射水・砺波

IMIZU / TONAMI

海を望む景観と海の幸、扇状地に広がる景観と川の幸を楽しもう

富山県のほぼ中央に位置する射水(いみず)市。北は富山湾に面し、西に庄川、市の中心部には下条川が流れる。古くから水に恵まれ、栄えた地域で、水が湧き出すことを表す「イ」、「ミズ」が地名の由来とされる。川や海にまつわるレジャースポットが多く、富山湾から水揚げされる魚介を生かしたグルメも楽しみのひとつだ。また、庄川の流れが造りだした扇状地、砺波(となみ)平野が広がる砺波市は、水田と家々を囲む屋敷林が織りなす景観が地域の個性となっている。稲作とともに生きる日本の原風景が今なお残るエリアだ。さらに、近年はチューリップ栽培でも知られ、春に砺波チューリップ公園で催される「となみチューリップフェア」は毎年大勢の人が県内外から訪れ、盛況となっている。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    海王丸パーク
    「海の貴婦人」と称される大型帆船と海辺のくつろぎエリア
    帆船海王丸を係留する港を中心に造られた公園。海王丸の内部を公開し、子どもたちが海や船、港に親しむ機会を提供するほか、遊具を備えた公園や展望広場、カフェなどもあり、海辺の憩いの場として賑わう。
    1930年(昭和5)の進水当時のままの船内を見ることができる
  • spot 02
    新湊観光船
    遊覧船で水路を巡る、懐かしの風景と12の橋
    射水市新湊放生津(ほうじょうづ)地区を海岸線と並行して東西に横切るように流れる内川は、水辺に民家が並び、ノスタルジックな港町の情緒を生み出している。遊覧船で12の個性豊かな橋や両岸の景観を楽しもう。
    港町の情緒を残す内川沿岸。『人生の約束』『ナラタージュ』『真白の恋』といった映画のロケ地にも選ばれている
  • spot 03
    新湊大橋
    富山湾を見渡す空中散歩を優美なシルエットの景観抜群スポットで
    富山新港の東西の港口をつなぐ橋として2012年(平成24)に完成した新湊大橋。アプローチ部分を含む全長は3.6km、海面からの高さは約47mあり、黒部ダムを除くと富山県内で最も高い建造物だ。高さ127mの塔から斜めに張った72本のケーブルで橋桁を直接支える構造の斜張橋(しゃちょうきょう)としては日本海側最大。シンプルで凜とした美しさがあり、晴れた日には立山連峰とのコラボレーションも見られるため、写真愛好家の被写体としても人気だ。上は車道、下は歩道の2層構造で、地上と歩行者専用通路「あいの風プロムナード」はエレベーターでつながっている。車道を走り抜けるドライブ、「あいの風プロムナード」での散歩、どちらでも富山湾や港を行き交う船の景観を楽しめる、とっておきのスポットだ。
    横浜ベイブリッジと同じ構造。運が良ければ立山連峰が見えることもある
  • spot 04
    川の駅 新湊
    内川巡りに便利な、水陸をつなぐ玄関口で軽食や買い物を
    川の駅新湊は、海王丸パークと市街地を結ぶ玄関口。「日本のベニス」とも称される内川に面し、見どころ豊富な川沿いを散策する際の発着点にもなる。「川の駅」というネーミングもユニーク。観光ボランティアが常駐し、内川や新湊の観光ポイントを指南してくれるほか、自転車の貸し出しも行っている。また、射水市の山海の幸を使った加工品、特産品を販売する「うまいもんショップ」があるほか、ランチが人気のカフェ、内川沿いの穏やかな風景と神楽橋を望むテラスなども併設し、使い勝手の良さは抜群だ。このほか、毎年10月1日に開催される放生津(ほうじょうづ)八幡宮の例大祭、新湊曳山(ひきやま)まつりで市街地を練りまわる13基の曳山のうち2基を常時展示している。時代絵巻と称される豪華絢爛な祭りの様子を垣間見ることができる。
    新湊観光船の乗船口を併設。ここでいったん下船して内川を散策し、次の便で発着所である海王丸パークに戻ることもできる
  • spot 05
    新湊きっときと市場
    白えび、ベニズワイガニなど富山湾の新鮮な海の幸が大集合
    富山県の方言で「新鮮」を意味する「きときと」をさらに強調する「きっときと」を冠した海鮮市場。県内有数の漁港、新湊漁港の間近にあり、口の肥えた地元客も数多く訪れる。「富山湾の宝石」と呼ばれる白えびをはじめ、ベニズワイガニ、ホタルイカ、ブリ、バイ貝など、旬を迎えた魚介の種類と鮮度には定評があり、レストラン「きっときと亭」でも港直送の四季の味覚を堪能できる。日本酒やかまぼこ、菓子など富山や新湊の特産品のほか、9-5月の漁期中は茹でたての真っ赤なベニズワイガニが並び、富山の食文化の厚みと幅広さを場内のそこかしこで実感し楽しめる。予約をしておけば、全国的にも珍しい新湊港の昼セリを見学することも可能。ずらりと並ぶ魚介や活気ある雰囲気に興奮すること間違いなしだ。
    漁場と港が近いため、入荷するベニズワイガニの鮮度は抜群。新湊産のものは「高志の紅ガニ」としてブランド化されている
  • spot 06
    きときと食堂
    気軽さと鮮度が魅力の海鮮食堂でお腹いっぱいに
    新湊漁港の目の前に店を構え、早朝5時半には開店して、地元客や観光客の胃袋を満たす名物食堂。新湊で85年続く鮮魚店が営んでおり、魚の目利きには絶対の自信を持つ。メニューは、海鮮を味わう丼や定食から、うどん、カレーといった気軽な一品までさまざま。冷蔵庫から自分の好きなメニューを選ぶおかずは、その日に入荷した魚や旬の野菜を使った煮物、焼物など、目移りするほどバラエティ豊か。セルフサービスが基本の気取らなさと、リーズナブルな価格、ボリュームの3拍子がそろううえ、米は富山県産コシヒカリ、醤油も魚の持ち味を生かす地元産だ。さらに、料理によって使う魚の部位を厳選するなど味へのこだわりと細やかな気配りもあり、県外からのリピーターが多いのもうなずける。
    美しい色合いが食欲をそそる紅白丼2000円は、白えびとベニズワイガニの上に醤油漬けのいくらがたっぷり
  • spot 07
    砺波チューリップ公園
    チューリップや季節の花々が咲き誇る街のアオシス
    砺波市が日本一の生産量を誇るチューリップをテーマにした総合公園。例年春、同市最大級のイベントである「となみチューリップフェア」の会場になっているほか、地元市民の憩いの場としても親しまれている。
    カラフルなチューリップのオブジェが3本立つチューリップタワー。全高約26m。らせん階段で上る地上約12mの展望台には園内を360度見渡せる展望スペースが設けられている
  • spot 08
    チューリップ四季彩館
    チューリップの歴史と栽培方法をくわしく紹介
    一年中チューリップが咲き誇る、世界で唯一の施設。常に20-30品種、5000本のチューリップを観賞できるほか、原産国や砺波における栽培の歴史や球根の秘密など、さまざまな視点からチューリップについて解説する。
    ガラス張りの外観。建物内は、チューリップの原産国であるトルコの街並みをイメージ
  • spot 09
    散居村
    自分の家の周りを農地とした独特の集落が広く一面に
    富山県西部に位置する砺波平野には、屋敷林に囲まれた家々が点在する散居村の風景が今も残る。郷愁を誘う日本の原風景とも評されており、その成り立ちや歴史には自然とともに農業に生きた人たちの知恵が詰まっている。
    標高約400mの散居村展望台からの眺め。田に水を張る時期は一面が鏡のように輝き、とりわけ美しい
  • spot 10
    散居村展望台
    日本の原風景、散居村のパノラマが広がるビュースポット
    散居村を車で訪れたら、展望台にも必ず足を運んでおきたい。砺波平野の東南に位置する鉢伏山(はちぶせやま)の標高433m地点にあり、碁盤の目のように整然と並ぶ田のなかに屋敷林に囲まれた家々が点在する様を一望できる。富山県の「ふるさと眺望点」にも指定されており、晴れた日には、眼下に広がる散居村とともに遠く立山連峰や日本海を見渡せる、カメラ必携のスポットだ。青々とした水田が広がる春から初夏、黄金の稲穂が揺れる夏から初秋など、四季それぞれの美しさを堪能しよう。昼間もさることながら夕刻の景色も格別で、田んぼに水が張られる5月上旬頃は、夕日に照らされた水田がキラキラ輝く息をのむ風景に出合える。チューリップ公園などがある砺波市中心街からは車で約20分。県道346号、山田湯谷線沿いの夢の平スキー場からさらに山頂へ進む。500mほど先に、大型駐車場を備えた展望広場の一角に展望台はある。
    人と自然がつくり出した大パノラマを望める
  • spot 11
    となみ散居村ミュージアム
    散居村の美しい景観と伝統文化について学ぶ
    砺波平野の散居村全体が博物館であるという着想で、散居景観、伝統的家屋、屋敷林、そして人々の生活や文化などを網羅して全国に発信する「となみ野田園空間博物館」の拠点となる施設。コンセプトの異なる4つの館で、散居村の歴史や伝統文化に触れられる。散居村の成り立ちや景観についてパネルなどで解説する「情報館」では、伝統的な家屋構造、ワクノウチ造り3棟分を展示ブースに活用している。「伝統館」では、1915年(大正4)に建築された家屋を移築した伝統的な家屋様式「アズマダチ」を、また「民具館」では、国指定の重要有形民俗文化財に指定された農具や生活道具などの民具を約1000点展示している。さらに「交流館」では、「アズマダチ」の家屋を移築・リフォームして、現代の暮らしに合わせる住空間を提案している。ミュージアム敷地内は散居村の農村と周辺風景を再現しており、各館を結ぶ約500mの遊歩道は散策にぴったり。
    実際の家屋から移築した「ワクノウチ造り」を展示。釘を1本も使わず、太い柱と梁などを組み上げる技術の高さに驚く
  • spot 12
    庄川峡遊覧船
    四季が彩る庄川峡の峡谷美を水上から愛でる
    散居村やチューリップ公園で知られる砺波市にある庄川峡は、清らかな庄川の流れが造りだした深い渓谷。庄川峡遊覧船では、季節によって表情を変える美しい景観をのんびり眺める、癒やしのひとときを楽しめる。
    緑の湖面をゆっくりと進む。季節や天候によって異なる、一期一会の景色を堪能しよう
  • spot 13
    旬彩いろり茶屋 鮎の庄
    庄川の恵み、香り高い鮎を多彩なメニューで
    庄川で育った鮎は、速い流れで身が引き締まり、きれいな水で甘くすがすがしい香りをまとっており、その味は天下一品といわれる。鮎の庄は、庄川の天然鮎を気軽に味わえる食事処だ。造りや唐揚げ甘露煮などさまざまなメニューのなかで誰もが注文する塩焼きは、串刺しから焼きまでを客席から見える場所で行い、臨場感たっぷり。炭火で短時間加熱したあと、さらにじっくり2度焼きすることで、頭から骨や尾まで余すところなく食べられる仕上がりになる。口いっぱいに広がる香りやふっくらとした身はあとをひくおいしさだ。天然ものは6月末から8月中旬までで、10月頃から子持ち鮎が登場。それ以外の時期には養殖鮎となるが、庄川に遡上(そじょう)してきた天然鮎の卵を庄川の伏流水で育てたもので、その味と香りは天然ものに勝るとも劣らない。
    炭火でじっくり焼き上げる鮎は、皮はパリッと香ばしく、身はふっくら。テーブルへは焼きたてが串に刺したまま運ばれる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    射水市のベイエリアへは、JR新高岡駅またはJR高岡駅から万葉線に乗り換え新町口駅や海王丸駅へ。海産物が旬を迎える10月から3月までは、観光定期路線バス「ぶりかにバス」が運行されており、富山駅⇔海王丸パークなど新湊の主要施設間をバス1本で移動できる。車の場合は、北陸自動車道小杉ICを利用したい。

  2. その2

    砺波市へはJR新高岡駅またはJR高岡駅から城端線に乗り換え砺波駅で下車。北陸自動車道砺波ICからは国道156号で高岡・富山方面へ向かうといい。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

富山のその他のエリア

+ -
back
open

射水・砺波エリア