富山

TOYAMA

路面電車が走る近代的な街並み。売薬とグルメ、美術館に注目!

富山の県都・富山市は、戦時中の空襲で受けた被害から立ち直り、近代的な都市へと生まれ変わった。市内には次世代型路面電車(LRT)が走り、南エリア(富山駅周辺)と北エリア(岩瀬)をつないでいる。富山といえば売薬のイメージも強く、昔ながらの薬を販売している商店も残る。また、グルメはます寿しと富山ブラックが代表格で、どちらも食べてみてほしい。少し街中を歩いてみると、富山県美術館をはじめ、多くの美術館が点在していることに気づくだろう。市民の美に対する意識の高さがうかがえるはずだ。港町の岩瀬に足を延ばせば、北前船で財をなした森家などの邸宅が残り、レトロな風情を感じさせる。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    富山県富岩運河環水公園
    豊かな水をたたえ、ゆったりとした時間が流れる公園
    1988年(昭和63)から20年余りにわたって整備された富山県富岩運河環水公園。富山駅から徒歩9分の位置にあり、約90年前の都市計画の歴史遺産を再生した都心のオアシスとして富山市民に愛されている。
    公園のシンボルとなっている天門橋。3つの橋を合体させたユニークな橋だ
  • spot 02
    富山県美術館
    運河のそばにある「見る」「遊ぶ」「学ぶ」美術館
    富岩運河環水公園内にあり、日本を代表する建築家、内藤廣氏が設計した気品にあふれた美術館。鑑賞だけでなく子どもから大人まで楽しめる仕掛けが館内の随所に見られるので飽きることがない。
    富山県の木材やアルミをふんだんに使った建築。ガラス張りの外観が印象的
  • spot 03
    富山市ガラス美術館
    はかなくも美しいガラスの魅力にとりこになる
    富山市は、約30年前から「ガラスの街とやま」をコンセプトに街づくりを進め、世界でも有数のガラスの街に成長した。この美術館はその集大成といえる施設であり、国内外のグラスアートの聖地となっている。
    立山連峰をイメージさせる外観は、ガラスとアルミ、御影石を用い、光の反射によって建物に立体感を出している
  • spot 04
    池田屋安兵衛商店
    越中売薬の歴史を紡いでいく老舗店
    全国へ行商に歩き、配置家庭薬という独自の販売スタイルを確立したことで全国区となった越中売薬。池田屋安兵衛商店では、人々の健康を支えてきた「売薬さん」の歴史の一端が垣間見える。
    江戸時代から続く風格が漂う
  • spot 05
    源ますのすしミュージアム
    富山のグルメのおみやげといえばこれ!
    テレビ番組でもたびたび紹介されているますずし。製造する店によって味が変わるほど繊細な味が信条だ。源ますのすしミュージアムでは、業界ナンバーワン・源の製造ラインの見学や製造の体験をできる。
    しっとりとしたマスと酢飯のバランスが絶妙
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    北陸新幹線で来るなら「かがやき」「はくたか」のどちらのタイプも停車するので、JR富山駅で下車を。

  2. その2

    高速道路は富山ICを降り、約5kmで中心市街地に着く。

  3. その3

    車での移動が便利だが、ここでしか乗れない路面電車を使うのがおすすめ。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

富山のその他のエリア

+ -
back
open

富山エリア