富山の博物館/科学館スポット一覧

  • 魚津埋没林博物館
    rating-image
    4.0
    57件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県魚津市釈迦堂814
    北陸自動車道魚津ICから車で約10分の位置にある、埋没林と蜃気楼、自然の不思議に出会える博物館。館内エントランスから続く連絡通路では、37億5000万年前から掘り起こされる富山県東部一帯の大地の歴史を紹介している。また、特別天然記念物に指定されている魚津埋没林や蜃気楼のしくみ、水循環のコーナーなどをわかりやすく展示している。埋没林が保存・展示されている幻想的な水中展示館は必見だ。屋上展望台からは富山湾を中心とした大パノラマを望める。

    水に浸かった埋没林を地下から見るのが最高に美しかったです。入館料も手頃で、蜃気楼も見られる(かもしれない)ことも考えればお得です。

  • 富山市郷土博物館 富山城
    rating-image
    3.5
    55件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市本丸1-62
    富山城址公園の一角に建つ城。「浮城」とも言われ、「続日本100名城」の一つに数えられている。1543年(天文12年)頃に神保長職が家臣の水越勝重に命じて築城したとされるが、天守閣は戦災後1954年に建設されたもので、当時を残すのは堀や石垣などだけとなっている。城の内部は富山市郷土博物館になっており、戦国時代に築城されてから現在にいたるまでの富山城の歴史を知ることができる他、4階の天守展望台からは江戸時代の富山城の範囲を実感することができる。前田利長が使用したといわれる高さが140cmもある兜は一見の価値あり。

    城の建物は模擬天守ですが、中は富山城の建築の経緯から現代の富山まで充実した展示になっています。200円で入れるのでちょっと寄ってみるだけでもおすすめです。

  • 富山県 立山カルデラ砂防博物館
    rating-image
    4.0
    41件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺字ブナ坂68
    富山地方鉄道立山線の終点、立山駅より徒歩1分のところにある博物館。地質・地形・生物などに大きな特色を持つ立山と、日本有数の大規模崩壊地である立山カルデラの歴史や自然を紹介している。室内展示館では、カルデラ内部からの眺めを再現したジオラマや、シミュレーションゲームなどから立山カルデラと砂防の様子をわかりやすく学ぶことができる。アルペンルートのリアルタイムの情報も紹介している。

    立山黒部アルペンルートの観光客で賑わう立山駅そばに ありながら立ち寄る人は少ないですが、富山平野を守るために 立山カルデラでは長年砂防事業が行われており、最近の日本で 起こっている災害を知る上でも訪れる価値大です

  • 富山市科学博物館
    rating-image
    4.0
    34件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市西中野町1-8-31
    富山市城南公園の北に隣接した、主に富山の自然や特徴をテーマに紹介する科学博物館。入口では大昔の富山に存在したナウマンゾウの骨格模型や生体模型が出迎える。また動く恐竜「ティラちゃん」をはじめ、ダイナミックな大型模型が来館者の目を引きつける。他にも立山連峰をはじめとした富山の自然を紹介するブースでは、ダイヤモンドダストなどの珍しい現象を体験することができる。また3階部分では、最新の宇宙の姿や隕石などを紹介。定期的にプラネタリウムの公演も行っている。

    プラネタリウムを楽しむことができましたよ。 コロナの影響で今はプラネタリウムの投影が中止に なっているのが残念ですね。 恐竜などの展示は迫力ありますよ!!

  • ほたるいかミュージアム 道の駅 ウェーブパークなめりかわ
    rating-image
    3.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県滑川市中川原410
    「道の駅 ウェーブパークなめりかわ」にある「ほたるいかミュージアム」は、ほたるいかの発光ショーが見られるライブシアターや深層水で飼育している富山湾の生き物とふれあえる「深海不思議の海」など、ほたるいかや富山湾について楽しく学べる体験型ミュージアムだ。北陸自動車道「滑川IC」より車で約10分。

    滑川のほたるいかミュージアムに併設している道の駅。コンクリート打ちっぱなしの外観の中に展望台+観光案内所+トイレそこまでは普通の道の駅。ミュージアム側の建物には売店等あります。どこまでが道の駅かはわかりません。

  • 五箇山民俗館
    rating-image
    3.5
    24件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県南砺市菅沼436
    富山県五箇山の菅沼合掌造り集落にある博物館。菅沼で最も古い合掌造りの内部を改装して作られている。館内には、先人たちの知恵が活かされた生活用具約200点を展示。隣接する「塩硝の館」では、かつて五箇山の一大産業だった塩硝について、材料の採取、塩硝作り、出荷におけるまでの過程を人形や影絵で紹介している。

    菅沼合掌造り集落にあります。一階に囲炉裏、二階には養蚕作業場が展示されていました。興味深い内容でした。 10メートル離れた所にある塩硝の家との共通券が300円でした。

  • 富山県 [立山博物館] 展示館
    rating-image
    4.0
    18件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺93-1
    JR富山駅から車で約45分のところにある博物館。立山山麓の芦峅寺にあるこの博物館では、「立山の自然と人間の関わり」について学術的・総合的に調査研究し、その成果を紹介している。13ヘクタールという広大な敷地内は、教界・聖界・遊界と名付けられた3つのゾーンに分かれており、展示館や遙望館など様々な施設がある。重要文化財の「銅造帝釈天立像」や、重要有形民俗文化財の「立山信仰用具」などの展示も行っている。

    映画点の記で剣岳山頂において発見された銅製の錫杖が展示されている。 立山信仰の概要が大体わかるので良い。女人禁制であったために姥堂が立てられそこに行くために布橋が架けられたが、廃仏毀釈によりほとんどが破壊されたとのこと。 立山信仰の歴史を知るにはよいところだが、ブナやカモシカ見てもあまり面白くないな

  • 高岡市立博物館
    rating-image
    3.0
    16件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県高岡市古城1-5
    高岡古城公園内にある市立博物館。歴史的な資料として高岡市指定文化財に指定された「前田利長書状」や「戸出野開御印状」の他、「渾天儀(こんてんぎ)」、「鍛鉄地竹虎文金象嵌鍔」などの民俗資料や美術資料など、貴重な資料を多数見ることができる。高岡市の歴史・民俗・伝統産業など公開する常設展「高岡ものがたり -楽しく知ろう!ひらめき・ミュージアム-」は、通年開催されている。開館時間は9:00から17:00まで(入館は16:30まで)。入館料は無料。

    高岡市立博物館は高岡古城公園の大手門の奥にあります。 江戸時代には大手門と搦手門だけが本丸とつながっていて、現在のように赤い橋で公園内を自由に行き来できるようになったのは明治時代以降です。 築城の名手の高山右近が設計した高岡城の大手門から高岡市立博物館へ続く道は、わずかに勾配がついていて、敵の侵入を防げるように設計されています。 高岡市立博物館の駐車場車に車を停めて、自然いっぱいで各所にブロンズ像...

  • 高岡市万葉歴史館
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県高岡市伏木一宮1-11-11
    高岡市伏木一宮1丁目にある博物館。「万葉集」の代表的歌人・大伴家持が国守として在任した高岡の地で、「万葉集」や家持と部下の官人たちが残した「越中万葉」に関する常設展示や企画展を行っている。また、屋外には「万葉集」にゆかりのある植物を中心とした庭園や家持の歌碑なども整備されている。

    坂道を上ると、歴史館が落ち着いた様子で佇んでいます。私が訪問した時は、希望(有料)で、万葉時代の男女それぞれの装束を試着して館内を巡回できるような企画があったようです。大伴家持が現在の高岡にあった国府に赴任し、その大自然や季節の変化に魅了されて詠んだ多くの歌とともに、奈良時代の風俗(衣装、木簡、食事など)が展示されています。また、国府跡のジオラマや遣唐使船のミニチュアなどもありました。ホールにはD...

  • 黒部市吉田科学館
    rating-image
    4.5
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県黒部市吉田574-1
    黒部市吉田にある科学館。プラネタリウムドームを中心とした施設にエントランスホールや実験実習室や展示室などを備え、常設展示や企画展を行う。プラネタリウムでは学習投映のほか、大人向けの投映イベントも開催。

    住宅街の一角に忽然と現れる科学館。無料で見られるスペースはスタッフの皆さんの手作り感あふれる展示物でいっぱいです。有料のプラネタリウムは、生解説ではなく最初から最後まで収録済のプログラムをみましたが、混んでいないうえに、床にゴロンと寝そべって見上げる事ができる一角も設けられているのが白眉。

  • エネルギー科学館「ワンダー・ラボ」
    rating-image
    3.5
    11件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市牛島町18-7 アーバンプレイス3・4F
    富山市牛島町、富山駅前のコミュニティホール「アーバンプレイス」内にある科学館。発電の仕組みや電気の歴史、暮らしと電気の関わりなどについて、資料展示や体験型の展示を通じて学ぶことができる。土日祝日には実験ショーや工作教室などのイベントを開催するほか、「ワンダーシアター」ではエネルギーの世界を3D映像で体験できる(平日は要予約)。

    北陸電力が運営している無料の科学館です。 体験型の設備で電気(できだけではなく物理現象も)のことが学べます。 電気事業の歴史や電気/電力の仕組と発展の歴史がパネル展示でも紹介されています。大人だけでも勉強になります。

  • 射水市新湊博物館
    rating-image
    4.0
    9件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県射水市鏡宮299
    江戸時代後期の和算家・測量家石黒信由以下4代がのこした「高樹文庫」資料を中心に、陶芸家で人間国宝第1号石黒宗麿の作品、新湊とその周辺地域の歴史・民俗資料を展示している博物館。石黒信由、石黒宗麿は、現在の射水市高木・射水市久々湊にそれぞれゆかりがある。むずかしいこと、奥の深いことをやさしく楽しく学ぶことができる場所だ。

    道の駅新湊と隣接した施設です。富山らしく、施設は非常に立派ですが、博物館というよりは郷土資料館と言った感じ。となりの高岡は奈良時代、そして江戸時代以降の栄えた記録が多いですが、新湊は、鎌倉時代後期に放生津が栄えていたようで、その頃のことを知る事が出来ました。また、測量で功を挙げた石黒信由にまつわる資料も多く展示してあります。全国的には全く知らない事ばかりなので、興味のある方は楽しめると思います。

  • となみ散居村ミュージアム
    rating-image
    3.5
    4件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県砺波市太郎丸80
    砺波市太郎丸にある博物館。砺波平野に点在する約7,000戸の農家からなる「散居村」の歴史や民俗に関する展示を行っている。国重要文化財指定の農具や生活用具約1,000点を展示する「民具館」や、村の代表的な建築様式「アズマダチ」の建物を移築した「伝統館」など4つの展示施設からなる。

    散居村の情報提供をする「情報館」、砺波地方に伝わる伝統文化が紹介している「伝統館」、伝統的家屋の新しい居住スタイルを提案する「交流館」、砺波地域の生活・生産用具を展示する「民具館」があります。民具館以外は無料の施設になっています。散居村の歴史そして魅力に触れることができます。

  • 富山市民俗民芸村
    rating-image
    5.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市安養坊1118-1
    富山県呉羽山の麓に広がる歴史と文化の里。昭和40年(1965)に民衆的工芸品を展示する「民芸館」が開館した後、跡出土品などを展示する「考古資料館」、富山売薬の歴史を伝える「売薬資料館」などが設置され、現在は7つの博物館と2つの施設から成り立つ。「陶芸館」や「とやま土人形工房」では皿や人形などへの絵付体験も楽しむことができる。どの施設も見応えがあるので、じっくりと先人の生活を学びたい。

    富山市呉羽山にある民俗民芸村は、展示品やその雰囲気もとてもいいにもかかわらず、あまり知られていません。民芸館と言えば、柳宗悦の民芸運動ですが、ここの民芸館もその柳宗悦と交流があり、地元周辺をはじめ多くの民芸品が収蔵され、それが上手に展示されています。建物は,江戸期につくられた飛騨の板倉、ゆったりとした時間の中で「用の美」(漆器、陶器、家具、船箪笥、わら細工… )が楽しめます。

  • 富山市民芸合掌館
    rating-image
    4.0
    2件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市安養坊1004
    富山市民俗民芸村の施設。江戸末期、富山市内の山田数納地区に建てられた合掌造民家を移築。豪雪に耐える巨大な柱や梁を使った頑健な構造に注目したい。

    呉羽山にある民俗民芸村の中の一つの建物。郊外の旧山田村から合掌造りの民家をそのまま移築し、民芸館として公開しています。入り口を入るといろりをきった板の間と、その奥の座敷に、タンスなどの民芸家具が並べられています。それが建物ととけ合って、上の民芸館とまた少しちがう雰囲気をかもしだしています。時間がゆったりと流れます。

  • 滑川市立博物館
    rating-image
    5.0
    1件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    富山県滑川市開676
    ロビーから滑川市内はもちろん富山平野が一望でき、景色の美しさも評判の博物館。滑川の歴史や民俗・自然についてや、滑川出身の人物の紹介を年間を通し展示している1F。100人ほど収容できるホールもある2F。主に特別展示・企画展示をしている3Fに分かれている。1Fにはカフェもあり富山平野・富山湾や能登半島・雄大な立山連峰を眺めながらブレイクタイムも楽しめる。

    地元の常設展示館や、郷土の先賢などのコーナーがありましたよ。 滑川の地元を大切にしている博物館を感じることができましたよ!!

  • 立山博物館 まんだら遊苑
    遊ぶ/趣味
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    広域分散型の博物館を形成している立山博物館の施設のひとつ。立山信仰を育んだ歴史的土壌の上に、平安の昔から今に変わらぬ立山の山並み景観を借景として、立山曼荼羅の世界を広大な敷地に立体的に構築している。地界・陽の道・天界・闇の道の4つから構成されており、一つ一つ、造形・音・光り・香りなどを置き換えている。
  • 土蔵群・蔵回廊
    遊ぶ/趣味
    富山県南砺市城端579-3
    豪商の4つの蔵が回廊で結ばれ、その脇には雰囲気のある小路が通る場所。回廊をたどりながら4つの蔵をめぐると、土蔵そのものが展示品となっているため建物の構造や景観の美しさを堪能できるようになっている。風情のある外観と蔵の2Fも必見だ。
  • 氷見市立博物館
    遊ぶ/趣味
    富山県氷見市本町4-9 氷見市教育文化センター内
    氷見市本町にある博物館。「導入展示」、「氷見の歴史」、「氷見の漁業」、「農家の暮らし」の4つのテーマによる常設展示と、地域の歴史になどに関する特別展示を開催。国指定史跡「大境洞窟住居跡」のジオラマをはじめとする原始時代からの歴史資料や、氷見の漁業や農業に使われていた道具などの民俗資料を通して氷見の風土に触れられる。
  • 富山市民芸館
    遊ぶ/趣味
    富山県富山市安養坊1104
    富山市安養坊の「富山市民俗民芸村」内にある展示施設。明治12年(1879)に建築された板蔵を移築して利用し、昔の生活用具などの展示を行っている。敷地内には他にも、民俗資料館や美術館、陶芸館、考古資料館などが併設されている。

富山の主要エリア

富山の写真集

目的から探す