NAVITIME Travel

東京・銀座・日本橋の旅行/観光スポット一覧

  • 東京国際フォーラム
    rating-image
    4.0
    901件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区丸の内3-5-1
    大小8つのホール、34の会議室などからなる公的総合文化施設。日本の魅力を世界中に発信する、文化情報発信拠点の役割を担う。特徴的な全面ガラス張りの巨大な吹き抜けホール「ガラス棟」は、ミシュランガイドから三つ星に指定され、注目の観光スポットの一つとなっている。建物のいたる所にアートワークが展示され、美術館にように作品を鑑賞できる点も魅力。

    いつもディズニーオンクラシックを見に行きます。とても広く、傾斜があるので後ろの方でもよく見えます。が、後ろの方だとステージまでかなりの距離があります。

  • 小網神社
    旅行/観光
    東京都中央区日本橋小網町16-23
    中央区日本橋小網町にある神社。お稲荷さんを祀っており、「強運厄除の神さま」として長年信仰を集めている。また、境内には「銭洗いの井」で金銭を清めることで財運にご利益があるとされる通称「東京銭洗い弁天」や、徳を授けると言われる福禄寿像も。
  • 水天宮
    旅行/観光
    東京都中央区日本橋蛎殻町2-4-1
    水天宮は、久留米市にある久留米水天宮の分社であり、安産・子授けの神として広く知られている神社。久留米水天宮を代々崇敬していた久留米藩主の有馬家が、江戸上屋敷に分霊を勧請したのが始まり。安産祈願や子宝を願う参拝客が絶えず、境内には自分の干支を撫でるとご利益のある「子宝いぬ」や河童の親子像などがある。安産御守のほか、可愛らしい親子犬の福絵馬も人気。毎年5月5日には例祭が行われる。
  • 日本橋三井ホール
    遊ぶ/趣味
    東京都中央区日本橋室町2-2-1 COREDO室町15F
    東京都中央区日本橋室町にある多目的イベントホールで、展示会やセミナーなどのビジネスシーンで多く利用されている。シアター形式で690席、スクール形式で432席まで設置可能。その他、懇親会やパーティー、コンサート、寄席、演劇など幅広く使用できる。毎年夏に「江戸・金魚の涼」をテーマとしたイベント「アートアクアリウム」が開催され、日本橋の夏の風物詩として多くの人が訪れる。
  • 烏森神社
    rating-image
    4.0
    186件の口コミ
    旅行/観光
    東京都港区新橋2-15-5
    港区新橋2丁目、新橋駅から徒歩2分ほどにある神社。平安時代、藤原秀郷が夢に現れた白狐のお告げに従って創建した稲荷社が起源とされる。倉稲魂命(うがのみたまのみこと)や瓊々杵命(ににぎのみこと)、また芸能の神様とされる天細女命(あめのうづめのみこと)を祀っており、必勝祈願や技芸上達、商売繁盛、家内安全などにご利益があると言われる。

    お正月3日目に行ってきました。 参拝客は続々来るものの、並ぶほど混んではいなかったです。 駅に近い方の鳥居から入ったので、御手水に気付かず参拝してしまい、やり直しました。 ちょっと目立たない所にあるのでご注意下さい。 心願色みくじ、どの色にしようかな?と悩んだり、 おみくじの後に願いごとを短冊に書いたり、楽しかったです。

  • よみうり大手町ホール
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞ビル4F
    読売新聞東京本社の3階から5階にあるイベントホール。コンサートや試写会、講演会、能舞台を設けての伝統芸能の公演などに利用される約500席の「よみうり大手町ホール」と、セミナーやワークショップ、パーティーなど多目的に利用される「よみうり大手町小ホール」の2ホールで構成されている。大手町駅C3出口直結。
  • 有楽町マリオン
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区有楽町2丁目5-1
    JR山手線、有楽町駅より徒歩約3分の複合施設。正式名称は有楽町センタービル。名物になっている時を告げるからくり仕掛けの大時計は、待ち合わせスポットにもなっている。1Fの吹き抜けのセンターモールを挟んで左右に売り場が分かれており、「阪急MEN'S TOKYO」とルミネ、カフェ・レストラン、ホールやギャラリーを持つ「有楽町朝日ホール」、映画館などがある。2017年に「オルタナティブシアター」が、2018年に「ヒューリックホール東京」、「コニカミノルタプラネタリア東京」がオープンした。
  • 汐留シオサイト5区 イタリア街
    旅行/観光
    東京都港区東新橋2
    港区東新橋にある複合都市「汐留シオサイト」の区画のひとつ。オフィスや飲食店、場外馬券場などの施設や住宅が集まっている。建物や、中心の広場を囲む街並の構成など、すべてがイタリアをテーマにデザインされているのが特徴。
  • パナソニック 汐留ミュージアム
    遊ぶ/趣味
    東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック東京汐留ビル4F
    東京都港区・パナソニック東京汐留ビル4Fにある美術館。2003年に開館。20世紀を代表するフランス画家・ジョルジュ・ルオーの作品展が常設されているほか、さまざまな展覧会やアートイベントも随時開催。「次世代照明」を採用し、館内の消費電力を約50%削減。地球環境に配慮した「やさしいライティング」が特徴。作品本来の美しさを引き出す照明環境を実現している。ミュージアムショップも併設。
  • 出光美術館(休業中)
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区丸の内3-1-1 帝劇ビル9F
    皇居のお濠に面した帝劇ビルの9階にある美術館。昭和41年(1966)、出光興産創業者の出光佐三が収集したコレクションを展示する目的で開館した。日本・中国の絵画や陶磁器などの東洋古美術を中心とした収蔵品を年5-6回の展覧会を通して紹介している。また、ジョルジュ・ルオーの専用展示室や世界各地の陶片資料を展示する陶片室も併設している。
  • 三菱一号館美術館 (休業中)
    rating-image
    4.5
    428件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区丸の内2-6-2
    近代美術中心の展覧会を開催する丸の内の美術館。建物は、明治27年(1894)に建てられた丸の内初のオフィスビル「三菱一号館」を復元したもので、設計は英国人建築家のジョサイア・コンドル。常設展示はなく、19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を年3回開催。館内には、ミュージアムカフェ・バーとミュージアムショップのほか、丸の内の歴史を体感できるスペース「歴史資料室」が併設されている。

    英国人建築家のジョサイア・コンドルの設計により、三菱が1894年に東京・丸の内に建設した、初めての洋風事務所建築「三菱一号館」。 それを復元した赤煉瓦の美しい建物は2010年より美術館となっています。 本来は18時で閉館なのですが、特定日のみ18時半から入場できるという特別鑑賞プランです。 現在開催しているのは「印象派からその先へ-世界に誇る吉野石膏コレクション展」です。 作品は撮影禁止ですが...

  • 日本銀行本店
    旅行/観光
    東京都中央区日本橋本石町2-1-1
    日本橋の常磐橋にある日本銀行本店本館はベルギー国立銀行をモデルに明治29年(1896)竣工。日本初の本格的石像建築として赤坂迎賓館と並ぶ傑作とも言われていた建築物である。館内には当時使われていた天秤などの資料を展示。平成16年(2004)まで使われていた地下金庫や2階廊下の歴代日銀総裁の肖像画など見どころは多い。館内見学は事前予約をすることで平日のみ可能。また外観のみなら予約なしでも見学できる。
  • 二重橋
    旅行/観光
    東京都千代田区皇居外苑1-1
    千代田区千代田の皇居内にある橋の通称。上下二段の二重構造だったことから呼ばれたもので、正式名称は「正門鉄橋」。現在の鉄橋は昭和39年(1964)に架け替えられたもの。正しくは皇居正門から長和殿へ向かう途中の二重橋濠に架かる鉄橋の呼称だが、一般には正門外石橋と正門内鉄橋の二つを併せて二重橋とする総称が用いられている。普段は通行できないが、皇居の参観をする場合や、皇居一般参賀時には正門が開放され渡ることができる。
  • 国立映画アーカイブ
    rating-image
    4.0
    36件の口コミ
    遊ぶ/趣味
    東京都中央区京橋3-7-6
    東京メトロ銀座線「京橋駅」出口1、都営地下鉄浅草線「宝町駅」出口A4から徒歩1分。日本で唯一の国立映画専門機関として、映画の保存・研究・公開を通して映画文化の振興をはかる拠点。国内最大のフィルムアーカイブで、所蔵フィルムは約8万本。館内にある2つの上映ホールでは、日本映画だけでなく貴重な海外の名作の上映なども行っている。映画専門の図書室もあり、和書を中心とする映画文献を公開している。

    毎年5月18日の国際博物館の日は、「国立映画アーカイブ」(旧東京国立近代美術館フィルムセンター)の入館料が無料となります。 常設展だけでなく、企画展も無料で鑑賞出来ました。映画の歴史や懐かしい映画の資料などを見られて良かったです。また、渡辺祥子氏(映画評論家)× 宮崎祐治氏(映画イラストレーター)の対談は業界の裏話なども聴けて面白かったです。

  • 三の丸尚蔵館
    遊ぶ/趣味
    東京都千代田区皇居東御苑1番1号
    地下鉄各線「大手町駅」C13a出口から徒歩約5分、宮内庁が所管する皇居東御苑内の博物館。皇室に代々受け継がれた絵画・書・工芸品などの美術品が国に寄贈されたのを機に、その保存・管理とともに併せて一般公開することを目的に開館した。伊藤若冲の代表作として名高い「動植綵絵」や、狩野永徳・狩野常信による「唐獅子図屏風」などに、皇室関係の貴重な資料やご遺品なども加え、約9,800点が収蔵されている。
  • 日本橋
    旅行/観光
    東京都中央区日本橋室町1-1
    日本橋室町一丁目と日本橋一丁目を結ぶ、石造二重アーチの道路橋で、国の重要文化財に指定されている。江戸幕府の開府とともに架橋されて以来、現在に至るまでおよそ20回もの改修と改架が行われている。橋柱にある「日本橋」の揮毫は江戸幕府15代将軍・徳川慶喜によるもの。
  • 日本橋 さるや
    お買い物
    東京都中央区日本橋室町1-12-5
    宝永元年(1704)創業の楊枝専門店で、江戸時代から300年以上も続く楊枝一筋の老舗として有名。熟練の職人が1本1本手作業でつくる楊枝は、黒文字という良質な木を使った貴重な逸品。縁起のいい言葉が手書きされた桐箱入りのセットや干支の楊枝は、贈り物やお土産に人気。かつて花柳界で親しまれた辻占楊枝や、可愛らしい楊枝入れセットは女性に好評だ。最寄は三越前駅。
  • 榛原
    rating-image
    4.0
    23件の口コミ
    お買い物
    東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー
    文化3年(1806年)に創業した和紙舗で、200年以上変わらず「和紙のある暮らし」を提案し続けている。滑らかな筆あたりの「雁皮紙」を江戸の庶民に売り出し、好評を博したことで有名。店頭には和紙や和小物、便箋、金封、のし袋など多彩な和紙商品が並び、江戸の粋を現代に伝えている。竹久夢二をはじめ柴田是真や河鍋暁斎などの近代画家の一部の作品は、商品にも使われている。最寄は日本橋駅。

    自分が日本橋で勤務していた時は、榛原は永代通り沿いにありましたが、中央通りを歩いていたら洒落た外観のお店が榛原だったので驚きました。 日本橋界隈も変化が激しく街がどんどん変わっていきます。 榛原は移転しても伝統的な和紙を扱っていてほのぼのとした雰囲気があって良かったです。

  • 銀座熊本館
    rating-image
    3.5
    46件の口コミ
    お買い物
    東京都中央区銀座5-3-16
    中央区銀座5丁目にあるアンテナショップ。1階の「くまもとプラザ」では、からし蓮根や銘菓「誉の陣太鼓」をはじめとした熊本グルメを販売している。また、2階には28の蔵元の球磨焼酎や郷土料理を提供する「くまもとサロン ASOBI Bar」も。

    いきなり饅頭が欲しくて行きました。ところがホットケースの中は空でした。仕方無い、持ち帰り用を買って帰ろうとレジ前の冷凍ケースの中を見ると、1個ずつバラのと、2個組み3個組みが有りましたが、饅頭の色の違いも有って、全種類1個ずつ買うにはどれを選べば良いのか?とレジにいたスタッフに声をかけました。するとカウンターの中の女性は私と目が合った後、隣の年配の男性の顔を見ました。そして男性スタッフも私を見まし...

  • 三井記念美術館
    遊ぶ/趣味
    東京都中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7F
    中央区日本橋室町、三越前駅近くにある美術館。中野区の「三井文庫別館」を移転させる形で平成17年(2005)に開館。江戸時代から300年以上の歴史を誇る三井家が収集してきた貴重な美術品の数々を収蔵している。

東京の主要エリア

around-area-map

観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

東京の写真集

目的から探す