朝6時半-10時半迄なので行く際には確認したい。北陸自動車道「魚津IC」から車で7分。
  • 黒部湖
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    扇沢駅から関電トロリーバスで約15分のところにある黒部ダムの貯水池。黒部渓谷を堰き止めた巨大な人工の湖で、通称「くろよん」の名で親しまれている。日本一を誇るえん堤の高さは186メートルに及び、美しいアーチを描く。世界的に見ても最高クラスのものであり、その総貯水量は約2億トンと言われている。エメラルドグリーンに輝く湖面が美しく、夏でも涼しく観光にはうってつけ。名物の観光放水は毎年決まった時期に行われ、毎秒10トン以上の水が放水される様は迫力満点だ。
  • 立山室堂
    旅行/観光
    富山県中新川郡立山町芦峅寺室堂平
    室堂とは修験者が宿泊や祈祷する場として拠点となる堂のことを指す。室堂は日本最古の山小屋と言われ、1980年代までは立山や剱岳登山の拠点として実際に使用されていたという。また解体修理を行った際の発掘調査では12世紀頃の宗教的遺構が発見されており、鎌倉時代から使われていたことが確認されている。現在の建物は享保11年(1726)に再建されたもので国の重要文化財に指定。材木は美女平の原生林を使用しており、運搬方法は今も謎に包まれている。
  • ほたるいかミュージアム 道の駅 ウェーブパークなめりかわ
    遊ぶ/趣味
    富山県滑川市中川原410
    「道の駅 ウェーブパークなめりかわ」にあるミュージアム。ほたるいかの発光ショーが見られるライブシアターや深層水で飼育している富山湾の生き物とふれあえる「深海不思議の海」など、ほたるいかや富山湾について楽しく学べる体験型ミュージアムだ。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す