神奈川

三浦半島

MIURA PENINSULA

景勝地、海の幸、開国にまつわる見どころも多数

東は東京湾と浦賀水道、西は相模湾、南は太平洋と3方を海に囲まれている。海の近くまで山が迫り平地の少ない地形だが、温暖な気候に恵まれ、丘陵地帯では野菜の生産が盛ん。海岸線は複雑で小さな湾や入り江が多く、マグロで有名な三崎漁港などの港や海水浴場が多い。鎌倉時代には三浦氏の支配下にあり、江戸時代には徳川幕府の直轄領だった。そしてなんといっても幕末にペリーの黒船が来航した地として有名だ。東京湾の入り口という軍事上重要な場所であるため、今でも自衛隊の駐屯地やアメリカ海軍の施設が多い。半島の大部分を横須賀市が占めているが、半島の西には海水浴場やマリーナ、高級住宅地として知られる逗子市と葉山町、半島の南には三崎マグロと城ヶ島で有名な三浦市がある。全体的に地形が複雑なためか、横須賀中心部を除けば交通の便は良いとはいえない。

recommend spot

エリアの見どころ

  • spot 01
    逗子海水浴場
    キャッチフレーズは「太陽が生まれたハーフマイルビーチ」
    安全・安心で快適なファミリービーチとして親しまれている逗子海水浴場。遠浅で穏やかな波に加え、海水浴場開設期間中の浜での飲酒禁止などの規制が厳しいことから、家族連れでも安心して楽しめることで有名だ。
    弓状で波穏やかなハーフマイルビーチ
  • spot 02
    葉山しおさい公園
    皇室ゆかりの公園は、「かながわの公園50選」のひとつ
    葉山御用邸付属邸跡地に開設された公園。1926年(大正15)に大正天皇が崩御され、昭和天皇が皇位継承された歴史的なところ。旧御用邸付属邸の趣が感じられる日本庭園や黒松林のなかで自然を満喫したい。
    JR横須賀線の逗子駅からバスで20分ほど
  • spot 03
    神奈川県立近代美術館 葉山
    相模湾を一望できる、見晴らしのいい近代美術館
    一色海岸と三ヶ岡山の美しい風景を楽しみながら散策できる入場無料の庭園が人気。屋外に常設する彫刻家イサム・ノグチの作品や数か月ごとに変わる企画展は、美術愛好家からの評判が高い。
    山と海に囲まれ、自然豊かな場所に立つ
  • spot 04
    秋谷・立石海岸
    海、岩、松、富士が織りなす三浦半島屈指の絶景スポット
    海にそそり立つ奇岩と一本松のつくり出す景観は一幅の絵のよう。「都心から1時間程度でこんな絶景と美しい海が見られるなんて!」と感激する人が多いとか。富士山がシルエットになる夕暮れもお見逃しなく。
    立石の代表的な景観。富士山が見えるときには立石と松の間に裾野を広げる
  • spot 05
    長井海の手公園 ソレイユの丘
    海と富士山と花畑が雄大なプロヴァンス風の公園
    広大な花畑と農園を中心にさまざまな楽しみ方のできる公園。こう配が少なくバリアフリーにも配慮されているので、ベビーカーでも車いすでもOK。開放感たっぷりで、子どもも大人もストレス発散にもってこいだ。
    10万本のヒマワリは例年7月中旬から8月中旬が見頃
  • spot 06
    神奈川県立観音崎公園
    東京湾の入り口に突き出した岬で大自然を満喫
    東京湾の湾口部、浦賀水道を守る要塞として旧陸軍が数多くの砲台を築いた岬。現在は県立公園になっていて終日無料で開放されている。ビーチ、磯場、照葉樹の森や野原、美術館や博物館とさまざまな楽しみ方ができる。
    東京湾では数少ない岩礁が岬の周囲を取り囲んでいる
  • spot 07
    観音埼灯台
    世界有数の多忙な海を見守り続ける歴史的な灯台
    三浦半島の東端、浦賀水道に突き出した岬の突端に建つ灯台。明治初期、日本初の洋式灯台として誕生したもので、現在は3代目。上部まで登ることのできる珍しい灯台で、船舶ウォッチングも楽しい。
    地面から灯火までの高さは15ⅿ、平均水面から56ⅿの場所から海を見下ろしている
  • spot 08
    三笠公園
    岸には戦艦、沖には猿島。横須賀観光の拠点となる公園
    横須賀新港とアメリカ海軍横須賀基地の間の海沿いにあり、日露戦争で活躍した戦艦三笠を中心に整備された。「⽇本の歴史公園100選」「⽇本の都市公園100選」にも選ばれている市民のオアシスだ。
    記念艦として公開されている三笠と、東郷平八郎像
  • spot 09
    世界三大記念艦「三笠」
    帝政ロシアの艦隊を撃破した歴史的戦艦
    三笠公園に世界三大記念艦として保存されている大日本帝国海軍の戦艦で、現存する鋼鉄戦艦としては世界最古といわれる。日露戦争における大勝利はあまりにも有名。内部が公開されており、博物館としても見ごたえたっぷりだ。
    日本遺産「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴ー日本近代化の躍動を体感できるまちー」の構成文化財でもある
  • spot 10
    横須賀海軍カレー本舗
    カレーライスの発祥は海軍。だから海軍の町横須賀はカレーの街!
    横須賀市はカレーライス発信の地を標榜している。明治時代、海軍では航海中に脚気(かっけ)にかかる兵士が多く、その対策として食事を改善することになった。手本としたイギリス海軍のメニューのひとつがカレー風味のシチュー。これをアレンジしてご飯に合うようにとろみをつけたメニューが海軍で人気となり、脚気にかかる兵士も激減。郷里へ戻った兵士がその味を伝えてカレーライスが全国に広まったという。そこで、海軍とともに歩んできた横須賀市は1999年(平成11)にカレーの街を宣言。明治時代のレシピをもとに再現した「よこすか海軍カレー」を商標登録している。「カレー粉と小麦粉をラードで炒める」「具には牛肉か鶏肉、じゃがいも、玉ねぎ、ニンジンを必ず入れる」などを基本に市内のレストランがアレンジを加えて味を競っているが、なかでも人気なのがこの店。小麦粉を抑え、果物と野菜でとろみをつけたカレーはうまみたっぷりで奥深い味わいだ。
    栄養バランスを整えるのが本来の目的なので牛乳、サラダ、チャツネを添えるのが決まり
  • spot 11
    猿島公園
    自然と歴史が詰まった東京湾の無人島
    横須賀港の沖合1.7kmに浮かぶ東京湾最大の自然島。ジャングルのような景観とレンガの構造物がエキゾチックな雰囲気だ。「東京湾要塞跡」として国の史跡になっていて、文化庁が選定する日本遺産にも名を連ねる。
    島内の切通しの崖は、シダやコケで覆われて亜熱帯の森のような光景が広がる
  • spot 12
    くりはま花の国
    100万本のポピーやコスモスと海の眺望でリフレッシュ
    総面積約58万平方メートルの丘陵地帯に広がる公園。年中無休で24時間無料開放されている。園内各所で色とりどりの花を満喫できるほかスポーツ施設、大型遊具、BBQ施設、レストランなどがあり、1日中楽しめる。
    正門を入ってすぐに広がるコスモス園。春にはポピーやネモフィラの花園になる
  • spot 13
    ペリー公園
    近代日本の幕開けを象徴する重要なスポット
    幕末の黒船来航時、ペリー提督一行が上陸した場所が公園として整備されている。園内には上陸記念碑とペリー記念館があり、日本が近代国家への第一歩を踏み出した頃の様子を知ることができる。
    花崗岩でできた上陸記念碑。前面の碑文は、碑を建立した米友協会の名誉会員でもあった伊藤博文の書による
  • spot 14
    ペリー記念館
    黒船が来航したその地に建つ博物館
    黒船でやってきたペリー提督ら約300名が日本へ上陸した場所に造られた入館無料の博物館。規模は小さいながらも興味深い資料がそろっており、ジオラマや映像など子どもにも親しみやすい展示が多い。
    ペリー一行は整然と隊列を組んで上陸してきたという
  • spot 15
    三崎漁港
    日本有数のマグロの水揚げを誇る遠洋漁業の拠点
    城ヶ島に守られた天然の良港で、三崎マグロで有名。毎日400本から1000本にも及ぶマグロが水揚げされている。魚市場の周辺には一般向けの商業施設があり、新鮮な海の幸を安く提供する食堂も人気。
    漁港から出ている半潜水式の水中観光船「にじいろさかな号」。魚の多い宮川湾で海中散歩を楽しめる
  • spot 16
    まぐろ食堂 七兵衛丸
    老舗マグロ卸業者直営の食堂
    全国でも屈指のマグロ漁港として知られる三崎には、マグロに精通したプロが大勢いる。確かな目で選び、確かな腕で解凍してさばいたマグロを最高の状態で味わうなら、漁港周辺の食堂がいい。なかでもここ七兵衛丸は、三崎で80年続く老舗魚屋の直営店。4代目に受け継がれた確かな技術が自慢だ。毎朝仕入れる三崎マグロは、機械を使わずに手切りすることで、よりおいしさを引き出すことができるという。大トロ、中トロ、赤身、中落ちはもちろん、家庭では調理しにくい部位や珍味を味わえるのも、まるごと1尾仕入れるからこそ。刺身だけでなく炙り、漬け、とろとろ煮などもおすすめ。三崎市場で仕入れた地魚も鮮度抜群で、サワラ、マダイ、メカジキ、生シラスなど刺身定食で何を味わえるかは当日のお楽しみ。小鉢も日によって異なるが、マグロの卵煮などの珍味が登場することもある。帰りに冷凍マグロをお土産に購入するなら、ぜひ上手な解凍方法を教えてもらおう。
    仕入れによって魚が替わる「王道!活きイキ刺身定食」1700円
  • spot 17
    城ヶ島
    三浦半島最南端。自然豊かな漁業と観光の島
    三崎漁港の沖わずか300ⅿに横たわる島。東西約2km、南北200-600ⅿと細長く、島の東の高台には豊かな自然が、西には漁港とひなびた商店街がある。両端に立つ「恋する灯台」からは朝日、夕日の両方を楽しめる。
    2020年(令和2)完成の安房埼(あわさき)灯台。足元が緑のグラデーションになっていて青首大根を連想させる
recommend spot

人気スポット

recommend spot

旅のヒント

  1. その1

    都心や横浜からJR横須賀線、京浜急行線で行けるが、駅から観光スポットまで遠いことが多い。バスのスケジュールをよく確認して出かけたい。

  2. その2

    京急線、京急バス、レジャー施設、食事などがセットになった「よこすか満喫きっぷ」「みさきまぐろきっぷ」などを上手に利用しよう。

  3. その3

    車なら三浦半島を縦断している横浜横須賀道路を利用する。三浦市へは、横浜横須賀道路の衣笠ICから三浦縦貫道路の利用が便利。また国道134号が横須賀市中心部から久里浜へ、さらに半島の南岸と西岸の海岸線を通って逗子市から湘南へと続いている。

  4. その4

    行楽シーズンには逗子、葉山の海岸沿いや三浦市内は混雑し、車の流れが悪くなる。

recommend spot

関連記事

記事一覧

神奈川のその他のエリア

+ -
back
open

三浦半島エリア