新潟のロープウェイ等スポット一覧

  • 湯沢高原パノラマパーク、ロープウェイ/アルプの里
    旅行/観光
    新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢490
    湯沢ICより車で約5分。越後湯沢の温泉街から湯沢高原アルプの里を繋ぐロープウェイ。湯沢高原アルプの里は、トレッキング、ジップラインアドベンチャーなど様々なアトラクションが楽しめる総合レジャーランド。麓から頂上まで約7分で繋ぐロープウェイは、全長1,300m、バス2台分の広さがある世界最大級166人乗り。赤のアルペンフローラ号と青のホワイトシュプール号が運行。大きな窓から湯沢高原の四季折々の景色を眺めながら、優雅な空中散歩が楽しめる。
  • 妙高高原スカイケーブル
    旅行/観光
    新潟県妙高市田切216
    妙高山にあるゴンドラリフトで、標高1300mの妙高高原山頂までを片道約11分で結ぶ。新緑や紅葉が美しい妙高の大自然を眼下に、志賀・野沢の山々から斑尾山、野尻湖まで望める絶景を大パノラマで堪能できる。山頂駅からはブナ林の散策コースや見晴らしの良い展望コースなど、気軽に楽しめるトレッキングコースが整備されている。
  • 八海山ロープウェー
    旅行/観光
    新潟県南魚沼市山口1610
    関越自動車道六日町I.Cから車で約20分の六日町八海山スキー場に設置されたロープウェー。その魅力はゴンドラからの360度パノラマ景色にある。特に秋には山いっぱいに広がる紅葉が見られ、紅葉観光の名所としても知られるスポットである。標高376mの山麓駅から標高1147mの山頂駅まで約5分ほどで到着。登山シーズンにはそこから越後三山のひとつ八海山の山頂まで登ることもできる。
  • 弥彦山ロープウェイ
    旅行/観光
    新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦2898
    弥彦神社裏手から弥彦山の山頂までおよそ1kmを結ぶロープウェイ。弥彦神社から山麓駅までは徒歩10分、神社から無料のシャトルバスも運行している。開設は昭和33年(1958)。山頂駅まで5分ほどで到着し、その間、雄大な越後平野やその奥に聳える山々を一望することが可能だ。また夏には夜景&星空クルーズを実施。日本海に沈む夕日や越後平野の大夜景など、遅い時間からの見どころ鑑賞に適している。秋には山いっぱいの紅葉も見られ、季節ごとに美しい景観を楽しむことができる。

新潟の主要エリア

around-area-map

北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

新潟の写真集

目的から探す