県央

CENTRAL

丹沢山麓の自然を満喫するスポットが目白押し

相模川の堆積によってつくられた相模平野と、その西にそびえる大山、丹沢山系で構成されるエリア。山麓に点在するダム湖は県民の水がめであり、観光スポットでもある。北は東京都町田市と八王子市、西は山梨県上野原町に接している。かつては相模国と武蔵国に属しており、戦国時代にはおもに北条氏(後北条氏)の支配を受けた。現在では厚木基地や座間キャンプ、相模総合補給廠など米軍関連施設が多い地域でもある。県央地区の北半分を占める相模原は人口約72万人の政令指定都市で、リニア新幹線の建設が進む。市域の西側は2006年(平成18)に編入されるまで津久井と呼ばれた地域で、5つのダム湖が点在し、豊かな自然が広がる。「渇水に強い神奈川」はこれらのおかげだ。山と渓流が多いのでキャンプ、釣り、アスレチック、BBQの施設が多いのも特徴。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    相模の大凧センター
    相模川の空を泳ぐ日本一巨大な凧「相模の大凧」
    毎年揚げる凧としては日本最大の大凧を展示し、その文化をわかりやすく伝える施設。「かながわのまつり50選」「かながわの民俗芸能50選」「相模原市無形民俗文化財」に選ばれた大凧揚げとはどのようなものだろう?
    14.5m四方、畳にすると128畳の大きさを誇る8間凧(はちけんだこ) 。完成まで数か月かかる ※相模の大凧センターに展示されている大凧は88畳(7間)です。
  • spot 02
    相模湖
    戦時中に建設が進められ、戦後の復興を水と電気で支えた
    神奈川県初の大規模多目的ダムによって生まれた人造湖。山々に囲まれていながら、JRの駅から徒歩10分、中央自動車道のICもすぐそばというアクセスの良さも特徴。
    戦後70年以上にわたって飲料水、工業用水、電力を県内各地に供給してきた相模湖
  • spot 03
    さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト
    大自然を満喫しつつ、絶叫系から癒やし系までアトラクション三昧
    山がまるごと遊園地になったプレジャーフォレストには、絶叫ライド、絶叫アスレチック、巨大迷路、子ども向けライドなど年代を問わず楽しめる約30のアトラクションが勢ぞろい。おいしい空気も魅力のひとつだ。
    相模湖にほど近い山上にそびえる観覧車がシンボル
  • spot 04
    小原宿本陣
    日本橋から9番目。峠越えの宿場に残る貴重な本陣
    徳川幕府が整備した甲州街道は、江戸から西へ歩いて行くと八王子の先で初めて山越えとなる。難所であった小仏峠を越えたところにある小原宿は、大名行列のほか富士山や身延山への参詣者で賑わっていたという。ここに立派な本陣が残っている。本陣とは参勤交代の途上で大名や役人が滞在する宿のこと。東海道を含めて神奈川県内に26あった本陣のうち現存する唯一のものだ。200年ほど前に建てられたと考えられている建物は、名主、問屋をしていた清水家のもので、13室ある屋敷は当時の暮らしを良く伝えている。相模湖駅から20分ほどかかるが、往時の旅人に思いを馳せながら歩いてみては? 車で行く場合はすぐ東にある「小原の郷」に駐車しよう。地域の文化と歴史についての展示が興味深い。旧街道の小仏峠は今ではほとんど歩く人もいないが(現在の甲州街道は南寄りの大垂水峠を通る)、毎年11月3日には本陣祭が行われ、駅から本陣まで大名行列が再現される。\(取材協力:相模原市教育委員会)
    本陣の屋根は茅葺き保護のためトタンに覆われているが、門構えは瓦屋根のまま江戸の雰囲気を伝えている
  • spot 05
    津久井湖
    神奈川県営水道、横浜、川崎、横須賀各市営水道に水を供給するダム湖
    丹沢山地と高尾山の間に位置し、神奈川県内の相模川上流を堰き止めて造られた湖が津久井湖だ。湖面の深い緑色が周囲の山並みに溶け込み、穏やかな光景をつくり出している。湖畔の県立津久井城山公園と合わせてまわりたい。
    誕生から55年以上経つ津久井湖。山と住宅地に囲まれている
  • spot 06
    県立津久井湖城山公園
    戦国時代の山城跡は人造湖とダムを見渡す緑あふれる公園
    豊かな自然が残る津久井城跡を利用した公園で、津久井湖と城山ダムに面している。広さは東京ドーム約20個分(95万㎡)。南麓の「根小屋地区」、津久井湖に面した「花の苑地」と「水の苑地」の3つが人気の観光エリアだ。
    「水の苑地」から見える津久井湖と城山。水と緑に癒やされる
  • spot 07
    相模川自然の村公園
    相模川のマイナスイオンが心地よい、水と緑に親しめる公園
    城山ダムの下流4kmほどのところに広がる、相模川の自然を満喫できる公園。小さな子どもの遊べる小川や池、友好都市の花の咲く花壇、芝生広場、相模川を見渡せる展望台、古民家があり、あらゆる年齢層が楽しめる。
    公園内を流れる小川。公園は相模川周辺のミニチュアのよう
  • spot 08
    宮ヶ瀬ダム
    首都圏最大級のダムは周辺も楽しめる観光エリア
    丹沢山地の東に位置する宮ヶ瀬湖一帯は県内有数の景勝地。中心となるのが圧倒的な威容を誇る宮ヶ瀬ダムだ。豊かな自然に恵まれ、湖を囲む3つのエリアには公園、資料館や商店街などの観光施設も充実。都心からの小旅行にも最適だ。
    宮ヶ瀬湖と宮ヶ瀬ダム
  • spot 09
    宮ヶ瀬湖
    面積は東京ドーム約100個分、貯水量は芦ノ湖とほぼ同じ
    宮ヶ瀬湖は、都心から約50㎞、横浜や川崎の市街地から約40㎞の距離。「ダム湖百選」にも選ばれ、秋は紅葉がことのほか美しい。深いエメラルドグリーンの水をたたえる湖の面積は約4万6000㎡で、総貯水量は約1.9億㎥にも達する。周辺には3つの観光エリアがあるから、時間をとって訪れたい。宮ヶ瀬ダムのある「ダムサイト」と、宮ヶ瀬湖畔園地のある「宮ヶ瀬湖畔エリア」、四季の花の咲く展望台と地元野菜の直販施設のある「鳥居原エリア」がその3つ。この3か所を結んで運航される遊覧船「ミーヤ丸」に乗れば、移動しながら湖を遊覧できて、一石二鳥。また、宮ヶ瀬ダム北側の「相模川水系広域ダム管理事務所」1階に展望ホールがあり、ここから湖をゆっくり眺めるのもいい。展望ホールからの湖は、午後は逆光になるので、午前中の見学がおすすめだ。
    宮ヶ瀬ダムの上から見る宮ヶ瀬湖。奥には丹沢山地の蛭ヶ岳(ひるがたけ)などが見える
  • spot 10
    宮ヶ瀬湖畔園地
    吊り橋、広場、商店街……公園以上に楽しめる公園
    景勝地として人気の宮ヶ瀬湖で、ダムサイトと並んで寄りたいのが宮ヶ瀬湖畔園地だ。湖に面する公園には吊り橋や水遊びのできる池、開放感いっぱいの広場、懐かしさを感じる商店街などがあり、時間をかけてまわりたい。
    カップルや家族連れに人気の宮ヶ瀬湖畔園地。吊り橋が園地のシンボルだ
  • spot 11
    服部牧場
    ウシやヒツジと触れ合える、絶品ジェラートで知られる牧場
    丹沢山麓の東部にある開放感あふれる牧場。飼育舎に入って牛や羊などの動物を間近で見ることができ、牛の乳搾りやバター作りの体験なども楽しめる。自家製ジェラートが有名で、これを目当てに来る人もいる。
    夏は涼しい日々良野高原にある服部牧場。入場無料とは驚きだ
  • spot 12
    東丹沢グリーンパーク
    広大な森でワイルドに遊べる本格的フィールドアスレチック
    丹沢から続く山の斜面に手作りのアスレチック遊具が35種類。全長3.5kmのコース上にはインストラクターも監視員もなし、命綱もいっさいなし。何があっても自分の力だけで乗り越えなければならない。
    園長のアイデア満載の遊具に大人も四苦八苦。ほかでは見かけないユニークなものが多い
  • spot 13
    大和ゆとりの森
    芝生の斜面がとにかく広い、レクリエーションとスポーツの広場
    2007年(平成19)に開業した面積約18万平方メートルの公園で、散策、自然観察、各種スポーツなど子どもから大人まで楽しめるレクリエーションの広場。市民でなくても利用できる。
    広大な芝生が大部分を占めていて開放感抜群!
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    鉄道網が発達しているが、津久井、宮ヶ瀬地区はバスのみ。津久井湖方面はJR横浜線・京王線の橋本駅、宮ヶ瀬湖方面は橋本駅または小田急線本厚木駅、相模湖方面はJR中央本線相模湖駅が拠点となる。車ならいっぺんにまわることができるが、バスで複数のスポットを訪れるには乗り継ぎが不便。時刻表をよく確認しておこう。

  2. その2

    車の場合、大和、厚木、海老名などへは東名高速で、相模湖などは中央自動車道でアクセスする。さらに相模原を南北に縦断する圏央道が開通し、津久井湖や宮ヶ瀬湖へのアクセスが格段に便利になった。

  3. その3

    エリア全体で慢性的に渋滞が発生する。週末や連休など中央自動車道が渋滞するときには津久井エリアの国道も混雑するし、東名高速の横浜町田IC-海老名SA間は交通量が日本一。できるだけ時間をずらして渋滞を避ける工夫を。

  4. その4

    宮ヶ瀬湖と「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」はクリスマス前後に混雑する。花火大会の行われる8月1日(相模湖)と8月15日(宮ヶ瀬湖)も要注意。いずれも迂回路がないので渋滞を覚悟しよう。

  5. その5

    ダム湖など山間部では市街地よりずっと気温が低いが、積雪はめったにない。

recommend spot

関連記事

記事一覧
recommend spot

モデルプラン

神奈川のその他のエリア

+ -
back
open

県央エリア