NAVITIME Travel

新潟のレジャー/アウトドアスポット一覧

  • 磯ダコ捕りツアー
    遊ぶ/趣味
    新潟県岩船郡粟島浦村字日ノ見山1491-8 粟島観光案内所
    粟島の秋の風物詩・タコ釣りが楽しめるツアー。9月から10月にかけての土日、三回に分けてタコ捕り体験を行っている。赤い布を巻いた竹竿を垂らし、タコが巻き付いた瞬間を狙ってすくう独特の漁は小学性以上なら誰でも参加できるのが特徴だ。浅瀬のため軽装備で参加できるのも嬉しい。タコの総重量を競うコンテストも開催しており、上位には表彰・特産品の授与なども行われる。事前申し込みが必須なため、余裕をもって申し込むのがよい。
  • キャンピングパーク神湯温泉
    遊ぶ/趣味
    新潟県魚沼市清本583
    日帰り温泉「神湯とふれあいの里」に隣接するキャンプ場。広々とした芝のフィールドにトレーラーハウスやソフトハウス、テントサイトなどを備えている。アメリカ製大型テントのソフトハウスは定員4名のドーム型テント。ソファベッドに冷暖房、BBQグリルやコンセントを完備しているため、手軽にアウトドアライフが楽しめると評判だ。テントやタープ、ガソリンランタンや寝袋などのレンタル用品が充実しているのも嬉しい。
  • 小出公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県魚沼市青島1609
    冬にはスキー場として賑わう丘陵公園。春の桜に始まり山ツツジやサルビア、クジャクソウやコスモスと鮮やかな色に覆われる花の公園だ。越後三山の絶好の撮影スポットとして有名で、1年を通して多くのカメラマンが訪れる。中でも桜の時期には魚沼の大自然を背景とした写真を撮影するため、多くの人たちが山頂の展望休憩舎に集まる。園内にはオールシーズンシャンツェや遊歩道が整備されており、散歩やピクニック、バードウォッチングや森林浴を楽しみに散策する人の姿も多い。
  • 相川郷土博物館
    遊ぶ/趣味
    新潟県佐渡市相川坂下町20
    模範鉱山として日本産業の近代化に貢献した「佐渡鉱山」のお膝元・相川地区について学べる博物館。昭和31年(1956)に開館した施設で鉱山鉱物や佐渡の民俗資料などを所蔵・展示している。趣のある建物は明治憲法下で皇室財産を管理していた御料局佐渡支庁を活用したもの。いたるところで天皇家の菊の御紋を見られるのが特徴だ。金山と佐渡奉行所に関連する考古資料をはじめ、相川遊女の道具類や美術品、金銀山とともに歩んだ町の民俗資料などを紹介している。
  • 達者海水浴場
    遊ぶ/趣味
    新潟県佐渡市達者
    民話・山椒大夫で母と厨子王がこの地で再会し、お互いの達者を喜んだことにその名を由来する海辺。尖閣湾の一角、大きく切れ込んだ静かな入り江は非常に透明度が高いのが特徴だ。堤防と消波ブロックに守られているため、波の高い日でも比較的穏やかにマリンレジャーを楽しむことができる。相川市街地から車で10分とほど近いため、シーズン中には家族連れや若者でにぎわう人気の海水浴場だ。足元が細かい砂浜ではなく砂利浜なため、ビーチサンダルの着用が推奨される。
  • 津神島公園
    遊ぶ/趣味
    新潟県佐渡市両津大川
    江戸時代から廻船の港として栄えていた大川集落にある津神島一帯の地域。朱塗りの橋・津神橋を渡った先に海の守護神を祀る「津神島神社」が佇んでいる。鳥居の先に立つ本殿は北前船の航海安全・商売繁盛の神として広く信仰されてきた社。かつては集落背後に安置されていたが、元禄期の頃にここ津神島に遷されたと言われており、現在も海の神・住吉三神を祀っている。神社裏手に建つのは善宝寺。廻船時代に私設灯台の役割を果たしてきたもので、今でも集落や磯釣りに訪れた人たちを篤く見守っている。
  • ヒメサユリの小径
    遊ぶ/趣味
    新潟県三条市森町
    環境省のレッドリストに準絶滅危惧種として指定されているヒメサユリは、昔から下田地区の山野に群生する花。中でも森町の高城城址はヒメサユリの群生地として有名だ。中でも多くのヒメサユリが咲き乱れる森町登山口から高城城址までのエリアはハイキングコースとなっており、満開を迎える5月中旬から6月上旬にかけて多くの登山客で賑わう。高城城址までは一時間程度で到着することができるため、思い立ったらすぐ行ける気軽さが好評だ。
  • 芭蕉園
    遊ぶ/趣味
    新潟県三島郡出雲崎町住吉町556-甲
    松尾芭蕉真筆の「銀河の序」全文を彫刻した句碑が建つ庭園。元禄2年(1689)、奥の細道の途中で読んだ「荒海や佐渡によこたふ天河」の吟歌はあまりにも有名だ。出雲崎の町年寄・敦賀屋鳥井家の屋敷跡に句碑と芭蕉像が建っている。周囲には芭蕉ゆかりの地や芭蕉を尊敬していた良寛の生家などもあり、今でも俳句を趣味とする人たちが多く訪れる地域。庭園内にはポストが設置されており、年に一度選句を行った句集も作成している。
  • 北国街道妻入り会館
    遊ぶ/趣味
    新潟県三島郡出雲崎町大字尼瀬166
    「妻入り」とは側面を意味する「妻」に玄関があり、それを正面とする建築様式のこと。江戸時代、間口の広さに税金を掛けられていたことから狭い間口で奥行きのある「妻入り家屋」が軒を連ねていた。かつて越後一の人口密度を誇り、北国街道の宿場町として栄えた出雲崎。小高い丘と日本海に挟まれた平場で伝統的な間取りを再現し、観光客の休憩や交流の場として活用している。館内では伝統建築の詳細や時代背景、出雲崎の観光名所などの様々な話を聞くことが可能だ。町の散策途中に休憩している観光客の姿も多い。
  • 天領出雲崎時代館
    遊ぶ/趣味
    新潟県三島郡出雲崎町尼瀬6-57
    道の駅「越後出雲崎 天領の里」に併設する文化館。出雲崎特有の建築様式・妻入りの街並を再現した館内で、華やかな賑わいを見せた天領の時代にタイムトリップすることができる。照明と音響に演出された御奉行船や代官所、北前船や江戸時代の家並みを再現しており、江戸時代の栄華と情緒とを存分に満喫できるスポットだ。無地の紙風船に色紙を貼ってオリジナル紙風船を作る「紙ふうせん装飾体験」や良寛生家の再現、数多く出雲崎を訪れた文人墨客の足跡に触れるコーナーなども設置している。
  • 星と森の詩美術館
    遊ぶ/趣味
    新潟県十日町市稲葉1099-1
    平成8年(1996)、株式会社丸山工務所の社会事業の一環として建てられた美術館。「街にゆとりとうるおいを」の理念に基づき、ブナ林に囲まれた館内で新潟県にゆかりの深い作家たちの作品を展示している。印象的な施設名は、収蔵の核となる星襄一氏の木版画「星の森」と人間国宝・天田昭次氏の日本刀「七星剣」、二科会会員・藤巻秀正氏の彫刻「森の詩」にちなんでつけられたもの。ゆったりとした時間の流れに身を置くことで、心に潤いが感じられると評判だ。常設展示は行っておらず、年に四回の企画展示のみ開催している。
  • アウトランド手造りログハウス村キャンプ場
    遊ぶ/趣味
    新潟県十日町市下組4341-2
    20年以上もの間、すべてを手作りで作り続けている森の中のキャンプ場。どこか異国情緒を感じさせる園内で日常を離れたアウトドア体験ができる。オーナー手作りのログハウスは、越後妻有を舞台に開催される世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭」で実際に作品としてエントリーされたもの。外観や歩道の舗装だけでなく、内装や設備の細部にまでこだわった作品を作り続けている。テントサイトや各種レンタル用品がリーズナブルに利用できるのも魅力だ。
  • 越後妻有 大厳寺高原キャンプ場
    遊ぶ/趣味
    新潟県十日町市松之山天水越3140
    天水山の中腹に広がる「大厳寺高原」のキャンプ場。牧場や池、菖蒲園などが整備された緑あふれる高原で大自然を存分に感じることができる。開放感抜群のテントサイトやコテージ、バンガローなど好みに合わせて様々なスタイルでアウトドアを楽しめるのが特徴だ。スノーピーク製品をフルレンタルで利用できる手ぶらキャンプセットも完備しているため、初心者でも手軽に楽しめる。池でのSUPやカヌー、ノルディックウォークやバックカントリーバイクなどのアクティビティが充実しているのも魅力だ。
  • もうひとつの特異点
    遊ぶ/趣味
    新潟県十日町市戊913
    日本有数の豪雪地・越後妻有(新潟県十日町市、津南町)を舞台として3年に一度開催される世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭」にエントリーした作品のひとつ。過疎高齢化の進む十日町の空き家を使って「宇宙の起源」を表現している。作品が展示されているのは、壁を取り払って柱や梁などの構造をむき出しにした家。壁や床、天井などいたるところから張り巡らされた682本ものコードが中央の多面的マトリクスに人体を浮かび上がらせた作品だ。イギリスのアーティスト・アントニー・ゴームリー氏により制作された。
  • リージョンプラザ上越 レジャープール
    遊ぶ/趣味
    新潟県上越市下門前446-2
    市民の健康と体力の増進を目的としたレクリエーション施設「リージョンプラザ上越」に併設された温水プール。25mの練習コースや幼児用プール、水深3mの潜水プールなどが一年中利用できる。80mの距離を一気に滑り下りる「スパイラルスライダー」は子供たちに大人気のアトラクション。夏休み期間中には順番待ちの列ができることもある。7月上旬から8月にかけてはアイスアリーナをジャンボプールとして開放しており、自由に行き来することが可能だ。
  • 御館公園(御館跡)
    遊ぶ/趣味
    新潟県上越市五智1-23-11
    「御館(おたて)」とは当時の小田原家城主・北条氏康に敗れて越後に逃れてきた関東管領・上杉憲政のために上杉謙信公が造営した館のこと。その後関東管領職を受け継いだ謙信公が政庁としても使用したと言われている。かつては東京ドーム1.6倍の大規模な館であったと考えられているが、現在はその中心部分のみが公園として残っている。謙信公の急死後、上杉家の後継者を争って越後国を二分した大乱・御館の乱の舞台となった場所でもある。
  • 伊藤ぶどう園
    遊ぶ/趣味
    新潟県新潟市江南区西野145
    日本海東北自動車道・新潟空港ICから約3分の距離にあるぶどう園。田んぼに囲まれた広い園内で豊富な種類のぶどうを栽培している。畳の休憩所があるため、ぶどう狩りを楽しんだ後にゆったり寛ぐことも可能だ。お弁当を持ち込んで過ごす家族連れの姿も多い。定番の巨峰やピオーネ、オリエンタルスターや信濃スマイルなどとにかく種類が豊富なため、自分好みの品種を探すのも楽しい。
  • 新潟県埋蔵文化財センター
    遊ぶ/趣味
    新潟県新潟市秋葉区金津93-1
    豊かな自然に囲まれた新潟県は、13000以上もの遺跡を有する学術的にも非常に価値の高い県。周囲に古墳や植物園、美術館などが点在する金津地区で本物の歴史と触れ合えるのが、ここ「新潟県埋蔵文化財センター」だ。埋蔵文化財にかかわる調査や研究、専門職員ヘの研修や埋蔵文化財講座などの普及啓発活動を行っている。館内至るところに出土品が展示してあり、その歴史を身近に感じることが可能だ。屋外の研修場では校外学習の場として勾玉作りや火起こしなどを体験することもできる。
  • ガラスのメルヘン美術館
    遊ぶ/趣味
    新潟県新潟市西蒲区越前浜4715
    越前浜の古民家を改修したクリエイティブスペース。ガラスアーティスト・松田尚子氏によるバーナーワークフィギュアやアクセサリーなどの展示販売を行っている。茶の間を使ったギャラリーではガラス作家たちが手がけた様々な作品を展示しており、その美しさや世界観に触れることが可能だ。ランチやケーキ、各種ドリンクが頂けるカフェスペースも併設している。ポーセラーツやハーバリウムなどの体験講座は一人での参加も可能だ。
  • 新潟絵屋
    遊ぶ/趣味
    新潟県新潟市中央区上大川前通10番町1864
    新潟市美術館と新潟県立万代島美術館の中間地点に佇む画廊。上質な作品に接する機会提供や、美術鑑賞が市民の文化的生活の一部となるような環境づくりに寄与することを目的として設立された。大正期の町屋を改装した展示室は多種多様な「よい美術」に触れられる場。毎月様々な展覧会を開催しており、プライベート空間である自宅やオフィスに芸術を取り入れるきっかけを提供している。作家が直接訪れることも多く、作品や世界観により近づけるのがこの画廊の魅力だ。

新潟の主要エリア

around-area-map

北は日本海に面している新潟県は、新潟空港があり「東京・大阪・名古屋」からは直行便が出ています。 日本で5番目に面積の大きい県で佐渡島もあるため、観光エリアはとても広いです。地域区分は大きく「上越・中越・下越・佐渡」の4つに分かれ、そこからさらにエリアが細分化されます。 上越・妙高・糸魚川で構成される上越には、上杉謙信の居城があった城下町やヒスイの産地であるヒスイ峡など、歴史や景観を楽しめるものが多数。長岡や燕・三条、湯沢・魚沼・十日町を有する中越は温泉街や日本海、壮観な山々などが見どころです。 下越では、港町である新潟市をはじめ月岡、阿賀野の町並み、国の名勝である「笹川流れ」を楽しめる村上などを観光できます。 佐渡島は古くは古事記に登場するなど歴史は深く、島独特の風情と日本海の綺麗な海を島から眺めることができる場所。新潟の郷土料理には、ふのりを使ったそばをへぎに盛り付けたへぎそばや寿司を笹でくるんだ笹寿司など、日本海の海の幸と内陸の山の幸を使ったものがあります。

新潟の写真集

目的から探す