NAVITIME Travel

上越・妙高・糸魚川のスポット一覧

  • 妙高サンシャインランド
    遊ぶ/趣味
    新潟県上越市中郷区江口846-1
    「妙高サンシャインホテル」「妙高サンシャインゴルフ倶楽部」などに隣接している遊園地。「スカイジェット」「ゴーカート」など、約20種類以上のアトラクションが完備されており、大人から子供まで楽しむことができる。毎年4月から11月上旬頃まで営業しており、4月の入場無料のオープニングイベント「妙高天空桜」では、約1500本の桜を大観覧車から見下ろせる。
  • かなざわ総本舗 稲田本店
    お買い物
    新潟県上越市稲田4-11-5
    創業を明治29年(1896)にさかのぼる老舗の和菓子店。越後が生んだ名将・上杉謙信公を偲ぶ「出陣餅」を中心に、様々な越後銘菓の製造販売を行っている。銘菓「出陣餅」は、上杉謙信公が決戦前将兵に餅を与えて力づけ、大いに奮い立たせたという故事にちなんで作られたもの。草餅と黒蜜、そしてきなこの相性は抜群だ。上越市が優れた特産品に与える「メイド・イン上越」にも認定されている。
  • トラットリア ラ・ペントラッチャ
    グルメ/お酒
    新潟県上越市下門前2292
    「旅先で訪れたイタリアのレストランを想わせるエンターテイメントの演出」をコンセプトとした上越のイタリアンレストラン。扉を開けた瞬間にイタリアへトリップしたかのような店内で、本場のトラットリア(大衆食堂)さながらの心意気を感じることができる。古代ローマ時代の兜をイメージして装飾したピッツァ窯は、本場・イタリアのナポリから取り寄せたもの。イタリアの小麦粉と水、海塩と酵母のみで作った生地は小麦粉本来の風味と旨味、もちもちの食感が楽しめると評判だ。ワインやイタリアンカクテルなどのドリンクメニューも充実している。
  • リージョンプラザ上越 レジャープール
    遊ぶ/趣味
    新潟県上越市下門前446-2
    市民の健康と体力の増進を目的としたレクリエーション施設「リージョンプラザ上越」に併設された温水プール。25mの練習コースや幼児用プール、水深3mの潜水プールなどが一年中利用できる。80mの距離を一気に滑り下りる「スパイラルスライダー」は子供たちに大人気のアトラクション。夏休み期間中には順番待ちの列ができることもある。7月上旬から8月にかけてはアイスアリーナをジャンボプールとして開放しており、自由に行き来することが可能だ。
  • 御館公園(御館跡)
    遊ぶ/趣味
    新潟県上越市五智1-23-11
    「御館(おたて)」とは当時の小田原家城主・北条氏康に敗れて越後に逃れてきた関東管領・上杉憲政のために上杉謙信公が造営した館のこと。その後関東管領職を受け継いだ謙信公が政庁としても使用したと言われている。かつては東京ドーム1.6倍の大規模な館であったと考えられているが、現在はその中心部分のみが公園として残っている。謙信公の急死後、上杉家の後継者を争って越後国を二分した大乱・御館の乱の舞台となった場所でもある。
  • 本願寺国府別院
    旅行/観光
    新潟県上越市国府1-7-1
    寛政10年(1798)に造立、その後文化2年(1805)に建立された総欅造りの堂宇。親鸞聖人が関東へ出立するまで家族で暮らしていたとされる「竹ヶ前草庵」の跡地に佇んでいる。内陣は余間が極端に狭い出内陣様式。内陣正面の同一須弥檀上に御本尊と親鸞聖人の厨子を安置した非常に珍しい荘厳様式が特徴だ。境内には親鸞聖人の像や、聖人が御説法の際に袈裟を掛けたという「袈裟掛けの松」などがある。
  • りょうり屋 黒ふね
    rating-image
    4.0
    3件の口コミ
    グルメ/お酒
    新潟県上越市子安1195
    上新バイパスを外れた住宅街に佇む割烹・小料理店。黒を基調としたシックな空間で現代向けにアレンジされた懐石料理を味わうことができる。基本の和食に洋風、中華風のアレンジを加えた創作料理は上越の旬の素材を使ったものばかり。ランチタイムにはお刺身膳や天ぷら膳、和牛石焼き膳や信州そばなど豊富なメニューを取り揃えており、どれも丁寧に作りこまれているため目にも楽しめると評判だ。店内には大正時代の振り子時計や焼き物、骨董品などが配されており、夜にはゆったりとお酒を楽しむ人の姿も多い。

    落ち着いた店内でとても良い雰囲気を出しています。ランチタイムに行きましたが、料理が美味しく、特に刺身が美味しい。

  • 千成
    rating-image
    3.0
    1件の口コミ
    グルメ/お酒
    新潟県上越市子安1363
    上越で釜めしと言えば必ず「千成」の名前があがる、地元で人気の食事処。新潟県立中央病院に近い子安団地の交差点角で炊きたてあつあつの釜めしを頂くことができる。味のベースに醤油ではなく塩を使っているのがこのお店の特徴だ。シンプルだからこそごまかしのきかない釜めしは、具材が持つ本来の旨味が存分に味わえる。注文を受けてから炊き込むスタイルで、週末にはあっという間に満席になることも。釜めしの他に鰻や鶏料理、天ぷらや丼物などを頂くこともできる。

    接客も丁寧で釜めしが有名なお店。 完全に好みだけど、少しお出汁の味が濃いかな。定食はコースの様に色々ついててお値打ち。いつも食べ過ぎて単品にしておけばよかったと後悔する。 定食のいか天と西瓜の食べ合わせは毎度気になる。一度も大変な目にあったことはないんだけどねー。

  • 浄興寺
    rating-image
    3.5
    6件の口コミ
    旅行/観光
    新潟県上越市寺町2-6-45
    浄土真宗の宗祖・親鸞聖人によって創設された古刹。元仁元年(1224)、聖人が真宗の根本聖典である教行信証を著した喜びの気持ちを山号・寺号に顕し、禅坊を歓喜踊躍山浄土真宗興行寺、略して浄興寺と名付けたと言われている。正面に三間の向拝を付けた一重入母屋造りの本堂は県内の寺院建築では最大かつ最古の真宗本堂。身舎部の柱すべてが円柱で構成されているのが特徴だ。江戸時代前期の建築物としては先駆的な意匠で構成されており、本堂は国重要文化財に登録されている。

    親鸞聖人、常陸の国での開基であった寺が、変遷を重ね当寺町にきたらしい。 広い境内に、文化財の見事な本堂、宝物館、親鸞聖人廟所があります。 山門内には塔頭寺院が立ち並び正面が浄興寺となります。

  • 海の幸 味どころ 軍ちゃん直江津店
    グルメ/お酒
    新潟県上越市西本町1-14-2
    直江津駅から徒歩5分の距離にあるカジュアル居酒屋。お寿司屋さんを思わせる活気溢れた店内で新潟の味覚を堪能できる。自慢の地魚料理は目の前の日本海で水揚げされたばかりの旬の味。水揚げから仕入れまでを一貫して手掛けているため、季節によって異なる海の幸が存分に味わえるのが特徴だ。お刺身の盛り合わせや焼き魚、煮魚から揚げ物まで豊富なメニューを取り揃えており、何度訪れても新しい味に出会えると評判だ。自家製米を使った丼物や地酒が充実しているのも魅力。
  • 鵜の浜人魚館
    rating-image
    4.0
    4件の口コミ
    宿泊/温泉
    新潟県上越市大潟区九戸浜241-8
    天然温泉の大浴場に露天風呂、充実した温水プールを備える本格クア温泉施設。サウナ付と薬草湯付、二つの大浴場からは日本海を一望することができる。奇数・偶数の日で男女を入れ替えているため、両方楽しめるのが特徴だ。弱アルカリ性高張性低温泉の泉質は神経痛や筋肉痛、慢性消化器病等に効果があると言われている。全長50メートルのロングウォータースライダーは毎時15分間だけ遊べるアトラクション。スピードとスリルは満点で、遊園地気分で楽しめると評判だ。

    鵜の浜温泉の丘の斜面に建てられた大規模な日帰り入浴施設、人魚館を利用。海岸に面した斜面を利用しているので2Fの大浴場、さらに露天風呂からの展望はとても良い。 訪問した日は、暴風雪で、露天は寒すぎて少し入ったら早々と閉鎖になってしまいましたが、これは致し方ない。天然ガス試掘中に湧き出したという湯はやや粘りけが感じされますが無色透明のもの。 同じフロアに大広間の休憩スペースも作られています。

  • 日本スキー発祥記念館
    旅行/観光
    新潟県上越市大貫2-18-37
    日本のスキー発祥80周年を記念して平成4年(1992)にオープンした記念館。長野オリンピック冬季競技大会の開催、また上越市をアピールするための増築工事を経て、スキーが伝わった当時の貴重な資料や様々なスキー用具、またスキーに関する資料等を展示している。明治44年(1911)、当時のオーストリア・ハンガリー帝国の軍人、テオドール・エドラー・フォン・レルヒ少佐がここ上越市でスキーの指導を行ったのが日本のスキーの始まりだ。館内では等身大のレルヒ少佐像や遺品類の展示、晩年過ごした部屋の再現なども行っている。
  • 旧師団長官舎
    rating-image
    4.0
    8件の口コミ
    旅行/観光
    新潟県上越市大町2-3-30
    明治43年(1910)、旧日本陸軍高田第13師団長・長岡外史中将によって建てられた市内に残る数少ない和洋折衷の木造建築物。平成3年(1991)までは自衛隊高田駐屯地の幹部宿舎として使われていたが、明治の貴重な洋風建築保存のため市によって移築、復原が行われた。一階を洋式で、二階を家族のための純和式で建築しており、いたるところから当時の雰囲気を感じることが可能だ。外装や内装、家具や調度品までできる限り建設当初に近づけて復原された館内は無料で見学することができる。

    長岡師団長がかつて住んでいた邸宅を再現した洋館です。師団長がどのような方で何をしたかも案内があります。駐車場が無いように思います。歩いて見学が良いと思います。裏の小川からもアクセスできます

  • 上杉謙信公像
    旅行/観光
    新潟県上越市中屋敷(春日山城跡)/新潟県上越市春日山町1-2-8(上越市埋蔵文化財センター)
    難攻不落な天下の名城とうたわれた上杉謙信公の居城・春日山城跡に建つ銅像。昭和44年(1969)、大河ドラマ「天と地と」の放映にあわせて建立された。国の指定史跡であり日本百名城にも数えられる春日山城の歴史は古く、築城は約600年前の南北朝時代までさかのぼると言われている。屋敷や空堀が広がる山の裾野に延長1.2kmにも及ぶ堀と土塁の総構が築かれているのが特徴だ。標高180mの高さにある本丸跡からは日本海や頸城平野を一望することもできる。越後の虎とも称された謙信公の像は、空堀や土塁などが数多く残る山の中腹で今でも城下を見下ろしている。また、春日山の麓、上越市埋蔵文化財センター前にも馬上で刀をふるう謙信公の姿を表した像が設置されている。
  • 松ケ峯周辺の桜
    旅行/観光
    新潟県上越市中郷区江口846-1
    新潟景勝百選にも選ばれた上越の景勝地。農業用のため池として作られた人造池・松ヶ峯池の周囲に約1500本もの桜が植栽されている。桜と残雪のコントラストが楽しめるのは、雪の多いこの地方ならでは。満開の桜と残雪が形作る「跳ね馬」が池に映った様子が非常に美しく、まるでひとつの絵画のようだと評判だ。県内外を問わず、例年多くの写真愛好家が集まる。4月中旬から下旬にかけての桜開花期間中は一部でライトアップも行っており、日中とは違った景色を楽しめる。
  • フランス菓子 レ・ドゥー
    お買い物
    新潟県上越市東雲町2-3-53
    フランス語で「二番目の乳」という意味を持つ直江津のフランス菓子店。ここで作ったお菓子が母の乳の次に優しく美味しいものであり続けられるように、という願いが込められている。お店の名前を冠した一口サイズのチーズケーキはフランス産のチーズを3種類も使用した贅沢な一品。口いっぱいに濃厚な味わいが広がり、小振りなサイズでも十分満足できると評判だ。生菓子以外にも丁寧に焼き上げた焼き菓子やコンフィチュールなどを豊富に取り揃えている。
  • 高橋孫左衛門商店
    お買い物
    新潟県上越市南本町3-7-2
    江戸時代から飴一筋で続く寛永元年(1624)創業の老舗。北国街道沿いに佇む歴史深い外観のお店で粟飴や翁飴、笹飴などを創製・販売し続けている。水飴を寒天で固めて作る翁飴は、かつて高田城城主が江戸へ参勤交代に出向く際に土産として持参していたもの。もちもちの食感とあっさりした甘みが後を引く美味しさだ。文化年間に売り出された笹飴は、練り上げた粟飴を熊笹に挟んだもの。夏目漱石の代表作「坊っちゃん」の作中にも登場する自慢の逸品だ。
  • 小川未明文学館
    旅行/観光
    新潟県上越市本城町8-30 高田図書館内
    小川未明は上越市出身の小説・童話作家。日本のアンデルセンとも呼ばれる氏の業績と作品、生い立ちや時代背景を紹介するため建てられた。代表作のアニメーションや生涯を追ったドキュメンタリーの上映、晩年を過ごした書斎の再現などがあり、誰でも気軽に未明の世界観に触れることが可能だ。多くの人が作品や文学に親しめるよう、ボランティアの方々による読み語りや朗読会などのイベントを行っている。市民ギャラリーを併設しているため、絵画や写真、工芸作品の展示や作品発表の場として利用することもできる。
  • 杉田味噌醸造場
    お買い物
    新潟県上越市本町4-3-16
    江戸年間、文化文政の創業と伝わる老舗の蔵元。雪国・越後高田の厳しい風土で育まれた伝統の味噌を作り続けている。ここ上越高田で味噌といえば、味噌汁にしたときに米糀がふわりと浮く「浮き糀味噌」。糀を作る際に麦を使わず米を使っているのが特徴だ。白く漂う米麹が花が舞うように散る雪を連想させることから「雪の花」の名前が付けられた。醗酵による爽やかな香りの特撰や、深みのある醗酵香が特徴の吟醸、糀の割合が最も多い白甘など様々な種類を揃えているため、お店の方に好みや用途を相談してみるのもよい。
  • 鮎正宗酒造
    旅行/観光
    新潟県妙高市猿橋636
    明治8年(1875)創業の酒蔵。深い緑に包まれた山あいの里・猿橋で繊細な味わいの地酒を作り続けている。長野県との県境にも近いこの地域は県内でも有数の豪雪地帯。寒仕込みの頃になると移築して140年ほどたつケヤキづくりの建物が深雪に包まれる。積雪に覆われた蔵はクリーンで安定した環境になり、繊細な調整が求められる酒造りに最適だ。本醸造の「鮎正宗」はなめらかな口当たりとすっきりした飲み口が特徴で、飽きのこないお酒として長く愛されている。

新潟の主要エリア

around-area-map

北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

新潟の写真集

目的から探す